背中にブツブツ吹き出物やニキビができてしまう。それってシャンプーやリンスが原因かも!

背中の綺麗な女性

痛っと思って背中を見てみたらニキビができてる。

なんだか背中の肌荒れがヒドイ。

と、お悩みではありませんか?

 

背中にニキビや吹き出物ができていたり、赤くなって肌荒れが目立つと気になってしまいます。

水着になったとき、
背中が汚いって思われたらどうしようとか、

愛する人の前で肌を見せるときにガッカリされたらどうしようとか

 

背中がキレイじゃないと
何気ないことでも、消極的になってしまいますよね。

背中が荒れてしまって吹き出物やニキビができるのは、
清潔じゃないから…という訳ではありません。

実は、シャンプーやリンス・コンディショナーの洗い残しが原因の場合があります。

こんにちは! 美容師のmaiです。
私自身、敏感肌で背中の吹き出物に悩まされた経験があります。
特にロングだと洗い方やシャンプー剤がニキビの原因だったりします。

こちらでは、背中のニキビや肌荒れに悩まされないために、シャンプーやリンスの際の注意しておきたいポイントと、肌が弱くて荒れやすい方のための対処法など、詳しくご紹介していきますので参考にして頂いてキレイな背中を取り戻してもらえたら嬉しいです。

背中に吹き出物やニキビができるシャンプーやリンスが原因?どうして?

実は、ニキビというのは顔だけではなく、
背中はもちろん皮膚であればどこにでもできるものです。

いつの間にか背中にぽつりとできていたり、髪の毛を洗うときに触れて痛かったりした経験ありませんか?

体も皮膚なので、顔にできるのと同じメカニズムでニキビができますが、こうした体ニキビの原因は実はシャンプーにあるのかもしれないのですが、
それはなぜなのか。

シャンプーやリンス・トリートメントに含まれる成分にあります。

お風呂で最後にシャンプーしてすすいだ時に、背中に洗剤が付着したままだとニキビや吹き出物の原因になります。

シャンプーやリンス、トリートメントやコンディショナーのすすぎ残しが背中に残るとニキビに繋がってしまいます。

また、香料にもニキビや吹き出物などの原因になることがあると言われています。

中でも特に
洗髪後の爽快感をうたうシャンプーには、刺激の強い成分が使われることが多いです。

そのためシャンプーやコンディショナーなど、
すすぎは毛先まで十分に時間をかけましょう。

体が先?頭が先?ブツブツ吹き出物ができたり、かゆみや荒れやすい洗う順序を変えてみて!

浴室で泡まみれのアヒルのおもちゃ

洗う順番ですが、背中の洗い残しを防ぐなら、身体よりシャンプーが先です

髪の長い方は特に、
シャンプーやトリートメントした後に身体を最後に洗うことで、背中のニキビも改善されやすいです。
頭を洗ってから体を洗うようにしましょう。

シャンプーやコンディショナー・リンスを丁寧にすすぐ際の注意点

まず、すすぎにおいて大事なことはシャンプーの前にもすすぐということ。

シャンプーで洗う前にお湯のみで髪と頭皮を洗うことで汚れを浮かしやすく洗い流しやすくさせます。

シャンプーのすすぎは3分以上

すすぎにかける時間は3分くらいと長いくらいのほうがすすぎ残しを防ぐことができます。
3分以上ってけっこう長いです。
特に髪の長い人は注意しましょう。

毛先まで優しく洗い流しましょう。

シャンプーだけでなく、
コンディショナーやトリートメントをした際も、
毛先に残らないように、優しくすすぎましょう。

すすぎの適温は40℃以下が適温。

温度においては36~38度くらいがいいでしょう。
40度以上だと熱すぎて皮脂を落としすぎてしまいますからね。

こめかみや襟足、生え際の洗い残しにも注意

すすぐ順番はありませんが、こめかみや生え際、襟足など十分にすすげてない場合があるので、重点的にすすぐようにしましょう。

すすいだ後は髪をまとめる

背中にあたる範囲が広いので長い人はしっかり洗い流して髪の毛を1つにまとめておきましょう。

短い人はまとめるのが難しいと思うのでしっかり洗い残しのないように心がけるようにして、必ずお風呂から出る時に体を流してから上がるようにしましょう!
この時にシャンプーやコンディショナーが付着していることがあります。

実はシャンプーの種類でも背中ニキビやかゆみの原因に?!

シャンプーの洗浄成分に違いがあるのはご存知ですか?

十分にすすぐことのほかに、
じつはシャンプーの種類によっても肌荒れや吹き出物の原因になります。

石油系合成界面活性剤やアミノ酸系の洗浄成分など種類がありますが、肌の弱い方は石油系シャンプーはさけたほうが良いでしょう。

お肌の弱い方は、
洗浄力が優しいアミノ酸シャンプーの方が、肌荒れを予防できますよ。

頭を洗うわけですから、当然体にも洗浄剤が触れてしまいます。
そうなれば、洗浄力が強力なのでお肌の中の潤いや、必要な油脂を一緒に洗い流してしまうのです。

肌は乾燥すると潤いを取り戻そうと皮脂の分泌量を増殖させるので、どんどんニキビをできやすくしてしまうのです。

頭皮も顔も背中も同じ皮膚です。

石鹸シャンプーは?アミノ酸シャンプーなら大丈夫?

安価な石油系シャンプーのほかに、

大きく分けると
石鹸シャンプーとアミノ酸シャンプーがあります。

石鹸シャンプーは天然由来成分配合のものが多いので、地肌やカラダに優しいですが、洗浄効果が高すぎるので皮脂の分泌量が少なくなりがちな乾燥肌の人は注意が必要です。

乾燥すると背中ニキビの原因に繋がりますからね。

石鹸シャンプーを使うよりやはりアミノ酸シャンプーのほうが洗浄力がマイルドなので、体の肌も負担を与えることがないので、背中ニキビを防ぎやすいシャンプーといえますよ。

美容師も納得!髪と頭皮に優しいアミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

背中の肌荒れを防ぐ5つのポイント

プールでたたずむ水着姿の女性

シャンプーやリンスなどに加えて、背中がニキビや吹き出物で肌荒れしてしまう原因は他にも考えられますのでご紹介します。

すすぎに十分時間をかける

すすぎに関してはここまでお伝えした通りです。
優しく十分に時間をかけてすすぎます。

肌の乾燥による原因

肌の乾燥が原因でニキビが出来やすくなってしまう事があります。
乾燥気味の方は背中も保湿を忘れないようにしましょう。
季節の変わり目にかゆくなるのも湿度の低下による乾燥が原因です。

カラダを洗う時の皮膚への刺激が強い

体を洗う時に強く擦りすぎていませんか?
それが原因で皮膚に傷つき菌が繁殖しやすくなり、吹き出物やニキビが出来やすい環境を作ってしまうので気をつけましょう。

汗を放置したまま

汗をかいても放置しがちですが、背中に汗をかいたときはきちんと汗を拭きましょう!
汗を放置してしまう行為もニキビや吹き出物の原因に繋がってしまいます。

食生活

ファストフードの取りすぎなどのバランスの悪い食生活を取っていると良くないです。
偏った食生活や脂っこいものばかりも吹き出物やニキビの原因になります。

背中にニキビや吹き出物が出来るのは顔に出来るのと同じなので、扱い方も顔と同じように接してあげましょう。

まとめ

背中ニキビは頭皮やお肌と同様に皮膚ですから、シャンプーやコンディショナー・トリートメントのすすぎ残しは背中ニキビはもちろん、頭皮のフケやかゆみなどのトラブルにも繋がります。

悪化すると赤みや皮膚疾患の原因にもなります。

背中ニキビを改善するためには
すすぎや洗う順番にも気をつけてみて下さいね。

また、それでも吹き出物や肌荒れが気になる時は
シャンプーを優しいアミノ酸に変えてみることを検討してみて下さいね。

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)