髪が柔らかくなった?歳をとって軟毛になった人は注意!頭皮ケアの見直しポイント

最近なんだか髪質がやわらかくなったなと感じていませんか?

もともと髪が柔らかい人もいますが、硬くしっかりした毛髪の人がある時を境に柔らかい髪質になってしまった。
そんな場合は、頭皮ケアを見直すサインかもしれません。

髪質が変わる主な原因と、柔らかくやせ細った髪に対する予防や改善に向けたケアの方法をご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

髪質が柔らかくなった?!髪質が変わる主な原因とは

考える女性
最初に、髪質が変わってしまう主な原因を見ていきましょう。
主に下記の2つです。

加齢によるもの

まずは加齢によるものです。

これは年はとりますから避けては通れない原因にはなってしまうのですが、加齢を遅らせることも促進させてしまうことも。

年齢を重ねるにつれて、若い頃にはあったハリとコシがだんだんと減っていきます。

さらにはホルモンも関係して、エストロゲンという女性ホルモンが減少して髪がやわらかく弱々しくなっていきます。

加齢のほかに頭皮のトラブルも髪をやわらかく弱々しくさせる原因になります。

健やかな毛髪は頭皮の状態が健康の証。

しかしかゆみや乾燥などといった頭皮のトラブルは頭皮の環境が悪い状態なので健やかな毛髪は生えてきませんし、栄養も十分に行き渡らないため弱々しい髪質へと変化してしまうのです。

もともと猫っ毛の人と、軟毛へ変わってしまう人は違う。

分かれ道

もともと猫っ毛の人と軟毛へと変わってしまうのは違います。

もともと猫っ毛の人は遺伝的なものですから、髪の毛が少ないわけではないです。

しかし、もともと猫っ毛ではないひとが軟毛に変わってしまう場合はよくありません。

剛毛などしっかりした髪質が変化するということはなんらかの原因によりダメージを受けてだんだん弱々しく栄養が行き渡らず軟らかい髪質に。
遺伝的なものは仕方ありませんが、ヘアケアにおいて変わったなら要注意。

髪が柔らかく軟毛になった人が取り組んでほしいヘアケア。

成功のカギ

髪が最近軟らかく軟毛になってしまった人はどうしたら良いのか。

ここからがある意味本題です。
頭皮の健康を育むヘアケアの方法をご紹介します。
エイジングケアにも良いので参考にしてみて下さいね。

シャンプーを見直す

まずは、シャンプーを見直すことが必須です。

安価な刺激の強いシャンプーは頭皮には良くないという事はご存知の方も多いですが、髪にも良くないんです。

健康な髪の毛であればそこまで問題ではありませんがすでにダメージを受けて弱々しくなっていますから、刺激の強いシャンプーは毛髪にもダメージとなっています。

安価なシャンプーは洗浄力や刺激の強い成分が配合されているものが多いのでそういったものがないかを確認しましょう。

もし配合されているならすぐにやめてアミノ酸などのマイルドな優しい負担の少ないシャンプーに変えましょう。

関連コラム

美しいツヤのある髪を取り戻す!アミノ酸シャンプー特集。

2018.02.18

洗い方・乾かし方を見直す

シャンプーの見直しができたら次に洗いかたや乾かしかたを見直してみてください。

ごしごし擦りあわせるような洗いかたはしていませんか?

ごしごし擦りあわせるような洗いかたは摩擦を与えてしまい髪の毛にダメージとなってしまいますから指のはらを使って優しく洗うようにしましょう。

乾かしかたについてもやみくもに乾かしては髪の毛にダメージを与えてしまい結果弱々しい髪の毛になってしまいますから、熱によるダメージを少なくするのにしっかりタオルドライをして乾かしすぎないように距離を保ち素早く乾かしましょう。

関連コラム

薄毛・抜け毛を予防する髪の洗い方・乾かし方と注意点

2015年12月29日

頭皮マッサージを取り入れる

年齢を重ねて自然と髪が軟化してきたとしても、毎日のケア次第で元の髪質に戻すことができます。

そこで良いとされるのが頭皮のマッサージ。

常に血行が良い状態をキープしておくと、髪に栄養が届き健康で太い髪が育ちやすくなります。

関連コラム

自分でできる頭皮マッサージの方法をご紹介します。

2018年3月19日

美容液や育毛剤を使う

シャンプーなどの他に髪の毛を健やかにするために良いのが美容液や育毛剤です。

育毛剤は名前の通り髪の毛を育てるものですから、弱々しい髪の毛を健康な髪の毛にするために育毛剤を使うのもひとつの方法。

また、美容液は髪の毛を美しく保つために使われます。

保湿成分や美容成分が配合されており、頭皮だけではなく髪にも栄養を届けてくれます。

そのため弱々しくなった髪を元気にしてくれますから美容液を使うのもひとつの方法です。

関連コラム

nahokoさんの髪の生え際を撮影した写真

育毛剤を使った40代女性の3ヵ月。効果と変化

2018年1月21日

さいごに

いかがでしたか?

  1. シャンプーを見直す
  2. 洗い方・乾かし方を見直す
  3. 頭皮マッサージを取り入れる
  4. 美容液や育毛剤を使う

4つのポイントをご紹介してきました。

ヘアケアは毎日のことですから、小さな積み重ねが大事です。

ちょっと負担を与えていたかもしれないなぁ、とか
間違っていたかなぁという点があれば、

少しずつでも続けていって、習慣にしていってくださいね。

また、基本的なことですが
髪の毛は頭皮から生えています。

頭皮環境を良くするために大事なことをお伝えしてきましたが、適度な運動や内側からの栄養素摂取も頭皮の環境には欠かせないことのひとつですから、内側から外側からのケアを行っていきましょう。

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)