髪が傷んでるけどキレイなロングヘアに伸ばしたい!という方へ美容師からアドバイス

ヘアアイロンで髪を整えている女性

髪を伸ばしたい!
いま髪を伸ばし中!
という方へ

いま髪が傷んでいても、ロングにするならキレイなロングヘアに伸ばしたいですよね。
枝毛や傷みがヒドイ髪をキレイに伸ばすには、傷んだ部分を切る必要があるのですが、
毛先を切った後も傷めてしまわないために、キレイに伸ばすためのケアの方法も合わせてご紹介していきたいと思います。

枝毛ができている髪を伸ばしても、残念ながらキレイには伸びません。その訳とは

両腕で×をする女性

髪を伸ばしたい人はできるだけ早く伸ばしたいですし、きれいに伸ばしていきたいですよね。

あなたの今の髪の毛の状態はどうですか?
枝毛がありませんか?

枝毛ができている髪の毛を伸ばしても、残念ながらきれいには伸びません。
というのも、枝毛は髪の毛が縦に避けてしまっている状態でちょっとした刺激で髪が切れてしまいきれいな状態ではありませんし、切れては伸びての繰り返しでなかなか伸びてはくれません。

一度できてしまった枝毛は切らないと枝の部分が広がってボサボサになる

枝毛が一度できてしまうと髪はそれを修復することはできないため切らなければ枝毛はなくなりません。

そのまま枝毛を切らずにいると枝毛は縦に割けてしまっているので、枝の部分がさらに割けて広がってしまうのでボサボサと広がりやすいまとまりの悪い髪へとなってしまいます。

広がりを抑えるためにも枝毛はそのままにせずを処理してあげる必要がでてきます。

さけるチーズのように裂けてしまうんですね。
…例えは微妙ですけど、その通りです。汗

毛先をカットしながら伸ばしていくとキレイに伸ばせる

髪を伸ばしている人にとっては切るということは抵抗があったり嫌だという方がほとんどだと思いますが、枝毛をきれいにしてサラサラヘアにするにはカットするしかありません。

すべてをカットするのが嫌なのであれば、徐々に毛先をカットしながら伸ばして行くことで枝毛の部分がなくなりきれいに髪を伸ばしていくことができます。

しかし、一度にカットするより時間がかかります。

一気にカットしてしまうほうが、枝毛の部分がなくなるのでさらに裂かれる心配はなくなるので全部カットをおすすめしますが、抵抗がある場合は徐々にで構いません。

でも、毛先をカットしながら伸ばしてたらいつまでもロングにならないのでは?

カレンダー

でもカットしながらだと、ロングになるまで長い道のりになりますよね><
当然毛先をカットしながらですと伸ばしては切っての繰り返しですのでロングにするには時間がかかります。
でもロングにならないわけではありませんよ。

毛先を切って枝毛がなくなれば次第に切らずに済むようになるのでいずれはロングになります。
とはいえ、毛先だけを切ればさらに枝毛が広がるリスクを考えたら枝毛部分を全てカットしたほうが少しずつ切るよりかは早くロングにすることが可能になります。

傷んでしまっている髪をキレイに伸ばすにはどれくらいの頻度でカットしてあげると良い?

美容室でカットしている様子

綺麗に伸ばしたい方はカットは避けて通れないと思いますが。
そこで、傷んでしまっている髪をきれいに伸ばすにはどれくらいの頻度でカットをしてあげれば良いのかというと、オススメなのは二ヶ月前後くらいが目安になります

その理由は、
二ヶ月もすると毛先のばらつきは1センチ前後になり毛先がバサバサになりやすくなる時期なので2ヶ月前後に美容室でカットしてもらうのがいいでしょう。

髪って1ヵ月でおおよそ何cm伸びるの?

カットする前に、一応目安を知りたいです。

では髪の毛は1ヶ月でだいたいどれくらい伸びるのかというと、1日に伸びる髪の毛の長さはだいたい0.3mm~0.5mm伸びるといわれています。

1ヶ月では、だいたい1cm~1.5cmといわれています。

傷みのないキレイなロングヘアへと伸ばすために取り組みたいヘアケアとは

カットしてキレイになった毛先がまた枝毛になってしまうと、キレイなロングヘアへの道がまた遠くなってしまいますよね。
毛先の枝毛を防ぐ方法ってありますか?
はい。ありますよ。
おすすめなのがアウトバストリートメントです。

毛先をカットしたあとのヘアケアですが、忙しくても面倒なことが嫌いな人でも簡単にケアできるアウトバストリートメントを使ってしっかり髪を保護してあげることをおすすめします。

使い方も簡単です。
  1. お風呂上り
  2. 朝のスタイリングの前
など、ドライヤーの前に毛先から中間に馴染ませるだけですから。

枝毛やダメージを受けてしまっている髪の毛は刺激を受けやすいためできる、だけ刺激を与えないようにしっかり保護してあげることできれいなロングヘアへと近づいていきますよ。

自分でカットするのはおすすめしない?その理由とは

枝毛や切れ毛を見ても、これくらいならと毛先を切ってみたり抜いてみたりしていませんか?

確かに自分でカットするほうが早いですし、毛先を切ればいいだけなので自分でも出来ないことはありませんよね。

しかし、枝毛というのは毛先だけでなく毛先から5センチ程くらいまでの部分も傷みが激しい場合もあります。

そのため、自分で切ると正しく切れていない場合は切ったそばからもろくなってまた裂けて枝毛になる事もあります。
ですから自分で切るという行為はおすすめしません。

自前のハサミで切ると傷みの原因になることも

ヘアカット用のハサミと櫛

またもう一つの視点から言うとハサミの問題も。

今ではセルフカット用にさまざまなハサミが売られていますが、美容師からするとあまりオススメしません。

なかには切れるはさみもあるでしょうけど、自前のハサミで切ってしまうと引っかかったときや切れ味が良くないとバサバサになってしまうことにも繋がってしまいます。

キレイに髪を伸ばすなら、パーマはおすすめしない?

きれいに髪を伸ばしたいのなら、結論からいえばやはりパーマや縮毛矯正なんかはおすすめしません。

というのも、パーマや縮毛矯正なんかに使われている薬剤はあまりにも強くて髪の毛には大きな負担になってしまい、枝毛にもなりやすくなってしまうからです。

さらにゆってしまえば、今ある枝毛をさらに悪化させてしまう可能性もあるので極力パーマや縮毛矯正はしないほうがいいでしょう。

カラーしながら伸ばしたい。でも髪も傷めたくない。そんなときは。

髪染めしてもらう女性

パーマは控えた方が良いのですね。
では、やっぱりカラーもダメですよね。
そうですね。
髪を伸ばしたいけど、でもカラーをしてイメチェンをしたい。でも髪を傷めたくない。
悩ましい問題ですよね。

そんなときにはどうしたらいいのか。

まず始めに、カラーというのは傷めないというのはあり得ません。
使っている薬剤や仕上がりの髪の明るさによって薬剤の強さが変わるため痛み具合は変わってきますが、薬剤によって少なからず髪の毛は傷みます。

これは大前提として、

髪を伸ばしたい、
カラーをしたい、
傷めたくない
という方に一番良いのが、根元だけを染めるというリタッチという染め方

一度カラーリングして、伸びてきたら根元の健康な髪だけを染めていく方法です。
1度染めて伸びてきた黒髪だけ染めていくので傷み具合を軽減することができます。
この方法なら薬剤を塗り込むのが1回だけですものね。
たしかに最小限に抑えられますね。

髪にもっとハリやコシがほしい。乾燥しがちな頭皮のケアにおすすめのシャンプー

お風呂場でシャンプーしている女性

欲を言えば、ダメージケアだけでなく髪にもっとハリやコシがほしいのですが、何か良い方法ありますか?
髪にもっとハリやコシがほしい、乾燥しがちな頭皮のケアにはアミノ酸シャンプーが一番オススメですよ。

アミノ酸シャンプーは安価なシャンプーとは違い、頭皮と同じアミノ酸でできているため洗浄力がマイルドなうえ、刺激を与えることもなく適度に洗うことができます。

髪の毛や頭皮に優しく潤いを与えることもできるため、髪を元気にするため頭皮から健康を考えているならアミノ酸シャンプーは優れたシャンプーといえます。

傷んだ髪に最上級なヘアケアを!

⇒傷んだ髪の補修と美しい髪を保つ高級シャンプー特集

頭皮から髪を健康に!アミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

まとめ。

髪をロングに伸ばしたいのならまず始めにカットをオススメします。

いきなり短いのは嫌だから徐々に切っていく、
短くなってもいいから早く伸ばすためにバッサリ切る
など自分がどうしていきたいのかを踏まえたうえで、カットをしたあと傷みやすい毛先を十分に保護してあげながらきれいなロングヘアを目指していきましょう。

アウトバスで使う洗い流さないトリートメント特集

2018.02.06

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)