MENU
登場人物

管理人misa(乾燥肌)
管理人misa(43歳/乾燥肌)
フケ・かゆみ・湿疹・皮膚炎…頭皮トラブルのほとんどを自ら経験。
長年皮膚科に通い試行錯誤した経験と、まじめにやり過ぎてトラブルを引き起こしたヘアケアを見直すために学んだ知識を生かしライターとして活動。
「どんなシャンプーを選ぶかで髪は変わる!」という事を伝えたい。


美容師mai(乾燥性敏感肌)
美容師mai(30歳/乾燥性敏感肌)
美容師としての専門知識に加え自身が敏感肌で髪と頭皮のトラブルに悩まされてきた経験を活かしコラムを執筆しています。シャンプーをはじめヘアケア商品のレビューや分析も担当してます。
現在3歳の子供を育て育児休業中。


美容師chika(普通肌))
美容師chika(31歳/普通肌)
産休から美容師の仕事へ復帰。その傍ら「正しいヘアケアで髪は変わるしヘアケアは簡単になる」ことを知ってほしいとヘアケアコラムを執筆中。

ゴワゴワする髪をサラフワにスタイリングする方法

ブラッシングしながらごわつく髪にイライラする女性

[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/mai01.png” name=”mai(美容師)” type=”r”]こんにちは
maiです。[/voice]

髪がゴワゴワしてスタイリングが決まらない
ゴワゴワする髪をまとまりよく仕上げたい!

とお悩みの方へ

ゴワゴワする髪をサラサラ・フワフワにする方法をご紹介します。

[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/kanrinin01.png” type=”l”]太くても細くても、髪の悩みってあるんですよね。[/voice]
[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/mai01.png” type=”r”]そうですね。
ここでは剛毛でゴワゴワする方に、しっとりまとまりのある質感に仕上げるヘアケアやスタイリングのポイントなどご紹介しますよ。[/voice]

目次

ゴワゴワする髪、しなやかな髪の違いってなに?

あごに手をあて考える女性

硬い髪の毛、柔らかい髪の毛…
人によって髪質ってそれぞれですよね。

では硬くてゴワゴワする髪と柔らかい髪の毛の違いは?
キューティクル、コルテックスの関係にあります。

毛髪の構造イラスト

このキューティクルコルテックスに硬い柔らかいの違いが生じてきます。

髪が硬い人はキューティクルの層が重なり、厚くなっていてコルテックスも多く密度が高く詰まっています。

一方で、髪が柔らかい人はキューティクルの層が薄い状態になっていて、コルテックスも硬い髪の人に比べて少し隙間があって密度が高くない状態になっています。

髪がゴワゴワになる原因とは

ドライヤーで髪を乾かす女の子

髪にしなやかさを失ってゴワゴワする主な原因は
熱によるダメージとヘアカラーによるダメージです。
(染めてない方は飛ばしてください。)

熱によるダメージ

日常で使われるヘアアイロンやコテやドライヤーによる熱によるダメージです。
熱を当てすぎてしまうとタンパク質変性を起こして髪が硬くなってしまいます。

ヘアカラーによるダメージ

カラーリングも同様に頻繁にしてしまうと常にアルカリ成分が残っている状態になりダメージを受け続けてしまい硬くなるのも原因のひとつです。

生まれつきの髪質でも柔らかくできる?

残念ながら生まれつき硬い髪質を柔らかくすることは変えることはできません。

ですが、

  • 髪に優しいアミノ酸シャンプーに変える
  • 洗い流さないトリートメントで保湿する
  • ドライヤーを低温にする

など、
これ以上、髪質を硬くしないためのケアと水分を与えてできるだけ柔らかくしてあげることは可能です。

ゴワゴワする髪を柔らかく改善するヘアケア3つのポイント

それでは、ここからゴワゴワする髪の毛を柔らかく、しなやかに仕上げるためのヘアケアのポイントをご紹介していきます。

繰り返しになりますが、

  1. シャンプーをアミノ酸シャンプーに変える
  2. トリートメントでたっぷり水分を与える
  3. ドライヤーでサラフワに仕上げる方法
  4. 詳しいポイントをお伝えしていきます。

    ゴワゴワする髪の毛にはアミノ酸シャンプー

    ハーブガーデンシャンプーとコンディショナーを並べて撮影した写真

    ゴワゴワする髪にはアミノ酸シャンプーがおすすめ。

    1. アミノ酸洗浄成分
    2. 保湿成分
    3. 天然由来のオイル

    この3つのポイントを抑えて選ぶと良いです。

    [kanren postid=”3613″]

    髪にしなやかさを与えてくれるトリートメント

    髪の指通り

    ゴワゴワする髪に、トリートメントかコンディショナーのどちらが良いかというと、トリートメントの方が良いです。

    というのも、トリートメントは髪の毛の内側からケアしてくれる成分が入っているから。

    そして、もっと効果的なのが洗い流さないトリートメントです。

    洗い流さないので、洗い流すトリートメントより効果的です。
    艶も出してくれるし、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱から髪を守る働きもします。

    [kanren postid=”3691″]

    [aside type=”normal”]アミノ酸シャンプーで天然由来オイル配合。
    コンディショナーは洗い流さないトリートメントとしても使えるオーガニックシャンプー
    ハーブガーデンはゴワゴワする髪のヘアケアにおすすめですよ。[/aside]

    ドライヤーでサラフワに仕上げる方法と注意点

    カーラーを巻いてドライヤーする女の子

    ドライヤーは熱を当て過ぎると乾燥させてしまいますし、生乾きの状態も、水分が逃げるので良くありません。

    ドライヤーを使う際は3つのステップで乾かすことを心がけてく下さい。

    タオルドライをしっかりする

    まず、タオルドライをしっかりします。
    これをすることで熱によるダメージを軽減できるからです。
    ポンポンと優しく髪を擦らないようにするのがポイント

    洗い流さないトリートメントを馴染ませる

    ドライヤーの前に、洗い流さないトリートメントを馴染ませます。

    髪の中間から毛先に適量馴染ませます。

    ※根元や頭皮につけないように。
    ※つけ過ぎるとベタベタしたり重たくなる原因に

    ドライヤーの熱を集中させずに根元から乾かす

    ドライヤーの熱を一点に集中させるのはNGです。

    乾かすのは根元から、素早くドライヤーを動かしながら乾かしていきます。
    根元を先に乾かすことによって、中間から毛先にかけてのオーバードライを防ぎます。

    7~8割がた乾いたらダメ押しのトリートメント

    ある程度、髪が乾いたらもう一度サラッと洗い流さないトリートメントをつけると仕上がりがさらに良くなります。

    このときは最初より、少量でOKです。

    仕上げは冷風に切り替えて!

    8割がた乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替えます。
    最後に冷風で乾かすことでキューティクルを引き締めてくれます。

    [voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/mai01.png” type=”r”]ドライヤーは全体にまんべんなく頭部から毛先に向かって乾かすといいでしょう。[/voice]

    まとめ

    最後までご覧いただいてありがとうございます。

    いかがでしたか?

    ドライヤーのかけ方は今日から始められますよね。

    それに加えて、何から始めたら良い?
    と聞かれたら、「洗い流さないトリートメント」です。

    アミノ酸シャンプーも髪をしっとりさせてくれますが、ゴワゴワを抑えるのに即効性があるのが洗い流さないトリートメント。
    ミルク・クリームタイプがおすすめです。

    [kanren postid=”3613″]
    [kanren postid=”3691″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次