MENU
登場人物

管理人misa(乾燥肌)
管理人misa(43歳/乾燥肌)
フケ・かゆみ・湿疹・皮膚炎…頭皮トラブルのほとんどを自ら経験。
長年皮膚科に通い試行錯誤した経験と、まじめにやり過ぎてトラブルを引き起こしたヘアケアを見直すために学んだ知識を生かしライターとして活動。
「どんなシャンプーを選ぶかで髪は変わる!」という事を伝えたい。


美容師mai(乾燥性敏感肌)
美容師mai(30歳/乾燥性敏感肌)
美容師としての専門知識に加え自身が敏感肌で髪と頭皮のトラブルに悩まされてきた経験を活かしコラムを執筆しています。シャンプーをはじめヘアケア商品のレビューや分析も担当してます。
現在3歳の子供を育て育児休業中。


美容師chika(普通肌))
美容師chika(31歳/普通肌)
産休から美容師の仕事へ復帰。その傍ら「正しいヘアケアで髪は変わるしヘアケアは簡単になる」ことを知ってほしいとヘアケアコラムを執筆中。

トリートメントやコンディショナー不要のシャンプー、本当にシャンプーだけでいいの?

misa

シャンプーの中にはコンディショナーやトリートメントは必要がないというものもありますよね。
そういったシャンプーって本当にシャンプーだけでいいんでしょうか?

mai(美容師)

そうですね。
きっと疑問に思っている方、少なくないと思います。
美容師の視点で意見を述べたいと思います。

結局は髪の艶だったり仕上がりの満足度で判断するべきと思いますが、ヘアケアは毎日の積み重ねで少なからず将来の髪にも影響しますから、5年10年先も見据えて参考にして頂ければと思います。

目次

シャンプーだけでいいの?トリートメントやコンディショナー不要って何が違うの?

mai(美容師)

シャンプーだけで良いのか。
結論から言いますと、シャンプーのみでもOKです。

市販のシャンプーは、

  • コンディショナーやトリートメントをセットで使うタイプ
  • シャンプーのみで良いタイプ

の大きく2つに分かれます。

ではなぜシャンプーのみでいいのか。
ご紹介しますね。

シャンプー・リンスなどそれぞれの目的と役割

シャンプー
トリートメント・リンス・コンディショナー
  • 頭皮の汚れを落とす
  • 髪の汚れを落とす
  • 髪のダメージ補修・予防
  • 毛髪の保湿

本来シャンプーは汚れを落とし、コンディショナーやトリートメントで髪をコーティングしますが、良質なシャンプーはコンディショナーやトリートメント効果のある保湿成分が豊富に配合していたり、

アミノ酸シャンプーなんかは、
「合成シャンプー」と違い、うるおいを残すしてくれるので、
髪のパサつきを抑えてくれます。

とはいえ、シャンプーのみではコンディショナーやトリートメントを使ったようなツヤは出ません

mai(美容師)

1本でツヤを出すならクリームシャンプーがおすすめです。

トリートメントやコンディショナーの目的

トリートメントとコンディショナーはにているようで若干違いがあります。

トリートメント、コンディショナー・リンス、洗い流さないトリートメントの役割。図解
トリートメントの役割

トリートメントはリンスやコンディショナーと違い、主に髪内部の補修を目的としている点が特徴です

コンディショナーの役割

一般的に、リンス・コンディショナーは髪の表面に油膜を作り摩擦などの刺激から保護したり、髪のコンディションを整える役割があります。

アウトバストリートメントの役割

洗い流さないトリートメントは、お風呂上りやスタイリング前などドライヤーを使う前に馴染ませます。
髪が濡れた状態で使うと、内部ケアとコーティングの両方の働きをしてくれます。

mai(美容師)

とはいえ、いずれも髪をコーティングしてくれる役割があります。

コンディショナーやトリートメントは必ずしも毎日使う必要はありません。

  • 髪の長さ
  • 傷み具合
  • シャンプーの配合成分

上記の点から判断すると良いですよ。

mai(美容師)

ダメージが気になるなら毎日使うと良いですし、それほど気にならなくてもセミロング以上なら1週間に1~2回程度は使うと良いでしょう。

ヘアケアは予防が目的

シャンプーを洗い流している女性
mai(美容師)

一つ覚えておいてほしいのが、
ヘアケアというのは本来、「予防」が目的です。

misa

基礎化粧品で肌のお手入れするのと同じ、ということですね。

mai(美容師)

そうなんです。
髪の傷みがひどくなってから熱心にヘアケアを始める方もいますが、ダメージを事前に予防するのが本来の目的です。

ダメージの予防とツヤのある髪を保つために。

  • 髪の長さ
  • 傷み具合
  • シャンプーの配合成分

先ほどもご紹介したこのポイントですが、
「シャンプーだけだとパサつくなぁ」
とか
「なんか傷みやすいなぁ」
という方は、

mai(美容師)

毎日使わなくても週に1~2回程度、トリートメントやコンディショナーするだけでも違いますよ。

1本で済ませるなら、シャンプーの「質」が大事

お風呂でくつろぐブルドッグ

シャンプーといえば、「汚れを落とすもの」というイメージだと思います。

1本で済ませて、髪も綺麗にするなら

  • 優しい洗浄成分
  • 髪と頭皮にうるおいを与える成分

この2つに注目して選びたいです。

misa

スキンケアと同じように日々のケアで差がついてしまいますし、髪が与える印象で老けて見られたり、暗い印象を与えてしまったらモッタイナイですよね。

mai(美容師)

そうですよ!
では、次にシャンプーの質を高めるメリットや、シャンプーの種類の違いについてご紹介しますね。

髪が傷みやすい・頭皮が弱いならアミノ酸シャンプーがおすすめ。その理由とは

泡で作ったハート
mai(美容師)

一つでOKとはいえ、シャンプーとひとくちにいってもさまざまなシャンプーがありますよね。
そのなかでおすすめなのがアミノ酸シャンプーです。

予防という意味ではどの頭皮や毛髪にもアミノ酸がいいのですがそのなかでも特に、髪が傷みやすかったり頭皮が弱いならアミノ酸シャンプーがおすすめです。

なぜかというと、
アミノ酸シャンプーは❝アミノ酸”から作られていて、弱酸性だから髪と頭皮を優しくケアしてくれます。
カサつきやすい頭皮の乾燥を防ぐことで髪の健康にも良いですし、髪にも必要なアミノ酸を補充していく事が出来るため、すでに生えている毛髪のケアにも優れています。

髪が傷みやすかったり、フケやかゆみが出やすい頭皮の弱い人に最適です。

洗浄力が強いと髪にも良くない理由

お風呂場でシャンプーしている女性

mai(美容師)

シャンプーの洗浄成分による特徴は次の通りです。

スクロールできます
アミノ酸系シャンプー石油系シャンプー石鹸系シャンプー
メリット洗浄力がマイルド
皮脂を奪い過ぎない
弱酸性で髪と頭皮に優しい
すすぎやすい(残りにくい)
環境に優しい
髪のタンパク質を守る働きがある
低価格
泡立ちが良い
低価格
環境に優しい
デメリット価格が高い
整髪料は落ちにくい
洗浄力が強い
頭皮への刺激が強い
頭皮が乾燥しやすい
すすぎにくい(残りやすい)
環境によくない
洗浄力が強い
頭皮が乾燥しやすい
パサつきやキシミやすい

シャンプーには洗浄力が強いものとマイルドなものがありますが、洗浄力が強いと髪にも頭皮にもよくないんです。

というのは、洗浄力が強いと必要な皮脂までもを奪ってしまう可能性が高くなってしまうからです。

洗浄力が強いと確かにすっきりと洗われている感じはありますが、洗浄力が強いとゆうことは脱脂力が強く、刺激も強いということですので、頭皮にはもちろん、髪にも刺激となります。

毎日使っていればダメージが蓄積されていきトラブルの引き金になってしまいます。

年齢とともに乾燥しやすくなる女性の頭皮にもアミノ酸シャンプーがおすすめです。

お風呂上りバスローブを着てくつろぐ女性

安価な高級アルコール系シャンプーはただでさえ洗浄力が強いのに、男性よりも皮脂の分泌が少ない女性にとって、男女兼用で使うシャンプーや男性が満足するシャンプーは乾燥の原因になりやすいのです。

ツヤのある髪は、頭皮環境が良いから生える!

イラスト解説。毛髪は頭皮から栄養をもらっています。

ここまで「シャンプーの違い」についてご紹介してきましたが

mai(美容師)

頭皮ケアを大切にしてほしい理由は「髪の健康」にも深く関わっているからです。

洗い流さないトリートメントを使うのも効果的です。

お風呂で洗い流すコンディショナーやトリートメントを使わず、「洗い流さないトリートメント」を使うのもおすすめです。

  1. 艶を出しまとまりを良くする
  2. ドライヤーの熱から髪を守る
  3. サッと使えて簡単で効果的

洗い流さないので、お手軽に使えて効果的です。

mai(美容師)

シャンプー1本でも良いですが、傷みやすい方は時短ケアできる洗い流さないトリートメントを使う方法もアリですよ。

オールインワンで使えるアミノ酸シャンプー

misa

シャンプー1本で髪と頭皮のケアを済ませるなら、アミノ酸シャンプーが良いということはわかりましたが、美容師の目線でおすすめのシャンプーってありますか?

mai(美容師)

はい。配合成分と、私自身も敏感肌なので地肌の弱い方におすすめのシャンプーをご紹介しますね。

  1. ドラッグストアで買えるアミノ酸シャンプー
  2. 1本でOKのアミノ酸系スカルプシャンプー
  3. 優しく洗いながら髪にツヤも!泡立たないクリームシャンプー

ドラッグストアで買えるアミノ酸シャンプー

洗浄成分がマイルドなアミノ酸で、ドラックストアでも購入できる比較的お手頃なアミノ酸シャンプーです。

ひまわりシャンプー
Himawariシャンプー
カウブランド無添加シャンプー
カウブランド無添加シャンプー
ピュアナチュラルシャンプー
ピュアナチュラルシャンプー
内容量500ml(2~3ヵ月分)500ml(2~3ヵ月分)500ml(2~3ヵ月分)
参考価格883円~753円~915円~

1本でOKのアミノ酸系スカルプシャンプー

mai(美容師)

ハリ・コシのあるツヤツヤな髪を育む頭皮環境を整えたい方におすすめの、1本でケアできるアミノ酸シャンプーはこちらです。

haru 黒髪スカルプ・プロ
kurokamiスカルプ
チャップアップシャンプー
CUシャンプー
ハイビスカスシャンプー
ハイビスカスシャンプー
内容量400ml(2~3ヵ月分)300ml(1~2ヵ月分)300ml(1~2ヵ月分)
初回価格3,010円3,280円1,980円
2回目以降3,010円
1ヶ月当り1,505円
3,280円~2,873円
続けるほどお得に
定期条件ナシ
30日間返金保証
送料無料
ナシ
送料無料
ナシ
送料無料
どんな人に?
  • 抜け毛
  • 白髪
  • フケ
  • かゆみ
  • 臭い
  • 男女で使いたい
  • ツヤ髪
  • うるおい
公式サイト公式サイトを見てみる公式サイトを見てみる公式サイトを見てみる

シャンプーのみで済ますならコレ!
kurokamiスカルプ

misa

kurokamiスカルプは大容量ですし、コスパも良いです。

優しく洗いながら髪にツヤも!泡立たないクリームシャンプー

手のひらに乗せたクリームシャンプーのテクスチャを伸ばしてチェック

クリームシャンプーは「洗えるコンディショナー」というクリーム状の泡立たないシャンプー。

海外のモデルさんが使い始めたことで人気が高まっています。

  • 時短
  • 節水

ができて、1本で髪にツヤも与えてくれます

クリームシャンプーが向いている人
  • ロングやセミロングで傷みやすい
  • 子育てや仕事でヘアケアの時間がない
  • もっと簡単に髪をキレイに保ちたい
KAMIKA黒髪クリームシャンプー
KAMIKA黒髪クリームシャンプー
わたしのきまり
わたしのきまり
405クレンジングコンディショナー
405クレンジングコンディショナー
内容量400g(約1ヵ月分)300g(約1ヵ月分)490g(約1ヵ月分)
最安値で通販する方法3本セットで5,980円
1本あたり1,993円
1,980円2本セットで4,320円
1本あたり2,160円
2回目以降3ヵ月毎に3本11,780円
1本あたり3,927円
3,980円2ヵ月毎に2本5,020円
1本あたり2,510円
定期条件ナシ
送料無料
ナシ
30日間返金保証
送料無料
ナシ
送料無料
備考1本毎なら初回3,980円
2回目以降4,890円
キャンペーンサイト公式サイトを見てみる公式サイトを見てみる公式サイトを見てみる
misa

クリームタイプのシャンプーは泡立たないので、最初は「しっかり洗えてるの?」と違和感を感じましたが、洗い上がりはほど良いですし髪もツヤツヤで良いですよね。

mai(美容師)

髪のケアもできるので時短にもなりますね。

まとめ

最初にお伝えしたように、シャンプーのみでOKです。

ただ、髪と頭皮を良い状態で保つならシャンプーはアミノ酸シャンプーがおすすめですよ。

そして髪が傷んでいるなら洗い流さないトリートメントも一緒に使いたいですね。
ダメージケアの効果も高いですし、ドライヤーの前にサッと馴染ませるだけだから簡単です。

今はクリームシャンプーがあったり髪のお手入れの方法は様々ですから、シンプルで満足できるヘアケアの方法を考えるきっかけに、少しでも役立てたなら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次