MENU
登場人物

管理人misa(乾燥肌)
管理人misa(43歳/乾燥肌)
フケ・かゆみ・湿疹・皮膚炎…頭皮トラブルのほとんどを自ら経験。
長年皮膚科に通い試行錯誤した経験と、まじめにやり過ぎてトラブルを引き起こしたヘアケアを見直すために学んだ知識を生かしライターとして活動。
「どんなシャンプーを選ぶかで髪は変わる!」という事を伝えたい。


美容師mai(乾燥性敏感肌)
美容師mai(30歳/乾燥性敏感肌)
美容師としての専門知識に加え自身が敏感肌で髪と頭皮のトラブルに悩まされてきた経験を活かしコラムを執筆しています。シャンプーをはじめヘアケア商品のレビューや分析も担当してます。
現在3歳の子供を育て育児休業中。


美容師chika(普通肌))
美容師chika(31歳/普通肌)
産休から美容師の仕事へ復帰。その傍ら「正しいヘアケアで髪は変わるしヘアケアは簡単になる」ことを知ってほしいとヘアケアコラムを執筆中。

ワセリンを使った髪と頭皮のケア。ワセリンの効果と頭皮への使い方

頭皮カサついていませんか?

シャンプーして乾かした後とか、乾燥する季節にカサカサしやすい。

など、頭皮も顔と同じでカサカサすると乾燥してしまいます。

そんなカサつきの応急処置に役立つのがワセリンです。

ワセリンは、保湿化粧品や肌荒れの薬を塗った上から塗る事で肌を保護する目的で使われる保湿剤です。

乾燥がヒドイ方や敏感で肌トラブルに悩まされた経験のある方は、使った事のある方もいらっしゃると思いますが、ワセリンは顔や身体以外に髪や頭皮にも使えるということは知っていましたか?

[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/chika02.png” type=”r”]ここでは髪の毛や頭皮にどういう効果があるのか、
そして、どんな髪質や頭皮のケアに向いてるのか?をご紹介したいと思います。[/voice]
[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/kanrinin01.png” type=”l”]ワセリンは以前、皮膚科にかかったときに病院の先生に教えてもらって使ったことがあります。[/voice]
[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/chika02.png” type=”r”]アレルギーなどの心配もないし、価格もお手頃なので手に取りやすいですよね。[/voice]
[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/chika02.png” type=”r”]ワセリンは薬局やドラッグストアでも販売されていますから、頭皮のトラブルを抱えているならお手入れの方法の一つとして覚えておくと良いですよ。[/voice]

目次

ワセリンとはそもそもどういうもの?

まずはワセリンとはどういったものなのか、簡単にご説明しますね。

ワセリンとは・・・
ワセリンは鉱物油から精製されたペースト状の油脂。
皮膚を保護する役割があり、赤ちゃんから大人まで敏感肌の方にも安心して使えて使用出来るアイテムです。

ワセリン自体に保湿効果はありません。

また、ワックスの変わりにもなります。
少し多めにワセリンをつけるとワックスの代用にもなっちゃうんです。
ワセリンは無臭なので、ワックスの臭いが苦手という方にもおすすめです。

ワセリンの効能・効果とは・・・

外部刺激から守り、水分の蒸発を防ぐ

外気に舞うホコリやゴミ・化学物質が体内に侵入するのを防ぎ、皮膚表面にある角質層とその下にある表面にバリアを作り水分蒸発を防ぎ保湿効果を保ちます。

どんな方でも

赤ちゃんから大人まで使える事と敏感肌や乾燥肌で肌の弱い方にも使うことができます。

ワセリンの種類と選び方

市販のワセリンには2種類あり、黄色ワセリンと白色ワセリンがあります。

黄色ワセリンの方は敏感肌の方や皮膚炎の方などは、肌が荒れてしまうことがあるので、使用する際は白色ワセリンを選ぶと安心して使えます。
分からない場合は薬局などで聞くと間違えなく購入できます。

ワセリンはこんな方にはオススメ

  • ダメージヘアでパサつきが気になる
  • 髪の毛が乾燥してパサついている
  • 頭皮の臭いが気になる
  • 乾燥してフケが出やすい
  • ヒリヒリとかゆみが気になる

というような髪・頭皮のダメージのケアに使えます。

髪・頭皮への使い方

[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/chika02.png” type=”r”]では、続いてワセリンの使い方についてご紹介しますね。[/voice]

ワセリン自体にはご紹介したように保湿効果はありません。
また、つけ過ぎるとベタつくという少しやっかいなアイテムですので、使い方もぜひ参考にしてみて下さいね。

ではココから

  1. ヘアダメージで髪のパサつきが気になる時
  2. 頭皮のカサツキが気になる時
  3. フケやかゆみなどのトラブルケア

[voice icon=”https://kamiiro.com/wp-content/uploads/2018/04/chika02.png” type=”r”]この3つの悩みのケアについてご紹介して、そのあと改めてワセリンを使う際に気をつけるポイントをご紹介していきます。[/voice]

ダメージヘアで髪のパサ付きが気になる時

ダメージヘアでパサつきが気になるという方・乾燥でパサつきが目立つ方には、シャンプー後乾かす前に洗い流さないトリートメントの変わりにワセリンを少量手のひらで伸ばしてから髪の毛に薄く塗りましょう。

そうすることでドライヤーの熱からも髪の毛を守り髪の毛内部の水分が蒸発するのを防ぎ、しっとりとした感じを得ることが出来ます。

 

頭皮のカサツキが気になる時

頭皮に使う場合は、シャンプー前にワセリンを頭皮にすり込むように指の腹を使ってつけていきます。均等に馴染ませたら優しく全体をマッサージしていきます。

その後はしっかりシャンプーをしてワセリンを落としてあげてください。
こうすることで頭皮がキレイになります。

 

フケやかゆみなどのトラブルケア

乾燥が原因でフケが気になる方は、シャンプーをしたら少量のワセリンを頭皮に薄く塗ってあげると、保湿をしてくれフケがでるのを防ぐことが出来ます。
シャンプー後、タオルドライしてドライヤーの前に塗ります。

ワセリンを髪や頭皮につける際に気をつけるポイント

使う量に気をつける

ワセリンは油脂なので、多く手に取って使用してしまうとベタベタしてしまいます。
少量を指で取ったら少し伸ばしてから塗るのがポイントです。少しずつ塗って調整しましょう。

頭皮に塗ったときのシャンプーの注意点

頭皮や髪の毛についたワセリンはシャンプーで落ちにくくなっているので、落とす際にはしっかり落ちるまで洗い流しましょう。
シャンプー前にオリーブオイルを馴染ませてから洗うとキレイにワセリンを落とすこともできます。

白色ワセリンは通販でも購入できます。
楽天で販売されている白色ワセリンの確認はこちら

お伝えしたとおり、白色ワセリンは油脂で肌への負担もなく肌質や年齢など関係なく安心して使えますが、もしも肌に異常がみられた場合は使用を中止しましょう。

さいごに

頭皮が乾燥するのは、毎日のシャンプーが大きな原因になっている場合が多いです。

ゴシゴシ洗うのはNGで、優しく洗って頭皮のうるおいを守ることが大切。

また、シャンプーは洗浄力がマイルドになるほど、乾燥が防げます。

アミノ酸シャンプーが定番として良いですが、
もっとマイルドなものを求めるならクリームシャンプーがおすすめです。

[kanren postid=”3844″]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次