髪が日焼けしてしまったときのヘアケアと、紫外線から髪と頭皮を守るUVケア

髪も日焼けすると傷んでしまいます。

顔や腕などUVクリームを塗る方は多いですが、髪の紫外線対策はしてますか?

髪のケアをおろそかにしてしまって後悔した経験ありませんか?

夏は特に日差しが強いですが、夏に限らず紫外線は降り注いでいますので、ダメージから髪を守るためのUV対策と日焼けで髪が傷んでしまったときのヘアケアの方法などをご紹介します。

ヘアケアをおこたってしまった方も、ダメージが心配な方も参考にしてみて下さいね。

紫外線が髪に及ぼす影響

髪の毛の成分はタンパク質から出来ています。

紫外線を受けることによって、アミノ酸の結合が分解され髪の毛を守っているキューティクルが剥がれて髪の中の栄養が乾燥してしまい、髪の水分を失ってしまいパサパサになったりまとまりずらくなったりし、抜け毛や切れ毛の原因になってしいまいます。

紫外線が原因で、髪の内側にあるメラニン色素も分解してしまうため髪が退色(赤茶けた色)になってしまいます。

紫外線対策!髪も頭皮もUVケア!ちょっとした対策で紫外線から守る方法

晴れた日に丘にたたずむ女性

すぐにでも始められる対策を紹介したいと思います。

帽子や日傘を使って日差しから守る。

外出をする際は、帽子または日傘を使って紫外線が当たらないように髪を守りましょう。
髪の毛が長い場合はまとめてあげたほうがいいです。

まとめることによって、紫外線の当たる面積が減るので髪を守ることができます。

紫外線は晴れている時だけではなく、曇りや雨の日でもあるのであるので忘れないようにしましょう。

UVカット効果のあるスタイリング剤を使うと更に紫外線から髪を守ることができるので試してみてください。

紫外線が強い時間帯を避ける

紫外線が多い時間というのは午前10時~午後2時と言われています。
なのでこの時間帯はできるだけ避けるだけでも紫外線の浴びる量が違います。

夏のレジャーで気をつけること

海水浴の場合

海水が髪についたままにしていると、髪の内側の水分が外に出てしまいパサパサに乾燥してしまうので、なるべく早めに海水を流すようにしましょう。

山の場合

紫外線のエネルギーが強くなるので日焼け止めを使い帽子をかぶって、しっかり紫外線対策をしましょう。

保湿を忘れない

普段、トリートメントしない方でも、週に1度は必ずトリートメントをして髪を保湿してあげるようにしてください。

トリートメントを使う時は蒸しタオルなどで加温してあげると効果upです。

※頭皮も日焼けしやすいので皮がむけてしまうなんてこともあるので、頭皮には顔や身体に使用している日焼け止めを塗ると良いです。

見落としがち?外出時に心がけたいポイント

よく見落としがちなのは、「夕方だから日焼け止めはいいやー」なんて考えがちになっていませんか?

確かに10時~午後2時は紫外線が特に強い時間帯ですが、夕方でも紫外線はあります。

少なくとも17時までは日焼け止めは必須にしたいところ。
17時以降も紫外線はあるのでしなくていいわけではないですが、出かけるとき時は必ず塗ったほうが紫外線防止になります。

日没直前、西に太陽が沈むシーンを思い浮かべてみて下さい。
太陽は、その姿が完全に隠れてしまうまで、強烈な光を私たちに投げかけています。

西日がお肌にダイレクトに照射されてしまったら、当然、お肌は紫外線の影響を受け、ダメージを与えられてしまうことが考えられます。

紫外線によるダメージは秋ごろで肌に表れる

紫外線といえば夏に受けやすい。
そういう認識があるかと思います。

あなたもご存知のとおり夏をピークに受けやすいです。
7月、8月が最も受けやすく、3月頃から徐々に増え始め、5月頃からだんだんやばくなってきます。
そして、9月くらいから徐々に落ち着いてきます。

一日の中のピークでいうと10時~お昼の2時くらいが特に受けやすくなります。

紫外線の強さは9月頃落ち着いてきますが、強い紫外線で受けた夏のダメージが、表れるのは秋頃です。
夏は温かいので洋服も薄着になり肌の露出部分も増えるので、紫外線の影響をモロに受けやすくなりますからスキンケアも大切ですが、頭は顔の5倍程度紫外線を受けやすいです。

顔と同じようにおろそかにしたくないのがヘアケアです。

真夏のヘアダメージの要因とは?

夏になると髪を明るくしたりパーマをかけたりしたくなる方も多いと思いますが、それだけでもヘアダメージになります。

さらにはプールや海、帽子や日傘を使わないってだけでも大きなダメージとなります。
それに加えエアコンの効いた場所に長時間いたり、つい冷たいものを食べてしまうのも少なからず影響します。

夏に心がけたい髪の傷みを予防するデイリーケア

紫外線は髪の毛に、そして頭皮に大きなダメージを与えてしまい抜け毛や薄毛を作ってしまう原因になってしまいます。
紫外線は早め早めの対策が大切。

気を配るポイントとしては

  • 帽子や日傘
  • 活性酸素を減らす食事
  • 洗髪方法
  • 身体を休めて回復
  • UVカットヘアスプレー

などがあります。

また、帽子などで紫外線によるダメージから守り、汗をこまめに拭いて髪と頭皮を清潔に保つこと。

夏といえば海やプールに行く機会が多くなると思いますが、海やプールで濡れた髪を放置するとダメージが激しいので絶対にNG。
1日でついた汚れを落とし、バスタイムは痛んだ髪に正しいヘアケアをしましょう。

単にケアをするだけでなく夏のダメージヘアにトリートメントやヘアエッセンスで頭皮にうるおいを与えたりなど夏のスペシャルケアを心がけてみるのも良いですよ。

少しでも対策することでだいぶ違ってきます。

秋に髪の傷みが表れてしまったら…美容師おすすめのスペシャルケア!補修と改善法

夏を終えた秋に紫外線を強く受けてしまったなど髪の痛みが表れやすい時期でもありますが、肌と同じで髪も早め早めのケアが大切です。

まず、紫外線を強く受け髪が硬くなってしまっているのでトリートメントでしっかり保湿をしてあげること。
普段つけるだけのトリートメントもいつもより念入りに。

コームでコーミングをしてあげ、蒸しタオルで包んであげたりスペシャルケアを。

毎日するのはなかなか難しいと思いますが、1度や2度で終わらせてしまうのももったいないです。
週に1度や2度、できる範囲で夏から秋にかけて続けるのがおすすめです。

The following two tabs change content below.
Chika(美容師)
小学6年生のとき親戚に美容師がいて憧れを持ったのが始まり。 美容師にも得意・不得意がありますが、私はカラーリングです。 塗布も得意ですが色の調合が好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)