トリートメント・コンディショナー・リンスの違いと、髪に合った選び方と正しい使い方

髪質や髪の状態に合うトリートメントを選べていますか?

トリートメント、コンディショナー、最近は見かけなくなりましたがリンス。
と、いろいろ種類がありますが、いずれも毛髪の補修やケアが目的ですが、効果や役割が違います。

髪の状態や髪質の見分け方、その用途に合ったトリートメントやコンディショナーの選び方をご紹介したいと思います。

ヘアケアは毎日の積み重ねなのでちょっとしたことが差を生みますので、あなたに合ったアイテムを見つけて下さいね。

おさらい!トリートメント、リンス、コンディショナーそれぞれの違いとは?

トリートメント・リンス・コンディショナー

シャンプーのあとにコンディショナーやトリートメントを使っている方は多いと思いますが、トリートメント、リンス、コンディショナー…いまいち違いが区別がついていないという人もいるのではないでしょうか?

トリートメントやリンス、コンディショナーは似ているようですが、それぞれ役割が若干異なってきます。
目的や効果に違いがあるので、まずはここでおさらいしておきましょう。

それぞれの役割を一つ一つ紹介していきます。

リンスの目的と役割とは

まずリンスですが、リンスの役割は髪の表面に油分の皮膜を作ることによって、水分の蒸発を防いだり髪に艶を出すことができます。

コンディショナーの目的と役割とは

コンディショナーはリンスとほとんど同じで、髪の表面のみに作用し油分の皮膜で水分の蒸発を防いだり、髪に艶を出す事が主な目的となりますが、厳密に言うなら、コンディショナーの方がリンスよりも髪の表面の保護をしっかりします。

トリートメントの目的と役割とは

トリートメントの役割はリンスやコンディショナーと同じ髪を守ってくれるものですが、大きな違いとなるのがトリートメントは髪の毛の内側を守ってくれるものなのです。

内側を守るというのは、髪の毛内部にトリートメントを時間をかけて浸透させ、傷んでいる髪の毛を一時的ではありますが、整えてくれる役割をしています。また、中には質感のコントロールまでできるものもあります。

内部ケアと外部ケア。トリートメント・コンディショナー・リンスの違い

コンディショナーやトリートメントの正しい使い方。やってはいけないNG行為とは

リンスでもコンディショナーやトリートメントでも、共通した使い方ややってはいけないことがありますので、ここで正しく使うためのポイントをご紹介します。

毛先から中間にのみ塗る。

トリートメントにしてもリンス、コンディショナーにしても基本的にはどれも中間から毛先までつけること。

髪に水分が残っていると浸透しにくいので、シャンプーをしたあとに水気をしっかりきってから馴染ませます。

頭皮につけてはいけない理由

トリートメントやリンス、コンディショナーを頭皮につけてはいけないとよく聞きますよね。

では、どうして頭皮につけてはいけないのかというと、毛穴を詰まらせてしまうことがあるということが一番大きな理由です。

毛穴が詰まってしまうと

  • 皮脂の過剰分泌によるベタつき
  • 頭皮の乾燥
  • 毛穴を詰まらせ抜け毛や薄毛の原因に
  • 炎症を引き起こす

など、さまざまなトラブルを引き起こす原因になることがあります。

トリートメントやコンディショナーは時間を置いた方が良い?

トリートメントやコンディショナーをした際に、長く放置してから流していますか?

髪に良いものだから、パックのように長く放置してしまいますが、長い時間の放置はよくありません。

勘違いしている人も多いのですが、
トリートメントなどの浸透には限界があります。

トリートメント内の栄養分が十分に浸透した後は何時間置いても効果は変わらないので置けば置くほどいいというわけではないんです。

とはいえ、栄養分を浸透させるのに多少時間を置いたほうがいいのはいいです。
適切な放置時間は「5分~10分」程となります。

すすぎは丁寧にしましょう。洗い残しがあるとどんな問題が?

シャンプーによくいえることですが、これはトリートメントやコンディショナーでもいえることで、すすぎはていねいにしっかり洗い流すようにすることが原則です。

シャンプーなら毛穴が詰まってしまうようにコンディショナーやトリートメントが残っていたら、髪がべたついたりなど、さまざまなトラブルをひきおこしてしまいます。

コンディショナーなどをすすぐ時間は3分程度。
シャンプーほどじっくりと時間をかけて流す必要はありませんが、流していない部分がないように意識するのがポイントです。

傷んだ髪には一緒に使うという方法も!使う順番に注意!

※リンス・コンディショナー・トリートメントは役割が違うので、パーマやカラーをしていて傷みが気になる方はトリートメントをした後にリンスまたはコンディショナーを一緒に行っても良いです。

その際に順番を間違ってしまうとあまり意味のないものになってしまうので注意しましょう。

一緒に使う際の順番
  1. シャンプーした後にトリートメント
  2. トリートメントをすすいだ後にコンディショナー

まずシャンプーしたあとにトリートメントで髪の内側に栄養を浸透させていき、十分にすすいだあとにリンスまたはコンディショナーをつけて髪をコーティングしてあげすすぎましょう。

髪を守ることでは一緒ですが外側と内側と役割が違うので一緒に使う際は順序が大切です。

髪の状態や目的別コンディショナーとトリートメントの選び方

キレイな髪の女性

あなたの髪質やダメージの状態で、コンディショナーとトリートメントのおすすめの使い方をご紹介します。

髪質は急に改善できるものではありませんが、毎日の積み重ねが大事ですから髪のトラブルを予防する為に続けてみて下さいね。

トリートメントがおすすめの方

トリートメントは表面だけじゃなく内側からもケアしてくれる効果があるため、髪の毛のダメージがヒドイ方はトリートメントのほうがいいです。

また、カラーなどを頻繁にしていたり、ぱさついたり、ごわつきを感じているなら栄養を与えてあげるトリートメントのほうがいいでしょう。

コンディショナーがおすすめの方

表面だけに作用するため、ダメージがそれほど酷くなく、まとまりが悪いだけだったり、指通りが悪いだけなどの場合はトリートメントじゃなくてもいいでしょう。

傷みの少ない健康な髪の毛の場合

健康毛を保つためにも、週に1度トリートメントを使ってケアするとキレイな髪の毛を維持していくことに繋がります。
ヘアケアは予防も大切な目的ですからおすすめです。

アウトバス・インバス。髪の状態にあった2種類のトリートメント活用法と注意点

トリートメントには洗い流すタイプのものと洗い流さないタイプの2種類があります。

そもそもトリートメントの目的とは、キューティクルを整えると共に髪の毛の内部の栄養が流れ出さないように表面をコーティングし保護する働きがあります。

トリートメントを選ぶ際には、髪の毛の仕上がりをどの状態にするのかで使い分けることで決まっていきます。

コンディショナーが1本3役。内容もコスパも嬉しいハーブガーデンがおすすめの理由

2018.01.08

パサつきやうねってまとまらない方、カラーやパーマでダメージが特にひどい方へ。

健康な髪はキューティクルが綺麗にそろっていてハリ・コシ・艶があり、髪の毛がまとまりやすい状態を言います。
キューティクルの状態をチェックする方法が自分の髪の毛がどんな状態か一番わかりやすい方法です。

ではやってみましょう。

髪質チェック方法

まず自分の髪の毛を1本抜きます。

抜いたら髪の毛の中央部分を両手の親指と人差し指を使いはさみます。

はさんだ状態のまま髪の毛の表面を軽くなでるようにすべらせて、毛先のほうにひっかかりがなくすべるように動き、毛根のほうは逆にひっかかりを感じられたらキューティクルが健康な状態です。

毛根が毛先と同じ動きであればキューティクルがほとんどなく傷みがある状態になります。

乾燥・傷みが気になりパサつきで髪がまとまらない場合

洗い流すタイプのトリートメントを使いしっかりと加温してあげ、補修していき、髪を乾かす前に流さないタイプのトリートメントをつけるとさらに効果が得られます。

ですが、髪が細かったり毛量が多くない場合には洗い流さないタイプのアウトバストリートメントは、ベタつきが目立ちやすくなるのでつける際には毛先だけにつけてあげましょう。

パーマやカラーの繰り返しによる傷みが気になる場合

パーマやカラーの場合は普段から気をつけてケアをしていかなくてはなりません。

洗い流すタイプのトリートメントを使い十分に浸透させ、そして入浴後には、乾かす前に流さないタイプのアウトバストリートメントをつけるようにしてあげましょう。
洗い流さないタイプのトリートメントにはカラー用の物もドラッグストアに売られているので、購入する際には確認してみましょう。

頑固なくせやうねりでまとまらない場合

シャンプーが終わり髪の毛を乾かす前に、洗い流さないタイプのトリートメントを使用することをオススメします。

くせ用のトリートメントもあるので、時間のある時にドラッグストアでじっくり探してみるのもイイと思います。

美容院のトリートメントの効果ってどれくらい?自分でするトリートメントとどう違う?

美容院でするトリートメント

美容室でもトリートメントの施術がありますが、自宅で使えるものとどう違うのか?
ご紹介します。

まず、美容室で施術されるトリートメントの効果は2週間程度持続されます。

トリートメントをしてもらうのに高いなと思っている人もいらっ者るかと思いますが、ただ塗るだけの施術ですがその中に技術料とお客様のアドバイス料が含まれていると思っていただければと思います。

金銭的な視点で見ると、自分でトリートメントをしたほうが金銭的にも半分くらいに収まるじゃんと思うかもしれません…

でも、まず自分の髪の状態がどの程度の傷みがあるのか分かっていないと、トリートメントならどれでもイイと使ってしまったら期待したほどの効果が得られなかったり、前よりも髪の毛のまとまりが悪いなと感じてしまうことがあるので、月に一度くらいは美容師さんに状態をみてもらうことをおすすめしたいです。

美容室で施術してもらうメリット・デメリット

メリット

自分に合ったトリートメントを選んでもらえて、均一にトリートメントが馴染みリラクゼーション効果も感じられて施術後のホームケアのアドバイスを教えてもらえる。

デメリット

費用が少し高め

セルフでトリートメントを行う場合のメリット・デメリット

メリット

費用も安く時間に余裕のある時にできる。

デメリット

自分に合ったトリートメントを使わないと期待したほどの効果が得られないことがある。

セルフで行う際のポイント

※どの仕上がりにも共通して言えるのは、トリートメントは根元からつけるのではなく、
シャンプーをしっかりすすいでから中間~毛先につけて10~15分くらいおきます。

この時ヘアキャップや蒸しタオルを使い加温してあげるとさらに効果的です。

後はしっかりすすいであげる。最後にコンディショナーを使うとさらに効果UPします。

パーマやカラーの際に美容室でトリートメントをする目的と効果

パーマやカラーの際にトリートメントをする美容室はほとんどだと思います。
後にすることもありますが前処理でトリートメントをすることもあります。

その目的はパーマの薬やカラー剤を使うと髪に負担がかかり傷みが進行していくのを少しでも最小限に抑えられるようにするために行います。

トリートメントやコンディショナー不要のシャンプー、本当にシャンプーだけでいいの?

自分のヘアケアが正しいのか疑問

シャンプーの中にはコンディショナーやトリートメントを必要としない「シャンプーのみでOK」というものもあります。

本当に必要ないの?大丈夫?
と、疑問に思ってる人もいるのではないのでしょうか。

美容師の視点で意見を述べたいと思います。

結局は髪の艶だったり仕上がりの満足度で判断するべきと思いますが、ヘアケアは毎日の積み重ねで少なからず将来の髪にも影響します。
5年10年先も見据えて参考にして頂ければと思います。

質が向上しているシャンプー

シャンプーを洗い流している女性

最近のシャンプーは低刺激でマイルドなアミノ酸洗浄成分を用いたものなど質も良くなり、コンディショナーやトリートメントを使わなくてもそんなに気にならないですが、やはりカラーやパーマの繰り返しをしている方はケアとして使用することをおすすめしたいと思います。

先にご紹介した通りコンディショナーやトリートメントにはそれぞれ役割があるのでダメージケア・予防目的で使用するに越したことはありません。

毎日使う必要はありません。

すでに触れていますが、髪質によっては毎日コンディショナーを使うとベタつきやすくなるという方もいると思います。

そんな時は毎日使用しなくても、1週間に1回程度トリートメントを使用し髪の毛が傷まないようにケアをしていただきたいと思います。

ヘアケアは予防の目的もあります。

今現在、髪が傷んでいない方でも月に1度はトリートメントをし、髪の毛に栄養を与えてあげることをすすめます。

ヘアケアは、何かトラブルが出たらそれを改善する目的ではなく、トラブルを予防する目的で行うものですから良い状態を保つ為にもおすすめです。

シャンプーのみでOKのシャンプーも、合う合わないは結局個人差がある

お風呂でくつろぐブルドッグ

同じシャンプーやトリートメントを使っても仕上がりの満足度に個人差があるように、シャンプーのみでOKのものも個人差が出るでしょう。

でも、シャンプーのみでOK。とは言っても「トリートメントやコンディショナーは使ってはいけません。」ということではないので、余裕のある時に自分に合うか色々試してみるのもいいと思います。

トリートメントやコンディショナーは不要と明記されているものは、シャンプーだけで済むこともあり金額的に普通のシャンプーに比べ少し手に取りにくい値段で売られている場合も多いと思います。

それでも、シャンプーだけで終わるのはケアの時間短縮になり、手間も省けますから魅力はありますよね。

まとめ

髪質やダメージの度合いによって同じ商品を使っても満足度は変わってくるでしょう。
いかに自分に合ったものを見つけるか。
使用頻度も調整しながら、良いものを見つけて下さいね。

髪は自ら修復することはありませんから、毎日のヘアケアで予防していくしかありません。
髪の悩みが減った。またはなくなったと感じられたらヘアケアが上手にできているという事になります。
髪は肌の悩みを改善するより結果が出やすいですから、ダメージを受けて気になっている方はぜひ取り組んでみて下さいね。

アウトバスで使う洗い流さないトリートメント特集

2018.02.06

ドライヤーで変わる!美髪になるにはドライも大切な工程

2017.08.30
The following two tabs change content below.
Chika(美容師)
小学6年生のとき親戚に美容師がいて憧れを持ったのが始まり。 美容師にも得意・不得意がありますが、私はカラーリングです。 塗布も得意ですが色の調合が好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)