ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違い。白髪を染めるならどっち?

茶色い髪の笑顔の女性

ヘアマニキュアとは、髪用のマニキュアということです。

爪につけるマニキュアは爪の表面を色づけするのと同じように、
ヘアマニキュアは、髪に色付けするマニキュアです。

髪の表面に色付けするという意味では、ヘアカラートリートメントも同じですよね。
ヘアカラートリートメントも毛髪の外側から色を付けるので、ヘアマニキュアと仕組みは同じように見えますが、実際にはそれぞれの特徴があり大きく異なります。
では、ヘアマニキュアと白髪染めトリートメントにはどんな違いがあるのか。
詳しくご紹介していきますね。

年齢とともに増えていく白髪を染め始めると、長いく使っていくものですから参考にして頂ければ嬉しいです。

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントてどこが違う?

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違いがあまりよくわからない人も多いのではないでしょうか。
では二つの違いはなんなのかというと、
ヘアマニキュア

まずはヘアマニキュアですがその名前の通り髪用のマニキュア。

これは爪のマニキュアをイメージしていただけるといいと思います。

爪のマニキュアが浸透しないようにヘアマニキュアも浸透せずに髪の表面に色をつけるため、キューティクルにダメージを与えずに染められます。

ヘアカラートリートメント

一方のヘアカラートリートメントは植物性のものを使っている場合が多く、トリートメントしながら色をつけることができます。
ヘアカラートリートメントもヘアマニキュアと同じように髪の表面だけに色がつきますが、マニキュアとは違い地肌に色がつきません。
一度ではしっかり染まらないため、定着させるために最初は何度か染める必要があります

ヘアマニキュアと白髪染めトリートメントの違い

“髪の毛に色付けする”という意味では同じですが、ヘアマニキュアと白髪染めトリートメントでは使い方はもちろん染め上がりも違います。
特徴や使い方を一覧にまとめると次のようになります。
  ヘアマニキュア 白髪染めトリートメント
使い方 髪に塗布して色付けする。地肌につかないように塗布する必要がある。 シャンプーのあとトリートメントで色付けする。1度では染まらない。
特徴 シャンプーする度に徐々に色落ちする。 定期的なトリートメントで色持ちをキープさせることができる。
色づけ頻度 3~4週間に1度くらい。 メーカーによって違いがありますが、最初は3~4日連続で使い色を入れ、その後は週に1~2度で色持ちをキープさせる
メリット 色のバリエーションが豊富。地肌に付けないので頭皮の弱い人でも染められる。 天然染料なので頭皮が弱い人でも染められ根元まで染められる。トリートメント効果で髪にハリや艶を与えられる。
デメリット 頭皮につけないよう塗布する必要があり時間が掛かる。根元まで綺麗に染めるのが難しい。 1度で綺麗に染まるものではなく最初は3~4回続けて使う必要がある。
コスパ 1,000円前後が一般的 3,000円~4,000円くらいが一般的。トリートメントとして使うので髪の長さによって1本1~2ヶ月程度
手間や染め続けることを考えると「白髪染めトリートメント」の方が良さそうですね。
そうですね。
ただ気になるのは、費用かと思いますのでヘアマニキュアとヘアカラートリートメントについて、それぞれの特徴や使い方を詳しく解説していきますね。

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントをそれぞれ詳しく解説

ヘアマニキュアと、ヘアカラートリートメントの成分や使い方について、それぞれ詳しく解説していきます。

ヘアマニキュアの特徴

ヘアマニキュアはヘアカラーと違って酸性カラー。
髪の表面にだけ付着して、ビビッドな鮮やかな色味にできます。

ヘアマニキュアは外側だけに色がつくため、毛髪の内部を破壊せずにすみ髪が傷むというリスクが低くなります。
また、 中にはキューティクルのダメージを回復するためにも使える、艶出し効果があるものも。

しかし、
ヘアマニキュアは毎回シャンプーをするたびに色が落ちてきてしまい、地肌に付着するとなかなか落ちないというデメリットもあるのが特徴。

ヘアマニキュアの使い方

市販のヘアマニキュアの箱に記載されている使い方の部分を撮影した写真

ヘアマニキュアを使う際には、色が付着するとなかなか落ちにくいため生え際などの顔回り、首回りにコールドクリームを塗っておきましょう。

また、手袋を必ず使用しましょう。

そして、ヘアマニキュアを使う前にはシャンプーをして汚れをよく落とします。

水分があまり残らないようにタオルドライをして、地肌につかないように塗布をしたあと、毛髪が乾燥しないようにラップでくるみ、色がでなくなるまでしっかりすすぐこと。

ヘアカラートリートメントの特徴

ヘアカラートリートメントの特徴は、ヘアマニキュア同様に髪の表面にだけ作用するので、髪の毛や頭皮にダメージが少なく、脱色する薬剤も使われていないためツンとした刺激臭もなく、染まり具合をコントロールできるメリットが。

しかし、1度でキレイに色は付きにくく、最初は3~4回使って色を定着させるものが一般的。

その上、色持ちも良くないので週に1~2度はトリートメントして色持ちをキープさせる必要があります。

ヘアカラートリートメントの使い方

利尻昆布ヘアカラートリートメントのボトル裏を撮影した写真

ヘアカラートリートメントは週に一回または数回、シャンプーしたあとにタオルで水分をふきとり、カラートリートメントを塗布して20分ほど放置して、色水がなくなるまですすぐのが基本的な使い方です。

また、ヘアカラートリートメントは乾いた髪にも使用できるので、その場合はカラー剤と同じように塗布しながらクシを使って伸ばして色ムラを少なくするようにしましょう。

放置した後は色が出なくなるまで丁寧にすすいで終了。
トリートメント効果もあるので、あとはドライヤーで乾かします。

白髪の量で選ぶならどっちが適してる?

白髪の量が多いならヘアカラートリートメントのほうがいいでしょう。

ヘアマニキュアもヘアカラートリートメントも髪の表面に付着するため髪の毛や頭皮へのダメージが少ないですが、ヘアマニキュアはシャンプーする度に色落ちしてきてしまうためだんだん色が薄くなってきてしまいます。

ヘアカラートリートメントはトリートメントと名前にある通りトリートメント効果も期待できますから、週に1~2度のペースで続けても毛髪ケアになりますし色持ちをキープするうえでお手軽なので、ヘアカラートリートメントのほうが適しているといえるでしょう。

色選びのポイント

色を選ぶ際のポイントは自分のことをよく見ること。

顔色が白く、瞳の色が茶色、おだやかな顔立ちの人はライト系の明るい色が似合う傾向にあります。

顔色が黒く、瞳の色は黒色、シュッとした顔立ちの人はダーク系の黒色が似合います。

逆にライト系の明るい色が似合うのに暗い色を選んでしまうと、顔が白浮きしてしまいますし

ダーク系の暗い色が似合うのにライト系を選ぶと髪だけ不自然に見えてしまうなど、見た感じ違和感を感じてしまうこともあるため、まずは自分のことをよくみた上で似合う自分の好みの色を選びましょう。

綺麗な状態で保ちやすいのは

やはり大事なのは仕上がりですよね。
キレイな状態を保ちやすいのはどっちですか?
綺麗な状態で保ちやすいのはやはりヘアカラートリートメントです。

ヘアカラートリートメントはトリートメント効果もあるため、パサつきなどを抑えることができ髪の毛の状態が綺麗に保てます。

ヘアマニキュアはシャンプーをする度に落ちてきてしまいますし、始めはコーティングされているためパサつきなどはないもののシャンプーする度にコーティングがなくなっていくため徐々にパサつきが目立ってきてしまいます。

とはいえ、ヘアマニキュアは悪いかといえば、そういう訳ではありませんが、
シャンプーは毎日のことですから保ちやすいのはヘアカラートリートメントです。

白髪を染めると髪が傷む?

白髪染めって、染めはじめると色を保つために使い続けることになりますが、髪を傷める原因になりませんか?
定期的に白髪を染めることになると、気になるのが髪の傷みですよね。
白髪を染めると髪を傷めるのか。
また、髪を傷めにくい白髪染めは何を選べば良いのか。
ここからご紹介します。

白髪染めは髪を傷めるってホント?

白髪を染めると髪が傷むのか。

答えは
傷むものもあれば傷みにくいものもあります。

白髪染めといってもいくつか種類があります。

ヘアマニキュアやヘアトリートメントなど、髪の表面にのみ色が付着するようなものは比較的傷みにくいといえます。

しかし、
ヘアカラーはアルカリ剤で作られているため、これはかなりキューティクルにダメージを与えてしまうため傷んでしまいます。

髪がすでにダメージを受けているのにヘアカラーをしてしまうとパサつきや広がりの原因に。

安価なものほどデメリットが多い理由。

ドラッグストアーや薬局など、すぐに手に入る安価な白髪染めは、お財布に優しいからということで購入する方は多いでしょう。
ですが、安価なものは実はデメリットばかり。

安価ということは、大量に生産するために成分をあまり重視されていません。

高価なものに比べて安価なものに配合されている成分の多くは刺激の強いものが多いです。

シャンプーに比べて使う頻度は少ないもののその一回がトラブルに繋がることも。
美容成分もほとんど配合されていないため、洗い終わったあとはパサパサになってしまうなんてことも。

白髪を染めて髪が傷む心配な人にも、ヘアマニキュアかヘアカラートリートメントは良いということですね。
表面をコーティングするように色付けするので他のカラー剤より髪にも優しいということです。

ヘアマニキュアなどは表面だけに作用するので優しいのでダメージを受けにくいですが、ヘアカラートリートメントなど天然のものを選ぶようにするとダメージを最小限にすることができます。

染料によってアレルギーに注意

一般的な市販の白髪染めは酸化染料で作られています。
その酸化染料の成分には肌が弱いと危険なものも。

染料によってはアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

なかでも特にジアミンはアレルギーを起こして頭皮が炎症を起こしてしまいがちです。

他にも
硫酸トルエン2.5ジアミン、パラアミノフェノールなどもアレルギーを発症しやすい成分。

アレルギーを発症するかどうかは、その人の免疫次第になるのでかならず使用する前にはパッチテストをしてから行ってください。

白髪染めに用いられる染料の種類。髪と頭皮に優しい染料とは

髪と頭皮に優しい染料は主に3つあります。

塩基性染料

まず、ひとつめに塩基性染料。
これは合成染料で一見ダメージがあるように思えますが、「永久染毛剤」のように髪に浸透した薬剤の化学反応によって発色するのではなく、髪に浸透せずに髪の表面で発色してくれるので優しいです。

また、この染料はトリートメントとの相性も良いです。

HC染料

ふたつめに、HC染料。
白髪染めしたいけれど、染料が髪に与えるダメージが気になる方や、肌の弱くてかぶれやすい方など、できるだけ髪や地肌に優しい白髪染めをしたい人に向いているのがHC染料です。

HC染料の特徴は髪に優しい染料であるということ。
これはこじ開けるのではなくキューティクルの隙間に入り込み染料が浸透していくので髪を痛めずに染められます。
ただ、色持ちはあまりよくありません。

天然染料

三つ目は、天然染料です。 ヘナやクチナシなんかがこれにあたります。

漢方などの医療目的で使用される成分であることから、髪へのダメージや地肌のかぶれなどはほとんどありません。
自然な感じの髪に染め上げることができ、一度しっかり染めるとほとんど色落ちしません。

また、トリートメント効果も期待できます。
ただし、手間や時間がかかります。

ダメージが心配な髪にはどんな白髪染めを選んだらイイ?

すでに紫外線やカラーやパーマなどをしてきたダメージヘアに、さらにダメージを与えたくない方やダメージが心配な髪にはどんな白髪染めを選ぶといいのか。

まずは
永久染毛剤のヘアカラーは避けること。

ヘアマニキュアなどは表面だけに作用するので優しいのでダメージを受けにくいですが、ヘアカラートリートメントなど天然のものを選ぶようにするとダメージを最小限にすることができます。

また、トリートメント効果も期待できる白髪染めを選ぶといいですね。

美容室で染めるとやっぱり違うの?

当然答えはyesです。
違いがなければ美容室、美容師がいる意味がなくなってしまいますからね。

美容室で染めると、色ムラがまずなくなります。

自分でやるのは至難の技。
プロがやるのですからムラなく綺麗に染めてもらえます。

美容室では薬剤の使い分けをするので比較的頭皮や髪に刺激が低くなります。
また、色持ちもよく、カラーリングしたあとのメンテナンスが楽ですし、アフターケアもしっかりしてくれます。

トリートメントタイプの白髪染めのメリット・デメリット

エクスクラメーションマークと人差し指

ここまで白髪を染めるならトリートメントタイプが優しくて優れていることがわかりましたが、メリットとデメリットを改めて教えてほしいです!
では、トリートメントタイプの白髪染めが初めてという方に簡単に白髪染めトリートメントのメリットとデメリットをご紹介しますね。

メリット

利尻昆布白髪用ヘアカラートリートメントのボトルのアップ
トリートメントする感覚で染められる

トリートメントタイプの白髪染め一番の特徴はシャンプー後にトリートメントするような感覚で白髪染めができるということ。

ムラなく根元まで染めやすい

トリートメントするように馴染ませられるので、簡単に根本からムラになりにくく初めての人でも自分で簡単に染めやすいです。

髪や頭皮へのダメージをおさえながら染められる

トリートメントタイプは髪へのダメージを抑えながら白髪を染められるというのもメリット。

染めながらトリートメントとして毛髪ケアも1本でできる

トリートメントとあるようにトリートメントとしての役割もあります。

デメリット

1週間に1~2回程度の使用頻度

カラーをキープしていく為に週に1~2回使用を続けるのが一般的です。

価格

染料も優しくトリートメント効果を期待するなら1本3,000円程度が相場です。
髪の長さにもよりますが、1本約1ヶ月分ですのでお財布との相談が必要。

仕上がりや髪への優しさなど、白髪染めとしては優秀なんですね。
そうですね。
デメリットは少ないと言えます。
費用面でも内容やヘアケア効果をふまえるとコスパはイイですよ。
人気なのも納得ですね。

ヘアカラートリートメントを使う際の注意点

ほかにカラートリートメントを使う際の注意点ってありますか?
一人で簡単に染められるのがヘアカラートリートメントですが、使う際のポイントをご紹介しますね。
ビニール手袋をした方が良いかも

手や肌についても洗い流せるカラートリートメントですが、手のシワや爪の間に入り込むと洗い流すのがちょっと面倒です。
ビニール手袋を使った方が、後片付けも簡単です。

お風呂で染めるときは方や背中につかないように

一人で手軽に染められるのがメリットですが、背中や肩など見えにくい部分にトリートメントが付くと気が付かずに洗い忘れてしまうこともあるでしょう。
髪の長い方は背中につかないように少し注意しながら染めると良いです。

シンクやバスタブに付いたときは洗い流す

カラートリートメントが付着したまま放置してしまうと落ちにくくなります。
染めた髪のトリートメントを洗い流したら、シンクやバスタブに付着したトリートメントも洗い流すようにしましょう。

カラートリートメントを使うコツ。というほどではありませんが、染めるものですから余計なところに色がつかないようにすると後片付けも楽です。

まとめ

ヘアマニキュアで白髪を染めるにしても、美容室で染めるにしても価格や手間でメリット・デメリットがあります。
もちろん、白髪染めトリートメントやシャンプーでも。

ただ、

  • 染めやすさ
  • 優しさ
  • キープするための手間

の3つの面から見ても、白髪染めトリートメントはバランスが良いと思いますよ。

自宅で染めるなら、髪のダメージのことも考えると白髪染めトリートメントがおすすめです。

白髪染めトリートメント特集!いま人気の白髪染めランキングへ

2018.01.12

白髪染めトリートメントってどんな風に染まる?使い方や頻度など染めてみて分かったこと。

2018.03.10

白髪染めるならどっち?ネットで人気の利尻とルプルプの口コミや評判、ランキングを調べて実際に染めてみた。

2018.02.01
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)