男性用シャンプーを女性が使ってもいいの?違いってなに?という疑問について

青いはてな

アミノ酸シャンプーやスカルプシャンプーには、男性用・女性用、または男女兼用というものがあります。

シャンプーって性別や年齢関係なく老若男女、同じものを使っているという方がほとんどだと思いますが、なぜスカルプシャンプーやアミノ酸シャンプーには男性用や女性用があるのかご存知ですか?

結論からお伝えすると、
男性用を女性が使っても良いですし、

反対に、女性用を男性が使っても構いません。

ただ、男性用と女性用には違いがありますので、
その点も含めてシャンプーの違いについてご紹介します。

男性用・女性用のシャンプーって何が違う?

手をつなぐカップル

シャンプーには男性用と女性用のシャンプーがありますよね。

男女の頭皮環境の違いによるため男性用と女性用のシャンプーと分けられているのです。

頭皮の環境を考慮し、男性用のシャンプーは余分な皮脂をしっかり洗い落とせるように、洗浄成分が女性向けのシャンプーと比べると強いものが多いのです。

また、女性向けのシャンプーには乾燥肌に刺激を与えないよう、洗浄力がマイルドで保湿成分が含まれているものが多いのです。

男性用の方が洗浄力が強い理由。男性と女性では皮脂の分泌に約3倍の違いがある

シャンプーする男性の後ろ姿

一般的に、男性は女性と比べると男性ホルモンが多いことは知っている人も多いと思います。

男性ホルモンには、皮脂(油)の分泌を増加させる作用があるので、女性よりも男性の方が頭皮がオイリーな傾向にあります。

なので男性用のシャンプーは余分な皮脂をしっかり洗い落とせるように作られているものが多いため、洗浄力が女性用と比べて高いんです。

洗浄力が強いと頭皮が乾燥するだけでなく髪にもダメージを与えてしまう

髪を気にする女性の後ろ姿

男性用のシャンプーは女性用に比べて洗浄力が高いですが、
とはいえ、なかには女性用でもオイリーな人向けに洗浄力が高いものがあります。

しかし、洗浄力が高いとオイリーな人にはすっきりするかもしれませんが、頭皮がカサつきやすい人には逆効果になってしまっていることも。

洗浄力が高ければ高いほどそれだけ必要な皮脂までもを奪ってしまうため潤いがなくなり頭皮が乾燥してしまい、乾燥することにより皮脂を分泌増えて悪循環におちいることも。

また潤い成分を洗い流してしまうため、髪にとってもパサつきなどのダメージを与えてしまいます。

男性用シャンプーでもアミノ酸シャンプーなら基本的に女性用と大きく変わらない

先ほど男性用シャンプーはホルモンの関係により洗浄力が高いシャンプーが多いことをお話しましたが、それなら女性用を使ったほうがいいのかどうか。

確かに男性用を使うより洗浄力が低い女性用のほうが頭皮には良いのですが、男性用シャンプーにもアミノ酸シャンプーがあります。

女性、男性に関わらずアミノ酸シャンプーなら洗浄力が比較的マイルドで頭皮に負担なく適度に洗浄することができます。

アミノ酸シャンプーであれば女性用と基本的に大きく変わらないので、男性用を使うならアミノ酸シャンプーかどうかをチェックするのがいいですね。

男性用・女性用の前に、安価な高級アルコール系シャンプーは洗浄力・脱脂力がもっとも高い

男性用は洗浄力が高い、女性用のものでもなかには洗浄力が高いものもあるとお話しましたが、女性用、男性用の前に安価なシャンプーは良くありません。

シャンプーの種類と違い

 アミノ酸系シャンプー石油系シャンプー石鹸系シャンプー
メリット
  1. 洗浄力がマイルド
  2. 皮脂を奪い過ぎない
  3. 弱酸性で髪と頭皮に優しい
  4. 環境に優しい
  5. 髪のタンパク質を守る
  1. 低価格
  2. 泡立ちが良い
  1. 低価格
  2. 環境に優しい
デメリット
  1. 価格が高い
  2. 整髪料は落ちにくい
  1. 洗浄力が強い
  2. 頭皮への刺激が強い
  3. 頭皮が乾燥しやすい
  4. 環境によくない
  1. 洗浄力が強い
  2. 頭皮が乾燥しやすい
  3. パサつきやキシミやすい

なぜ安価なシャンプーが良くないのかというと
安価なシャンプーは高級アルコール系のシャンプーが多くあり、高級アルコール系のシャンプーは男性用のアミノ酸シャンプーより非常に脱脂力や洗浄力が高いので髪と頭皮に負担になってしまうからです。

地肌の丈夫な方にとっては気にならないことでも

  • 頭皮のデリケートな方
  • 乾燥しやすい方
  • 髪が傷みやすい方
  • 薄毛や抜け毛が気になる方

は、男性、女性の前に高級アルコール系なのかそうでないのかを確認したほうがいいでしょう。

高級アルコールシャンプーを避けるためのチェックポイント

ちなみに、アミノ酸シャンプーを選ぶ上で避けたい刺激の強い洗浄成分は下記の成分です。

店頭で選ぶ際は、成分表示に下記の表記がないかチェック
  1. ラウリル硫酸~
  2. ラウレス硫酸~
  3. オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
シャンプーの成分表示その1
シャンプーの成分表示その2

中でも特に脱脂力の強い『ラウレス硫酸』『ラウリル硫酸』が明記されているものには注意が必要です。

また、最近では上記の硫酸系の代替え成分としてオレフィン(C14-16)スルホン酸Naを配合しているシャンプーも増えてきていますが、洗浄力としては硫酸系と大差ないので避けた方が良いでしょう。

シャンプーにはさまざまな成分が入っていますが、
主な成分はベースとなる「水」と「洗浄成分」です。
この2つがほとんどを占めるので、洗浄成分は頭皮にとって良くも悪くも影響を与えてしまいます。

美しいツヤのある髪を取り戻す!アミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

男女で同じシャンプーを使うなら、男性と女性それぞれの肌質で決めると良いです。

金銭面などで男性用、女性用と分けずに同じシャンプーを使いたいなんてことありますよね。

男女で一緒に同じシャンプーを使うならどうしたらいいのか。

男性用、女性用で選んで使うよりも互いに肌の質は異なりますから、お互い乾燥肌なら乾燥肌に良いもの、お互い脂性肌なら比較的洗浄力があるもの、片方が違う肌質なら洗浄力がありながらも乾燥させないように作られたアミノ酸シャンプーを、それぞれ肌質にあったシャンプー選びが頭皮の健康を守るポイントです。

分けて使っても、一緒に使っても実はあまり変わらない

男性用シャンプーを男女で1本、1か月使うのも

男性用と女性用をそれぞれ1本ずつ、2ヵ月つかうのも実は費用面で変わりません。

最初は2本買うので、
お財布への負担も気になりますが、使う量は変わらないから続けていくと同じ。
という考えもできるので、分けて使うのも良いと思いますよ。

まとめ。

シャンプーといえば毎日1日ついた汚れや整髪料などを落とすためにシャンプーを必ず使いますよね。

シャンプー一つで頭皮の環境が悪くもよくもなるといっても過言ではありません。

シャンプーによって頭皮の快適さが何十年後と将来のエイジングケアにもつながるので、洗い流すものだからと安易に考えずにシャンプーこそ大切にした優しいケアを続けることをおすすめしますよ。

バスアイテム

トリートメントやコンディショナー不要のシャンプー、本当にシャンプーだけでいいの?

2018年2月13日
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)