白髪染めるならどっち?ネットで人気の利尻とルプルプの口コミや評判、ランキングを調べて実際に染めてみた。

利尻昆布とルプルプ 。口コミ・評判を調査しました。

テレビCMなどでも話題で、ネットでも人気を独占している2つの白髪染めトリートメント。

利尻白髪染めトリートメントとルプルプ。

どっちで染めたらイイの?
実際のところどうなの?

この2つ、どっちで染めようか迷いませんか?

トリートメントの白髪染めって1度染めはじめると、キープさせるために使い続けるものですから途中でメーカーを変えると同じブラウンでも色の入りが違うんじゃないかと心配ですし面倒ですよね。

こちらでは定番人気の白髪染め、利尻昆布白髪染めトリートメントとルプルプヘアカラートリートメントを口コミや使い勝手、成分から期待できる効果など検証してみました。
美容師の目線から見ても、ホームケアで白髪を染めるならトリートメントタイプは、髪と頭皮に優しいですしトリートメント効果でツヤも出してくれるのでおすすめですよ。

利尻ヘアカラートリートメントとルプルプヘアカラートリートメントの概要

最初に、利尻白髪染めトリートメントとルプルプヘアカラートリートメントの容量や価格などの基本情報をご紹介します。

利尻白髪染めトリートメント
利尻白髪染めトリートメント
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
ルプルプヘアカラートリートメント
内容量 200g 200g
ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック ブラウン・ダークブラウン・モカブラウン・ソフトブラック
定価 3,240円 3,240円
初回 2,160円(お試し) 1,980円(お試し)
2本セットなら3,240円(定期)
支払方法 クレジットカード・代金引換 クレジットカード・代金引換
実績 利尻ヘアカラーシリーズ累計1,800万本突破
(2009年6月から2018年1月までの累計販売本数)
2016年白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェア全国第1位
(株式会社富士経済「化粧品マーケティング要覧2017」調べ)
@コスメ口コミランキング第1位
(集計期間2017年6月1日~2017年8月31日)
楽天市場総合部門1位
(2015年11月7日)
容量・価格ともにほぼ同じです。
続いて、それぞれの特徴と白髪を染める際の使い方を見ていきましょう。

利尻昆布白髪染めトリートメントってどんな白髪染め?

利尻白髪染めトリートメント

利尻昆布白髪染めトリートメントは、トリートメントタイプの白髪染めの元祖とも言える商品。
販売依頼累計1,700万本を突破しているみたいです。

内容を見ると、
刺激性が少なく染めることができ、トリートメント効果と髪の発育に嬉しい成分が配合されています。
染色成分は、植物性由来のアナトー・クチナシ・シコンエキス・ウコンエキスを中心に、刺激性の低い化学染料を加えることで、色の染まり具合を良くしています。

利尻昆布にはフコイダン、アルギン酸、ミネラルなど
髪と頭皮にうるおいを与えてくる成分が豊富。

利尻白髪染めトリートメントの使い方

利尻昆布ヘアカラートリートメントのボトル裏を撮影した写真

使い方は、

  1. シャンプー後に水気をよく切り
  2. 白髪部分によく馴染ませます。
  3. 10分程度置く
  4. 色水が出なくなるまでしっかりすすぐ

最初の色入れから、色が定着した後もシャンプー後に使う方法が基本的な使い方です。

最初に3回程度連続で使い、色が定着してからは1週間に1~2回の使用で色持ちをキープします。

しっかり色を入れたい場合は、乾いた状態で使う方法も推奨されています。

  1. ブラッシングで髪のもつれやホコリを取る
  2. 入浴前の乾いた髪に塗る(量はたっぷり)
  3. 30分程度しっかり置く
  4. ぬるま湯で洗い流した後シャンプーする

乾いた状態で使った方が、しっかり色がのります。

 

ルプルプヘアカラートリートメントってどんな白髪染め?

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

ここからルプルプヘアカラートリートメントについてです。

ルプルプは近年最もヒットしているヘアカラートリートメント
成分をみてみると、比較的刺激性が少なめで染色ができて、トリートメント成分も豊富なことがわかります。 

染色成分は、植物性由来のベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキスを中心に、刺激性の低い化学染料を加えることで色の染まり具合を良くしています。

保湿成分フコイダンがを配合することで、染めた時にありがちな髪のパサつきや地肌を乾燥から守りツヤ感も出してくれます。

ルプルプヘアカラートリートメントの使い方

ルプルプヘアカラートリートメントの箱の裏の説明部分を撮影した写真

ルプルプは最初は乾いた状態で使うことを推奨しています。

  1. シャンプー前の乾いた状態で良く馴染ませます。
  2. 20~30分程度放置します。
  3. 色水がなくなるまでしっかりすすぎます。
  4. 普通にシャンプーします。

最初の色入れはシャンプー前の乾いた状態で使い、色が定着したらシャンプー後にも使えます。

使用頻度は先に紹介した利尻白髪染めトリートメントと同じで、
最初に3回程度連続で使い、色が定着してからは1週間に1~2回の使用で色持ちをキープします。

 

ここまで、利尻白髪染めトリートメントとルプルプのそれぞれの特徴や使い方をチェックしてきましたが、どっちを選ぼうかやっぱり迷ってしまいますよね。

もう少し深く探るために、ネットの口コミをチェックしてみましたのでご紹介していきます。

ネットの口コミを調査しました。(利尻昆布白髪染めトリートメント編)

利尻白髪染めトリートメントの公式ページキャプチャ画像

大手サイト。@コスメとAmazon、楽天の3サイトを中心に投稿されている口コミをチェックしました。

ピックアップしてご紹介します。

@コスメの口コミと評価

化粧品の口コミでは最大手のサイト、@コスメの口コミから一部引用する形でご紹介しますね。

@コスメ7点中3.2点(293人)

満足度の高い口コミ

40歳/敏感肌
ほどほどに染まり、自然な感じに仕上がります。生え際の白髪は染まりにくかったので、次の日にも使ってみたら、染まりました。ほかの白髪染めは、使ったあと、髪がキシキシする感じがありますが、この商品はトリートメントなので、サラサラになり指通りの良さが気に入っています。お手軽に染まるので、リピしようと思っています。

引用元@コスメより

43歳/混合肌
目の細かい櫛で美容師さんがやるように分け目を少しづつずらしてしっかりぬって、ヘアキャップをして念のため20分放置した後、じっくり洗い流しました。毎月美容院にいかずに済みそうです。

引用元@コスメより

39歳/普通肌
カラートリートメント独特のツンとしたニオイがありませんでした。ニオイが穏やかなので、ストレスフリー★アルカリ臭も感じずに、つけて待つ10分間もいい気分のまま過ごせました。

引用元@コスメより

52歳/混合肌
シリコンやヘアケア剤がついてると染まらないようですね。ますは、前日に固形石鹸で髪を洗いました。ギシギシですが、ひとまず我慢です。翌日、生え際の白髪に塗って、ドライヤーで温めて、シャワーキャップかぶって一時間。シャンプー後、確認すると、7割がた色が入りました。翌日同じことを繰り返し、ほぼ満足できるくらい染まりました。髪の手触りもとてもいいです。

引用元@コスメより

まあまあ良い口コミ

49歳/乾燥肌
ほどほどに、染まります。がっつり白髪染めしたい人には無理でしょうねカラートリートメントはヘアケアをしながらじっくりカラーしていくものになるので、一定期間使い続けて色をなじませることが大事です。まぁ手間はありますが、使っていくうちに髪さわりも良くなっていくのは嬉しいです

引用元@コスメより

50歳/混合肌
1回目からしっかり染まりました。ダークブラウンを使用しましたが、元々染めた髪まで染まっちゃって色のトーンが全体的に落ちた事は残念だったけど、、その位かな?根元の方もしっかり染まったし、2週間くらいは色も保ちました。髪もサラサラしっとりで使用感はとても気に入っています。
★ひとつマイナスなのは、どうしても色が赤寄りなのが残念、、黄色みなブラウンがあったらな。。あと、ボトルね。なぜにボトルなのか?!使いにくいよね。他社のようにチュープタイプにしてほしい。最後まできれいに出せないしね。

引用元@コスメより

悪い口コミ

57歳/敏感肌
手軽で簡単に染まりますが、元々コシの無い髪がますますひどくなりました。猫っ毛の方にはおすすめできません。

引用元@コスメより

46歳/敏感肌
洗髪前、洗髪後、ラップで包む、30分置く、クシを変えるなどあらゆる方法でも染まらず、サスティさんに電話をかけて使い方を訊ねその通りに行ってもダメだったので、諦めました。髪は傷まなかったので良かったです。チューブが硬くて出しにくかったです。

引用元@コスメより

Amazonと楽天の評価

Amazon 5点中3.45点(318人)

Amazonではいくつかのショップで扱いがあり、取り扱いのあるショップのそれぞれの口コミを合計すると300ほど
平均値を取ると5点中3.45点になりました。

楽天 5点中3.93点(20,218人)

楽天でもいくつかのショップで扱いがあり、取り扱いのあるショップの口コミを合計すると20,000件ほどの口コミがありました。
全て集計すると5点中3.93点になりました。

※2018年1月30日時点

利尻昆布白髪染めトリートメントのネットの口コミを総評すると

満足している人が多いですが中には「全く染まらない」と評価が低い方も目につきましたが、実際にこちらでも試しているので「う~ん」という感じです。
楽天もアマゾンも、評価は悪くないのに@コスメだけ「全く染まらない」という低評価が目立ったのも気になりました><

また、満足している人の傾向としては

  • 自然に染まる
  • 髪もツヤツヤになる
という使用感に満足している方が多い傾向。
これには、私も納得です。

続いてルプルプの口コミをご紹介してから両者の評価をまとめますね。

ネットの口コミを調査しました。(ルプルプヘアカラートリートメント編)

ルプルプヘアカラートリートメントの公式ページキャプチャ画像

ルプルプも同じように大手サイト。@コスメとAmazon、楽天の3サイトを中心に投稿されている口コミをチェックしました。

ピックアップしてご紹介します。

@コスメの口コミと評価

化粧品の口コミでは最大手のサイト、@コスメの口コミから一部引用する形でご紹介しますね。

@コスメ7点中4.5点(183人)

満足度の高い口コミ

42歳/乾燥肌
クリームの質感が柔らかく、髪の根元までぬりやすいと思います。乾いた髪にタップリぬり、20~30分放置。他のカラートリートメントよりもおく時間が若干長めです。でもそれだけ肌にやさしく、じっくりカラー成分が浸透しているという安心感がありますよ。洗い上がりは、ツヤツヤ&ふわふわ。トリートメントする前より、髪の状態がよくなって感動!

引用元@コスメより

34歳/敏感肌
ルプルプヘアカラートリートメント(白髪用)ブラウンを使用しました♪ヘアカラートリートメントのイメージと言えば
・バスタオルに色がつきそう…
・痒みが出たらどうしよう
・手に色が染みつかないかな?
等の不安がありました。使用後、全て杞憂に終わり三回連続で一日一回の提案なのですが一回で染まり嬉しくなりました♪

引用元@コスメより

まあまあ良い口コミ

60歳/普通肌
これ系の中ではまあまあ染まりは良い方かな?と思います。基本乾いた髪に使用するのかな?シャンプーの度の色落ちは気になります。色が馴染んでからはシャンプー後にとなっていますがやっぱり乾いた髪程染まっていない様に思います。驚いたのはサラサラつやつやになることです。市販のカラー剤ではこうはいかないと思います。手間、色持ちからいってどちらをとるか悩み中

引用元@コスメより

悪い口コミ

35歳/乾燥肌
外側は綺麗に染まりましたが、中は染まりきれなかったです(>_<)生え際は全然ダメでした。独特な香りもなく、髪を傷める事もないのは良いですね(^^)ただ、手につくと取れないです。

引用元@コスメより

Amazonと楽天の評価

Amazon 5点中3.67点(174人)

Amazonではいくつかのショップで扱いがあり、取り扱いのあるショップのそれぞれの口コミを合計すると170ほど
平均値を取ると5点中3.67点になりました。

楽天 5点中4.13点(1,617人)

楽天でもいくつかのショップで扱いがあり、取り扱いのあるショップの口コミを合計すると1,600件ほどありました。
5点中4.13点になりました。

※2018年1月30日時点

ルプルプヘアカラートリートメントのネットの口コミを総評すると

ルプルプは染まり具合も、髪のツヤやシットリ感も評判。
かゆみや刺激も少ないと評判が良いですね。

コストパフォーマンスも良いと感じてる方が多く、高いという批判的な声は少ないようでした。
メーカーが推奨する放置時間よりも長い時間置いたり、ビニールキャップで保湿したり1度でしっかり色を入れていくように工夫している方も見られました。

ネットの口コミを比較すると

ソファでスマホを見ている女性

ルプルプと利尻昆布白髪染めトリートメントの口コミを@コスメ、楽天、Amazonと見てきましたが気になったことが1点

特に@コスメだけ利尻昆布白髪染めトリートメントに批判的な声が目立っていたなと感じました。
「全く染まらない」という声もけっこう目につきました。

楽天では

利尻昆布=3.93点
ルプルプ=4.13点

Amazonでは

利尻昆布=3.45点
ルプルプ=3.67点

@コスメでは

利尻昆布=3.2点(293人)
ルプルプ=4.5点(183人)

とは言っても、全体的に見てもルプルプの方が評価が良い傾向です。

どちらの白髪染めも試した私としては大きな差は感じませんでしたが、利尻ヘアカラートリートメントはもしかすると髪質や使う人によって差が生まれるのかもしれませんね。

ルプルプの口コミで目立ったのは、染め上がりの評価に加えて仕上がりのツヤや毛髪の補修効果を実感する方が多いようです。

口コミから見る問題点って実際どうなの?

いくつか目立った口コミから、当サイトでも実際に使っていますので
  1. 色が入りにくいケース
  2. 地肌に合わなかったという点
この2点についてご紹介したいと思います。

色が入りくいケース

ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアと同じように毛髪の表面にだけ色がつくタイプの白髪染めですので、髪質によって色が入りやすさに多少の違いが出る場合があります。

乾いた状態で使う場合でも、汚れや整髪料は事前に落としておきましょう。
また、カラートリートメントを馴染ませた状態で放置する際にラップでくるんだり、ヘアキャップをかぶると定着が良くなります。

あと、これはどちらのメーカーの使い方にも書いていませんが、染める際にシャンプーしない方法も色の入りが良くなります。

染めた直後にシャンプーするとやはり多少は色が落ちます。

乾いた状態で馴染ませ、30分ほど放置した後に色水がなくなるまで十分にすすぎ、そのままドライして終了にする方法です。

最初、色を入れる際は3日間連続で使うと思いますので「どうも色の定着が悪いかな」とか「もう少ししっかり色を入れたいな」と感じた時は試してみて下さい。

地肌に合わなかったという点

例えどれだけ成分が天然由来だったり優しいものでも、人によってはかぶれたり赤みや発疹が出ることがあります。

面倒に感じるかもしれませんが、肌の弱い方はパッチテストをしてから使うことをおすすめします。

パッチテストの方法は

  1. 染料を二の腕の内側に10円玉くらいの大きさに薄く塗る
  2. 30分後くらいに1度確認します。
  3. 48時間経って異常がないか確認

かゆみや赤みなどなければ使用してください。

もしも、かゆみや赤みなど異常が出た場合は、すぐに洗い流して白髪染めの使用は止めた方が良いです。

48時間放置する際に絆創膏を貼るのもいいですよ。

白髪染めランキングサイトではどんな評価?

ノートパソコンのキーボードと女性の手

白髪染めを調べている方はご存知と思いますが、他にも白髪染めトリートメントのランキングサイトも沢山ありますよね。
今回、利尻白髪染めとルプルプを調査するにあたってランキングサイトではどのような傾向なのか気になったので、こちらで合わせてご紹介したいと思います。
白髪染めトリートメントのランキングを掲載していた21サイトの調査しました。

利尻白髪染めトリートメントと、ルプルプヘアカラートリートメントの順位の傾向をまとめると

  1位掲載 2位掲載 3位掲載
ルプルプ 10サイト 4サイト 2サイト
利尻 9サイト 7サイト 3サイト

「調査した21サイトの詳細はこちら

ランキングサイトは数多くありますし、中には「どうしてこれが1位?」と疑問を感じることもあったりしますが複数のサイトを集計すると傾向が見えてきました。

トップ3を集計すると1位こそルプルプの方が1サイト多いですが、3位までにランクインしているサイト数は利尻昆布カラートリートメントの方が多いですね。

それで、実際のところ染まり具合はどうなの?
という事で、染めてみましたので見比べてみましょう。

実際の染まり具合を比べてみました。

利尻白髪染めトリートメントとルプルプの染まり具合をご紹介しますね。

利尻白髪染めトリートメントを染まり具合。

利尻昆布ヘアカラートリートメント(ダークブラウン)と人毛白髪毛束を並べて撮影した写真

最初に利尻白髪染めトリートメントが最初どの程度色が入っていくのか。
白髪人毛で染めてみましたので、参考にしてみて下さい。

利尻昆布ヘアカラートリートメントのボトル裏を撮影した写真

染め方は、メーカーの使い方通りで染めています。

  1. シャンプー後に水気をよく切り
  2. 白髪部分によく馴染ませます。
  3. 10分程度置く
  4. 色水が出なくなるまでしっかりすすぐ
  5. ドライヤーで乾かす

最初の色入れから、色が定着した後もシャンプー後に使う方法が基本的な使い方です。
今回使用したのはダークブラウンです。

白髪の染まり具合
利尻昆布ヘアカラートリートメントで染めた白髪の人毛毛束。1回目・2回目・3回目の比較写真

色の入りは良いと思います。
2回目でわりと十分なほど染まってますね。

半分(50%)白髪の髪も染めてみました。

半分白髪の染まり具合
利尻昆布ヘアカラートリートメントで染めた半分白髪の人毛毛束。1回目・2回目・3回目の比較写真

※指でつまんで持ったまま染めてるので、結び目(根元)は染めてません。

利尻昆布ヘアカラートリートメントを手のひらで伸ばしてる写真

テクスチャは柔らかく、シャンプーして髪が塗れた状態で使うので伸びも良くて馴染みやすいです。

 

ルプルプヘアカラートリートメントを染まり具合。

ルプルプヘアカラートリートメント(ダークブラウン)と人毛白髪毛束を並べて撮影した写真

続いてルプルプヘアカラートリートメントです。
こちらも色は利尻ヘアカラーと同じダークブラウンです。

ルプルプヘアカラートリートメントの箱の裏の説明部分を撮影した写真

染め方は、メーカーの使い方通りで染めています。

  1. シャンプー前の乾いた状態で馴染ませる
  2. 30分放置する
  3. 色水が出なくなるまでしっかりすすぐ
  4. シャンプーする
  5. ドライヤーで乾かす

ルプルプの場合、色が入るまではシャンプー前の乾いた状態で使うようになっていますので、最初にトリートメントで染めてからシャンプーする手順になります。

ルプルプヘアカラートリートメントで染めた白髪の人毛毛束。1回目・2回目・3回目の比較写真

ルプルプも3回染めると十分に染まってます。

ルプルプも半分(50%)白髪の髪も染めてみました。

半分白髪の染まり具合
ルプルプヘアカラートリートメントで染めた半分白髪の人毛毛束。1回目・2回目・3回目の比較写真

※指でつまんで持ったまま染めてるので、結び目(根元)は染めてません。

ルプルプヘアカラートリートメントを手のひらで伸ばしてる写真

テクスチャはこちらも柔らかいクリーム状です。
乾いているとまんべんなく馴染ませるのに少し手間なので、ブラシやコームは必需品と言えます。

 

ルプルプと利尻昆布のヘアカラートリートメントの染まり具合まとめ

利尻白髪染めトリートメント(ダークブラウン)
利尻昆布ヘアカラートリートメントで染めた白髪の人毛毛束。1回目・2回目・3回目の比較写真
ルプルプヘアカラートリートメント(ダークブラウン)
ルプルプヘアカラートリートメントで染めた白髪の人毛毛束。1回目・2回目・3回目の比較写真

このようになりました。

利尻昆布カラートリートメントの方が色の定着が早かったです。
また、植物由来のうるおい成分が28種類配合していることもあり、染め上がりのツヤツヤ感も良いですね。

髪のツヤ感が欲しいという方は、利尻昆布ヘアカラートリートメントをおすすめしますよ。


※結び目(根元)は指でつまんで持ったまま染めてるので、染めてません。

しっかり染めるコツ

メーカーの手順通りで十分に染まると思いますが、口コミを見ていくと染まりにくいという意見も目にしましたので、1回でより色を入れたいときの使い方をご紹介します。

利尻ヘアカラートリートメントもルプルプヘアカラートリートメントも両方に共通した方法です。

  1. ブラッシングしてホコリをとる(整髪料はついてない状態で)
  2. 乾いた状態で馴染ませます。
  3. そのまま30分ほど放置します。(このときビニールキャップをかぶるとなお良いです。)
  4. 色水が出なくなるまで十分に時間をかけてお湯ですすぎます。
  5. タオルドライして終了です。

シャンプーはしません。
乾いた状態で染めて、そのあとすすぎながら湯シャンします。
色水が出なくなるまでシャンプーをすすぐように頭皮からしっかりすすぎます。

汗をかいてベタベタしてたり、脂性でシャンプーしないとベタつく方でない限り、
大人の女性なら1日湯シャンでもわりとサッパリできると思いますよ。

通常の使い方で色の付きが物足りないと感じたときは試してみて下さい。

白髪染めトリートメントの色の選び方

エクスクラメーションマークと人差し指

色の選び方って、少し悩んでしまいますよね。
黒髪に馴染むのはダークブラウンとブラックです。

ライトブラウンは少し赤みがあり明るめのブラウン。
ナチュラルブラウンはライトブラウンとダークブラウンの中間くらいです。

利尻もルプルプもブラック・ダークブラウンのほかにモカブラウンやライトブラウンなど明るめの色もありますが、ルプルプも利尻ヘアカラーも含め白髪染めトリートメントは、基本的に暗くすることはできても明るくするのは難しいです。

茶色をダークブラウンに暗い色に染めることはできても
黒髪をライトブラウンなど明るい色に染めるのは難しいです。

茶髪や黒髪を、ダークブラウンで染めてみたので見比べてみましょう。

利尻白髪染めトリートメントを茶髪と黒髪で染めてみました。

ダークブラウンでまずは茶色の髪を3回染めた色の違いを見てみましょう。

利尻昆布ヘアカラートリートメントのダークブラウンで茶髪を3回染めたビフォー・アフター写真

色がのってもとの茶髪より暗めの色になっているのがわかります。

では、続いて黒髪をダークブラウンで3回染めた色味を見てみましょう。

利尻昆布ヘアカラートリートメントのダークブラウンで黒髪を3回染めたビフォー・アフター写真

ほとんど明るくなっていませんね。
こちらは真っ黒な黒髪ですが、黒髪に白髪がある場合はブラック系の方が馴染むでしょうね。

ルプルプ白髪染めトリートメントを茶髪と黒髪で染めてみました。

続いて、ルプルプもダークブラウンで茶色の髪を3回染めた色の違いを見てみましょう。

ルプルプヘアカラートリートメントのダークブラウンで茶髪を3回染めたビフォー・アフター写真

色が乗って、元の色より暗めになっていますね。

続いて黒髪をダークブラウンで3回染めた色味を見てみましょう。

ルプルプヘアカラートリートメントのダークブラウンで黒髪を3回染めたビフォー・アフター写真

こちらも利尻と同じように、ほとんど染まり具合がわかりませんね。
ルプルプはブラックのほかにソフトブラックもあるので、地毛が真っ黒な方はソフトブラックが良いでしょう。

白髪染めトリートメントの色選びのポイントまとめ

ここまで、ご覧いただいたようにトリートメントタイプの白髪染めは、脱色して色を抜くわけでなくヘアマニキュアのように髪の外側をコーティングするように染めるものです。

優しい染料で色の入りも穏やかということもあり、白髪以外は黒髪の方が色が強いため着色しても目立ちません。
髪と頭皮を傷めずに優しく染める反面、黒髪を明るい色に染めるのは苦手です。

色選びのポイントとしては

ブラック系がおすすめの方
  • 地毛が真っ黒な方
  • 黒髪にしたい方
ダークブラウンがおすすめの方

一般的な髪の色であればダークブラウンがおすすめです。

ナチュラルブラウン・ライトブラウン系がおすすめの方

地毛が明るい色の方におすすめです。

白髪の方が多い方なら明るめの色でも良いでしょう。
しかし白髪の少ない方なら、ご自身の髪の色に近い色を選ぶことをおすすめします。

ルプルプと利尻昆布白髪染めを安く買うならどこ?

ルプルプと利尻昆布白髪染めを購入するならどこで買うのがお得か調べました。
それぞれご紹介しますね。

利尻昆布白髪染めトリートメントの価格調査

利尻白髪染めトリートメント
amazon 2,710円~
楽天 2,597円~
メーカー直販 2,000円
2本以上で送料無料
2本以上でオリジナルクイックコームもらえる

2本セットなら4,000円
3本セットなら6,000円です。
送料無料でお得です。

最初定着させるまで目安としては3回連続で使うことになりますので、カラーを定着させキープしいていくのに2本以上のセットがおすすめですよ。

未開封の商品のみ10日以内に返品できます。
セットで購入した場合、使った1本は返品に対応していません。

ルプルプヘアカラートリートメントの価格調査

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
amazon 3,240円~
楽天 3,240円~
メーカー直販 初回お試し1本1,980円
初回2本セットなら1本1,620円でセットで3,240円(定期)
10日間の全額返金保証キャンペーン実施中。2本セット送料無料
2回目以降は10%OFFの5,832円。
2ヵ月毎なら1ヶ月当り2,916円

定期便がお得です。
また、定期便なら「ケープ・イヤーキャップ・手袋・シャワーキャップ・専用コーム」の毛染め5点セットがもらえます。

使用回数の目安が全体染めの場合で、ショート約6回分・セミロング約4回分です。
最初定着させるまで3回連続で使うことになりますので、初回はお得な2本セットが良いですね。

まとめ。ここまで調査した結論。

利尻白髪染めカラートリートメントのボトルと3度染めた人毛白髪毛束を並べて撮影した写真

最後までご覧いただきありがとうございました。
「白髪染めどうしようかな」と考えているなら、少しでも参考になる部分があったら嬉しいです。

ここまで、ネットの口コミを隅々まで調査して、実際に使い比べてみて実感したことも踏まえて一つの結論を出したいと思います。
  • 費用をおさえたい方 → ルプルプがおすすめです。
  • 髪の傷みが気になる方 → 利尻ヘアカラーがおすすめです。
ルプルプのポイント

ルプルプの方が続ける上での負担は若干少ないと言えます。
また、初回半額なのも最初は色を定着させるのに3回程度毎日使いますから、その分がセットで安く買えるのも嬉しいポイントです。

利尻ヘアカラーのポイント

利尻昆布ヘアカラートリートメントは、どんな方におすすめかというと、髪のダメージが気になる方におすすめです。
利尻ヘアカラーの方が、毛髪補修成分やツヤを与える成分などトリートメントとしての効果が比較すると優れていると感じます。

少しの違いですが、染めはじめると使い続けることになるので、このように選ぶと良いと思いましたよ。

白髪染めとしての実力はどちらも優れていますので、一度定着させると色持ちに大きな違いはありません。

  • 費用をおさえたい方 → ルプルプ。
  • 髪の傷みが気になる方は → 利尻ヘアカラー。
The following two tabs change content below.
misa
フケ・かゆみ・湿疹・皮膚炎…頭皮トラブルのほとんどを経験。 まじめにやり過ぎてトラブルを引き起こしたヘアケアを見直すためにシンプルで効果的なヘアケアを勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)