カラーを繰り返してきてボロボロ…美髪を取り戻したいけどカラーも楽しみたい!という方へ

ヘアカラーしている女性

カラーを繰り返して髪がボロボロ…と、お悩みの方へ。

染めるのは髪に負担のかかることですが、やはりカラーを楽しみたいですよね。

ここでは、できるだけ毛髪を傷めずにキレイな色をキープしながらカラーリングを楽しむ方法をご紹介します。

艶のあるキレイな髪をキープしながらヘアカラーを楽しむためにも参考にしてみて下さいね。

カラーでバサバサに傷んだ髪。どうしたら治る?

カラーでお洒落を楽しみたい人、職業柄カラーは外せない人は髪がどうしても傷んでしまうのが悩みの種ですよね。

カラーをすると髪は多少なりとも確実に傷みます。

髪を明るく染めるときには必ず髪を暗くしているメラニン色素を溶かしてカラー剤をいれます。
そのとき髪の中にある他の成分も溶かしてしまい空洞化が起こります。

薬剤によるダメージを繰り返すと修復不可能な傷みをもったビビリ毛になる恐れがあります。

髪はトリートメントをしても治ることはなく、逆にトリートメントで髪の表面がコーティングされ髪の状態がわからなくなりさらに強い薬や、間違った時間の置き方をしてしまうとダメージがより強くなってしまいます。

カラーで傷んだ髪のケアに必要なことは、内部に残留している薬剤を除去すること、髪の表面を覆っている皮膜を取り除くことと髪密度を高めることです。

すぐに綺麗な髪を手にする方法ってある?

できる限りすぐに綺麗な髪を手にする方法は、残念ですがありません><

残留している薬剤や皮膜を除去するだけでも少なくとも1ヶ月以上はかかります。

また、髪密度を高めるためにハーブのトリートメントを使うという方法もありますが、個人の髪の状況によってケアの仕方は全く違ってくるので、何を使うのかは慎重に選ぶ必要があります。

ボロボロになった毛髪に無理矢理栄養を入れても意味はありませんので、肌と同じように髪の傷みもダメージが少ない染め方にしてみたり染める回数を少なくしてみたりと、これ以上髪に強いダメージを与えないように根気強くケアを続けることが大切です。

カラーをしてもサラサラの髪のままでいるためには

季節や気分によってカラーを楽しみたい人はたくさんいますよね。
でもやっぱりカラーをすると髪はどうしても傷んでしまいます。

ポイントは、8トーンの明るさとリタッチを守ることです。

日本人の地毛の平均的な明るさは6トーンくらいで、ヘアカラーの明るさと傷みはどうしても比例します。

綺麗な髪を維持したまま染めるためには、髪を明るくしすぎないことが第一。
8トーンは、肌が一番きれいに見える髪の明るさで、髪にダメージを与えにくい明るさです。

また、色が抜けてもオレンジになることはありません。

8トーン以上の明るさになるとどうしても薬剤の刺激が強くなるため、綺麗な髪を維持するのは難しくなります。

そして、2回目以降にはリタッチがおすすめ。

毎回リタッチをすることで、髪の根元から毛先までカラー1回分の傷みで済みます。

このようにカラーをすればこれ以上ダメージはないので、綺麗な髪を維持することができます。
もちろん、正しいアフターケアも忘れずに。

すぐに色落ちするからと、何度も染めてダメージを与えてしまう

ヘアカラーを何度も繰り返せば、その分髪は傷みます。

また、ヘアカラーは時間の経過とともに染料が抜け落ち、染めたばかりのときよりも明るくなってしまいます。

美容室で染めるとお金がかかるからといって市販の薬剤で自分で染める方も多いと思いますが、極力自分で染めない方がいいです。
うまく染まらなかったりムラになったり、何より残留薬剤の除去も自分ではできないためどんどん髪が傷んでしまいます。

それを防ぐためには美容院で髪を染め、脱色コントロールをしてもらうのがいいですね。

この方法なら、ブリーチした髪にあとから人工的に染料を入れているわけではないので、すぐに色が抜けることは起こらず色持ちは非常によくなります。
しかし、薬剤を使っているのでダメージは完全に0(ゼロ)になっているわけではないですよ。

美髪のままカラーを楽しむキーワードはリタッチと8トーン

ヘアカラーはおしゃれのためにとても重要な役割を果たしていて、肌のくすみがきになったりする人がいると思いますが、そんなときに、ヘアカラーは肌を明るく見せて、健康的な印象を与えてくれます。

とはいえ、カラーをしたことで髪を傷めたからいまからカラーすることに抵抗がある人もいるでしょう。
たしかにカラーは、髪の傷みになります。

ですが、美髪のままカラーを楽しむ方法があり、それが8トーンとリタッチです。

自然な茶色に染まる8トーンは綺麗な髪を保ち、日本人の肌によくあい、また髪の根元だけを染めるリタッチをすることにより髪の同じところに何度もダメージを与えることはありません。

8トーンとリタッチをキーワードに美髪を目指しつつお洒落を楽しみましょう。

カラーリングを楽しみたいけど頭皮の弱い方必見!カラーリングの仕方とアフターケア

ムラなく綺麗に染まった女性の髪

ここからは、頭皮の弱い方やカラーリングで髪が傷んでしまった経験のある方へ、セルフでカラーリングを楽しむために気をつけるべきポイントや方法。アフターケアの仕方をお伝えします。

頭皮が弱い方がセルフで染める際に気をつけるべきポイント

頭皮が弱い方は特に言えることですが、

『ヘアカラーは月に1回がベスト』

カラー剤で髪を染めるというのは、髪表面のキューティクルを薬品で無理矢理開き色素を内部に送り込み、たんぱく質を溶かすような作用のある薬品を使っているので頭皮にも髪にもダメージを与えてしまいます。

ですので頭皮の弱い人が月に何度もカラーをしてはかぶれなどの炎症を起こしてしまいがちになります。

特別な用事がない限りは月に1回にしたほうが髪にも頭皮にも優しいです。

バッチテスト

また、面倒に感じる人が多い『パッチテスト』ですが、
頭皮の弱い人はパッチテストを行う事で頭皮のトラブルを未然に防ぐことが出来ますので、少し面倒だなと億劫になっても染める際行う事をオススメします。

パッチテストの方法

カラー剤には通常1剤と2剤があるので、少しだけ取りだし混ぜて綿棒で腕の内側に10円玉くらいの大きさに薄く塗り自然乾燥させます。絆創膏をはるのもいいですよ。

48時間そのままの状態にします。

カラー剤をつけて30分経ったら1度みて、かゆみや発疹がでていないか確認してください。
48時間経って皮膚に異常がなければ使用してください。

自分で染める際少し難しいかもしれませんが、(泡タイプもあったりしますので)なるべく地肌に付けないように根本から1cm程離して染めてあげることも頭皮の弱い人には欠かせません。

多少地毛の色が残る場合もありますが、炎症を起こさないためにも妥協しなければならないとこかもしれません。
(ラップをしてドライヤーで熱を与えてあげると根本まで染まりやすくなりますよ!)

時間とともにダメージも大きくなる

カラーリングの道具とヘアウィッグのイメージ写真

カラーでなにより心がけてほしいことは時間です。

時間が経てば経つほど髪にダメージを与えますしムラになりやすくなります。

カラー剤をつけた瞬間から色が抜けダメージが始まります!
カラーリングの際は、スピードも意識してあげることで髪にも頭皮にもダメージを軽減させてあげられます。

先ほども触れましたが頭皮に薬液がつかないように使うことがトラブル予防になります。
自分では難しいと感じる方は、家族や友達に施術してもらうのも良いでしょう。

また、頭皮だけでなく耳後ろや生え際、首周りにも注意しながら施術する必要がありますね。

私も昔セルフでやっていた時は、知らず知らず首周りについていて赤くなりかゆみが出てしまいましたので気をつけて下さいね♪

頭皮の弱い方へ。カラー剤のこう選ぼう♪

カラー剤には泡タイプや液状タイプなど様々種類がありますよね。

一体どれを選んだらいいの?
と悩んでいる方も多いんじゃないでしょうか。

頭皮の弱い人にとって、泡や液状タイプは少し刺激が強いものが多いですが、そんな方には髪にも優しく刺激も弱いヘナカラーをオススメします。

ヘナは植物由来ですので、髪にも肌にも優しく更にトリートメント効果もあるのでとてもいいですよ!
ただ、発色にはあまり期待出来ないのが難点です。

ほかにはトリートメントカラーもオススメです。

髪の表面を着色するものですが、通常のカラー剤と違って髪をケアする成分や保湿剤が含まれていて定期的にトリートメントをしながらカラーができます。

髪や頭皮にダメージを与えにくい染毛料です。
難点は、色持ちが約1~2週間のため、色落ちが早いことです。
カラーをキープする為には定期的に使う必要があります。

カラー剤を選ぶ際に『パラフェニレンジアミン』という成分が入ってないかを確認してみてくださいね!
これがかぶれなどを起こしやすい原因になります。

最初にも言いましたが、通常のカラー剤は月に一度の使用がベストです。
トリートメントタイプは最初数日は続けて使い、その後は週に1~2回。商品によって違いますが。トリートメント効果もあるので、染めながらヘアケアもできます。

天然成分のカラー剤は髪に良い?

とにかくカラーをしても綺麗な髪でいたい場合、「天然成分のカラー剤を使うと髪が傷まないよ」と見たり聞いたりしたことありませんか?

しかし、天然成分だから絶対に安心・安全というわけではありません。

天然成分=安心
というイメージを持ちやすいですが、髪を明るく染めるということは髪の色素を溶かすことなので、どんな成分を使っても傷みは避けられません。

とはいえ、そんなに心配しなくても大丈夫です。
髪に合った薬剤を選定して、適切な時間と手順で施術ができれば髪への大きなダメージは抑えられますし、本当に天然成分を上手く利用することで髪へのダメージを通常の薬剤よりも少なくすることは可能です。

その1つがヘナを使用して髪に色を入れる方法です。
自然なブラウンやアッシュブラウンであればヘナを髪に浸透させることで色を入れることができますよ。

ヘナカラーのメリット

ヘナカラーのメリットを上げるなら4つ。

  • 髪が傷む原因となるアルカリ剤や過酸化水素が入っていない。
  • 髪密度を高くすることができる
  • 色持ちがいい
  • 通常のカラーより負担が少ない
ヘナカラーのデメリット

ヘナカラーのデメリットも4つ。

  • 髪を明るくすることはできない。既に脱色された髪だけに色が入る。
  • 脱色はできないので、根元の黒い毛にはヘアカラー剤によるリタッチが必要。
  • ヘアカラー剤を使うよりも染まるまでに時間がかかる
  • 再度明るい色に染められなくなる

ヘアカラー後のアフターケア!3つのポイント

主にお風呂で使うヘアケアアイテム

ヘアカラーは染めた後のケアも大事です!

ここから、アフターケアに必要な3つのポイントをご紹介します。

シャンプーは24時間経ってから!

髪が酸素に触れることでカラーの色味が定着してきます。

24時間経つ前にシャンプーをしてしまうとまだ定着しきれてないので色味が落ちてしまいます。
トリートメント成分も入っているものもありますので尚更です。
ですので、定着する24時間以降にシャンプーするようにしましょう。

紫外線や熱から3日程避けるようにしよう!

カラーリングしたばかりの髪や頭皮は刺激に敏感な状態になっています。
あまり神経質になる必要はありませんが、夏は日差しが強いので気をつけたいですね。

トリートメントケアを忘れずに!

自宅でトリートメントケアを徹底するよう心がけて下さい。
このケアをすることで色持ちやダメージに大きく作用します。

また、+αでアスタキサンチンは髪を酸化を防ぐ、抗酸化作用がある成分なのでアスタキサンチンが配合されているものを選ぶようにするといいと思いますよ♪

毛染めが薄毛の原因になる!?薄毛が心配でも染めて大丈夫?

染めた毛先を不安げにチェックする女性

分け目や生え際の地肌が目立って薄毛が気になっていると、「髪を茶色くした方が、地肌が目立たないかな」と染めることを考える方もいると思います。

しかし髪を染める行為自体が、また頭皮や毛根を傷めて薄毛の原因になるんじゃないかと心配ですよね。

カラーリングは髪を傷めるだけではなく薄毛の原因になる?

カラーリングは髪の毛のキューティクルが剥がれ、栄養が流れてしまうのでダメージを受けます。
もちろん毛髪だけでなく、頭皮にも少なからず負担がかかっています。

他にも脱色剤がありますが、脱色剤はメラニン色素を脱色し髪の毛の色を明るくします。

カラー剤の中でも強力なので、頭皮が赤くなってしまったり、かゆくなったりなどトラブルの原因になり、頭皮が弱くなって抜け毛が増えてしまったり、髪の毛が細くなって分け目や生え際の地肌が目立ってきてしまうなど、ダメージの蓄積で薄毛の原因に繋がってしまう恐れもあります。

市販のカラー剤には安いもの・高いものとありますが、入っている成分はほとんど同じで、ヘアカラーの核となる染料にジアミンという成分があり、このジアミンが頭皮の弱い方だとアレルギー反応を出してしまう原因になります。

市販のものが美容室のカラー剤と比べるとジアミンの成分が強いので、髪の毛を傷めてしまったり頭皮が荒れてしまいトラブルに繋がっていきます。

ジアミン類やアミノフェノール類・レゾルシン等は、刺激が強く髪と頭皮にダメージを与えます。
頭皮の弱い方、髪のダメージを予防するためにも、髪にも頭皮にも優しい無添加で天然の染料のものを選ぶようにしましょう。

髪と頭皮のダメージになるからカラーリングはしないほうがいい?

毛髪が枝毛や切れ毛などバサバサでダメージを受けていたり、頭皮が赤くなってかゆみがある場合は、ダメージが治まるまではなるべくカラーリングを控えることをおすすめします。

頻繁にカラーをしないことも、抜け毛を防ぐことや頭皮トラブルを防ぐことに繋がります。

また、美容室ではなくセルフで染めている方も多いと思いますが、カラー剤の強さとしては市販のものはどれも強い傾向にあり、美容室では強いもの~弱いものまで、それぞれ髪質にあったカラー剤を選びなるべく髪に負担の少ない薬剤を使用してくれます。

カラーリングをしないほうがいい人

頭皮が敏感な方や髪の毛が細かったり・量の少ない方はカラーリングをする前に必ずパッチテストを行って問題がないことを確認してからにしましょう。

あと、美容室でカウンセリングを受けて、カラーをしても問題がないか髪と頭皮の状態はどうかアドバイスを受けるのも、ご自身のヘアケアに役立つでしょう。
トラブルが出たり、薄毛や抜け毛が悪化してしまっては、カラーどころじゃありませんからね。

そして、頻繁にカラーを繰り返してダメージが現れてるなら、2ヶ月くらいは髪の毛や頭皮の為にカラーリングを休ませてあげることも大切です。

黒髪より茶髪?薄毛を目立たなくするカラーは?

カラーが明るすぎると分け目や生え際、つむじの辺りが目立ちやすくなります。

しかし、真っ黒にしすぎても不自然な仕上がりになるので、中間のカラーが良いでしょう。

なかなか自宅で丁度良い色を出すのは難しいと思います。
頭皮が最近目立つなと思う方は美容室で行ったほうが、色のバリエーションも豊富なので、それぞれに合ったカラーを選んでもらうことが一番なので美容室で行ってもらうことをオススメします。

白髪を染めるならヘアカラートリートメントがおすすめ。その訳とは

白髪染めなら、無添加のヘアカラートリートメントがおすすめです。
今ネット通販を中心に人気ですよね。

染料もシコンやクチナシなどの植物由来の天然染料ですし、髪にうるおいを与える昆布エキスなどダメージを予防するトリートメントとしての役割も持っています。

それに使い方も、普通のトリートメントと同じように使うだけなので簡単です。
3~4回に1度の使用頻度で色持ちをキープできるのも人気の理由です。

ヘアカラートリートメントは、おしゃれ染めには向いていませんが白髪は老けて見えたり疲れて見えたり、見た目の年齢に大きく左右されますから、染め続けることを考えると優しい方がイイですよね。

毛染めを繰り返して薄毛が心配な方におすすめするヘアケア

シャンプーやトリートメントなど、肌への刺激を和らげて地肌のうるおいを奪わない事が大事ですが、頭皮も顔やカラダと同じ皮膚です。

健康的な髪を育むには、やはり内面からのケアも大切という事で内部ケアに大切な3つのポイントをお伝えします。

頭皮の血行を良くしてあげること

カラーを繰り返してしまうと、頭皮は敏感になり弱くなってしまいます。
なので、頭皮をマッサージしてあげ血行を良くして健康な状態を作っていきましょう!

マッサージは1日3分程度でも頭皮を動かしてあげること、シャンプー前に軽くブラッシングするのも結構促進に繋がります。

規則正しい生活

睡眠不足や栄養が偏った食事は頭皮や髪の毛にとても良くないので、睡眠をきちんと取りバランスの良い食事を取るように心がけていきましょう!

ストレスを溜めすぎない

ストレスが溜まり過ぎてしまうと、自律神経が上手く働かず、ホルモンや血行を悪くしてしまい頭皮が不健康になってしまいます。
そうならないためにも上手くストレスを解消していけるようにしていきましょう。

また、日々のダメージケアはシャンプーが大切です。

洗い方はもちろん、シャンプーの洗浄剤自体が髪と頭皮に負担を与えてます。
髪のためにも頭皮をいたわる洗い方を実践しましょう!

私の経験とアドバイス

私もどちらかといえば頭皮の弱い方です。

カラーをする際に一度シャンプーしてほこりを落としてからカラーをしていましたし、美容室なんかではカットしてシャンプーしてからカラーなんてこともありますよね。

でも、それが頭皮の刺激になっていたんです。

それからは、必ず前日にシャンプーをしてカラーをする。
ということを意識してカラーしてます。

また、それに加え生え際、こめかみ、頭皮にワセリンを一度塗ってから施術してあげることで刺激が和らぎました。

寝不足だったり体調が悪い、生理と言った抵抗力が低い状態だと頭皮に刺激になりやすくヒリヒリすることが多かったです。
ですので、カラーする際はきちんと睡眠をとり万全な状態で行うことも必要だと思います。

先ほども伝えましたが、カラー後のケアが本当に大切になってきます。

私は過去に、ハイトーンのカラー(明るい)をし過ぎているにも関わらず、洗い流さないトリートメントやケアを怠っていたため毛先がナイロンの様に伸びてしまい、さらには乾かす時ぶちぶち毛先が切れてカラーが出来ない状態にまでなってしまったことがあります。

そのときは知らずにしていたことですが、美容師になってとても後悔しました。

私のように後悔してる方も多いと思います。

でも安心してください、
ハイトーンカラーをやめ毛先から20、30cm程切って伸ばしてを繰り返していけば元に戻っていきます!

伸ばしている方は根気が必要になりますが…
トリートメントケアが髪を保護してくれるので、忘れずにしっかりと保湿をしてあげましょう♪

黒髪と茶髪、異性に与える印象の違い。キレイに染める白髪染めの選び方

2017.10.22

カラーリングの方法と種類(おしゃれ染め編)自宅で染める前に知っておきたいこと

2015.10.06
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、 髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても 参考になる情報が発信していきます。 好きな動物⇒うさぎ(私の家族のイブちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、 髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても 参考になる情報が発信していきます。 好きな動物⇒うさぎ(私の家族のイブちゃん)