髪の老化はどこに表れる?加齢による髪質の変化と老化を防ぐ5つの方法

月にもたれかかる女性
最近、年齢的にも髪の老化が気になってます…
でも髪が老化してるとどんな変化が表れるのでしょうか?
そうですね。
いくつから髪が老化するのか、どんな風に?という点においてはやはり個人差があります。
年齢を重ねると仕方ないかなぁとも思いますが、
年齢を感じさせないキレイな髪の人もいますから何とか食い止めたいです!
はい。
ではここから、老化は髪にどう表れるのか。そして老化予防にできることをお伝えしていきますよ。

髪と頭皮の老化を防ぐエイジングケアの方法は限られているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

老化が表れ始めると髪はどうなる?

頭を抱えて悩む女性

あなたもこのような髪の変化を感じていませんか?

  • 髪が細くなってきた
  • 髪質が柔らかくなった
  • ハリ・コシがなくなってきた
  • 髪のうねりがひどくなった気がする
  • ツヤがなくなった
  • 白髪が増えてきた
  • ボリュームが出なくなった
  • 髪が少なくなったような気がする

あなたもいくつか心当たりありませんか?

これらは髪の老化が表れはじめている証拠です。

パサついたりゴワゴワしてまとまりが悪くなるのも老化の表れです。

老化は避けては通れないものですが、
ヘアケアひとつで老化のスピードはずいぶん遅くなるので気になりはじめたらできることからヘアケア見直していってくださいね。

【原因編】加齢とともに髪に老化が表れる主な原因とは

顎に手をあて考える女性

では、まず加齢と共に髪に老化が表れる主な原因についてお話していきましょう。

一口に「髪の老化」といってもいくつか原因があります。
ご自分に当てはまるものがないかを確認してヘアケアに取り組んでいきましょう。

  1. 頭皮の老化
  2. ホルモンバランスの乱れ
主に2つの原因があげられます。

頭皮の老化

頭頂部に両手をあてる女性

ひとつめは頭皮の老化です。

加齢による頭皮の老化は止めることはできません。

しかし、スピードを遅らせることはできます。

とはいえ間違ったヘアケアや不規則な生活習慣など、なんらかの原因によって頭皮の老化を促進させてしまいます。

頭皮が老化すると、血行が悪くなったり発毛するチカラも弱まりツヤがなくなったり髪が柔らかくやせ細る原因にもなります。

頭皮が乾燥すると老化が進む

肌は乾燥すると代謝が悪くなります。
これは、顔や体の皮膚がたるんだりするのと同じです。

乾燥すると毛穴がたるみ歪んだりして髪の毛のうねったり、十分な栄養が行き渡らないですからハリやコシもなくパサつきやゴワゴワしたりなど、頭皮の老化は髪のトラブルにも繋がってしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

テーブルに顔を伏せてうなだれる女性

髪の成長にも関係してくるホルモンバランスというのが、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」です。

このホルモンがなんらかの理由によって乱れてしまうと髪の毛に大きな変化をもたらしてしまいます。

エストロゲンが与える髪への影響とは

このエストロゲンが髪にどのような影響があるのかというと、

  • 抜け毛が増える
  • ツヤがなくなる

といったトラブルで、

また頭皮であれば

  • ニキビや吹き出物ができやすくなる
  • フケがでやすくなる

など、髪にも頭皮にもトラブルを引き起こす原因になります。

女性ホルモンは女性にとって大切な役割をしていますので、ホルモンバランスが整っていれば髪の成長促進や新陳代謝が上手に作用してくれますから、抜け毛を防いだりやハリの向上、頭皮環境が整うなどの良い影響を与えてくれます。

【実践編】髪の老化を予防するためのヘアケアポイントとは

拳を握り前向きな表情の女性

ここまで髪と頭皮の老化についてご紹介してきました。

ここからは、髪の老化を予防するためのヘアケアのポイントをひとつずつ詳しくご紹介していきます。
  1. シャンプー剤の見直し
  2. 洗い方の見直し
  3. ドライヤーで老化を防ぐ方法
  4. 頭皮マッサージとヘッドスパ
  5. スカルプエッセンスは髪と頭皮のエイジングケアに役立つ

チョットした気遣いで変わりますので、参考にしてみて下さいね。

シャンプー剤の見直し

入浴アイテム

まずシャンプーについてですが、
今使っているシャンプーはどんなシャンプーですか?

もしも市販の安価なシャンプーを使っているのなら、老化を予防するためにシャンプーを変えたほうがいいでしょう。

安価なシャンプーというのは大半が洗浄力や脱脂力が強いため、天然の潤いである皮脂を洗い流してしまいます。

新陳代謝で皮脂は分泌されていて、適度な皮脂が頭皮をおおっていることで健康が保たれています。
シャンプーすることで古い皮脂だけでなく、まだ頭皮を守るために必要な皮脂まで奪い取ってしまっては、シャンプーする度に乾燥させることになってしまいます。

年齢とともにターンオーバー(新陳代謝)が遅くなるので、シャンプーの見直しポイントは洗浄成分を優しくすること。
アミノ酸シャンプーが適しています。

関連特集

美容師も納得!髪と頭皮に優しいアミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

→優しく洗って1本で髪にツヤも!話題のクリームシャンプー特集

洗い方の見直し

シャンプーしている女性の後ろ姿
洗い方も大事です。
洗い方って、何気に習慣になっていて間違っている人多いんですよね。
…私もその一人でしたが。汗
そうなんですよね。
毎日毎日繰り返ししていることですから、この先、髪の老化を防いでいく為にできれば1度答え合わせをしてほしいです。
シャンプーの注意点
  • ゴシゴシ洗わない
  • すすぎは十分すぎるほど時間をかけて
  • 自然乾燥しない
  • 1日1回で十分

これらも乾燥を防ぎ、髪と頭皮の老化を防ぐための大切なポイントです。

関連コラム

大人の女性が守るべきシャンプーの方法「予洗いしてますか?」

2017.09.14

ドライヤーで老化を防ぐ方法

洗面台のドライヤー

ドライヤーはシャンプーしたあとは必ず使うものですが、乾かし方にもポイントがあります。

熱による刺激は髪には大きな負担となってしまいますから一ヶ所に熱を当てすぎたり、距離が近い、オーバードライといわれる乾かしすぎなど、髪だけでなく頭皮も乾燥したりトラブルの原因になります。

お風呂上がりのドライヤーは、

  1. 髪をかき分けながら頭皮から乾かす
  2. 髪は根元から乾かす
  3. 毛先は最後
  4. 8割がた乾いたら冷風仕上げ

小刻みに動かしながら、先に頭皮から乾かしていくのがポイントです。

最後、冷風に切り替えてあげることによって濡れていた時に開いていたキューティクルを締めてあげることができます。

頭皮マッサージとヘッドスパ

頭皮マッサージ実演写真。優しく円を描くようにクルクル

頭皮マッサージやヘッドスパも毛髪に良いと言われています。

ではどんな効果があるのかというと、
頭皮マッサージもヘッドスパのどちらも頭皮に微弱な刺激が与えられるので、血行を促進したり頭皮を柔らかくしたりなどのエイジングケアに嬉しい効果が期待できます。

血行が促進されると毛根へも栄養が行き渡りやすくなるので、髪の健康にも繋がりますし、頭皮を柔らかくしてあげることは新陳代謝の促進にも繋がります。

角質の排出が上手く行えるのでこれも元気な髪の毛を生やすことに繋がりますから、取り入れてあげるといいですね。

特に、頭頂部は筋肉がありませんから
動かしてマッサージで動かしてあげると良いですね。

関連コラム

自分でできる頭皮マッサージの方法をご紹介します。

2018.03.19

自宅で簡単!自分でできるヘッドスパ。3つの方法をご紹介。

2015.10.15

スカルプエッセンスは髪と頭皮のエイジングケアに役立つ

スカルプエッセンスのイメージ

薄毛や抜け毛の予防に始めるスカルプエッセンスは育毛剤とも言いますが、

スカルプエッセンスは頭皮に使う美容液のようなものですから、潤いを与える頭皮の乾燥から守ってくれます。

薄毛や抜け毛の対策にはもちろんですが、

  • 髪がやせ細ってきた
  • 乾燥してパサついている
  • 頭皮の乾燥が気になる
  • 頭皮が硬くなってきた

という方の、髪と頭皮の老化予防にもおすすめです。

関連コラムと特集

育毛剤を使った40代女性の3ヵ月。効果と変化

2018.01.21

→女性のための育毛剤ランキング

基本は頭皮のケアで髪の老化を予防しましょう。

髪は鏡を見たら目につくし、手触りやスタイリングしていても気になるパーツですが、髪の老化を予防するなら頭皮ケアが欠かせません。

髪は頭皮の毛細血管を通って毛根に栄養が運ばれますので、頭皮ケアは潤いや栄養がポイントです。

食生活や睡眠、ストレスなど美容と健康に大切なことと、頭皮ケアは同じと考えて下さい。
はい。
耳が痛いです。
また、シャンプーのゴシゴシ洗いや1日1回で十分とお伝えしましたが、
これもスキンケアと同じでやり過ぎ注意です。

「洗う」という行為自体が乾燥の原因になりますので、優しい洗浄成分で優しく洗いマッサージやスカルプエッセンスで頭皮の代謝を促進してあげるのが髪の老化を防ぐポイントです。

スキンケアはクレンジングが大事といわれますから、シャンプーから見直して乾燥を防いでいきたいですね。
そうですね。
シャンプーして頭皮がカサカサになってしまっては、他の努力も台無しですから毎日使うものほど大切にしたいですね。

美容師も納得!髪と頭皮に優しいアミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

→シャンプーしながらヘアケアが1本で!クリームシャンプー特集

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)