30代からツヤ髪を取り戻し10年20年先も続けていきたい髪のお手入れ

30代。髪の悩みタイプ別。キレイな髪を取り戻し老化予防に続けていきたいヘアケアをご紹介します。

髪にツヤがなくなってきた…
少し髪質が変わってきた?
最近、フケやかゆみが出るようになった…
白髪が増えてきたかも…

と、お悩みではありませんか?

30代って老化を感じ始める世代ですよね。
髪は相手に印象を与える際に最も目につきやすいパーツですから、髪にツヤ感があるのとないのとでは見た目年齢に大きく差がついてしまいますよ。
20代はあまり気にならなかったけど、30代になると実年齢より老けて見える人、若く見える人の差が出てきますよね。
髪は毎日のお手入れ次第で効果が表れやすいパーツです。
ここでは、ツヤツヤな髪を取り戻し老化を予防していく方法をご紹介していきますね。

ほんの少しの気づかいや考え方で変わるので、10年後20年後も若々しく見られるためにも参考にしてみて下さいね。

ツヤがない?ボサボサする?主な原因とは

頭を抱え嘆く女性

以前よりも艶がなくボサボサしていると悩んでいませんか?

艶がなくボサボサしてしまうとスタイリングは容易ではなくなりますし、だらしなく見えてしまいがちになってしまいますよね。

では、艶がなくボサボサしてしまう主な原因はなんかのでしょうか。

毛髪のダメージ

艶がないのは髪にダメージがありキューティクルが薄くなってしまっている状態です。
ダメージがあると潤いがなくなりボサボサになるのです。

ただ、このような状態になるのにはさまざまな理由があります。

主な原因は間違ったヘアケア

?マーク

よく「間違ったヘアケア」と言われますが、
具体的に考えられるのは

  • シャンプーからドライまでの工程で負担がある
  • シャンプー剤の刺激が強い
  • ドライヤーのかけ過ぎ

毎日のちょっとした刺激や負担が若いころと違って蓄積されやすくなります。

デイリーケアの正しい方法や注意点は後ほどご紹介しますね。

カラーやパーマ

また、頻繁なカラーリングやパーマなどの施術もあげられます。

こちらも後ほど対策方法をご紹介しますね。

髪に表れる老化現象とは

ゆがんだ時計

「髪の毛が変わってきた気がする」と、
多くの方が感じ始めるのが30代だと思います。

確かに年齢と共に髪の毛の老化は進んできますし誰にでも起こることです。

髪に現れる老化現象というのは、

  • 髪の太さが細くなる
  • 抜け毛が増える

わかりやすいのはツヤがなくなったり抜け毛が増えること。
はっきりとはわかりにくいですが、髪の毛の太さが細くなることもあげられます。

つまり老化現象とはハリやコシが無くなるととも言えます。

艶がなくなったりうねったりなど…、
髪の毛の質の低下が老化現象として現れます。

ヘアケアが見た目年齢に差がつく理由

髪を束ねた女性

同じ年齢でも、若く見える人もいれば老けて見える人もいますよね。

それは髪にもあります。

しっかりとヘアケアをすることによって艶やハリなど目に見えて表れ健康的な髪の毛になります。

ツヤのある健康的な髪は見た目年齢も若々しい印象を与えます。

一方で、ヘアケアをしっかりしていなければ艶はもちろんハリやコシもなくボサボサしてボリューム感も失われます。
元気がなく暗く老けてみられがちなので実年齢よりも見た目が老けてみられやすくなってしまいます。

年齢とともに髪も乾燥しやすくなるので、うるおいが不足した髪は傷みやすくなります。

キレイなツヤ髪に見せるな簡単な方法

手鏡を見てヘアスタイルを確認する女性

芸能人やモデルの髪をみてあんな髪質になりたいと羨ましく思った経験が誰にでもあるはずです。

もちろん、ひどいダメージを受けている芸能人やモデルもたくさんいます。
とはいえ、メディアを通して目にする彼女たちの髪はツヤツヤ、うるうるを保っています。

あのツヤ髪の秘密は
  • テンションをかけたブローでキューティクルの向きをそろえる
  • 洗い流さないトリートメントやオイルを使う

など、実は誰にでもできる簡単なことだったりします。

肌は質感そのものを変えるのは至難の業かもしれませんが、髪の場合ヘアカラーやカット技術で髪質を変えたように見せたり、シャンプーやトリートメント、マッサージなどで髪質を変えてしまうことも可能。

つまり、身体の中で堂々と整形することができる唯一のパーツが髪です。
憧れて見ていたモデルや芸能人も、美容師さんから見たら全然違って見えてるのですね。
そうなんです。実は彼女たちはそれを理解しているからヘア、頭皮ケアに熱心なんです。
髪のちりつきや生まれ持った硬い髪質のせいで、ため息をついている人もほんの少しの努力でツヤツヤな髪になれるはずです。
はい。ヘアケアに対して心を入れ替えたいと思います!
でも、もっと即効性のある方法ってありませんか?
そうですね。
カットでツヤを出す方法がもっとも手っ取り早いです。

もっともツヤが出やすい髪型とは

ミディアムヘアの女性

ちなみに
もっともツヤが出やすいスタイルはボブです。

髪のツヤは反射光が作り出しています。

髪の表面がフラットに整っているほど、反射する面積が広くなり光が均一になってツヤツヤに見えやすく、反対に毛の断面が見えるシャギーや段をつけるレイヤーは断面が表に出て凹凸ができツヤがでにくくなります。

つまりすぐにツヤ髪になりたいなら毛先を見せないスタイルにすること。

カットの方法で変わるんですね。
ツヤ髪=トリートメントと連想しがちですがまずはカットです。
実は、高価なトリートメントを使うより即効性がありますよ。

【実践編】悩み別でツヤのある元気な髪で過ごすために抑えておきたい基本のヘアケアとは

髪の悩みに応じた実践編。艶のあるキレイな髪を取り戻すヘアケア。

では、ここから30代の髪と頭皮の悩みから、それぞれヘアケアの見直しポイントをご紹介していきますね
自分が取り組むべきヘアケアのポイントがわかるんですね!
もっとも気になる部分をしっかりケアすることで、全体的な髪の状態も良くなると思います。
まずは、一番問題に感じてる点をしっかりケアしていきましょう。

うねりやくせ毛、広がりやすい髪をキレイにまとめる方法とヘアケア

うねりやくせ毛で広がりやすい髪を綺麗にまとまりやすくする方法をご紹介します。

朝のスタイリングではまとまりやすくするために洗い流さないトリートメントが良いです。

サッと馴染ませてドライヤーで仕上げるだけで、潤いを与えてくれますからまとまりやすくしてくれます。
熱から保護してくれる働きもあるので、ダメージ予防にも効果的です。

ただし、これでは根本的に解決されたわけではないので根本的に解決するヘアケアが必要になってきます。

うねりや広がりは頭皮に問題があり、頭皮の乾燥などからうねりや広がりを招きますから頭皮を乾燥させないようにするヘアケアを。

ケアのポイント!
  1. ドライヤーの前にアウトバストリートメントでまとまりある仕上がりに。
  2. 頭皮の乾燥を防ぐケアを
頭皮の乾燥を防ぐ具体的なポイントは、シャンプー剤をマイルドなアミノ酸シャンプーに変える。
優しく洗って自然乾燥させない。ことがまずは大事。
毎日繰り返し行っているヘアケアが大事です。

役立ててほしい関連コラム

髪質が変わった?ツヤがなくなりくせ毛になる原因と予防・改善のためのヘアケア

2018.08.07

毛先が膨らんでまとまりにくい・髪が跳ねやすい時のヘアケア

2016.05.28

硬くて太い髪、ゴワゴワする髪を滑らかにまとまり良く仕上げるコツ

ブラシが髪に引っ掛かる女性

硬くて太い髪、ごわごわしていると絡まりやすいためスタイリングもうまくしにくいですよね。

そんな太くて硬い、ゴワつく髪を滑らかにまとまりよく仕上げるためには日頃のシャンプーが大切。

うねりなどと同様に頭皮、髪ともに乾燥してしまうことでゴワゴワしやすくなり、硬い髪は乾燥するとさらに扱いにくくなってしまいます。

そのため、ダメージを与えずに乾燥させにくいシャンプー、つまりアミノ酸シャンプーを使うことをオススメします。
また、洗い流さないトリートメントも合わせて使えば、滑らかでまとまりよくなります。

ケアのポイント!
  1. 頭皮と髪の乾燥を防ぐケアを
シャンプー剤は洗浄力が強いと乾燥を招く原因に。
アミノ酸シャンプーは洗浄力も優しく、美容成分が入ったものはうるおいも残してくれます。
ごわつく髪をうまくまとめる為の方法やアイテムなんかに目が行きがちですが、まずは頭皮の乾燥を防ぐケアを始めましょう。

役立ててほしい関連コラムと特集

硬い髪、太い髪質を柔らかくしてサラフワに仕上げる方法

2018.08.01

美しいツヤのある髪を取り戻す!アミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

枝毛や切れ毛でバサつきやすい髪を傷みから守るヘアケア

傷んでバサバサの髪

枝毛や切れ毛でばさつきやすい髪はダメージによって引き起こされますから、できるだけダメージを与えないヘアケアが大切です。

具体的に例をあげると、

  • 刺激の強い成分が配合されたシャンプーを使用しない
  • 摩擦など擦るようなことをしない

など、極力ダメージを与えないケアが今ある切れ毛や枝毛を増やさないことに繋がります。

切って改善する方法もありますが、それが嫌という場合にはお風呂上りと朝のスタイリング前に髪を保護する洗い流さないトリートメントを使用することをオススメします。
ケアのポイント!
  1. 刺激や摩擦をできるだけ与えないようにする
  2. 一度できた枝毛は切るしかない

役立ててほしい関連コラム

髪が傷んでるけどキレイなロングヘアに伸ばしたい!という方へ美容師からアドバイス

2018.06.20

毛先が膨らんでまとまりにくい・髪が跳ねやすい時のヘアケア

2016.05.28

ふけやかゆみを予防するヘアケア

虫眼鏡で見る分け目のフケ

ふけやかゆみは頭皮のトラブルです。

頭皮の環境が良くないことで引き起こされますので頭皮環境を改善するケアが大切。

主な原因はシャンプーによる洗いすぎに多くみられます。

洗い過ぎとは
  • ゴシゴシ洗っている
  • シャンプー剤の洗浄力が強い

洗いすぎると頭皮を守るために必要な皮脂までもを奪ってしまいますから乾燥してフケやかゆみを引き起こす原因になります。

フケやかゆみなど、何らかの症状が表れているのは頭皮トラブルのサインです。

頭皮が健康だからこそ、ハリ・コシのある健康な髪が生えてきますから、頭皮ケアを大切にしましょう。

役立ててほしい関連コラムと特集

頭皮のかゆみがヒドイ!かゆくなる原因と予防のためのヘアケア

2018.08.07

フケが出る!という方へ、フケ・かゆみを予防する基本ケア

2015.10.02

女性のフケを防ぐシャンプー。頭皮の状態でフケにも種類があります。

2018.02.03

ベタベタしやすい頭皮のヘアケア

手鏡を持って頭皮をのぞき込む女性

フケやかゆみの原因は頭皮の〝乾燥”が主な原因。
とお伝えしましたが、

肌が弱かったり乾燥肌なのに、ゴシゴシ洗っていたり、強い刺激のシャンプー剤を使い続けていると、頭皮はカサカサになった皮膚を守るために皮脂を分泌が多くなります。

脂性じゃないのに頭皮だけ…
  • シャンプーしてもすぐにベタベタする…
  • 清潔にしているはずなのに、ベタつきやすい

という方は、シャンプーをすぐに頭皮に優しいアミノ酸シャンプーに変えるなどをして頭皮を乾燥から守りましょう。

元々オイリー体質の方は
オイリー体質の方は、逆にある程度洗浄力があった方が良い場合があります。
ヘアケアでまず大切なのはシャンプーです。清潔にするだけでなくコンディションを整えること。
偏った食生活や睡眠不足など、生活習慣もベタつ一因になりますので、心当たりのある方は意識して改善する必要があるでしょう。

役立ててほしい関連コラムと特集

シャンプーしてもすぐにベタベタになるし髪が臭い、という方へ

2015.12.11

美容師も納得!髪と頭皮に優しいアミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

髪がやせ細ってきた。ボリュームがなくなってきたときの頭皮ケア

頭頂部から見た分け目

最近髪がやせ細ってきたと感じていませんか?

髪がやせ細ってしまうと当然ハリやコシがなくなるわけですからボリュームもダウンしてしまいます。

ボリュームがなくなってきてしまったときのケアは、

  • 頭皮ケア
  • ダメージケア
  • 老化予防

がポイント。

やはりヘアケアの基礎となるシャンプー選びが肝心になります。

刺激や洗浄力の強いものは頭皮環境が悪くなるリスクは高くなりますし、髪にも負担になりますから、などの洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーを。

また、老化も関係してきますからアミノ酸に加えてエイジング効果のあるシャンプーを選ぶのもオススメ。

育毛剤を使うという方法も

髪がやせ細るというのは、毛根が弱っているということも考えられます。

そんなときは、育毛剤を使ってケアするのもおすすめ。

育毛剤を使った40代女性の3ヵ月。効果と変化

2018.01.21

毛穴汚れをキレイにしてリフレッシュする方法

また、毛穴に詰まりがちな汚れをキレイにしてリフレッシュできるヘッドスパもおすすめです。

ヘッドスパは、自宅で手軽にできる方法もありますので、試してみてはいかがでしょう。

下記のコラムで3つの方法をご紹介していますので参考にしてみて下さいね。

自宅で簡単!自分でできるヘッドスパ。3つの方法をご紹介。

2015.10.15

白髪が出てきた?白髪を抜いてはいけない理由と増やさないためのヘアケア

利尻昆布白髪用ヘアカラートリートメントのボトルのアップ

今までなかったのにちらほらと白髪が出てきた?とガッカリしてませんか?

白髪はより一層老けてみられてしまうから抜いてしまったりする人もなかにはいますが、白髪を抜いてしまうのは絶対にやめましょう。

というのも、白髪を抜くことで、その毛穴から髪が生えてこなくなったり、毛根の組織が破壊されて隣の髪の毛にも影響を与えてしまうといった二次被害を引き起こしてしまうことがあります。
抜いたからといって解決したことにはならないので見つけても抜かないでください。

では白髪をみつけた場合のヘアケアはどうするべきなのかというと、一番手っ取り早いのが根元付近でカットしてしまうこと。

また、頭皮や髪を痛めないヘナカラーもひとつの方法。
白髪の量が多い場合は白髪をハイライトのように活かすのも一つの手です。

白髪ケアのポイント
  1. 白髪を抜いてはいけない
  2. 少ない白髪は根元から切る
  3. 白髪を染めるならヘナカラーやトリートメントタイプが優しい

役立ててほしい関連コラム

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違い。白髪を染めるならどっち?

2017.10.22

ヘナカラーがわかる!ほかのカラー剤との違いや特徴

2016.03.23

髪の傷みを予防しながらカラーやパーマを楽しむために抑えておきたいポイント

カラーリングやパーマは女性にとってはおしゃれを楽しむために必須ともいっていいほどの施術ですが、まず始めに覚えておかなければならないのはカラーリングやパーマは必ず髪を傷めて負担になってしまうということ。

とはいえ、一切しないでくださいとは言えません。

そこで抑えてほしいのが、傷めてしまうということを理解したうえで、できるだけ髪を傷めないようにカラーリングやパーマを楽しむために抑えておきたいポイント

  1. カラー編(キーワードは「リタッチとトーン」)
  2. パーマ編
  3. アフターケア編
それぞれ、ひとつずつお話していきましょう。

カラー編(キーワードは「リタッチとトーン」)

綺麗な茶髪

まずはカラーリングですが、
フルで染めるのとリタッチ(伸びてきた黒髪だけ染める)とでは傷み度合いが大きく変わってきます。

フルで染める場合は根元から毛先まではすでに傷んでいます。

染め直しはリタッチで

新しい健康な黒髪の部分でしたらまだ良いのですが、前回染めた部分はすでにダメージを受けてます。
2度目以降染める場合は、生えてきた黒髪の部分だけ「リタッチ」しましょう。

伸びてきたばかりの、まだ一度もダメージを与えていない根元だけを染めるため、フルで染めるよりかは断然ダメージが少ないです。

ハイトーンになるほどダメージが大きい

また、トーンの明るさでもダメージ具合が違ってきます。

ハイトーンになればなるほどそれだけ薬剤が強くダメージを与えてしまいます。

パーマ編

美容室でパーマをかけてる様子

パーマといっても種類があって大きく分けると

  1. コールドパーマ
  2. デジタルパーマ

の二種類です。

コールドパーマの特徴

コールドパーマは 、髪が濡れているときに一番ウェーブが出て乾かしていくとウェーブがゆるくなります。

デジタルパーマの特徴

デジタルパーマははっきりとしたウェーブがでます。

デジタルとコールドどっちがイイの?
どちらのパーマが良いのか…、パーマにおいては断言しずらいです。

パーマが長持ちするのは熱を加えるデジタルパーマですので、パーマするスパンが長いですがダメージは大きいもの。

一方コールドパーマはデジタルに比べて長持ちしないですが、デジタルよりもダメージは少ないです。

このような一長一短があります。

カラー、パーマ後のアフターケア

カラーリングやパーマをしたあとには少なからずダメージを与えていますから、しっかりとアフターケアをしてあげなければトラブルの引き金になってしまいます。

アフターケアの方法

アフターケアの仕方ですが、まずカラーリングやパーマをした当日はシャンプーを避けてください。

当日にシャンプーすると色落ちなど落ちやすくなるためそのぶんカラーリングなどのスパンが短くなるため。

カラーリング剤の種類によっては髪のメラニン量が減少することから、紫外線のダメージを受けやすくなる場合があるためUVケアを。

また、カラーリング後はしっかりアウトバストリートメントを使ってダメージを受けやすい状態をしっかり保護してあげましょう。

アフターケアのポイントまとめ
  1. カラーやパーマした当日はシャンプーしない
  2. UVケアをする
  3. アウトバストリートメントで髪を保護する

役立ててほしい関連コラム

カラーを繰り返してきてボロボロ...美髪を取り戻したいけどカラーも楽しみたい!という方へ

2017.02.25

パーマを長持ちさせる方法とやってはいけないこと。

2015.10.01

まとめ。30代からチカラを入れるべきヘアケアのポイント

最後までご覧いただきありがとうございます。

髪の悩みによってケアのポイントも変わってきますが、やはり基本のケアが大事ということをお分かりいただけたでしょうか?

それぞれの項目に関連のコラムもご案内しています。
一度ご覧になってポイントを抑えると、今後のヘアケアにも良い効果が実感しやすくなると思いますので、お時間に余裕のある方はご覧になってみて下さいね。

もちろん
「私のヘアケアは間違っていなかったんだ!」と
ここで再確認できた方は、大事に続けていってほしいと思います。

チカラを入れるべきポイントは「頭皮」です。

いずれにしても30代からさまざまな髪の毛の悩みが増えてきますが、どれも大半が頭皮の環境が良くないことから引き起こされます。

ですから、そうならないためにも髪の毛を改善することも大切なのですが、頭皮ケアに力をいれて頭皮環境が良くなれば次第に毛髪も健康になってくるはずです。

頭皮ケアって具体的に何をすると良いですか?
具体的に言うと、もっとも簡単で効果的なのはシャンプーをアミノ酸シャンプーに変えることです。
特に乾燥しがちな方、地肌の弱い方にとって、手頃なシャンプーは洗浄力が強いということで乾燥やトラブルのリスクがあります。
基本ケアのポイント
  1. シャンプーを優しいものに変える
  2. 正しい洗い方を身に着ける
  3. ドライヤーや紫外線などの熱による乾燥を防ぐ
何か問題が起きてから慌てて何とかするより、毎日のケアで防いでいくのが10年後20年後の髪のためにも大切ですよ。

抑えておきたい関連コラムと特集

頭皮が乾燥してしまう原因と頭皮を保湿する方法まとめ

2018.01.25

大人の女性が守るべきシャンプーの方法「予洗いしてますか?」

2017.09.14

美容師も納得!髪と頭皮に優しいアミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)