50代や60代からキレイな髪って取り戻せる?若々しい艶髪を取り戻す方法

浴衣の女性の後ろ姿

髪にツヤがなくなった。
周りの同世代より老けて見えてないかなぁ…
と、お悩みではありませんか?

髪にツヤが無かったり、ボリューム感がなくなってくると年齢以上に老けて見えてないか心配になりますよね。
髪は相手に印象を与える際に最も目につきやすいパーツですから、髪にツヤが無かったり、白髪が目立っていたりペタッとしていると見た目の印象も変わってしまいますよね。
50代や60代からでも、髪ってハリやツヤを取り戻すことってできますか?
年齢で諦めるのはモッタイナイですよ。
女性ならやはり年齢より若々しく見られたいですよね。
ここでは、ツヤを取り戻したり、髪に元気を取り戻す方法をご紹介していきますので、50代60代以上の女性に参考にしてほしいです。

ほんの少しの気づかいや考え方で変わるので、実年齢より若々しく見られるために参考にしてみて下さいね。

髪の状態が、実年齢より老けて見られる原因に。

白髪混じりの髪

あなたの髪の毛の状態はどんな状態ですか?
ぱさついていたりまとまりが悪かったりしていませんか?

実はこのような髪の毛の状態だったり、悪ければ悪いほどあなたの実年齢より老けて見られてしまっている原因になります。

艶のある髪は若々しくイキイキとしている印象を与えてくれます。
しかし、艶のないバサバサしている髪の毛だと老けてみられがちなのもありますし、人によっては不潔な印象を与えてしまうことにもなります。

髪にツヤが出ない主な原因とは

考える50代女性の横顔

髪にツヤがなくなる原因には、髪の傷みがよくあげられます。

髪が傷むのはシャンプーだったり、間違ったヘアケアなどさまざまな要因が挙げられますが、傷みのほかにも加齢も大きな要因となります。
髪に含まれている脂質も年齢と共に減少していきますから、乾燥しやすくなりますしそうなると艶がなくなってくるのです。

毛髪にハリやコシが失われるのは頭皮の老化が関係している?

結論からいいますと、
毛髪にハリやコシが失われるのは頭皮の老化が関係しています。

というのも、
ターンオーバー(新陳代謝)の周期が長期化し、角質層のうるおい成分(主に天然保湿因子)が減少するという事があげられます。

つまり
頭皮が乾燥してしまい、潤いがない状態ですから、当然毛髪にも栄養が行き渡らずハリやコシが失われてしまいます。

頭皮がたるむと毛穴が歪んで髪もうねったりツヤがなくなる

年を取ると顔や体がたるむのと同じように、毛穴もたるみます。
頭皮がたるむと毛穴も重力に引っ張られて歪んでしまいます。

頭皮がたるむと毛穴が歪んでしまうことによって髪がうねって生えてきてしまいますし、
女性ホルモンは、髪を形成する成分であるコラーゲンを作り、髪のツヤやハリをもたらすために重要な役割を果たしていますが、これが減少してしまうと頭皮もたるみにも繋がってしまいます。

基本のヘアケア。50代60代が大切にするべきはなに?

打ち合わせする女性

、60代は、更年期や閉経など、女性の体に大きな変化が伴う時期と言えます。
つまり女性ホルモンが大きく減少するということ。

ですから、50代、60代の髪のエイジングケアには、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンを毎日摂取するようにしましょう

ちなみに大豆イソフラボンが多く含まれる食品は、納豆や豆腐、味噌なんかがそうです。
少しでも髪のエイジングをを食い止めるように意識して取り入れていくことが大切です。

50代60代が艶髪を取り戻す髪質別ヘアケアとは

一つを選ぶ

髪と頭皮の老化原因について教えてもらいましたが、髪の状態に合わせたヘアケアってありますか?
ここまでは基礎編でしたが、ここから髪質別にどんなケアを取り入れたら良いか。
ご紹介していきますね。

あなたの髪の悩みにも心当たりがあれば、参考にして頂ければ幸いです。

  1. ツヤがない。パサつく髪に艶を取り戻すヘアケア
  2. うねる。モワっと広がる髪をキレイなまとまりある髪に見せる方法
  3. 枝毛や切れ毛…傷みが目立つ髪を改善する方法
  4. 頭皮のフケやかゆみを防ぎ、髪と頭皮を元気にするヘアケア
  5. 太い髪。ゴワゴワな髪をサラサラに仕上げるヘアケア
  6. 毛量が減ってきた。髪が細くなってきた女性におすすめのヘアケア
  7. 白髪をキレイに染めてツヤも出してくれる白髪染めとは
上記の順でご紹介していきますよ。

ツヤがない。パサつく髪に艶を取り戻すヘアケア

艶がないとパサついてしまいますよね。
そんなパサついてしまう髪に艶を取り戻すためにどんなヘアケアをしたら良いのか。

ツヤのない髪というのは、光をうまく反射できない状態になっています。
原因は、髪内部を守る働きをしているキューティクルが剥がれてしまうことにあります

キューティクルが剥がれてしまわないよう、内部にダメージを与えないよう、しっかり保護してあげることが大切です。

内部にダメージを与えキューティクルがはがれないよう、保護してあけるために

などの、ケアがおすすめです。

うねる。モワっと広がる髪をキレイなまとまりある髪に見せる方法

広がる髪がまとまらないとスタイリングがなかなかうまくできなくてイライラしてしまうことって多々ありますよね。

そんなもわっと広がる髪をきれいなまとまりのある髪に見せる方法としては、
一番簡単にできるのがアウトバストリートメントです。

髪を保護して広がる髪をおさえたりまとまりをよく見せてくれるので、おすすめです。

アウトバストリートメントは、その名の通りお風呂の外で使う洗い流さないタイプのトリートメントです。

アウトバスで使う洗い流さないトリートメント特集

2018.02.06

枝毛や切れ毛…傷みが目立つ髪を改善する方法

枝毛や切れ毛は、傷みが目立ってなおさらボサボサとした不潔な印象にみられがちな髪の毛のトラブル。

枝毛や切れ毛の傷みが目立つ髪を改善する方法で一番良いのが、傷んでいる部分をすべてカットしてしまうこと。
カットすることで枝毛や切れ毛がなくなるのですぐに改善することができます。

とはいえ伸ばしているならすべてカットするのには抵抗がありますよね。
その場合時間はかかりますが、毛先を少しずつという手もあります。

髪が傷んでるけどキレイなロングヘアに伸ばしたい!という方へ美容師からアドバイス

2018.06.20

頭皮のフケやかゆみを防ぎ、髪と頭皮を元気にするヘアケア。

頭皮のふけは一番不潔に見えてしまうトラブルですし、頭皮のかゆみは常にかゆみを感じてしまいますから不快に感じますよね。

その頭皮のふけやかゆみを防ぎ、髪と頭皮を元気にするためのヘアケアでまず一番はシャンプーの見直すこと。
ただでさえ50代や60代は潤いや皮脂が少ない状態ですから、脱脂力、洗浄力の強いシャンプーはとりすぎの原因になりふけやかゆみを発症しがちになってしまいます

そんな頭皮の乾燥を防ぐのにはまずシャンプーを見直して、アミノ酸などの比較的弱いシャンプーを使うようにして予防、改善してあげましょう。

頭皮から髪を育むアミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

太い髪。ゴワゴワな髪をサラサラに仕上げるヘアケア

さらさらのロングヘアになりたいのにゴワつく…、人形の髪の毛ようにゴワゴワになってしまう髪の毛はスタイリングもなかなか難しくなってしまう髪の毛のトラブルです。

そんかごわごわした髪をサラサラに仕上げるためのヘアケアは、、傷んでしまっていたり、皮脂が不足しているのが原因ですからそれを改善する必要がありますので、乾燥しないよう髪をしっかり保護してあげてシャンプーは洗浄力が強すぎず、キューティクルの補修効果があるものを選ぶようにしてあげましょう。

ごわつく髪、傷んでかさばった髪をサラフワへと導くヘアケア

2015.09.20

毛量が減ってきた。髪が細くなってきた女性におすすめのヘアケア。

なかには生まれつき髪が細い人もいますが、後天的に髪が細くなった人は注意してください。

髪が細くなってしまう原因にはさまざまありますが、
細い髪になる代表的な要因としては、頭皮環境の悪化に伴って毛根に充分に栄養がいかなくなることによって薄毛や抜け毛になってしまうことが挙げられます。
そのため、頭皮環境を改善して、生活習慣や食生活をしっかりと見直したりするなどによって、細い髪質を改善することは十分に可能といえます。

育毛剤いま使うならどれ?女性用育毛剤ランキングと口コミを調査してみました。

2018.03.12

育毛剤を使った40代女性の3ヵ月。効果と変化

2018.01.21

白髪をキレイに染めてツヤも出してくれる白髪染めとは

白髪染めで髪に美しいツヤを出せるってご存知ですか?
とはいえ、どんな白髪染めでも艶を出せるというわけではありません。

ではどんな白髪染めが艶をだせるのかというとそれは白髪染めトリートメントです。
保水効果を持った成分がたくさん配合されているので白髪を染めると同時に失われた水分を取り戻してくれたり、無理やり髪のキューティクルを開くことはないので傷めずに染められます。

白髪をきれいに染めて、優しく艶を出すならトリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

白髪染めるならどっち?ネットで人気の利尻とルプルプの口コミや評判、ランキングを調べて実際に染めてみた。

2018.02.01

まとめ。ココを重視するだけで髪は変わる。

最後に質問です。
あなたは、ヘアケアのなにを重視していますか?

頭皮ですか?
髪の毛ですか?

頭皮を重視している場合はそのままで構いませんが、毛髪を重視しているのなら頭皮ケアを重視してみてください。

頭皮から毛髪は生えていて頭皮から栄養を得ています。
そのため頭皮環境が悪いまま髪の毛をいくら重視してケアをしたとしても一向によくなりません。

頭皮環境が良くてはじめてハリや艶、コシのある髪の毛が生えてきます。

頭皮ケアが大事なんですね。
毛髪よりも頭皮環境をよくする頭皮ケアを重視してあげると良いですよ。
もう一つ付け加えると、
頭皮ケアはおでこのシワやたるみ予防にもなりますよ。
そうなんですね。
たしかに、おでこの上に頭皮があるわけですものね。頭皮にハリがでれば顔のたるみ予防にもなる訳ですね。
はい。
そして、最後にお伝えしたいことは、
髪は毎日のお手入れで効果が目に見えて表れやすいパーツです。
毎日コツコツとヘアケアを続ける事で、次第にあなたの髪も変わってくるはずですよ。
傷んだ髪に最上級なヘアケアを!

⇒傷んだ髪の補修と美しい髪を保つ高級ヘアケアシャンプー特集

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)