黒髪と茶髪、異性に与える印象の違い。キレイに染める白髪染めの選び方

30代の男性と女性

白髪が目立ってくると、どうしても疲れた印象や年齢よりも老けた印象を与えてしまいますよね。

白髪染めにも最近では色々な種類がありますが、せっかくカラーを入れるならチョット冒険をしてみようと考える方もいらっしゃるでしょう。

そんなあなたの参考になれば嬉しいです。

黒髪と茶髪で異性に与える印象の違い。

第一印象は外見である程度決まってしまいますが、異性に与える黒髪と茶髪での異性はどう違ってくるのか。

黒髪の印象は、

真面目で保守的、自然で上品な清潔感のあるイメージを与え黒髪には万人受けするバランスのとれた、一般受けする印象があります。

茶髪の印象は

一昔前は、不良というイメージがあった茶髪も今は明るい印象を与えます。

女性らしさやゴージャスなオシャレ感がありながら、柔らかさを与える印象を持っています。

どちらも良し悪しはありません。

黒髪でも茶髪でも、一般的なカラー剤で白髪も一緒に染まる?

黒髪でも茶髪でも白髪が生えてきた場合、その白髪を隠してケアをしますよね。

しかし、黒髪も茶髪も、お洒落染めと白髪染めがあり、白髪染めは当然白髪のためのカラーリングなので白髪は染まります。

一方のお洒落染めは 黒髪を明るくするために作られていますので、白髪は染まりにくい傾向にあります。

全く染まらないというわけではありませんが、
白髪を染めたいなら白髪染めのヘアカラー剤の方がいいでしょう。

白髪染めで染める場合、白髪以外も茶髪や黒髪に染まるの?

白髪染めで染める場合、ちゃんと白髪以外も茶髪や黒髪に染まります。

例えば、
黒髪で茶髪にしたくて、白髪染めを使って白髪だけが茶髪になってしまってしまったら、黒髪はそのままで違和感がある仕上がりになってしまいますよね。

お洒落染めと同様に、二剤混合式の白髪染めは髪の表面キューティクルを開いて、髪の内部に混合剤が入り込みメラニン色素を染めています。

そのため白髪染めでも白髪以外もきちんと一色に染まります。

気分で色を変えるのに適してるカラー剤や白髪染めってある?

その時の気分など頻繁に髪色を変えたい場合、刺激があると髪にも頭皮にも負担になるので、刺激は極力最小限に抑えたものがいいです。

なかでも、トリートメントタイプは頭皮や髪に優しく作られていますので刺激は少なく、トリートメント効果もあります。

また、毛髪の補修や保護効果のあるものもあるのでトリートメントタイプがオススメです。

黒髪が似合う人、茶髪が似合う人、色の選び方のアドバイス

寄り添いながら笑顔で歩くミドルの男女

黒髪、茶髪それぞれ似合う、似合わないがありますが、それは肌の色や瞳の色などのパーソナルカラーによって違ってきます。

このパーソナルカラーにあてはめたとき、

黒髪が似合うのはブルーベースで、特にはっきりした色が似合う人。

イエローベースの人は茶色の方が、顔が映えます。

逆にイエローベースの人はまったく茶色みのない真っ黒な髪にしてしまうと、なんだか冴えない感じになってしまいます。

まずは色を選ぶ前に自分のパーソナルカラーから判断するのがおすすめです。

白髪染めの種類とその違い・特徴をご紹介します。

白髪染めといってもいくつか種類があり、それぞれ異なる特徴があります。

ここからは、各白髪染めの特徴をご紹介します。

自分の髪に合わせた白髪染めを選ぶ際の参考になれば嬉しいです。

市販の白髪染めの各特徴

一般的に販売されていて、自分で染められる白髪染めのそれぞれの特徴をご紹介します。

ヘアカラー

ヘアカラーは明るい色から暗い色まで幅広い色味で染められて色持ちも良いです。
一度ブリーチして発色させるため、白髪染めが苦手とする明るい色を表現することができます。

白髪染めヘアカラーはキューティクルの内部にまで浸透します。

その一方でヘアカラーはアルカリ剤でキューティクルをこじ開けるためキューティクルが傷みます。
また、ブラッシングなどで剥がれやすくなります。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは地肌に色がついてしまうと落ちにくいため根本が染めにくく、髪色を明るくすることができないのが特徴。
シャンプーをする度に色が落ちるため色落ちしやすいです。

ですが、ヘアマニキュアは髪の毛の表面にだけ色がつくため、キューティクルを痛めずに染めることができるので髪の毛や頭皮に優しいというメリットも。
髪の毛をコーティングすることで白髪を目立たなくさせます。

カラートリートメント

カラートリートメントは、髪の毛を徐々にトリートメントすることで色付けして白髪を目立たなくさせます。
髪の毛をトリートメントしながら白髪をケアすることができます。

カラートリートメントも髪の毛の表面にだけ色をつけるためキューティクルを痛めずに染めることができるので髪の毛や頭皮に優しいです。

しかし、一度では十分に白髪に色がつきにくいため数回しなければならず、髪色も限られてくる。
白髪染めトリートメントはトリートメントとしての効果もあるので、週に1~2回継続的に使用していくことでカラーをキープできます。

一時染め

白髪が気になる時にサッと隠すことのできる一時染めにはスプレー、スティックなどさまざま。
忙しく時間のないときに重宝しますが、なかには扱いが難しいものも。

また、椿油など配合されているものもあるのでつけた部分はパサつきがなくなったりします。

一見とても便利で髪の毛や頭皮に負担は少ないため使いやすいかもしれませんが、一時染タイプの白髪染めは、洗髪で簡単に落ちるものがほとんどですので、雨が降ってきてしまったり、夏に汗をかいてしまったときには要注意です。

白髪染めはどういう選び方をしたらいい?

白髪染めを購入する際にどういう色にしたらいいか、自分の髪質にあう白髪染めはと選び方に悩む人もいるでしょう。

色の仕上がりには髪質による個人差が多少あるようですが、ブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの3色のうち、自分にふさわしいのはどの色か選ぶのがおすすめ。

白髪染めは白髪の量によっても変わります。
白髪の量が少ないほど暗く感じ、白髪が多いほど色味がはっきり見えて明るく感じます。

また、髪が硬いと明るい色に染まりにくく、軟毛は色が入りやすいという特徴もあるため、選ぶときには髪質や量を確認してそれにあったものを選びましょう。

色持ちがイイのはどれ?

色持ちがいいのはやはりヘアカラーです。
他の白髪染めは髪の毛の表面に付着するため、髪の毛の内側から色が入るヘアカラーに比べて色持ちは低くなります。

ただし、先にご紹介した通りヘアカラーは髪の毛の内部から髪を染め上げてくれるので、髪へのダメージが大きいものです。

白髪染めトリートメントは、継続して使っていくことで色持ちをキープしていくタイプの白髪染めなので、手間が少なく安定した染め上がりを求めるならおすすめです。

綺麗に染まる白髪染めはどれがいい?

髪を痛めずに綺麗に染めるならやはりカラートリートメントがおすすめ。
トリートメントで白髪をケアしながら染めることができますし、色持ちも良いためカラートリートメントがいいでしょう。

ただ、一度では染まらないのが難点。
最初は3~4回続けて使い色を入れていき、その後は週に1~2回継続して使用していくことでキープしていきます。

白髪染めは色持ちが良いと傷めやすかったり、優しいと色持ちが良くなかったり、それぞれメリットとデメリットはあるため、それらを踏まえて自分に合う白髪染めを選ぶと良いでしょう。

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違い。白髪を染めるならどっち?

2017.10.22

白髪染めトリートメント特集。ムラなく綺麗に優しく染めたい女性へ

2018.01.12

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)