男性用シャンプーと女性用シャンプーの違い。女性は女性用シャンプーを使った方が良い理由

mai(美容師)
こんにちは。
maiです。

こちらでは男性用シャンプーと女性用シャンプーの違いについてご紹介します。

シャンプーには一部で男性用と女性用があります。

結論をお伝えすると、
男性用を女性が使っても良いですし、女性用を男性が使っても良いのですが、

男性用と女性用には違いがあり、
女性は女性用を使った方が良い理由もありますので、その点も踏まえてお伝えしてきますね。

男性用シャンプーと女性用シャンプー。3つの違い

3つの違い

男性用シャンプーと女性用シャンプーには

  1. 香り
  2. 洗い上がり
  3. 洗浄力

大きく3つの違いがあります。

それでは、一つひとつ見ていきましょう。

1.香りの違い

男性用シャンプーと女性用シャンプーでは、香りが違います。

女性用はオーガニック系ではハーブや柑橘系の香りが多く、他にもフローラル系の香りが一般的。

対して男性用シャンプーはメントールやミント系の爽やかな香りが一般的で、無香料のものも多いです。

2.洗い上がりの違い

洗い上がりは女性用はシットリ系
スカルプシャンプーやオーガニックシャンプーは、保湿成分も豊富で潤いを与えてくれるシャンプーが多いです。

対して男性用シャンプーの洗い上がりは、
メントール系のスッキリ感を演出した爽やかな洗い上がりのシャンプーが一般的。

3.男性用・女性用、シャンプーの主な違いは「洗浄力」

洗浄成分は女性用シャンプーより、男性用シャンプーの方が強いです。

洗浄成分は、

  • 頭皮の乾燥
  • 髪の乾燥・パサつき

に繋がります。

肌の弱い方・乾燥しがちな方ほど女性用シャンプーがおすすめです。

男性と女性の皮脂の分泌量は約3倍違う

手をつなぐカップル
mai(美容師)
当たり前のことを言いますが…。汗

男性は女性と比べると男性ホルモンが多いですよね。

男性ホルモンには、皮脂(油)の分泌を増加させる作用があるので女性よりも男性の頭皮の方がオイリーな傾向にあります。

皮脂の分泌量はおおよそ3倍といわれています。

年齢・性別の皮脂分泌量(グラフ)
引用元皮脂量と男性の肌 | 資生堂より

洗浄力が強いシャンプーは頭皮の乾燥。髪にもダメージを与える

ご覧いただいた年齢・性別による皮脂の分泌量の注目したい点は、

男性は20歳を過ぎてから皮脂分泌量が一定なのに対し、
女性は年齢と共に下降をしているという点です。

女性は年齢を重ねるほどカサカサしやすく、乾燥しやすくなる傾向にあります。

顔や体と同じで、髪も頭皮も乾燥は老化の大敵です。

女性が男性用シャンプーを使うのは問題あるの?

シャンプーする男性の後ろ姿

ここから男性用シャンプーを女性が使っても問題があるのか。

シャンプーといっても、種類がありますので詳しくご紹介していきます。

【結論】アミノ酸シャンプーなら基本問題ありません。

アミノ酸シャンプーなら基本的に、男性用を女性が使っても問題ありません。

といいますのも、アミノ酸シャンプーなら一般的な高級アルコールシャンプーよりも洗浄力・脱脂力が優しいからです。

男性用・女性用・高級アルコール系3種類の洗浄力・脱脂力の違い

  1. 男性用シャンプー
  2. 女性用シャンプー
  3. 高級アルコールシャンプー

の違いを一覧にまとめました。

高級アルコールシャンプーとは
高級アルコールシャンプーとは、ドラッグストアなどで数百円で販売されている安価なシャンプーです。
 女性用アミノ酸シャンプー男性用アミノ酸シャンプー高級アルコールシャンプー
洗浄力
  • マイルド
  • ややマイルド
  • 強い
脱脂力
  • 弱い
  • やや強い
  • 爽快感がある(メントール系の場合)
  • 強い

高級アルコール系のシャンプーは男性用のアミノ酸シャンプーより非常に脱脂力や洗浄力が高いので、髪と頭皮への負担も大きくなります。

洗浄力がマイルドなデメリットをあげるとしたら
整髪料が落ちにくいことです。

ガッチリ整髪料をつける方は洗浄力が高い方が落ちやすいです。
また、優しいシャンプーで2度洗いするのも一つの方法です。

アミノ酸シャンプーの効果

アミノ酸シャンプーの効果ってなに?メリット・デメリットと選び方

2019年11月5日

男女兼用のシャンプーの洗浄力は商品によって違う

中には、『男女兼用』というシャンプーもありますよね。

洗浄力や脱脂力は、基本的に男性用・女性用の中間という見方ができますが、

商品によって洗浄力が違うので、優しい男女兼用のシャンプーもあれば、洗浄力が強めのシャンプーもあります。

男女で同じシャンプーを使うときの選び方。男性と女性それぞれの肌質で決める

髪を気にする女性の後ろ姿

アミノ酸シャンプーなら、基本的に男性用を女性が使っても大丈夫です。
と、お伝えしましたが。

自分の頭皮にピッタリのシャンプーを選びたい方へ。

あくまで一つの目安ですが、
男性用シャンプーと女性用シャンプー。
どっちを使えばよいかご紹介します。

 男性女性
男性用アミノ酸シャンプー
  • 脂性
  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 脂性
  • 20代・普通肌
女性用アミノ酸シャンプー
  • 超乾燥肌
  • 敏感肌
  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

男性用シャンプーと女性用シャンプーを男女でそれぞれ使っても費用面はあまり変わらない

Volue for money

男性用シャンプーを男女で1本、1か月使うのも

男女でそれぞれmyシャンプーを1本2ヵ月つかうのも実は費用面で変わりません。

最初は2本買うので、
お財布への負担も気になりますが、使う量は変わらないから続けていくと同じ。

費用面で大きく変わらないのですから、男性は男性用、女性は女性用を分けて使うのも良いと思いますよ。

まとめ。

最後までご覧いただいてありがとうございます!

男女で1本1ヶ月使うのも、
それぞれで1本2ヵ月で使うのも。

考えてみたらシャンプーの購入本数って変わらないんですよね。

トリートメントやヘアオイルで髪に艶を与えたり、カラーやパーマでオシャレにするにも、シャンプーで頭皮を乾燥させていたら髪にだって良い事はありませんからね。

年齢とともに、自分に合ったシャンプーを選んで元気な髪が生える頭皮環境を整えていきたいですね。

洗い流さないトリートメント。効果・メリット・デメリット

洗い流さないトリートメントの効果、何がいい?

2019年11月4日
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)