ヘアオイルの効果ってなに?正しい使い方で艶のある髪に仕上げる方法

ヘアオイル。効果・正しい使い方
mai(美容師)
こんにちは。
maiです。

こちらでは、ヘアオイルについてご紹介します。

ヘアオイルは使い方も簡単で、髪に艶を出してまとまりある髪に仕上げてくれるアイテムです。

このヘアオイルをまだ使ったことのない方、ヘアオイルをもっと効果的に使いたい方へ

正しい使い方や選び方も含めてご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

シャンプーするだけで髪がツヤツヤに!新しい時短ケア、クリームシャンプーとは?

ヘアオイルの効果とは

ヘアオイルの役割を簡単にまとめると

  1. 髪のダメージ補修
  2. 髪を綺麗に仕上げる

この2つに集約されます。

それぞれ3つの効果がありますので、具体的にご紹介します。

ヘアオイルのダメージ予防3つの効果とは

ではまず、ヘアオイルのダメージ予防に関する効果についてご紹介します。

  1. 熱から髪を守る
  2. 切れ毛・枝毛を防ぐ
  3. 静電気を防ぐ

大きく分けるとこの3つです。
一つひとつ見ていきましょう。

熱から髪を守る

熱から髪を守るとは、【ドライヤー・ヘアアイロン・紫外線】の3つです。

濡れた髪を乾かすときやスタイリングの際にヘアオイルを馴染ませることでドライヤーの熱によるダメージから髪を守ってくれます。

また、熱から髪を守るという意味では紫外線から守るUVケアにもなります。

切れ毛・枝毛を防ぐ

髪をヘアオイルで包み込むことで、ブラッシングの摩擦から髪を守ってくれますので切れ毛や枝毛の予防にもなります。

静電気を防ぐ

オイルでコーティングすることで髪の摩擦を抑えられるので静電気も防ぐ効果があります。

ヘアオイルで髪が綺麗に見える3つの効果

では続いて、ヘアオイルが髪を綺麗にしてくれる効果を見ていきましょう。

  1. 髪に艶を出す
  2. 髪をまとまりやすくする
  3. しなやかさを保つ

ヘアオイルの主な効果は3つです。

それでは一つひとつ見ていきましょう。

髪に艶をだす

ヘアオイルは髪の毛に艶感を与えてくれる効果もあります。

また、ヘアオイルだけでなく洗い流さないトリートメントも含め同じような効果があります

髪がまとまりやすくなる

オイルでコーティングするので髪のまとまりも良くなります。

しなやかに保つ

オイルが乾燥から守ってくれるので、髪のしなやかさを保つことができます。

ヘアオイルの使い方3つのステップ

ヘアオイルを手のひらに出す

ここからヘアオイルの使い方をご紹介します。

洗い流さないトリートメントも同じですので参考にしてみて下さいね。

正しく使えば、すぐに効果も感じられのもヘアオイルの良い点です。

1.適量のヘアオイルを両手に広げる

適量のヘアオイルを手にとり、髪につける前に両手に広げます。

2.中間から毛先に馴染ませる

両手に広げたヘアオイルを、髪の中間から毛先に馴染ませます。

髪の表面にベタッと塗るのではなく、毛先から内側を中心にオイルをなじませるようにもみこむようにつけましょう。

3.ドライヤーで乾かします。

いつも通りドライヤーで乾かします。

ヘアオイルや洗い流さないトリートメントは、熱に反応して滑らかさや艶を出してくれるので、ヘアオイルをつけたらドライヤーで乾かすまでがセットです。

頭皮のマッサージオイルにも使える

ヘアオイルは頭皮マッサージにも使えます。

  1. 少し多めに頭皮に馴染ませる
  2. 頭皮を優しくマッサージする
  3. よくすすぐ

5分程度マッサージすればリフレッシュできますよ。

1週間に1回程度の頭皮のスペシャルケアにもおすすめです。

自分でできる頭皮マッサージの方法をご紹介します。

2018年3月19日

ヘアオイルの使うときに知っておきたい3つのこと

ドライヤーで髪を乾かす女性

ヘアオイルは間違った使い方をしてしまうと、髪がべたついたり思うような効果が感じられません。

ここでヘアオイルを使う際に知っておきたい注意点をご紹介します。

ヘアオイルの使用量

ショート0.5~1プッシュ程度
ミディアム
セミロング
1~2プッシュ程度
ロング2~3プッシュ程度

1滴なのか1プッシュなのか、
商品によって多少異なってきます。

ヘアオイルを使う際の注意点

※つけ過ぎ注意です。
※根元・頭皮につける必要ありません。

適量を使うのがポイントです。
つけすぎるとベタベタしたり、ペタッとなります。

ヘアオイルを使うタイミング

ヘアオイル・洗い流さないトリートメントをつけるタイミングとしては

  • お風呂上がりのドライヤーの前に
  • 朝のスタイリングのとき

ドライヤーの前に使用し、
ヘアオイルを馴染ませたら乾かします。

ヘアオイルの選び方

オイルにも種類がありますが
植物性のオイルがおすすめ。

リンスやトリートメントと違い、
洗い流さないですから、

無添加やオーガニックで成分の優しさにこだわっているものを選ぶことをおすすめします。

高い保湿効果のある成分やコーティング効果に優れているものを選ぶと良いですよ。

ヘアオイルとヘアエッセンスって何が違うの?

因みに、ヘアエッセンス
というものもありますが効果や目的は同じです。

mai(美容師)
ヘアエッセンスといった方が、
オシャレというか上品な感じがしますよね。笑

もう一つ因みに
スカルプエッセンスというものもありますが、こちらは〝頭皮”の美容液です。

スカルプ=頭皮
のことをいいます。

まとめ

最後までご覧いただいてありがとうございました。

いかがでしたか?

ヘアオイルのダメージ予防効果
  1. 熱から髪を守る
  2. 切れ毛・枝毛を防ぐ
  3. 静電気を防ぐ
ヘアオイルで髪が綺麗に見える効果
  1. 髪に艶を出す
  2. 髪をまとまりやすくする
  3. しなやかさを保つ

傷んだ髪は戻りませんから、やはり日頃のケアが大事です。

ヘアオイルはダメージの予防にもなりますし、艶を与えてサラフワな綺麗な髪にも仕上げてくれます。

ヘアオイルで髪を艶々に仕上げるコツは

  1. 適量を馴染ませる
  2. 毛先から中心に馴染ませる

たった2つです。

ヘアケアアイテムとして優れているので、

  • 艶がほしい
  • 髪が傷みやすい

とお悩みの方は特におすすめです。

シャンプーとヘアオイルの組み合わせだけでいいの?
という疑問はこちらのページをご覧ください。

トリートメントやコンディショナー不要のシャンプー、本当にシャンプーだけでいいの?

2018年2月13日
ヘッドスパの施術を受ける女性

自宅で簡単!自分でできるヘッドスパ。3つの方法をご紹介。

2015年10月15日
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)