ふけ症なら薄毛から頭皮を守るためにまずはふけを治そう

ミディアムヘアの女性

40代になった方、もうすぐ40歳になるという30代後半の方。


「最近、頭皮がカサつくようになった」
「ときどきフケが気になる」
「かゆみが出ることが増えた」

このように感じていませんか?

女性は20代後半から、肌の水分量が減少しいく傾向にありますが、40歳前後辺りには脂分の分泌も減っていく傾向にあります。

皮膚は乾燥するとかゆみが出たり、ポロポロと粉を噴いたりしますが、頭皮も同じです。

フケやかゆみは主に乾燥が原因です。
乾燥は老化の原因にもなりますから、フケから頭皮を守る40代からの始める頭皮ケアをご紹介します。

フケやかゆみ等の頭皮トラブルは薄毛や抜け毛の一因になる理由とは

フケがあるとかゆみを伴うこともありますが、頭皮を掻いてしまうと頭皮を傷つけてトラブルを悪化させてしまう原因になります。

フケや皮脂が頭皮に溜まってしまうと毛穴が塞がってしまい抜け毛や細毛になってしまい薄毛の原因になってしまいます。

また、ポロポロと皮膚が剥がれ落ちてくるような乾性ふけの場合ですが、頭皮が乾燥していることが主な原因で代謝が悪く髪の成長にも悪影響を及ぼすケースもあります。

髪にボリュームがなくなってきた。薄毛が気になる。抜け毛が増えてきたような気がするという方も、ふけやかゆみなど頭皮にトラブルを抱えているならまずは頭皮の健康を考えましょう。

頭皮の状態が良くないのに、髪だけ元気で太い髪が生えてくるというのは難しいからです。

ふけやかゆみを予防して頭皮からヘアケアを見直すきっかけにして頂ければと思います。

フケやかゆみのトラブルが起こる主な原因とは

干上がって地割れしている畑

ふけやかゆみのトラブルが起こる原因は様々ですが主に頭皮の乾燥。

頭皮にも角質層がありその角質層のバランス崩れてしまうことでフケがでやすくなってしまいます。

頭皮が乾燥したままさらに刺激を与え続ければ、頭皮に傷がつき、化膿してしまうことにもつながり、さらに深刻な状況を引き起こすことにもなりかねませんので、頭皮には適度な水分が必要。

バランスが崩れてしまう状態はストレスが原因で皮脂腺が活発に働いて皮脂が増え毛穴が塞がってしまったり、シャンプーのし過ぎで頭皮が乾燥して皮脂腺が過剰に分泌してしまいフケが出やすい原因になります。

また、もう一つは頭皮が不衛生な場合。
すすぎが不十分でシャンプー剤が残って酸化してしまうケースや、洗髪が不十分で頭皮に余分な皮脂が溜まり、そこに細菌が繁殖してかゆみを起こすことがあります。

頭皮が弱まることでシラミなどの感染症にもなってしまう恐れもあります。

毎日のシャンプーやドライヤー、スタイリング剤など何気ないヘアケアの積み重ねが原因のケースが多いですから、逆にデイリーケアを見直すことで予防できますから、参考にしてみて下さいね。

パサパサのふけだったのに、ベタベタするようになった方は要注意

パサパサのふけが出ているだけだったのに、かゆみが出てベタつきやすくなった方。
要注意です。

シャンプーしたら頭皮が赤く炎症を起こしてませんか?

結論から言うと、
原因は頭皮の皮脂分泌が過剰に増えていること。

頭皮は顔と違って油とり紙などで抑えるといったことはできません。

夜シャンプーをすればべたつきは多くの場合改善されますが、皮脂分泌が過剰な状態が続いている限り、日中ちょっと活動するだけでまたすぐにベタベタとした頭皮に逆戻りしてしまいます。

ベタベタしてしまうのは脂性の人だけではありません。

フケやかゆみが出やすい乾燥肌の人も、ゴシゴシ洗っていつもカサカサの状態でいると、常に皮脂が不足した状態になり「皮脂が足りなくて頭皮が守れない!」と皮脂の分泌が増えてしまうことがあります。

乾燥肌なのに、頭皮だけベタベタしやすいという方は、こういったケースがほとんどでしょう。

頭皮の皮脂が過剰分泌して、頭皮がベタベタしてしまう場合、酷くなると皮膚炎を引き起こしてしまうこともありますから、毎日のシャンプー方法やシャンプー剤自体を見直す必要があります。
もちろん、皮脂が過剰分泌しないような生活習慣を心がけることも大切です。

健康できれいな頭皮を保つために知っておきたいポイント

数字の3を持ち人差し指を指す女性
常に頭皮を清潔に

髪がいちばん育つのは眠っている間の夜から朝にかけて。
髪が成長する時間帯の前に頭皮をきれいにするため、夜のシャンプーは欠かせません。

加えて、頭皮を優しく洗うことです。
ゴシゴシ洗っても、皮脂を取り過ぎてさらなる乾燥を招くことになります。

優しく洗って十分にすすいで、シャンプーしたらドライヤーで乾かします。
また、育毛剤を使用するならシャンプーで汚れを落とした直後がおすすめ。

頭皮に合った洗浄成分のシャンプーに変える

洗浄成分が強いとうるおいを奪ってカサカサになってしまいます。
乾燥肌やふけが酷くてカサカサしやすい状態になっているなら、ただ優しく洗ってもシャンプーの刺激が悪化の原因になることも。

ポロポロとフケが出て、かゆみも伴うケースではほとんどが乾燥が原因です。

洗浄成分が強いと皮脂を奪い過ぎて乾燥するばかりか、長いあいだ皮脂を奪い過ぎていると今度は逆に不足した皮脂を補うために過剰に分泌するようになり、ベタベタしやすいくなります。

老化予防のためにもフケ対策はアミノ酸系の洗浄成分を配合した頭皮に優しいスカルプシャンプーがおすすめ。

生活習慣を見直す

睡眠不足は頭皮トラブルの大敵。
生活習慣の基本のリズムは非常に重要です。

特に、睡眠不足や朝と夜が逆転しているなら要注意。
このような人は頭皮の血行が悪くなりやすく、脱毛症などになった場合、なかなか治りません。

  • 頭皮を清潔に保つ
  • アミノ酸シャンプーで乾燥を予防
  • 睡眠や生活リズムを整える

この3つのポイントが大切ですが、高級アルコール系シャンプーを使っている方。

敏感肌や乾燥肌など頭皮が弱い人ほど、洗浄力や刺激の強さがフケの根本的な原因になっているケースがあります。

頭皮ケアをきちんとすれば髪は元気になる

頭皮ケアとは、シャンプーや生活習慣、運動やマッサージなどで頭皮環境をよくすること。

普段から髪質を気にして毛髪をケアしている人は多いのですが、いくらトリートメントなどを行っても、土台である頭皮環境が悪ければ、生えてくる髪も元気がなく年齢とともに薄毛や抜け毛になるリスクが増してしまいます。

頭皮は、身体のなかでも状態がわかりにくい場所。

たとえば、顔や手足の肌が荒れていればすぐにスキンケアができますが、頭皮は目に見えにくく状態をチェックしにくい部分、油断せず日々のケアが大切です。

生活習慣で気をつけたいこと

頭皮マッサージする女性

頭皮は健康な髪の毛を作るにはとても大切です。

健康な頭皮を育むためにはまず、頭皮の血行を良くしてあげることが一番大切です。

1日3分でも続けたい頭皮マッサージ

頭皮全体を揉みほぐすように優しく指の腹を使ってマッサージをしてあげましょう。
マッサージをする事で頭皮が柔らかくなっていき血行が良くなって健康な頭皮を作ることが出来ます。

手でやるのは疲れるという方はブラシを使っても構いません。
ブラシを使う際は強く当てすぎないように気をつけていきましょう。

食生活を見直す

頭皮の血行が良くなっても栄養がなければ頭皮が完璧健康になったとは言えません。

そのためにはバランスの良い食事を取り頭皮に栄養が行き渡るようにしていかなければいけません。
なので、しっかり栄養のある食生活を送れるようにしていきましょう。

ストレスを溜め込まない工夫を

ストレスの溜めすぎは頭皮の状態を悪くしてしまうので、適度な運動やリラックスする時間を作ってあげ、上手く発散していきましょう。

生活サイクルを乱さないように

夜更かしなど遅寝は頭皮・髪の毛の働きを悪くしてしまいます。
なので、規則正しく早寝早起きを心がけていきましょう。

適度な運動を

からだの血行がよくなれば、頭皮の血行もよくなります。
髪をつくる毛母細胞のエネルギーは、酸素が運ばれてこなければ作れません。

酸素不足では薄毛や脱毛など起こる原因にもなります。
ここで毛母細胞のエネルギーができると、髪の毛に必要なケラチンが生まれます。

有酸素運動は、血行を促進するのに最適です。
正しい呼吸方法をマスターすれば、酸素が全身に行き渡りやすくなります。 深い呼吸という意味では、深呼吸や腹式呼吸なんかも意識してみると良いですね。

注意点!清潔にしようと神経質になりすぎると逆効果に

髪の悩みを抱えている人のなかには、頭皮ケアをすることにたいして神経質になっている人も沢山います。

しかし、どんなこともやりすぎは逆効果。

たとえば、
シャンプーのやりすぎは常在菌まで殺して頭皮の環境バランスを崩してしまう原因になりますし、頭皮マッサージのやりすぎは頭が痛くなったり頭皮を傷つきトラブルの原因となったりします。

重点的にケアするのではなく少しずつ生活習慣に取り入れましょう。

また、シャンプー前にブラッシングをして頭皮の汚れやフケなど浮かしてシャンプーの際に取れやすい状態を作りましょう。

頭皮を傷付けないように優しく丁寧に洗い、シャンプーを流す際もしっかりとシャンプー剤が残らないようにすすぎましょう!

20代とは違う!変わってくる40代の頭皮を知れば大事なポイントが分かる

20代では皮膚の油分や水分が正常な状態ですのでトラブルが起きにくいですが、40代にもなれば全然違ってきます。

40代や50代になると加齢により女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで、抜け毛が増えてしまい薄毛になっていく人もいます。

また、肌の水分量も20代と比べるとかなり減少してしまうので、乾燥に繋がってしまいます。

まずは頭皮の乾燥を改善させて頭皮環境を整えなければいけません。
頭皮環境を整えるためにはまず、シャンプーを見直すことが大切です。

ふけが出やすいなら毛剤より、まずは頭皮の乾燥防ぐ育毛シャンプーを。

シャンプーをする女性

フケやかゆみがヒドイ状態なら育毛剤を使っていても、なかなか効果を実感できていないのではないでしょうか?

育毛剤の効果を正しく発揮させる為にも、まずはフケや皮脂で毛穴が塞がれてしまっている状態が薄毛の原因にもなるので、頭皮環境の改善していく必要があります。

育毛シャンプーには皮脂・フケをキレイに取り除いてくれ、毛穴が呼吸出来るようになり健康な頭皮の状態を作る働きがあります。
フケの状態が改善しながら育毛剤を使うようにしていきましょう。

まとめ。

お伝えしてきた通り、ふけやかゆみは主に乾燥が原因です。
顔や体でも感じていると思いますが、40代になって乾燥しやすくなるのは頭皮も同じです。

そんな乾燥しがちな頭皮のケアには育毛シャンプーがおすすめです。

また、季節がら秋や冬になると湿度が低下して、カサつきやかゆみを感じやすくなる方もいらっしゃるかと思います。
そんなときはお風呂上り、ドライヤーで乾かす前にスカルプエッセンスで頭皮を保湿してあげるのもおすすめです。

年齢と肌質、季節で状態にあった頭皮のお手入れをしていくことで、髪のトラブル予防にも繋がりますよ。

関連特集

→頭皮の状態で選びたい!アミノ酸シャンプーおすすめ9選!

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、 髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても 参考になる情報が発信していきます。 好きな動物⇒うさぎ(私の家族のイブちゃん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、 髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても 参考になる情報が発信していきます。 好きな動物⇒うさぎ(私の家族のイブちゃん)