MENU
登場人物

管理人misa(乾燥肌)
管理人misa(43歳/乾燥肌)
フケ・かゆみ・湿疹・皮膚炎…頭皮トラブルのほとんどを自ら経験。
長年皮膚科に通い試行錯誤した経験と、まじめにやり過ぎてトラブルを引き起こしたヘアケアを見直すために学んだ知識を生かしライターとして活動。
「どんなシャンプーを選ぶかで髪は変わる!」という事を伝えたい。


美容師mai(乾燥性敏感肌)
美容師mai(30歳/乾燥性敏感肌)
美容師としての専門知識に加え自身が敏感肌で髪と頭皮のトラブルに悩まされてきた経験を活かしコラムを執筆しています。シャンプーをはじめヘアケア商品のレビューや分析も担当してます。
現在3歳の子供を育て育児休業中。


美容師chika(普通肌))
美容師chika(31歳/普通肌)
産休から美容師の仕事へ復帰。その傍ら「正しいヘアケアで髪は変わるしヘアケアは簡単になる」ことを知ってほしいとヘアケアコラムを執筆中。

50代から若々しい髪のツヤを取り戻すお手入れの方法・まとめ

50代の髪にツヤを!シンプルに輝くが最強

「最近、髪にツヤがない気がする…」
「パサつきが目立つ気がする…」
「ふんわり感が出ない!」
「セットしてもすぐにペタッとなる…」
「ツヤがほしいけどどうしたらイイの?」

misa

ハッキリ言って、直視したくない現実です。汗

mai(美容師)

そうですよね。
気持ちはとってもわかります。
でも髪って見た目の印象を大きく左右するパーツなんですよね。

misa

芸能人なんかでも年齢を感じさせない人は髪もキレイですよね。

mai(美容師)

ヘアケアはお手入れの効果が表れやすく、50代からでも遅くはありません。
変化を実感しやすいので参考にしてほしいです。

misa

たしかにキラキラしている人って、いくつになっても髪が綺麗!

mai(美容師)

そうですよー!
だから、ヘアケアは女性にとって見た目だけでなく内面から素敵に輝く魔法になります。

こちらの「まとめ記事」では髪のプロである美容師が、50代の髪にツヤを取り戻すために、どんなポイントを大切にしてヘアケアしたら良いのか、基本のヘアケアと人それぞれ抱える髪の悩み別のお手入れの方法をまとめてご紹介していきます。

このページでわかること

縦に長いまとめ記事ですが、
お伝えする内容を大まかにまとめると
下記の順でお伝えします。

  1. 50代女性の髪にツヤが失われる原因
  2. ツヤが出やすいヘアスタイル
  3. 【基本編】今日から始めたいヘアケア
  4. 【解決編】髪と頭皮のトラブル別お手入れ
  5. まとめ

基本のヘアケアを抑えながら、悩みを抱えている方は【解決編】も合わせて参考にしてみて下さいね。

mai(美容師)

難しいことはなく、ほんの少しの気づかいや考え方でコツコツ続けていくと良い変化を実感できると思いますよ。

目次

50代の髪にツヤを失いパサつく3つの原因とは

髪をタオルドライする女性
mai(美容師)

50代の髪にツヤがない主な原因は3種類です。

ツヤを失ってしまう主な原因
  • 健康だけど野放しで手入れ不足
  • 髪が傷んでる
  • 年齢
mai(美容師)

髪にツヤがないのは、髪の傷みが良くあげられますが、実は
ツヤがないから髪が傷んでるとは限らない。ということです。

misa

髪の傷みとツヤは別の問題なんですね。

mai(美容師)

そうなんです。
なので目指してほしいのは髪のダメージを抑えながらツヤを出すということです。

毛髪にハリ・ツヤが失われるのは〝頭皮”のお手入れ不足が関係している?

mai(美容師)

結論をいいますと、
毛髪にハリやコシが失われるのは頭皮のお手入れも関係しています。

というのも、
ターンオーバー(新陳代謝)の周期が遅くなりますし、角質層のうるおい成分(主に天然保湿因子)が減少するという事があげられます。

つまり
頭皮が乾燥してしまい潤いが不足している状態ですから、当然毛髪にも栄養が行き渡らずハリやコシが失われてしまいます。

頭皮のお手入れがカギ!
髪が「うねり」ツヤがなくなる原因に

また年を取ると顔や体の皮膚がたるむのと同じように、頭皮もたるみます。
頭皮がたるむと毛穴も重力に引っ張られて歪んでしまいます。

髪がうねるのは毛穴のたるみも原因

頭皮がたるむと毛穴が歪んでしまうことによって髪がうねって生えてきてしまいます。

髪のハリ・ツヤを失うのは女性ホルモンの関係も

女性ホルモンは、髪を形成する成分であるコラーゲンを作り、髪のツヤやハリをもたらすために重要な役割を果たしていますが、これが減少してしまうと頭皮のたるみにも繋がってしまいます。

mai(美容師)

女性ホルモンに良い食べ物があるので後ほどご紹介しますね。

美しく見えるツヤツヤな髪に仕上げる方法

髪の綺麗なモデル

50代の女優さんのキレイな髪を見てうらやましいと感じたこと、誰にでもあると思います。

もちろん、ひどいダメージを受けている芸能人やモデルもたくさんいます。
とはいえ、メディアを通して目にする彼女たちの髪はツヤツヤ、うるうるを保っていますよね。

芸能人やモデルのツヤ髪の秘密は、たった2つ

  • テンションをかけたブローでキューティクルの向きをそろえる
  • 洗い流さないトリートメントやオイルを使う

など、実は誰にでもできる簡単なことだったりします。

肌は質感そのものを変えるのは至難の業かもしれませんが…、
スタイリングや日々のケアで美しく見せることのできるパーツです。

mai(美容師)

つまり、身体の中で堂々と整形することができる唯一のパーツが髪です。

misa

憧れていたモデルや芸能人も、美容師さんから見たら全然違って見えてるのですね。

mai(美容師)

そうなんです!50代だからと年齢のせいにしてあきらめているとしたらモッタイナイですよ。

misa

はい。ヘアケアに対して心を入れ替えたいと思います!
でも、もっと即効性のある方法ってありませんか?

mai(美容師)

そうですね。
カットでツヤを出す方法がもっとも手っ取り早いです。

ツヤが出やすいヘアスタイルとは

ミディアムヘアの女性
mai(美容師)

ちなみに
もっともツヤが出やすいスタイルはボブです。

髪のツヤは反射光が作り出しています。

髪の表面がフラットに整っているほど、反射する面積が広くなり光が均一になってツヤツヤに見えやすく、反対に毛の断面が見えるシャギーや段をつけるレイヤーは断面の凹凸が表面に出てツヤがでにくくなります。

つまりすぐにツヤ髪になりたいなら毛先を見せないスタイルにすること。

misa

カットの方法で変わるんですね。

mai(美容師)

ツヤ髪=トリートメントと連想しがちですがまずはカットです。
実は、高価なトリートメントを使うより即効性がありますよ。

【基本編】すぐに始めたい!50代女性が大切にするべきヘアケア

考える50代女性の横顔

髪の健康には、身体の健康が欠かせませんので、

  • バランス良い食事
  • 適度な運動
mai(美容師)

どこでも言われることですが、
やはり基本は大切。

misa

う~ん…
耳が痛いです。

mai(美容師)

そうなんですよね。
この点は、私も自分に言っているような気持ちになります。苦笑

また、50代は、更年期や閉経など女性の体に大きな変化が伴う時期とも言えます。
つまり女性ホルモンが大きく減少するということ。

ですから、50代の髪のエイジングケアには、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンを毎日摂取するようにすることをおすすめしますよ。

大豆を使った8つの食材写真

misa

納豆や豆腐、おから、味噌などいろいろありますね。

mai(美容師)

そうですね。
美容や健康にも嬉しい食材ですし、毎日1品加えたいですね。

ツヤのある髪を取り戻す方法。

指先で頭皮をチェックしている女性

mai(美容師)

ツヤ髪を取り戻す方法はいくつかあります。

  1. アミノ酸シャンプー
  2. アウトバストリートメント・ヘアオイル
  3. スカルプエッセンス
悩んでいる人

スカルプエッセンスや育毛剤の保湿はわかるけど…シャンプーでうるおうの?

mai(美容師)

はい。良いシャンプーはちょっと高級な洗顔料と同じようにうるおい成分もたっぷり入っていますよ!

misa

そうですね。
私も通販で知ったのがきっかけでした。
もう刺激の強いシャンプーには戻れません(笑)

mai(美容師)

乾燥を防いでトラブルを予防してくれるから、エイジングケアにもおすすめです。

⇒50代におすすめのシャンプー特集はこちら

【解決編】50代が髪にツヤを取り戻すならこのポイント!髪質・悩み別ヘアケア

髪の悩みに応じた実践編。艶のあるキレイな髪を取り戻すヘアケア。ポイントを簡潔にまとめましたよ。

misa

髪と頭皮の老化原因について教えてもらいましたが、髪の状態に合わせたヘアケアってありますか?

mai(美容師)

ではここから、髪や頭皮の悩み別にどんなケアを取り入れたら良いか。
ポイントをご紹介していきますね。

あなたの髪の悩みにも心当たりがあれば、参考にして頂ければ幸いです。

mai(美容師)

上記の順でご紹介していきますよ。

ツヤがない。パサつく髪に艶を取り戻すヘアケア

浴衣の女性の後ろ姿

艶がないとパサついてしまいますよね。
そんなパサついてしまう髪に艶を取り戻すためにどんなヘアケアをしたら良いのか。

ツヤのない髪というのは、光をうまく反射できない状態になっています。
原因は、髪内部を守る働きをしているキューティクルが剥がれてしまうことにあります

内部にダメージを与えキューティクルがはがれないよう、保護してあけるために

などの、ケアがおすすめです。

美しい髪を育むのは〝健康な頭皮”です。

髪のエイジングケアは、頭皮の健康が大事。
頭皮を健やかに育むのにおすすめなのが「アミノ酸シャンプー」です。

うねる。モワっと広がるボサ髪をまとまりよくするヘアケア

広がる髪がまとまらないとスタイリングがなかなかうまくできなくてイライラしてしまうことって多々ありますよね。

そんなモワッと広がる髪をまとまりのあるキレイな髪に見せる方法として、
一番簡単にできるのがアウトバストリートメントです。

髪を保護して広がる髪をおさえたりまとまりをよく見せてくれるので、おすすめです。

アウトバストリートメントは、その名の通りお風呂の外で使う洗い流さないタイプのトリートメントです。

お風呂上りやスタイリングの前にサッと馴染ませドライヤーをかけるだけで、髪を保護してツヤ感も出してくれます。
ダメージ予防にもなりますのでロングの方やセミロングの方におすすめの方法です。

枝毛や切れ毛…傷みが目立つ髪を改善する方法

枝毛や切れ毛は、傷みが目立ってなおさらボサボサとした不潔な印象にみられがちな髪の毛のトラブル。

枝毛や切れ毛の傷みが目立つ髪を改善する方法で一番良いのが、傷んでいる部分をすべてカットしてしまうこと。

カットすることで枝毛や切れ毛がなくなるのですぐに改善することができます。

とはいえ伸ばしているならすべてカットするのには抵抗がありますよね。
その場合時間はかかりますが、毛先を少しずつという手もあります。

髪には自らを補修する能力はありません。
なので、

  • トリートメントやコンディショナーで予防する
  • シャンプーの優しアミノ酸に変える
  • ドライヤーのかけすぎに気をつける

些細なことに感じるかもしれませんが、1度生えた髪は抜け落ちるまでに4~6年くらいのサイクルです。
日々のヘアケアで髪をいたわりダメージを減らすケアを心がけるのも枝毛や切れ毛の予防になります。

頭皮のフケやかゆみを防ぎ、髪と頭皮を元気にするヘアケア。

虫眼鏡で見る分け目のフケ

頭皮のふけは一番不潔に見えてしまうトラブルですし、頭皮のかゆみは常にかゆみを感じてしまいますから不快に感じますよね。

フケやかゆみは、毎日のケアに問題がある場合が多く、
その主な原因に、シャンプーの刺激や洗浄力の強さがあげられます。

そんな頭皮の乾燥を防ぐのに適しているのが、アミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーは、洗浄力も優しく頭皮のうるおいを守ってくれるだけでなく、弱酸性で髪と頭皮に優しいのでフケやかゆみの予防に加え、ヘアケアの点から見ても優秀なシャンプーです。

フケやかゆみで頭皮の状態が良くない。
とお感じの方は、よく使っているアイテムが合っていないケースが多いのでシャンプーから変えてみてはいかがでしょう。

太い髪。ゴワゴワな髪をサラサラに仕上げるヘアケア

さらさらのロングヘアになりたいのにゴワつく…、

人形の髪の毛ようにゴワゴワですと、スタイリングが思うようにいかずイライラしている方も少なくないでしょう。

太い髪がゴワつく主な原因
  • 傷んでしまっている
  • 毛髪の水分が不足している

この2つが主な原因です。

髪は乾燥するとしなやかさを失います。

そんなゴワゴワした髪をサラサラに仕上げるためのヘアケアは、、乾燥しないよう髪をしっかり保護してあげる必要があります。

ケアのポイント
  • シャンプーを優しいアミノ酸に変える
  • キューティクルの補修効果のあるトリートメントを使う
  • オーバードライ(乾かし過ぎ)に気をつける

乾燥を防ぐアイテム選びとヘアケアに気をつけることが大事です。

mai(美容師)

このタイプはもともとキューティクルが丈夫な人が多く、
毛髪内部の水分量をキープすればまとまり感が出てきます。

カラーやパーマで髪を傷めずキレイな状態を保つ方法

カラーやパーマで髪を傷めず綺麗な状態を保つためには一番良いのが頻度を空けること。

パーマを長持ちさせる方法はこちらで紹介しています。

カラーは、伸びた根元だけ染める「リタッチ」で対処することで綺麗な状態を保てます。

毎回フルカラーにしていると前回染めた部分から毛先へとダメージが大きくなります。

毛先から傷んでくるので、できるだけリタッチで染めるのがおすすめです。

毛量が減ってきた。髪が細くなってきた女性におすすめのヘアケア

なかには生まれつき髪が細い人もいますが、後天的に髪が細くなった人は注意してください。

髪が細くなってしまう原因にはさまざまありますが、
細い髪になる代表的な要因としては、頭皮環境の悪化に伴って毛根に充分な栄養がいかなくなる
ということが薄毛の原因として挙げられます。

髪の成長がよくないと、ヘアサイクルの乱れにも繋がる恐れがあります。

そのため、頭皮環境を改善して、生活習慣や食生活をしっかりと見直したりするなどによって、細い髪質を改善することは十分に可能といえます。

また、育毛剤を使うのもおすすめです。
早めの対策で薄毛・抜け毛を予防して髪を元気にしてあげましょう。

misa

私もフケやかゆみがずーっとひどくて、髪がやせ細ってしまったときがありましたけど、つむじや分け目の薄毛って周りも気づいているんじゃないかと心配になるんですよね。

mai(美容師)

薄毛や抜け毛は自分で思っている以上に進行していくことがありますから、早めのケアで予防していきたいものですね。

【体験談】育毛剤で髪が元気になりました!

増えてきた白髪をキレイに染めてツヤも出す方法

利尻昆布白髪用ヘアカラートリートメントのボトルのアップ

misa

サイドとか生え際の白髪が目立ってきますよね。

mai(美容師)

美容室で染めるともちろん綺麗に染められますが、自宅で手軽に染めるならトリートメントの白髪染めがおすすめですよ。

白髪染めトリートメントは、
保水効果を持った成分がたくさん配合されているので白髪を染めると同時に失われた水分を取り戻してくれたり、無理やり髪のキューティクルを開くことはないので傷めずに染められます。

準備も不要で、手軽に染められ、
部分染めにも適してますし、
全体染めもお風呂で簡単にできるので
白髪をきれいに染めて、優しく艶を出すならトリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

まとめ。何からはじめたらいい?

misa

年齢を重ねてきれいな人って、必ず髪も綺麗ですよね。

mai(美容師)

そうですね。
髪が綺麗だと内面からの美しさも合わさって、大人の輝きって出ると思います。

misa

でも、なんとなくツヤがないな。
という場合、何から始めたら良いですか?

mai(美容師)

はい。
やはり基本はシャンプーです。
化粧品を選ぶように使ってほしいですね。

ドラッグストアなんかで何となくシャンプーを選んでいたのなら、思い切ってアミノ酸シャンプーに変えてみると良いですよ。

⇒50代におすすめのシャンプー特集はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次