抜け毛は季節と関係する?季節と頭皮の状態で抜け毛を予防するヘアケア

ブラシについた抜け毛

季節が変わると抜け毛が増えた気がする。
という思いをした経験はありませんか?

気のせいだと思っている方もいると思いますが、実は季節も抜け毛に関係しいます。

髪と頭皮のダメージは、年齢とともに回復も遅くなり蓄積されていきますので、大人になるほど対策は大切になってきます。

こちらでは、抜け毛の原因となりえる季節的要因と、紫外線などのダメージから髪と頭皮を守るために意識したヘアケアについてお伝えします。

抜け毛が増えやすくなる季節とその理由とは

基本的にはホルモンバランスであったり、生活習慣・ストレス・頭皮が不健康状態などとあげられますが、その他に季節の変わり目の春・秋が抜けやすい環境を作るという原因になります。

春に抜け毛が増える原因とは、

就職や職場の移動・環境が変わることによるストレスの原因で抜け毛が多くなってしまうということがあります。
ストレスになることによって自律神経が乱れ血行の循環やホルモンバランスの乱れなどに繋がってしまいこのような原因で抜け毛が目立ちやすくなります。

春の場合、一番の原因として考えられるのはストレスなので、
髪のお手入れは、普段のヘアケアを怠っていなければ問題はないですが、過度なストレスを抱えてしまっていると、せっかくのヘアケアが無駄になってしまいストレスによってすべてが乱れてしまうので、上手くストレスを溜めないようにリラックス出来る時間を作ったり、気分転換をしてストレスを軽減していってあげることが大事です。

秋に抜け毛が増える原因とは、

夏に受けたダメージが強く影響します。
夏は紫外線が強く、頭皮も蒸れてしまうので皮脂が増え毛穴の詰まりの原因になります。
その影響が出やすくなるのが、秋なのです。

また、1年の中でヘアケア商品が最も売れる時期もこの時期です。
多くの方は髪の傷みや、薄毛や抜け毛が症状として現れてからケアする為の商品を購入しますが、夏のヘアケアを怠らない事がとても大切です。

秋に抜け毛が増えてしまう主な原因は、頭皮環境の問題が一番です。
頭皮が弱るということは、乾燥してフケやかゆみが出たり毛穴も詰まりやすい環境であったりと、健康な髪が育つ上で悪影響が出やすい状態になるということです。

冬に抜け毛や髪がやせ細る原因とは、

秋から冬にかけて、髪のボリュームが減ったり抜け毛が気になるという方は、頭もかゆくなっていたりフケが出やすかったりしませんか?

湿度が低下して乾燥する季節は、頭皮も乾燥してフケやかゆみが出やすくなります。
20代や30代までは気にならなかった人でも、40代や50代になってこういった症状を感じる方が増えるでしょう。

年齢とともに乾燥対策をするのが効果的

乾燥して腕がかゆい

年齢とともに肌のターンオーバー(新陳代謝)が低下していきますから、歳を取るにつれて皮膚は乾燥しやすくなります。
顔の場合は、乾燥によって小ジワやたるみの原因になりますが、頭皮の場合は健康な髪が育ちにくくなるという影響が出ます。

秋や冬になるとカラダがカサカサして腕や背中や脚がかゆいと感じるなら、頭皮だって乾燥してるはずです。

頭皮の乾燥予防と、薄毛・抜け毛予防にもなるので女性向けの育毛シャンプーがおすすめです。

頭皮の乾燥はヘアサイクルを乱し抜け毛増えたり痩せ細ってしまうことにも繋がります。
そうならないためにも、頭皮の血行を良くしてあげ、栄養をきちんと送り込んであげることがとても大切です。

季節によって気をつけたい頭皮ケアと抜け毛対策

季節に限らずですが、季節の変わり目は特に頭皮の状態を良くしていくことを心がけて欲しいと思います。

簡単に出来ることはブラッシングで、頭皮に刺激を与えながら頭皮の汚れを浮かし清潔にしてあげること。
柔らかいブラシで優しくブラッシングします。

シャンプーする前に、乾いた状態で軽くブラッシングするとホコリも取れて、その後シャンプーの泡立ちも良くなります。

他にはシャンプー中にマッサージをしながら洗ってあげましょう。
ゴシゴシせず優しく頭皮を動かしてあげるようにマッサージします。

そして、頭皮をしっかり潤った状態を保ち、発毛環境を良くするために、洗浄力の強いシャンプーは避けて頭皮に優しいスカルプシャンプーや育毛シャンプーでシャンプーする事をおすすめします。

これだけで十分頭皮の血行が良くなっていき、フケやかゆみなどの頭皮トラブルも予防できるはずです。
後はなるべく規則正しい生活を送ること、そしてストレスを上手に発散することが大切です。

余計な心配しないために知っておきたい健康でも抜ける1日平均本数と予防のためのデイリーケア

フケやかゆみが出ていたり、傷んでパサついたりして髪に元気がないと抜け毛が気になってしまうこともあるかと思います。

髪は健康でもヘアサイクルで抜けます。

気にし過ぎも良くありませんが、まずは平均的な抜け毛の量と抜け方について知っておきましょう。

1日に抜ける髪の量とは?

一般的には1日に抜ける髪の毛の本数は100本くらいと言われています。

100本と聞くと「多いのでは!?」と感じてしまうかもしれませんが、髪の毛の全体量は約10万本くらいなので、1日抜ける量は髪の毛全体の0.1%くらいです。

そう聞くと凄い抜けているとはあまり感じないのではないでしょうか?

なぜ抜けてしまうのか?

毛髪の成長サイクルの図解。成長期(初期)→成長期(中期)→成長期(後期)→退行期→休止期

髪の毛にはヘアサイクルを繰り返し、生え変わるので、ヘアサイクルが正常に働いている場合 成長期→退行期→休止期と働き休止期が終わると自然と抜け落ち、また新しい髪の毛が生える 準備をしていきます。

5~6年かけて繰り返されていきます。

長い・短い抜ける量って違う?

長いと短いでは抜ける本数は同じなのか?と疑問に思っている人は多いのではないでしょうか?

1日に抜ける本数はロングでもショートでも違いはありません。

ロングの方はもの凄く抜けていると感じている方はほとんどだと思います。

ではなぜロングヘアの方が大量に抜けているように見えるか?

それはロングの方は髪の毛が長いので、抜ける際に長い髪の毛がまとまり抜けるので、どうしても大量に抜けたと感じてしまうのです。

ショートヘアの方は髪の毛が短いので、抜けたと感じることは少ないと思いますが、ロングでもショートでも抜ける髪の量はほとんど変わらないのです。

異常に抜けていると思ったとき

あまりにも抜ける量が多いと感じるときはもしかすると、頭皮トラブルになっている可能性があります。

異常だと思った場合はシャンプーの見直しや頭皮環境を整えるようにしてみましょう!
特にフケやかゆみなど頭皮にトラブルを抱えているならシャンプーの見直しが大切です。

こちらのシャンプーランキングも参考にどうぞ。

それでも改善されない場合は症状が悪化していることがあるので、1度皮膚科に受診してもましょう!
シャンプーで頭皮が赤くなっていたり、異常にベタついたりしているなら皮膚炎を引き起こしている可能性も考えられます。

日々の生活で抜け毛を予防する上で改めて取り組みたい8つのポイント

男性だけではなく、女性は特に髪には敏感で髪が抜けるなんてことはすごく気になりますよね?

なるべくコストのかからない方法で予防に繋がる8つのポイント紹介していきたいと思います。

不規則な食事・生活

油っこいものや肉類ばかりの偏った食事では髪にも影響がでます。
髪の毛を健康に保つためにたんぱく質やビタミン、ミネラルを摂取することが大切です。上手にバランスよく取り入れるように頑張りましょう。

髪の毛の成長が遅くなったり髪が細くなって髪が抜けたり、切れたりする場合は、亜鉛が不足していることがあります。
なので、亜鉛も取り入れることを忘れずにしましょう。サプリメントに頼るのも良いと思います。

不規則な生活

睡眠不足も髪の毛には良くありません。
髪の毛は午後10時~午前2時が成長する時間と言われています。
出来る限りこの時間帯にしっかりと質の良い睡眠取ることが大事です。

喫煙・過度のアルコール

喫煙は体だけではなく髪の毛にも良くないのです。
血管を収縮し血行の流れを悪くし髪に栄養が上手く伝わらず薄毛の原因になってしまいます。

髪に不安を抱えるなら止めるのが良いです。
いきなりやめるのはは難しいという方でも、少しずつ本数を減らせるように努力しましょう。

アルコールの場合は適量であれば問題ありませんが、過度に摂取してしまうとアルコール分解するために肝臓にアミノ酸を奪われてしまって髪の毛を作る為の栄養が不足してしまい最終的に抜け毛や薄毛の原因になります。

精神的なストレス

ストレスは自律神経を乱し、血行を悪くして髪に必要な栄養が行き渡らなくなり抜け毛や薄毛の原因になる恐れがあります。
完全にストレスをなくすことは出来ないと思うので、自分でリラックスする環境を少しでも作ってあげてストレスを軽くしてあげましょう。

ストレスはホルモンバランスを乱す原因にもなりますからストレスを軽くするという意識は大切です。

頭皮のマッサージ

コストが全くかからないのが頭皮のマッサージです。
自分の指を使って行うので、お財布に優しいやり方です。

地肌をマッサージすることによって血行が良くなり髪の毛の成長を助けてくれます。
頭皮を清潔にすることも大切なので、マッサージをするタイミングとしてはシャンプーをしている時一緒に行うと効果は大です。

カラー・パーマのやりすぎ

カラーやパーマをし過ぎても薄毛の原因になってしまいます。
何度も繰り返す度に髪が細く痩せてしまい、ハリやコシが奪われてしまうので、ボリュームもなくなります。

なるべく頻度を減らすという方法は簡単ですが、カラーやパーマをしている分デイリーケアはしっかりとしていきましょう。

紫外線対策をする

紫外線は肌にも良くないと同時に髪にも良くありません。
髪の毛を作る細胞の働きを悪くし、髪が傷んだり薄毛を引き起こす原因になる恐れがあります。

長時間太陽の下で過ごす際は特に、UVスプレーや帽子などで紫外線対策を行うようにするのも大切です。

冷え性の改善

冷え性の女性は少なくないと思います。冷え性は体全体の血流を悪化させます。

もちろん頭皮にも血行不良を起こし髪を作る細胞に十分な栄養が行き渡らなくなり抜け毛や薄毛の原因になります。
なるべく体を冷やさないように日頃から気をつけましょう。

なかなか改善出来ないそんな時は育毛剤や育毛用のシャンプーに頼るのもおすすめです。

育毛用のアイテムは女性用の物も沢山商品化されています。
なるべくならばコストをかけずにしたいと思いますが、なかなか改善されないという時にはそういったヘアケアアイテムを活用するのも効果的です。

育毛剤や育毛用シャンプーを使う際はまず3~6ヶ月くらいは使い続けてみてください。

最後に…、遺伝的な脱毛もあります。
遺伝だからとそのまま保っておくより今まで紹介した予防を1つずつでもやっていくだけで、効果は少しずつ出てくると思うので試してみて下さい。

髪も頭皮もUVケア!ちょっとした対策で紫外線から守る方法

夏は日差しが強いのでこの時期お肌の紫外線対策はしっかりやっている人が多いと思いますが、紫外線対策はお肌だけではなく髪の毛にも必要だという事を知っている人は多くないと思います。

お肌よりも髪の毛のほうが太陽に近い分、多く紫外線を浴びているのです。

少しでも紫外線から髪の毛を守れるように対策を紹介したいと思います。

紫外線が髪に及ぼす影響

髪の毛の成分はタンパク質から出来ています。
紫外線を受けることによって、アミノ酸の結合が分解され髪の毛を守っているキューティクルが剥がれて髪の中の栄養が乾燥してしまい、髪の水分を失ってしまいパサパサやまとまりずらくなったりし、抜け毛や切れ毛の原因になってしいまいます。

紫外線が原因で、髪の内側にあるメラニン色素も分解してしまうため髪が退色(赤茶けた色)になってしまいます。

では、防ぐためにはどうしたらいいのか?
すぐにでも始められる対策を紹介したいと思います。

帽子や日傘を使って日差しから守る。

外出をする際は、帽子または日傘を使って紫外線が当たらないように髪を守りましょう。
髪の毛が長い場合はまとめてあげたほうがいいです。

まとめることによって、紫外線の当たる面積が減るので髪を守ることができます。

紫外線は晴れている時だけではなく、曇りや雨の日でもあるのであるので忘れないようにしましょう。

UVカット効果のあるスタイリング剤やシャンプーを使うと更に紫外線から髪を守ることができるので、試してみてください。

紫外線が強い時間帯を避ける

紫外線が多い時間というのは午前10時~午後2時と言われています。
なのでこの時間帯はできるだけ避けるだけでも紫外線の浴びる量が違います。

夏のレジャーでUV対策するポイント

海水浴の場合

海水が髪についたままにしていると、髪の内側の水分が外に出てしまいパサパサに乾燥してしまうので、なるべく早めに海水を流すようにしましょう。

山の場合

紫外線のエネルギーが強くなるので日焼け止めを使い帽子をかぶって、しっかり紫外線対策をしましょう。

保湿を欠かさずに

週1度は必ずトリートメントをして髪を保湿してあげるようにしてください。
トリートメントを使う時は蒸しタオルなどで加温してあげると効果upです。

※頭皮も日焼けしやすいので皮がむけてしまうなんてこともあるので頭皮には顔や身体に使用している日焼け止めを塗るようにしましょう。

肌を焼かないのはもちろんですが、髪の対策も忘れずにキレイな髪を保ちましょう。

若いときは気にならなくても年齢によって頭皮のお手入れを変えるべき!

若いときは代謝も良く血行も良いのでそこまで気になることはないとは思います。
ですが、30代になるとホルモンバランスなど色々と体に変化がでやすくなって頭皮環境も崩れやすくなります。

老化が進んでいくと頭皮の健康を守る皮脂の分泌も少なくなっていき、乾燥しやすくなるので毎日使うアイテム、特にシャンプーをトラブルや老化予防のためにも頭皮に優しいものに見直すことをおすすめします。

年齢が重なっていくにつれてシャンプーの回数も1日置きなどと減らしていき、頭皮が乾燥しないように対策していくことが大切です。

オススメの方法はシャンプーをした次の日は湯シャンをするという方法です。
慣れるまでは違和感を感じると思いますが、頭皮環境を整えていくには結構効果が期待できます。
特に乾燥が酷い方は、湯シャンをする回数を増やしたりと調節をしてみて下さい。

20代でも頭皮ケアは怠らずに!

20代の方も若いから何もしなくてもいいや!というわけではありません。

若い時からきちんと生活習慣や頭皮環境を整えて対策をしていれば、年齢を積み上げていってもトラブルが軽減されていきます。
なので、年齢問わずしっかり頭皮のお手入れはしていきましょう。

若い方でも、スカルプシャンプーはおすすめですよ。

肌に優しい無添加クレンジングや洗顔石鹸のように、優しい洗浄成分と地肌にうるおいを与える美容成分が配合されていて、洗い上がりの頭皮の乾燥予防に繋がります。

The following two tabs change content below.
Chika(美容師)
小学6年生のとき親戚に美容師がいて憧れを持ったのが始まり。 美容師にも得意・不得意がありますが、私はカラーリングです。 塗布も得意ですが色の調合が好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)