髪が痛む原因と毎日のケアで出来る予防・対処法

髪のダメージで悩んでいる人は少なくないと思います。
スタイリングやカラーやパーマでおしゃれするほど髪は傷みやすくなるのでジレンマですよね。

ですが、残念ながら傷んだ髪は自己修復する機能はなく、一度傷んでしまった髪の毛は二度と元に戻ることは出来ません。

でも修復出来ないからといってそのままにしておくとますます悪化して、切れ毛や枝毛が増えていき傷んだ部分をカットしなければ傷みが広がっていきます。

そうならないためにも今の状態を維持していきましょう。

そして原因と対処法を知ることで、髪の傷みを予防してキレイな状態を保つことができますので参考にしてただければ嬉しいです。

そもそも髪が傷む原因ってなに?

まずはおさらいしておきましょう。
髪が傷む主な原因は次のことが考えられます。

  • パーマやカラーの薬剤
  • 高温のドライヤー・ヘアアイロン
  • 間違ったシャンプー方法
  • 紫外線の刺激
  • ピン止めしてる

新しく伸びてくる髪の毛は健康な状態で伸びてきます。
枝毛の原因は主にキューティクルが乾燥し摩擦が生じて髪の毛がたてに割けてしまうことで起こります。

ロングヘアの方や髪の毛を伸ばし中の方は枝毛に悩んでいる方も多いと思いますが、枝毛の場合は出来てからでは手遅れなので出来る前に予防していかなければなりません。

カラーやパーマのやり過ぎも原因になるので頻繁に施術するのはあまりオススメはしませんし、食生活の乱れも影響を及ぼします。

髪の傷みが進行しないためにも日々のヘアケアはすごく大事です。

傷んだ髪をサラサラにするには

まず最初に、すでに傷んでしまった髪のサラサラにする方法をご紹介しますね。

もちろん出来れば傷まないようにすることがいいのですが、全く傷めないようにするのは実際難しいものです。

髪を伸ばしていたら毛先が傷んでいくのでパサついてきたら美容室で整えてカットするといいのですが、時間がなかなかとれなくて行けないという人も少なくないと思います。

すでに傷んで枝毛になってしまったっという場合、1度傷んでしまった髪は元に戻りませんが、外出の際に少し手をかけてあげれば傷んでるのを隠してあげることができます。

まずドライヤーを使ってブローをしてあげます。この時ドライヤーの熱は髪から少し離してください。
ブローは苦手という人はヘアアイロンを使うのもおすすめです。

ただし温度には気を付けて下さい。

80℃~150℃に設定しましょう。

最後にクリームタイプよりオイルタイプの流さないトリートメントを適量につけてあげるだけでツヤのある髪になります。

ツヤが出やすいのはオイルタイプのものがいいです。

応急的な対処法ですが、おすすめの方法です。

ごわつく髪、傷んでかさばった髪をサラフワへと導くヘアケア

髪が乾燥気味であったり、湿気で広がったり、傷みが原因で上手く髪がまとまらないという悩みは多いのではないでしょうか?

女性であったらキレイな髪で外に出たいですよね!
そんな時どうしたらいいのか、自分で簡単に出来るヘアケアを紹介します。

髪がゴワゴワする原因ってなに?

髪の毛はキューティクルが剥がれることによってパサつきまとまりが悪くなっていきます。

ではなぜキューティクルが剥がれてしまうのか?

まずはその原因となるポイントについてご紹介します。

紫外線

肌と同じで髪の毛にも影響があります。
紫外線の場合キューティクルだけではなく頭皮にも影響があり、髪の毛は顔の5倍以上の紫外線を浴びています。
紫外線を浴びる事によって、キューティクルが剥がれ乾燥し、枝毛や切れ毛の原因になります。紫外線対策はしっかりしていきましょう!

パーマやカラーの繰り返し

パーマやカラーを繰り返すことによって、キューティクルを剥がしていき、髪の毛にはとてもダメージになります。

無理なブラッシング

強引に髪の毛を引っ張ってブラッシングをしたり力強くしてしまうことによって摩擦が生じ髪が傷みゴワゴワの原因になります。
ブラッシングをする際は優しく毛先から順番にとかしていきましょう。

シャンプー

ゴシゴシ強く擦ってしまったりシャンプー剤の洗い残しがあると、頭皮に傷つきやすくなったり汚れが詰るなどの原因で、健康な髪が伸びずにボコボコした髪の毛になりゴワつきやすくなります。
シャンプーは優しく丁寧に、すすぎも十分に行いましょう。

パサつき・ごわつきが気になるとき

バサバサでまとまらない髪

ヘアトリートメントをして髪を保湿してあげるのがやはり基本のケアです。

ごわつきが気になるなって思ったときなどにヘアパックしてあげるだけでもまとまりやすくります。

それでも気になるなって思うときには、ドライヤーで髪を乾かした後にオイルトリートメントをつけてあげると膜をつくってくれるので使ってみて下さい。

つけすぎると髪が脂っぽくなってしまうのでつけすぎには注意です。

ドライヤーを使う際は8割位乾かし最後に冷風で乾かしてあげるのがポイント。開いていたキューティクルを締めてくれます。

オイルトリートメントをつけるタイミングとして冷風に切り替える時につけてあげるのがいいです!

ダメージが酷くなってしまった場合の対策

ダメージが酷くてどうしようもなくなってしまったら1つの対策があります。

その方法とはヘアマニキュアがあります。

ヘアマニキュアは剥がれてしまったキューティクルをコーティングすることでダメージを抑える事が出来ます。

ですが、ヘアマニキュアは応急処置で髪を修復するわけではありませんから、髪の毛が酷く傷む前に毎日のお手入れを大切に行いましょう。

ピン止めしたり、いつも束ねてまとめていると髪傷む?

ビックリする女性

髪を結んだりピン止めすることが多い方、職業柄でもそういった方も多いと思います。

でも、毎日束ねたりピン止めしていると髪のダメージが心配ではありませんか?

ピン止めや束ねたときの注意点や髪を傷めないために心がけたい事も合わせてご紹介していきますね。

そもそもピン止めは傷むの?

刺すもののアメピンは特に傷むということはないですが、パチンっと留めるタイプのピンは金属部分と髪の毛は擦り合いやすいので髪の毛が弱って切れやすくはなってしまいます。

傷めないようにするには、アメピンを刺す際は無理やりに強く刺さないようにすることと根元になるべく負担がかからないようにしましょう。

パチンっと留めるタイプのものは、どうしてもつける際にパチンと留めるので擦り合ってしまいます。
なるべく毎日はせずに休める日を作ってあげましょう。

毎日束ねていると、やっぱり傷む?

枝毛が気になる女性

どうしても束ねないといけない職業の方もいらっしゃると思います。
毎日同じく結んでいると髪へのダメージも大きくなってしまいます。

毎日同じスタイルで束ねていると髪の毛もですが、頭皮への負担も強くかかり、毛髪にも頭皮にはストレスがかかってしまい髪質が変わってしまう要因になります。

ポニーテールなどアップにまとめると頭皮への負担はとても強くなってしまいます。

まとめる時どうしたらいいの?

どうしてもまとめなくてはならない時は毎日同じスタイルではなく、少し下にまとめて結んだりちょっとゆとりをもたせるように軽く結んだりとなるべく頭皮に負担がかからないように工夫をしていくのがおすすめです。

休日などを利用して、髪の毛をまとめない日を作って休ませてあげると良いです。

束ねた髪の毛を外すときの注意点

また、無意識に勢いよく引っ張って外しがちになりますが、外す時は優しくゆっくり外してあげる事を心がけましょう。

外す際に強く引っ張ってしまう行為も頭皮への負担は強くかかってしまい髪の毛も頭皮も弱ってしまうので、外す時はゆっくり・優しくを忘れないようにしましょう!

枝毛やゴワつきを作らないために抑えておきたいシャンプーからドライまでのポイント。

髪を乾かす女性

髪の成長サイクルの寿命は2~6年と言われてます。

疲れてる時や急いでいるときなど雑になりがちですが、生えてきた髪とは長く付き合っていくことになりますから日々繰り返されるシャンプーから乾かすまでの大切なポイントをご紹介します。

シャンプー

まずは、シャンプーから気をつけていく必要があります。
間違ったシャンプーをすると、傷みの原因になるので正しいシャンプーをしましょう。

※ポイントは強く擦らないように地肌を優しく丁寧にマッサージする感じで!!

頭皮が傷ついてしまうと、トラブルの原因になります。
ゴシゴシ洗いは髪の毛を強く摩擦しあってしまうので、力強く擦らないように、指の腹を使って優しく頭皮をマッサージするように汚れを落としてあげましょう。

また、乾燥しがちでフケやかゆみが出ている場合はシャンプーの刺激が強い可能性が考えられます。
洗浄力の優しいアミノ酸系シャンプーなど、質の良いシャンプーに変えましょう。

トリートメント

自分で手軽に出来るのが毛髪ケアできるのがトリートメントです。
髪は水分とたんぱく質で出来てるので、トリートメントで髪に必要な栄養を送り込み保護してあげましょう!

トリートメントも頭皮ではなく中間~毛先を中心につけて髪に水分が行き渡るようにしていきましょう。

トリートメントをつけたあとクシを使ってコーミングしてあげると栄養が浸透しやすくなります。
馴染ませてから加温して少し時間をおくと効果UPです!!

また、シャンプーやトリートメント・コンディショナーなど、洗浄剤が残りやすいので優しく十分に洗い流すのもポイントです。

タオルドライ

そして、タオルドライをする際にも擦り合わないように叩くように水気をとってあげてください。
タオルドライをしっかり行い、髪を擦らずに髪を包み込むようにしてあげて水気を取ってあげましょう。

タオルが古くなると繊維が硬くなって吸収も悪くなるので、新しい柔らかいタオルでポンポンしてドライします。

ドライヤー・ヘアアイロン

乾かし方でもダメージを最小限に食い止める事が出来ます。
自然乾燥は良くないので、シャンプーしたらドライヤーで乾かします。

ドライヤーの前に流さないタイプのトリートメントをつけて髪の毛を保護してあげるとより効果的です。
つける事によってドライヤーの熱で補修効果があったり、乾いたときパサつきにくくなり髪の毛がまとまりやすくなります。擦り合わせないように優しくつけてあげましう!!

また、ドライヤーは近付け過ぎると、熱が当たりすぎてダメージが受けやすいので、少し離して均等に熱が当たるように乾かしていきましょう。
ヘアアイロンを使用する場合は高温過ぎるとダメージになるので、なるべく低温で使うようにして毛先にはアイロンを当てすぎないようにしましょう。

髪を若返らせ、しっとりしたスタイリングを作るデイリーケアのポイント

艶々サラサラの髪の女性

シャンプーから乾かすまでのポイントに加え、ゴワゴワやパサパサが気になりやすい方や、ツヤツヤでまとまり良い髪を保つ為に日頃からできるヘアケアをご紹介します。

頭皮マッサージ

頭皮の血行を良くする目的です。
髪は頭皮の毛穴から生えてきます。頭皮の状態が良くないことが原因で髪が傷みゴワゴワして最終的に髪の毛がまとまらないとなることがあります。

頭皮は筋肉が少なく頭頂部には筋肉がありませんから、マッサージして動かしてあげることで新陳代謝が促され血行を良くするのに効果的です。

毎日のシャンプーのときにマッサージをするのもよいですが、仕事で一息つきたいときや、家でテレビを見ているときなど、日常生活のほんの少しの時間の中に少しだけマッサージを取り入れるのもおすすめ。

マッサージの簡単な方法は
両サイドから親指以外の4本の指で覆うように押し当てて、円を描くようにマッサージしていきます。
少しずつ場所を変えていきます。

頭皮を動かしてあげるというイメージで心地良いと感じるくらいですると良いです。
1日5分くらいが目安。

ブラッシング

ブラッシングには毛髪の汚れを除去するとともに、マッサージ効果も得られ頭皮の新陳代謝を促し髪の艶をよくします。

年齢とともに代謝も落ちてきます。
頭皮が固くなると血行も悪くなり、薄毛や抜け毛の原因になる恐れもありますので適度な刺激で血行を良くしてあげましょう。

ただし、ブラッシングの時にも注意が必要です。
勢いよくブラッシングをすると静電気が発生するので、なるべく優しく毛先から少しずつ負担がかからないように優しく行いましょう。

トリートメント

傷みが気になる方やロングの方はトリートメントを毎日使っている方も多いと思いますが、あまり使ってない方でも乾燥が原因で膨らみゴワゴワしてしまうことが多いと思います。秋冬の湿度が低下する季節も乾燥しやすくなります。

そんな時は、週1回はトリートメントしてあげましょう!
トリートメントでもボリュームを抑えるものやパサつきを抑えるものなど種類があるので目的に合ったものを選ぶと良いです。

ドライヤー・ヘアアイロンの熱

ドライヤーの場合は同じ場所に当て続けるのではなく、全体を均等に熱を当て、冷風・熱風を交互に当ててあげる方法でしましょう!

お風呂上りのドライは、頭皮から乾かしていくのがポイント。
毛先から乾かしていくとオーバードライの原因になります。

また、ヘアアイロンの場合は高温は避け、特にバサつきやすい毛先は最後に当てて一発で終わるようにしましょう!

オイルタイプの洗い流さないアウトバストリートメント

シャンプー後ドライヤーを使う前に適量をオイルタイプの流さないトリートメントを中間~毛先に均等に馴染ませてから乾かしていきましょう!

先に応急的な対処法でご紹介した通り、オイルタイプのトリートメントをつけるだけでも一時的にしっとり感を保つことが出来るのでおすすめです。

髪を傷めないように予防していくのも大切ですし、髪の毛をコーティングして乾燥を防いでくれます。
アウトバストリートメントは傷みがちな方におすすめのアイテムです。

ストレスを溜めない

全くストレスのない方はいないと思います。
また、ストレスは体に良くないこともご存知かと思います。

もちろん髪にも良くありません!
溜め込みやすい方は特に、少しでもストレスを減らせるようにしていきたいですね。

何か自分に合った上手な発散法やリラックスできて楽しい気持ちになれることを見つけ、ストレス発散や気分転換できる時間を作るようにすると良いです。

性格的や仕事や家庭のことに追われてなかなか難しい方も多いと思いますが、ストレスは女性にとってホルモンバランスが乱れる原因にもなりますから髪や美容の為にも取り組みたいですね。

生活習慣・食生活

睡眠不足はお肌だけではなく髪にも影響がいきます。なので、なるべく規則正しい生活を送れるように気をつけましょう!

食生活もバランス良く取ることを心がけましょう!
どうしても偏りがちな方は、足りない分の栄養はサプリメントなどで補うのもいいと思います。

どの年代でも大切なポイントですが、特に30代後半から40歳を過ぎてくると、ホルモンバランスの崩れや更年期になっていき様々な不調がでてきます。

体の調子が悪くなってくると肌や髪にも少なからず影響が受けてしまいます。
なので、規則正しい生活やバランスの取れた食事はとても大切なので、生活習慣や食生活に不安を感じている方は見直してみることをおすすめします。

ヘアエッセンス

もしも、抜け毛や薄毛で悩んでいたり、ハリがなくなってきたと感じているのでしたら育毛剤を使いましょう!

なにより早めのケアが大切です。

何もやらないよりは、効果がでるまで使い続けることは大切です。
使う際も頭皮をマッサージしながらやることをオススメします!

紫外線対策

日々のケアで枝毛やゴワつきの予防や対策方法をご紹介してきましたが、忘れてはいけないのが紫外線対策です。

  • 日傘や帽子で髪を紫外線に当てないようにする。
  • 髪の長い人はまとめてあげるのもいいです。
  • UVカット効果のあるスタイリング剤を使う。

※紫外線を浴びてしまった場合の対策

シャンプーをした後はしっかり水気を拭き取り、トリートメントをしっかり揉みこみ加温してあげましょう。

特に紫外線の強い夏は、気をつけましょう!

シャンプーがヘアダメージの原因になることも…

枝毛があるのに気づいてガッカリ

もしもフケやかゆみなど頭皮にトラブルを抱えていたり、頭皮が乾燥して固くなっているならシャンプーを見直しましょう。

髪も頭皮も保湿がとても大切です。
シャンプーのし過ぎも髪の水分が減ってしまう原因になり、髪の水分がなくなってしまうとパサついてきたり広がってしまったりキューティクルが剥がれやすくなったりし傷んでしまいます。

髪は頭皮から栄養をもらっています。
頭皮にトラブルを抱えているなら刺激が弱く、頭皮の乾燥を予防してくれるスカルプ系やアミノ酸系のシャンプーを試してみるのも良いです。

また、頭皮が乾燥するとフケやかゆみなどの原因になるばかりか、代謝が悪くなったり血流が悪くなる原因にもなります。

ゴシゴシ洗わないようにするのはもちろん、洗い過ぎは乾燥の原因になりますのでシャンプーは1日1回で十分です。

乾燥肌や頭皮の弱い方で、優しく洗ってもふけやかゆみ、カサつきが気になるという方は、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

安価なシャンプーは洗浄力が強いので、乾燥を招きやすくなります。
いくら優しく洗ってケアしても洗浄力が強ければ乾燥の原因になりますので、シャンプーを見直すことも考えてみると良いですよ。

日頃からケアして髪を大切に扱ってあげることが大事です。

まとめ

枝毛は出来る前に予防していかないと枝毛が出来てしまったら傷んだ部分をカットしなければ改善することは出来ません。

せっかく伸ばしていたのに切らないといけなくなるのは嫌ですしもったいないですよね。
なのでそうならない為にも日々の正しいケアを覚えて習慣にするのが大切です。

髪の毛はとても繊細で弱いものなので、今の自分のヘアケアの方法や生活習慣の改善点を見つけて見直してみましょう。

ただし、あまり神経質になりすぎるのも良くありません。
ダメージになることは避けるようにして、できることから始めてみてください。

毎日のヘアケアで少しずつ改善していくと思いますよ。

The following two tabs change content below.
Chika(美容師)
小学6年生のとき親戚に美容師がいて憧れを持ったのが始まり。 美容師にも得意・不得意がありますが、私はカラーリングです。 塗布も得意ですが色の調合が好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)