朝シャンは30過ぎたら止めるべき!乾燥や薄毛の原因にもなりえる?!

風呂上がり洗面所で髪を乾かす女性

朝シャンプーしてますか?

疲れて帰ってつい寝てしまって、朝シャンプーする事ってありますよね。
そうですよね。 私もあります。汗
でも、朝シャンプーするのって良くないって聞きましたけど。
そうなんです。朝よりは夜の方が良いです。 いくつか理由があるのですが、順にご紹介しますね。

シャンプーすると頭皮はどういう状態になる?

シャンプーは洗顔と同じで、洗う事で汚れだけでなく皮脂や油分も落とします。

私達の肌に分泌される皮脂や油分は、

  1. 紫外線など外部刺激から肌を守る
  2. 皮膚からうるおいが逃げていくのを防ぐ

これら頭皮を守るバリアの役割を果たしています。

朝シャンすると、頭皮が刺激に弱い状態で1日日差しを浴びて過ごすことになります。
肌バリアが弱いと乾燥しやすく、肌ダメージも受けやすい状態と言えます。

私達がカラダの中で1番日差しを浴びるのは頭です。
たった1日の頭皮へのダメージは小さなものかもしれません。
しかし、朝シャンが習慣となって毎日しているなら、5年後10年後に薄毛の原因の一つになりえる事は考えられます。

皮膚は寝ているときに作られる

美肌のゴールデンタイムと言われることもありますが、寝ている間に皮膚をキレイにしようとカラダが働きます。

人間は熟睡している時間に成長ホルモンが分泌されるので、頭皮環境が悪い状態のままで寝てしまうと成長ホルモンがうまく働けず育毛を阻止してしまい薄毛の一因になる恐れがあります。

なので、シャンプーは朝と夜どっちがいい?

と言われれば、夜に頭皮をキレイにして眠りに付いた方が良いでしょう。

夜、その日に髪や頭皮に付着したほこりや油汚れを落として、毛穴もキレイにした状態で眠りについた方が頭皮にとっても、発毛環境を整える上でも良いと言えます。

朝シャンが薄毛の原因になる?

排水溝から手に取った抜け毛
  • 最近髪にボリュームがなくなった
  • 生え際や分け目の地肌が目立つようになってきた
  • 髪が薄くなってきた

という方は原因の一つとして朝シャンが関係しているのかもしれません。

「たかだかシャンプーでしょ。」
と思う方もいるかもしれませんが、
ヘアケアは毎日の積み重ねです。

朝シャンが薄毛の原因になると断言できるものではありませんが、毎日朝シャンを続けていきアフターケアも雑だったりすると、頭皮が乾燥したり紫外線などの刺激で弱ってしまい、髪を生やす力が弱まって髪がやせ細ったり薄毛になってしまう原因の一つになる可能性が考えられます。

夜と違って朝は何かと慌ただしいですからね。
シャンプーやドライも雑になりやすいですよね。
頭皮が傷みやすくなり毛穴が詰まったりすると健康な髪が生えにくくなったり、乾燥して頭皮が固くなってきてしまうことがあります。

頭皮が硬い方や乾燥しやすい方は特に、脱・朝シャンを!

フケやかゆみが出やすかったり乾燥して頭皮が固くなっている方、そして皮膚が弱く頭皮が炎症を起こしてしまっている方は、朝シャンはおすすめしません。 このような方は頭皮が弱いと思われますので年齢に関わらず朝シャンはおすすめしません。

頭皮に関わらず皮膚は、乾燥すると固くなりますしターンオーバーのサイクルの遅れにも繋がります。 うるおいを逃がさないようなヘアケア、頭皮ケアを意識して欲しいです。
スキンケアの発想と同じで、うるおいを守ることが頭皮の老化予防にも繋がるんですよね!
すでに乾燥しやすくフケやかゆみが出やすい方はアミノ酸シャンプーがおすすめですよ。

朝と夜でなく、特に30過ぎたら夜だけシャンプーを習慣に!

朝シャンしている方の中には、「夜もシャンプーしてるよ」という方もいるでしょう。
しかし30代を向かえるとすでに、いわゆる“お肌の曲がり角”は過ぎていますから、シャンプーは多くても1日1回にするべきです。

その理由は、
皮脂や油分の分泌量の低下です。

10代から20代前半までは新陳代謝も良くて、皮脂や油分の分泌も活発でした。
しかし、20代後半から少しずつ老化は始まっています。

特に女性の場合、皮脂の分泌量は加齢と共にどんどん低下していきます。
(男性の場合は皮脂の分泌量は20代~50代まで一定に推移すると言われています。)

なので、30代を向かえて
「肌が乾燥しやすくなった」
と感じる人が多いのも、この理由が大きいでしょう。

30代・40代を向かえて「今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなった」と感じるのも肌の老化が主な原因なんですよね。
そうですね。 頭皮も含めて肌自体が変わってきてますから、10代、20代と朝シャンを続けてきた方も薄毛が心配であれば特に、30代を過ぎたらヘアケア習慣を見直すことをおすすめします。

「ベタつきやすいから朝もシャンプーしたい」という方へ

でも、オイリーな方なら「朝もシャンプーしたいよね。」という方もいると思いますが…
  • 油分が多めでベタベタしやすい
  • 炎症を起こして頭皮が所どころ赤くなりやすい
このような方もちょっと待ってください!

頭皮がベタベタしやすい方、 あなたは脂性肌ですか?乾燥肌ですか? もしもその答えが「乾燥肌」なら、その頭皮のベタつきは洗い過ぎが原因と思われます。

乾燥肌なのに頭皮だけベタベタしやすいなら、洗い過ぎと思われますのでシャンプーは夜のみにし洗う回数を減らすことと、シャンプーを弱酸性の優しいものに変えることをおすすめします。
もしもベタベタするだけでなく赤みや湿疹など引き起こしているなら、皮膚科で診察してもらった方が良いかもしれません。ひどくなると皮膚炎になります。
皮膚炎。私が経験したことあります!

頭皮ケアは

  1. 優しく洗う
  2. 優しいシャンプーで洗う
  3. 1日1回夜だけ洗う
この3つを守って頭皮環境を整えて下さいね。
脂性肌の方は朝は湯シャンをおすすめしますよ。
次に詳しくご紹介しますね。

1日1回で十分。年齢や肌質で最適なシャンプーの頻度。

生まれ持った肌質にもよりますが、30代や40代の適切なシャンプーの頻度をご紹介しますね。
  1. オイリーな方や普通肌の方
  2. 乾燥肌、敏感肌や乾燥しやすい方
順にご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

オイリーな方や普通肌の方

オイリー肌の方は夜は丁寧に時間をかけてあげ、頭皮をキレイにしてあげましょう。

それでも朝起きた時にどうしても気になるという方には40度くらいのお湯で、シャンプーを使わずに湯シャンをオススメします。

お湯だけでも充分に余分な皮脂を落とすことができ頭皮にも刺激が少ないので、皮脂の分泌が多いと思う方は試してみて下さい。
それでも髪の毛や頭皮がベタつくという時は皮膚疾患の恐れもあるので、1度皮膚科を受診してみる事をおすすめします。

乾燥肌、敏感肌や乾燥しやすい方

乾燥気味の方は洗いすぎてしまうと必要な皮脂までも落としてしまうので、夜きちんとシャンプーするだけで十分です。

1日に朝・夜2回もシャンプーしてしまうと皮脂が少なくり乾燥してフケやかゆみが出たり、炎症や抜け毛の原因にもなるので、乾燥気味の方は夜に1度と習慣にしていくようにし ましょう!

乾燥が酷い方は1回の洗髪もシャンプーを使わず、湯シャンにしてみるのも一つの対策になります。

どれだけ優しく洗っても、シャンプーの洗浄成分自体が刺激になります。

肌が弱くフケやかゆみが出やすい方や、炎症を引き起こしやすい方は、シャンプー剤の刺激が一因になっている場合があるので、髪と頭皮に優しい弱酸性シャンプーをおすすめします。

まとめ

でも、疲れているとついついシャンプーせずに寝てしまうことってありますよね。
はい。私もあります。汗 でも、ときどきは仕方ないとしても、やはり夜シャンプーするように心掛けたいですよね。

乾燥しやすい方や髪と頭皮のケアを始めたい方には、弱酸性の頭皮に優しいシャンプーがおすすめです。

安価なシャンプーに比べ少々お高いですが、スキンケアと同じように、頭皮もケアするから洗浄力がマイルドでうるおいを与えてくれるシャンプーが良いですよ。

→弱酸性のシャンプーがわかる!低刺激シャンプーおすすめランキング特集

The following two tabs change content below.
Chika(美容師)
小学6年生のとき親戚に美容師がいて憧れを持ったのが始まり。 美容師にも得意・不得意がありますが、私はカラーリングです。 塗布も得意ですが色の調合が好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)