整髪料で頭がかゆくなる。という方へ、かゆくなりにくい整髪料選びと使い方のポイント

頭がかゆい~ッ

整髪料で頭がかゆくなったり、髪が触れた肌がかゆくなりやすいとお悩みの方へ。

スタイリング剤は欠かせないけど、かゆみが出にくいものってないの?
という方へ。

整髪料でかゆくなる原因や成分から、頭皮や地肌が弱い方にどんな整髪料が良いか、
使い方の注意点などもご紹介します。

スプレーやワックスで髪がかゆくなる主な原因とは

頭がかゆくて我慢できない女性

あなたは、髪の毛をスタイリングするときに、ヘアワックスやヘアスプレーを使用していますか?

仕事やイベントなど整髪料を使わさざるを得ない場合もありますよね。
しかし、整髪料をつけたときにかゆくなったりしたことって経験があるかなと思います。

では、なぜ整髪料をつけるとかゆくなったりしてしまうのか。

スタイリング剤には、さまざまな合成化学物質が配合されています。
合成界面活性剤は髪の毛をやわらかくする作用があり、これを使うと髪をうまくまとめられるのですが、たんぱく質が変性されるので劣化していきます。

また、エタノールなどの揮発性により頭皮を乾燥させてしまうため、次第にかゆみへと繋がりますし、スタイリング剤が頭皮に付着すると、毛穴のつまりの原因になってしまいかゆみを引き起こします。

整髪料を選ぶときにチェックしたい避けるべき成分ってある?

整髪料のボトルを眺める女性

整髪料においてもやはりシャンプー同様に合成界面活性剤は避けるべき成分です。

特にワックスは石油系の成分が多く、このような成分がずっと頭皮の表面に残り続けるとしたら、頭皮環境に良くありません。

また、強力な清涼感のある整髪料を使い続けると、自分の頭皮の正常な状態が把握しにくくなってしまうので頭皮のトラブルの根本的原因が見つけづらくなってしまうので要注意。

頭皮が弱い人はどんな整髪料を使うと良い?

スタイリング剤のボトル

整髪料には主に、スプレー、ワックス、ジェル、ムースがありますが頭皮が弱いならジェルタイプをおすすめします。

ジェルタイプ

ジェルタイプはスプレーやワックス、ムースに比べて比較的頭皮に触れる危険性が低いためです。
ジェルタイプの整髪料は、髪につけてしばらくすると固まって、頭皮に落ちてくる心配が他に比べ少ないです。

オーガニックのワックス

ワックスのなかにオーガニックワックスというものがあり、
オーガニックワックスは、天然の油分を主成分としたヘアワックスのことで人工的に合成された化学物質が一切入っていないため皮膚の保湿剤としても使えるものが多く、頭皮に付着しても問題は起こりにくいため肌の弱い方におすすめ。

スタイリングする際の整髪料の使い方

髪にヘアスプレーを吹きかける女性

スタイリングする際には整髪料はさまざまありますが、それぞれ整髪料には特長や使い方などが異なってきますので、自分に合った整髪料で正しい使い方でトラブルを引き起こさないようにしましょう。

スプレー編

まず、ヘアスプレーは簡単にいえば、ヘアスタイルをキープするために使用するものです。
ヘアスプレーをしたのに崩れてしまう、またはカチカチに固まって変になっちゃったなんてこともしばしば、、

ヘアスプレーには使い方の基本があり、

ひとつ目に
スプレーの噴射口と髪との距離をしっかりと離すことが大切です。
近すぎるとスプレーがつきすぎるだけでなくカチカチに固まってしまいます。

また、根元部分を中心につけるようにします。
付けすぎると髪に重さがでてしまい崩れてぺたんこになってしまうので注意。

ヘアスプレーは基本的には、髪の表面に塗布することでヘアスタイルのシルエットが崩れてしまうことを防ぐためのものなので、髪全体にしっかりと塗布してしまうと、髪に重さが出てぺたんこになってしまうことがあるので、つけすぎには注意が必要です。

ワックス編

一口にワックスといってもさらにいくつか種類があります。

マットワックスは強いキープ力とクッキリ感が表現できますが、ワックス自体が硬めで半練りのようなものもあり、手のひらでよく練ってから使わなければ髪の毛にワックスのかたまりがついたりします。

ミルキーワックスは柔らかいワックスでサラリとしたワックス。
キープ力はやや弱め。

使い方としては基本的には大量につけるものではありませんので、ワックスは手のひらでよく練ったりのばしたりして使うものです。
大量につけてしまうとキープ力は増しても、ゴテゴテになったりして髪の毛の束が大きめのものができてしまい、またワックスの粘着でホコリや繊維も絡みやすくなるので注意しましょう。

ムース編

ヘアムースとは泡状のスタイリング剤です。
ワックス同様に一口にヘアムースといってもさまざまで、ハードタイプからソフトタイプまで幅広いバリエーションがあります。

ムースは泡状で乾くと固まる特徴があります。
だいたいピンポン玉くらいを手に出し、手で伸ばしてから揉み込みます。

クシュクシュと泡が無くなるまで揉み込み、一度で完成させるというよりは何回かに分けたほうが思ったスタイリングをしやすいです。

ジェル

基本的にはすこし濡れているぐらいが伸びもよくセットしやすいと思います。

ジェルは基本的に1度固まったらパリッとしてなおせません。
速乾性が高いので、手に取ったら素早く髪につけていくのが大事になってきます。

まとめ

今となっては整髪料は大半のひとが欠かせないものとなっていますが、整髪料といえど、なかには落ちにくいものもあり、頭皮に良くないものがあったりなど出来ればシャンプー同様に安易に考えず、優しいものを使うのがベストです。

整髪料選びを厳かにしたらなかには落ちにくいものもあるので、それによりシャンプーの質を下げてる場合もあるので、自分にあうものを使い、シャンプー同様に整髪料も正しい使い方をしてシャンプーの質をあげると、トラブルを引き起こせずになります。

ドライヤーで変わる!美髪になるにはドライも大切な工程

2017.08.30

スタイリング剤の基礎を身につけよう!

2015.09.20
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)