薄毛を隠すおしゃれな髪型ってある?ウィッグや増毛スプレーってどうなの?

髪を後ろで束ねようとしている女性

髪がペタッとボリューム感がなくなってきたり、分け目やつむじ、生え際の地肌が目立つようになってくるとスタイリングで目立たなくさせたいですよね。

また、スタイリング剤は薄毛の原因になってしまうと聞いたことある方もいると思います。

しかし、全てがそうとは限りません。

それよりも、選び方や使い方が間違ってしまっていることが、抜けやすくなったり薄毛になる原因になることもあります。

ここでは、薄毛を目立たなくさせるヘアスタイルをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

そして正しいスタイリング剤の使い方と選び方も後半でご紹介します。
また、合わせてウィッグや増毛スプレーについてもお伝えしますので、参考にしてみて下さいね。

薄毛を隠す髪型のポイント

特に気になるのはトップにボリュームが出なかったり、頭頂部やつむじの辺りかと思います。

そんな悩みには、セットの前に土台作りから始めましょう。

使うアイテムは「ドライヤー」です。

普段からドライヤーを使う際は、ドライヤーの当てる角度を調整していきましょう。

ボリュームを出すには上から熱を当てるのではなく下から熱を当てることです。

温風と冷風を交互に切り替えることで、クセがつき根元が立ち上がりふんわりとボリュームを出すことが出来ます。

またはトップを少し短めにカットすることによってトップにボリュームが出やすくなります。

分け目が目立ち気になるという方は、今の分け目の位置を替えるだけで目立ちがなくなります。

対策としては常に分け目の位置を変えていくと分け目からの薄毛は気にならなくなります。
分け目を変えても最初はクセがつきにくいですが、クッションブラシや髪を乾かす際にしっかり流れを作ってあげると分け目がつきます。

オススメのヘアスタイル事例

分け目が気になる方や全体的にボリュームダウンが気になる方に、おすすめのヘアスタイルをご紹介します。

参考になれば幸いです。

トップが気になる

トップが気になる方はハーフアップがオススメです。

ハーフアップの事例、前。マネキン写真
ハーフアップの事例、横。マネキン写真
ハーフアップの事例、後ろ、カーラー。マネキン写真

結ばなくても大きめのクリップで留めてあげるとオシャレになります。

ポニーテールでトップ部分の分け目を隠してあげる。

ポニーテールでトップの分け目を隠す事例マネキン写真。前、横、後ろ、後ろアップ
ポニーテールでトップの分け目を隠す事例マネキン写真、後ろ。マネキン写真
ポニーテールでトップの分け目を隠す事例マネキン写真、横。マネキン写真

この時あまりキツく結ばないようにしてあげ頭皮への負担を少なくしてあげましょう!

つむじ・分け目が気になる

ドライヤーでクセをつける

つむじがパックリと割れてしまったり薄く見えて気になる方は、テクニックとして髪が乾いている状態ならばつむじ部分を濡らしてあげつむじ部分の髪を持ち上げドライヤーの温風を下から当て乾かします。
最後の仕上げに冷風を当てクセをつけてあげるとつむじを隠しボリュームが得られます!!

ハーフアップ&ポニーテール

ポニーテールでつむじや分け目を隠す事例マネキン写真。横
ポニーテールでつむじや分け目を隠す事例マネキン写真。後ろ。ゴム
ポニーテールでつむじや分け目を隠す事例マネキン写真。後ろ。クリップ

分け目が気になる方はきつく束ねないように1つにまとめるポニーテールや、ハーフアップなどがオススメです。

ハーフアップでつむじや分け目を隠す事例マネキン写真。横
ハーフアップでつむじや分け目を隠す事例マネキン写真。前

また、束ねない時には今の分け目と違う場所から分け目を作ってあげると目立たなくなります。

前髪の薄いが気になる

前髪の量を増やしてあげる

前髪の量を増やした事例マネキン写真。前
前髪の量を増やした事例マネキン写真。横
前髪の量を増やした事例マネキン写真。真正面
前髪の量を増やした事例マネキン写真。カーラー

前髪の量を増やしてあげる方法があります。
前髪ではないトップ部分から少し前に持ってきて前髪を増やしてあげるとボリュームが増えます!

前髪をあげて留めてあげる

前髪を上げて留めた事例マネキン写真。前 前髪を上げて留めた事例マネキン写真。斜め上 前髪を上げて留めた事例マネキン写真。横 前髪を上げて留めた事例マネキン写真。カーラー

きつく引っ張らずに優しくふんわりしたポンパドールを作ってあげましょう!!
前髪をあげることによってトップの部分の気になりも減少できます。

全体にボリュームがなく薄い

カチューシャやターバンを使う

年齢的にカチューシャは恥ずかしいという時にはカチューシャよりターバン系がオススメです。
広い範囲で隠すことが出来ます!

ホットカーラーやマジックカーラーを使う

髪を下ろしたスタイルの場合は、ホットカーラーやマジックカーラーを髪全体に根元まで巻き込んでいき、根元を立ち上げボリュームを出してあげて、仕上げにスプレーでキープしてあげるとボリュームのあるスタイルになります。

整髪料は何を使うといい?オススメの整髪料は?その特徴と選び方

基本整髪料はあまり使わない方がいいのですが、大切な場やお友達とお出かけとなるとキレイにセットしなくてはなりませんよね?

そんな時には、あまり重たく見えないように仕上げるように、ハードのものよりソフト系の物でつけすぎないように少量でセットしてあげましょう!

ベタっとなりやすいオイル系の物は避けましょう!

スタイリング剤の特徴と選び方

整髪料のシルエット写真
ワックス

固めのワックスは髪にボリュームが出ずらく重たくなります。
ナチュラルに仕上げる方は固めのワックスではなく、軽くふんわりとボリュームを保つためにはソフトワックスをオススメします。

ワックスの使い方も根元につかないように中間~毛先につけましょう。
根元についてしまうと毛穴の詰まりや髪がペタッと潰れやすくなったりします。

スプレー

トップにボリュームを出したいという方には、ハード系のスプレーで立ち上げるのがおすすめです。

ベタつきやスタイリング剤の重みで潰れてしまうという心配があると思いますが、スプレーで形を作ってあげる方がワックスより長持ちしやすいです。

ヘアクリーム

かっちりセットをしない方は、ヘアクリームやミストなどで髪をまとめやすくし、束ねやすくしてあげるのに適しています。

やってはいけないこと!ボリュームを出すためにやってしまいがちなこと

セットや根元からボリュームを出すためについついやってしまうのが逆毛を立てることです。

逆毛を立てるとキューティクルを傷つけるとともに頭皮にも負担がかかり、髪が抜けやすくなってしまいます。

逆毛は根元が立ち上がるのでボリュームは出ますが、頭皮に強いストレスがかかってさらに薄毛が進行してしまうこともあるので逆毛を立てるのはオススメ出来ません。

薄毛隠しの増毛スプレーは女性でも使える!?メリット・デメリットは?

頭皮が目立って気になると悩んでいる方の中には、何か簡単に薄毛を隠せる方法がないかと考えている方もいらっしゃるでしょう。

ここで、薄毛を隠すアイテムの一つ。
増毛スプレーについて掘り下げてみます。

増毛スプレーは男性が薄毛を隠す為のもの、と言うイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、 手軽にボリュームアップしたり、地肌を隠せるなら使ってみたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

増毛スプレーは女性でも使えるものか、そして増毛スプレーにはどういうメリット、デメリットがあるのかまとめましたので参考にどうぞ。

薄毛を隠すスプレーに男性用・女性用はあるのか?

もちろん薄毛を隠すスプレーは男女問わず簡単に使うことが出来ます。

今では女性用もありますし、ドラッグストアでも手に入れることができます。

髪が痩せ細くなってくると、頭皮が薄く見えてしまいます。
その細くなってしまった髪を細かい繊維でコーティングして髪1本・1本を太くし、髪がボリュームアップし頭皮の薄いところを目立たなくしてくれるのが増毛スプレーです。

増毛スプレーのメリット・デメリット…髪や頭皮に対する負担など

メリット:

増毛サロンよりも費用が安く済むことです。
サロンで増毛をすると1度では済まず定期的に通わなくてならないので、お金と時間がかかってしまいますが、増毛スプレーだとお金もあまりかからず、家で簡単にすることができます。

デメリット1:

商品によっては雨の日やスポーツなどで汗をかいて濡れた時はスプレーが流れてくるということがあります。
水に強いウォータープルーフタイプのものもありますが、その場合1回のシャンプーで簡単に落とすことが出来ないので、2回以上はシャンプーしないと落ちないとういうデメリットがあります。

デメリット2:

手軽に出来るのはメリットですが、慣れるまでは色ムラができやすかったり、乾かないうちに触ってしまったり服についてしまったりするので、注意しなければなりません。

デメリット3:

デメリット2でご紹介した点に通じる部分でもありますが、職場など毎日会う人がいる場合は色ムラがあったり日によって量に違いがあると、周りから違和感を持たれてしまうかもしれないという懸念があります。

毎日使っても大丈夫か?薄毛はばれない?見た目に違和感ない?

毎日使っても問題ないのか?

毎日使用しても問題はありませんが、毎日使う場合は必ずシャンプーをしっかりすることは忘れないでください!
そのまま寝てしまうと髪や頭皮に良くはないので、気をつけてましょう。

薄毛ばれてしまったり見た目に違和感があるのか?

一番気になることだと思います。

増毛スプレーをつけると地肌が隠れ適度にボリュームアップして、自然な仕上がりになるので見た目でバレることは少ないでしょう。
ただし、塗布し過ぎてしまうと違和感が出ますし乾きにくくもあるので、少しずつつけていき、違和感のないように適度に調節しましょう。

どういう人、どういう薄毛に適してる?

  • 髪が痩せ細ってボリュームがなくなってきた方
  • 頭頂部や分け目の地肌が見えてしまっている方
  • 白髪で気になっている方
  • 育毛の効果がなかなか得られないという方

という方に適しているといえます。

びまん性の方でも使用できます

ただし、増毛スプレー自体に発毛効果はなく薄毛の根本的な改善にはなりません。

女性は男性と違い遺伝や男性ホルモンの影響は少ないと言われていますので、適切なケアで薄毛の改善が期待できますから育毛剤やシャンプーの見直し、そして食生活や生活習慣の見直すことも同時におすすめします。

ウィッグのメリット・デメリット。薄毛を隠せる?バレない!?

最後にウィッグのことも掘り下げてご紹介しておきますね。

髪が薄くなってきてると悩み始めると、その事が頭から離れずいつもナーバスになってしまっていると思います。

髪は女性の命ともいいますし、毛髪が見た目年齢を大きく左右します。
それに髪の悩みは性格まで変えてしまいますから、速く解決させて明るさを取り戻す事は精神衛生的にも必要です。

育毛やヘアケアで自分の元気な髪を取り戻したいと考えてる方の中にも、ウィッグという選択肢を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

抵抗があったり、はたして周りからバレないものかなどの心配や不安もあるかと思います。
そんな方の為に、ウィッグのメリットやデメリットを紹介します。

自分にとってメリットであるか、合っているかを含め参考になればと思います。

ウィッグは基本的に見た目でバレないのか?

ウィッグは人から見たらバレるんじゃないか?と不安になる方も多いと思いますが、最近のウィッグは技術も進歩し違い自分の髪とほぼ変わらず自然に見え違和感なく人目を気にせずに気軽につけることができます。

ウィッグの種類や値段など

種類

ウィッグの種類には全体に付けるものと、部分的に気になる部分だけ付けるヘアピースというものがあります。

値段

ウィッグの値段は決して安いものではありません。
安いものであれば1万円以内で購入することができますが品質的にはあまり良いものとはいえませんので、やはり不自然さが出やすくなります。

長持ちし品質の良いものですと10万円近くするものもあります。
大きな買い物なので、本当に必要か良く考えて購入することをオススメします。

ウィッグのメリット・デメリット

ウィッグのメリット
  • 簡単に気になる部分を隠すことができる。
  • 人毛を使ったものであれば自然な仕上がりになる。
  • セットが楽になる。
  • ヘアスタイルを手軽に変えることができる。
ウィッグのデメリット
  • ウィッグは伸びないので地毛が伸びたときに違和感が出やすい。
  • 地毛とウィッグの手触りが違う。
  • 丁寧に手入れをしても寿命がある。(だいたい2年~4年くらいして買い替えるのがベスト)
  • 付け方によっては地毛の部分を傷めてしまうことがある。

白髪でもウィッグで違和感なく薄毛を隠せる?

白髪の場合2~3cm伸びてしまってもウィッグをつけていたら目立つことがないので毎月染めなくてもよくなりカラーの費用は節約することができます。

またカラーの頻度が少なくなるので頭皮のダメージも軽減することができます。

美容室に普段使っているウィッグを持参すれば、ウィッグの色と差がないように染めてもらえるので、ウィッグを普段つけていても違和感なく自然に付けることが出来ます。

アデランスやアートネーチャーなどの発毛サロン以外でも隠すウィッグって購入できる?

いろんなメーカーでウィッグを製造しています。
デパートでは専用コーナーも設置されている所があるので、発毛サロンでなくても購入することが出来ます。

デパート以外ですと行きつけの美容室があれば相談して頂くと美容室でも取り扱っているメーカーがあるので、美容室で購入することができます。

あまりオススメ出来ないのが通販で購入することです。
簡単に手に入れることはできますが、手に取って手触りやつけた感じをみることが出来ないので、実際に試着したうえで購入するほうが失敗や後悔する可能性は少なくなると言えます。

安い買い物ではないので、なるべくなら店頭に行って実物を手に取り試着をしてから購入することをオススメします。

レディースアートネイチャーのオーダーメイドウイッグ

CMや女性誌で話題のレディースアートネイチャーパフィールのウィッグを、今なら自宅で・サロンで、お試し体験実施中

レディースアートネイチャーの最も軽いウィッグ「パフィール」は、ご自身でも簡単!60秒フィッティング。

おためしは「ご自宅」「サロン」「展示・試着会」で。

女性向けオーダーメイドウィッグ試着体験

全都道府県160店舗以上展開するレディスアデランスのサロンで、オーダーメイドウィッグの無料体験実施中。

レディースアデランスのオーダーメイドウィッグは、「10年前の若さを取り戻したい」「もっとおしゃれを楽しみたい」といった大人の女性に幅広く支持されています。

前髪・つむじ・分け目も自然で後ろ姿もナチュラルな見栄え。

水・汗・風にも強く、アフターサービスも充実しています。

最後に

髪の悩みはストレスも大きく、美容や健康にも良いことはありません。
ウィッグで好みのヘアスタイルを楽しめれば、気持ちも晴れやかになれると思います。

女性は男性と違い遺伝や男性ホルモンの影響は少ないと言われていますので、適切なケアで薄毛の改善が期待できますから育毛剤やシャンプーの見直し、そして食生活や生活習慣の見直すことも同時におすすめします。

育毛剤いま使うならどれ?女性用育毛剤ランキングと口コミを調査してみました。

2018.03.12

育毛剤を使った40代女性の3ヵ月。効果と変化

2018.01.21
女性用の薄毛治療プログラムがついにスタート!
  • 4ヵ月で99%が発毛を実感
  • 年間12,000人の発毛
  • 無料カウンセリング受付中
The following two tabs change content below.
Chika(美容師)
小学6年生のとき親戚に美容師がいて憧れを持ったのが始まり。 美容師にも得意・不得意がありますが、私はカラーリングです。 塗布も得意ですが色の調合が好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)