〝シリコンシャンプー”って良いの悪いの?

シャンプーとコンディショナー、ボディソープ
シャンプーに入っているシリコンって、「悪い」というような見方もありますが、実際どうなんでしょう。
一概に善悪で片づけられないんですが、ここでシャンプーにおけるシリコンの目的や役割、どんな問題があるのかなど。ご紹介していきますね。

シャンプーのシリコンってどういう目的で入ってるの?

シャンプーにおけるシリコンの目的は髪をコーティングして手触りなどを良くするものです。

洗髪やすすぎの際に毛髪どうしの摩擦を軽減する、つややしっとり感のような仕上がりの質感をコントロールすることなどが挙げられます。

シリコンは悪なのか?

○と×を持つ赤い服の女性

そもそも、シリコンは悪なのか、という問題ですが、
結論から言えばシリコンは悪いものではありません。

人体には無害なもので多くの美容整形で使われている安全性のあるものです。

シリコンは上記で話したように手触りを良くしてくれるもので、キューティクルの剥がれを防ぐ、ドライヤーの熱や紫外線・乾燥から髪を守る、広がりやすい髪をしっかりまとめる、髪同士の摩擦を減らすなどの効果がありますので決して悪いわけではありません。

とはいえ、デメリットな部分もあって
ノンシリコンに比べ髪に重さが残ったりパーマやカラーがノンシリコンに比べ入りにくかったり、浸透しにくかったりという点があります。

シャンプーに入っているシリコンが髪や頭皮のトラブルを引き起こす原因になるの?

シャンプーに入っているシリコンは髪や頭皮のトラブルを引き起こす原因になることもあります。

すべてのシャンプーがというわけではありませんが、安価なものに特に言えますが、洗浄力が強すぎる成分が配合されているときしみを起こしやすいので緩和するためにシリコンをいれているものが多いため、指通りが良くても結局は洗浄力が強いため頭皮や髪のトラブルに。

シリコン入りのシャンプーのあとにトリートメントやコンディショナーを使って意味あるの?

腕組して考える女性

シリコン入りのシャンプーのあとにトリートメントやコンディショナーを使って意味があるのかということですが、もちろん意味はあります。

というのも、シャンプーのきしみを抑えるためにシリコンが配合されていてトリートメントやコンディショナーにも配合されているから意味がないんじゃない?と思うかもしれませんが、トリートメントやコンディショナーの場合シリコンだけではなくダメージ補修成分など髪を補修したり与えたりする美容成分がシャンプーに比べて豊富に配合されていますので、意味がないわけではないんです。

シリコンが毛穴に詰まって塞いでしまう…という噂について

ネットで目にしたことがあるのですが、「シャンプーのシリコンは毛穴を塞ぐ」とか「シリコンは毛穴に詰まる」という噂ですが、実際のところどうなんでしょう。
たしかに、シリコンが毛穴を塞いで発毛を邪魔するとか、という話がネットでは噂になっていますが、その噂についてはシリコン自体が毛穴に詰まることは考えられません。
ですが、毛穴詰まりにシリコンが影響することがあるので、ご紹介しますね。

シリコンは毛穴を完全に塞いでしまうほど、大きな粒子ではありません。

お伝えしたように、シリコンが毛穴詰まりと関係がないのは事実ですが、しかしシリコンシャンプーは全て安心できるというわけではありません。

例えば、
シリコンが過剰に配合されているシャンプーは、頭皮を過剰にコーティングしてしまう可能性があります。
そのため、皮脂や汗が上手く排出されず、毛穴詰まりに繋がって仕舞うことがあるということです。

シリコン自体が毛穴に詰まる可能性は考えにくいけど、シリコンのコーティングで皮脂汚れが詰まってしまう恐れがあるということなんですね。
あくまで「シリコンの配合が多過ぎる」ケースです。
あまり心配する必要はありませんが、こういった可能性も少なからず考えられるということですね。

シリコンシャンプーがおすすめの人ってどんな人?

シリコンシャンプーにはメリットやデメリットがありますが、シリコンシャンプーがおすすめな人は、

  • どうしても髪がパサついてまとまらない
  • ヘアアイロンやコテを毎日使う

など髪の毛のダメージが気になったり与えてしまう場合には、やはりノンシリコンよりもシリコンシャンプーのほうがおすすめと言えます。

ノンシリコンのシャンプーを選ぶなら洗浄成分はアミノ酸の方が良い。その理由とは

ブラシで髪をとかす女性の後ろ姿

シリコンシャンプーよりノンシリコンシャンプーを選ぶなら洗浄成分はアミノ酸のほうがいいです。 というのは、シリコンシャンプーであれば多少洗浄力が強くてもシリコンが配合されているので、きしんだりすることは少ないですが、シリコンが入っていないノンシリコンで洗浄力が強いものを使うときしんだり逆効果になりかねません。

そのリスクを減らすために洗浄力がマイルドなアミノ酸で作られたシャンプーのほうが良いというわけです。

シャンプーの洗浄力の違いは、シリコンが良いか不要かの一つの基準に

  • 洗浄力が強ければ、ダメージを与える要因になるのでシリコンが入ったシャンプーの方が良い。
  • ノンシリコンなら、髪に優しいアミノ酸シャンプーが良い。
このようにお伝えしましたが、ではシャンプーの洗浄成分による違いやメリット・デメリットを見てみましょう。
  アミノ酸系シャンプー 石油系シャンプー
メリット
  1. 洗浄力がマイルド
  2. 皮脂を奪い過ぎない
  3. 弱酸性で髪と頭皮に優しい
  4. 環境に優しい
  5. 髪のタンパク質を守る
  1. 低価格
  2. 泡立ちが良い
デメリット
  1. 価格が高い
  2. 整髪料は落ちにくい
  1. 洗浄力が強い
  2. 頭皮への刺激が強い
  3. 頭皮が乾燥しやすい
  4. 環境によくない
このような特徴から、安価なものほどシリコンが入っているのですね。
最近ではノンシリコンがブームのようになってますので、安価なシャンプーでもノンシリコンのものもありますが、洗浄力が強いと髪にもダメージになるのでシリコン入りの方が良いという見方もあります。

アミノ酸シャンプーは髪のダメージを守り頭皮の乾燥を防ぐことに繋がる

お風呂場でシャンプーしている女性

アミノ酸シャンプーはただ洗浄力がマイルドなだけではありません。
洗浄力がマイルドな他にもアミノ酸シャンプーは保湿成分が高いため髪の毛のダメージを守りながら頭皮の乾燥も防ぐことに繋がります。
また、ダメージヘアやドライヘアの方の髪をしっとりと落ちつきを与えます。

無添加、自然派、天然成分由来のものが多いので、髪や頭皮に悪い影響がある成分をできるだけ排除して、髪に良い成分をたくさん配合するように作られていますので、アミノ酸シャンプーはおすすめです。

さいごに

シリコンにも役割があり必要性があって配合されているので、善悪では決められないということですね。
そうでうね。
ただし、石油系界面活性剤は刺激が強いのでシリコンでコーティングしないと傷みをごまかせない。
という見方もできますので、その点も踏まえて使いましょう。
髪のことが中心になりましたが、私の場合、
乾燥肌がヒドイので石油系界面活性剤のシャンプーはフケやかゆみが出てヒドイことになるので使えません><
髪のことはもちろんですけど、健康な頭皮がコシやツヤのある髪を生やすので、頭皮のことも考えてシャンプーを選びたいですね。

美容師も納得!髪と頭皮に優しいアミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)