毛先が白くなってる!?髪の傷みがヒドくて毛先が白いってどういう状態!?

毛先がなぜか白くなってる…

そのような状態に疑問を感じていませんか?

毛先が白くなるって傷んでいることが原因なんですか?
そうなんです。白くなるのは毛髪の傷みの中でも最終段階ですので、ぜひ今日から予防と改善のためのヘアケアを取り組んでほしいです。

髪には自ら補修する機能はありませんので、ヘアケアで予防が大事です。
原因を知ることでどんな予防をすべきか見えてきますので参考にしてみて下さいね。

髪が傷むと毛先が白くなる?

  • 髪の毛に白い粒のようなものがある!
  • 光を当てたら白い!

など気になったことありませんか?

これは髪の毛が傷んでいる証拠。

切れ味の悪いハサミで切ったり、過度なカラーやパーマ、毎日のヘアアイロンやコテ、ドライヤーの乾かし過ぎ、などが原因です。

これはキューティクルが破壊され髪の毛の内部が表面に出てきているんです。

毛先が白くなるってどんな状態?

ドライヤーで髪のダメージを気にする女性

お伝えしましたが
毛先が白くなっているのはキューティクルが壊れてしまっていて傷んでいる最終段階です。

これを、髪の「タンパク質変性」といいます。(原因は上記記載)

枝毛や切れ毛がそうです。

一度こうなってしまっては修復不可能で切る他解決策はありません。

スタイリングやヘアケア以外の白くなる原因!!

先程も少しお伝えしてはいますが、あらゆる髪のダメージと栄養不足によって白いぷちぷちしたものが出てきてしまいます。

原因は一つではないという事です。

アイロンやコテの熱やカラーリングなどのし過ぎは勿論、紫外線や摩擦、静電気や濡れたままの放置などでも起こります。

過度なダイエットでも栄養がいきわたらなくなり栄養不足になりますし、血行不良も原因のひとつ。

また、シャンプーも高級アルコール系のシャンプーは汚れはよく落ちますが、洗浄力が強いためキューティクルが剥がれやすくなります。

健康的な髪をキープするために心がけたいポイント。

ここまで主な原因はわかりました。
でも白くなってしまったものを改善する方法ってないんですよね。
髪は自ら補修する能力がないので、ヘアケアで予防していくか、切ってしまうしかないんですよね
ではどんな点に気をつけてヘアケアしていけば良いでしょう。
はい。ここから髪の3つの状態から特に注意したいポイントをご紹介しますね。
  1. ゴワゴワした状態を改善したい
  2. パサパサした状態を改善したい
  3. コシやハリを失った髪のツヤを取り戻したい

順にポイントをご紹介していきますね。

スーツで出勤途中のアラサー女性

女性にとっては髪が命と言われるほど大事な箇所ですが、健康な髪を維持するために心がけてほしい3つのポイントをご紹介します。

ゴワゴワの状態を改善

ゴワゴワの原因はキューティクルが剥がれ落ちてしまっているから。
それを治し改善するには毎日のケアが大切です。

髪の毛のキューティクルの剥がれを防ぐケアとしては

1日1回の洗髪(夜がベスト)

1日2回は洗い過ぎ。乾燥の原因になります。
また、髪は寝ているときにつくられます。夜清潔にして寝た方が良いです。

刺激の少ないシャンプー(アミノ酸シャンプーがおすすめ)

先ほどもご紹介した通り、洗浄力が強いとキューティクルがはがれる原因になることがあります。
ゴワゴワしているなら、髪のタンパク質を守ってくれるアミノ酸シャンプーがおすすめです。

コンディショナー

コンディショナーはリンスとほとんど同じで、髪の表面のみに作用し油分の皮膜で水分の蒸発を防いだり、髪に艶を出す事が主な目的。髪の表面を保護してくれます。

優しくタオルドライ

お風呂上がりのタオルドライもポンポンと優しく拭きます。
濡れた髪はキューティクルが開いた状態です。優しく扱いましょう。

ドライヤーで乾かす(自然乾燥はNG)

濡れた状態で過ごすことはキューティクルが開いたまま過ごすことになります。
シャンプーしたらドライヤーで乾かすまでがセットです。

以上の5点を心がけましょう。

ゴワつく髪のヘアケアを教えてもらいましたけど、これって改めてみると基本的なヘアケアと言えますよね。
そうですね。ゴワついている方はもちろん、髪の健康のために続けていきたい基本的なヘアケアです。では次にパサついた髪の問題点の解消に繋がるヘアケアをご紹介しますね。
ごわついてかさばった髪をサラフワヘアに取り戻したい方はこちらの記事もご覧になってみて下さいね。原因から、予防策まで詳しくご紹介しています。

ごわつく髪、傷んでかさばった髪をサラフワへと導くヘアケア

2015.09.20

パサパサをなくする

パサツキは髪の毛や頭皮の水分が不足して乾燥している状態です。

パサついたことでキューティクルが剥がれ落ちやすくなったり髪の内部も失われてしまいます。
なので髪の毛自体、頭皮の乾燥を予防して改善していく必要があります。

髪の健康を維持する為に心がけたいポイントは5つです。

頭皮の乾燥を防ぐ

頭皮の乾燥を防ぐにはドライヤーのかけ過ぎや紫外線に注意。
また、シャンプーの洗浄力が強いと頭皮の乾燥をまねきます。ゴシゴシせず頭皮に優しいアミノ酸シャンプーがおすすめです。

髪の乾かし方

ドライヤーを使う際は、まず頭皮から乾かすようにしましょう。
毛先から乾かしてしまうと全体が乾くころには毛先がオーバードライで乾かし過ぎになることも。
髪をかき分けながらドライヤーを小刻みに動かし頭皮から乾かしましょう。
8割がた乾いたら後は冷風でキューティクルを締めてあげましょう。

食生活の乱れや食べ物に注意

内面から健康的な髪を作るポイントを後ほどご紹介します。

ストレス解消

ストレスも内面的な健康を損なう原因の一つ。

質の良い睡眠

寝ている間に成長ホルモンが分泌され、肌や髪も作られます。
睡眠不足は美容の大敵と言われるように、髪にも良くありません。

パサついたことでキューティクルが剥がれ落ちやすくなったり髪の内部も失われてしまいます。
なので髪の毛自体、頭皮の乾燥を予防して改善していく必要があります。

内面的な部分って性格や仕事や家庭の事情などが影響すると思うのでなかなか難しいですよね。
確かに難しい部分ですよね。私もついつい夜更かししてしまうことあります。
私もです。スマホが間接的に髪を傷める原因になってるかも。汗
全て完璧に見直そうとすると疲れちゃいますよね。まずは手軽にできる外部のケアから重点的に見直すのがおすすめですよ。
たしかにドライヤーの使い方とか毎日使ってるシャンプーを変えるならすぐにできますね。
そうですね、では最後に
コシやハリを失った髪に艶を取り戻すポイントも続いてご紹介しますので、こちらも抑えておいてください。

コシやハリ、ツヤのある髪にする

コシやハリのある艷やかな髪にするには欠かせないのが女性ホルモンです。
この女性ホルモンが少ないと髪質が変わってきます。

女性ホルモンの減少の原因は加齢だけではありません。
食生活の乱れや生活習慣の乱れでも減少します。これが減少してしまうとパサツキやゴワつきの原因にも繋がります。

女性ホルモンを増やす簡単な方法としては骨盤ストレッチ
歪んだりすると分泌量にも影響を及ぼすと言われています。

また、恋愛も当てはまります。
セロトニンという成分が増えエストロゲンがたくさん分泌されるので効果的です。恋愛は無理でも擬似恋愛でも同じなんです。

女性ホルモンが分泌されることで綺麗でコシのある髪の毛を育てていけるでしょう。

女性ホルモンを増やすって、意識してできる事なんでしょうか?
なかなか難しいですよね。でも基本は生活習慣です。
女性ホルモンも完璧を求めるのではなく、出来ることから気をつけていくと良いですよ。
女性ホルモンに関してはこちらのコラムも参考にしてみて下さい。

→日常生活でエストロゲンを増やすために心掛けたい5つのポイント

内側から髪の健康を育むなら大豆や豆腐がおすすめ!

南風に吹かれて爽快な笑顔の女性

ここまで、下記の通り髪のパサつきをなくすために5つのポイントをご紹介しました。
  1. 頭皮の乾燥を防ぐ
  2. 髪の乾かし方
  3. 食生活の乱れや食べ物に注意
  4. ストレス解消
  5. 質の良い睡眠
私たちの身体は髪も含め、食事から摂取する栄養からできていますよね。
そして、髪の毛はケラチンというタンパク質でできています。

動物性タンパク質ばかり摂取していては食生活の乱れになりますが、動物性と植物性をバランスよく摂取することで健康な髪作りができます。

大豆たんぱく質がおすすめ

中でも豆腐や納豆など大豆食品が適しています。
大豆たんぱく質は、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることが分かっていますので、豆腐や納豆、おからや豆乳・味噌などの大豆食品がおすすめ。

そして、タンパク質を体内に取り込むのにビタミンも必要になります。

ビタミン類ならA・B6・E

ビタミンAやB6、Eなどは美髪を作るのに最適です。
また、過剰摂取はよくありませんが髪の艶に欠かせないのがミネラル。卵なんかがそうです。

バランスの良い食事を心がけるのは基本ですが、上記の食品も少し意識して摂るようにしてみると良いと思いますよ。
髪は毎日の積み重ねで作られますから。

髪の健康を回復するためのケアの方法

扇風機に吹かれる犬

健康的な髪を回復するためにはまず生活を見直すのがやはり近道と言えます。
やっぱり生活習慣の話になるのですね…
耳の痛い話かもしれませんが、覚えておいて損はないと思いますよ。

太く健康的な髪を作るために欠かせないのは

  • 食事
  • 睡眠
  • 頭皮ケア

です。

食事に関しては先程お伝えしたとおり、タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取。
睡眠では、日中の疲れを修復し、栄養を与え回復する時間です。なのでしっかりとした睡眠が必要です。

頭皮が血行不良や硬くなってしまえばトラブルに繋がる一因になります。
これでは栄養が行き届かなくなってしまいます。
なので頭皮マッサージや血行促進、乾燥を防いでくれるアミノ酸シャンプーなどでしっかり頭皮ケアをしましょう。

最後に理想的なことをお伝えしましたけど、仕事や家庭の事情もあるでしょうし実際難しい部分もあると思います。
そうですね。私も見直しポイントたくさんありました。
無理して変えようとして、出来ないとストレスになって逆効果になってしまいかねないので、できることから少しずつ医師聞いていきたいですね。

まとめ

最後にお伝えしたいのは、まずはできる事から始めると良いですよ。
それはなんですか?
いつも使ってるシャンプーをアミノ酸シャンプーに変える事です。
することは変わらずアイテムを変えるだけですから簡単です。
毎日使ってるシャンプーをアミノ酸シャンプーに変えるだけなら簡単ですね。
シャンプーは毎日使ってますし。
そうなんです。これだけは覚えておいてほしいのですが、
高級アルコール系とアミノ酸シャンプーなら、値段も違いますけど洗浄力も刺激も大きく違います。頭皮が弱い方、乾燥しやすい方はシャンプーを変えただけでずいぶんと良くなると思いますよ。

毛先が白いと言っても、原因は人それぞれです。
内と外のケアと同時に、ダメージの原因を減らす。
というのも髪の健康に繋がります。

あなたのヘアケアを見直すきっかけに少しでも役立てて頂ければ嬉しいです。

傷んだ髪に最上級なヘアケアを!

⇒傷んだ髪の補修と美しい髪を保つ高級ヘアケアシャンプー特集

美しいツヤのある髪を取り戻す!アミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)