育毛剤だけで大丈夫?!抜け毛の進行が止まらない!薄毛を改善するために見直したいこと

育毛剤を手のひらに出している写真

近年TVでも女性用の育毛剤を目にすることが増えました。

それと同時に、最近では薄毛に悩む女性の若年化も叫ばれています。

女性の場合、男性のように遺伝や男性ホルモンの影響で薄毛になる可能性は低く適切な予防とヘアケアで改善できる可能性が高いと言われています。

こちらでは女性が薄毛になる原因と予防・改善の為に見直したいことをご紹介しますので、あなたもご自身の状況を見つめなおして薄毛や抜け毛の改善にお役立て頂ければと思います。

女性の薄毛の原因は主に、ホルモンバランスの乱れと頭皮の血流低下と言われる

原因としてホルモンバランスの乱れによるものと生活習慣の乱れによって、頭皮に血流が上手く行き渡りずらくなり、若い女性の方でも薄毛の原因に繋がってしまいます。

どういうケアをするにしても、まずは原因を知ることから。

原因がわからないとどう対処したらいいのか?わからないと思います。

もし、髪が痩せ細ってきたり、抜け毛が多くなったらまず頭皮をチェックしてみましょう。

フケやかゆみ、炎症など、頭皮に異常が見られたら場合には皮膚科のお医者さんに診てもらうのも選択肢。
もしかしたら、皮膚疾患の可能性があります。

異常がない場合は毛穴に皮脂が詰まってしまっていたり、生活習慣が悪くなっているなどと言った原因があげられます。

【セルフチェック】あなたはこのような心当たりはありませんか?

もしやってしまっていたら、このことが原因で薄毛になってしまっているかもしれません。

食生活が不規則・偏りがち

バランスの悪い食生活は頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまい、頭皮環境が悪くなって髪の毛が細くなったり、抜けやすくなってしまいます。

ストレスの溜め込みやすい性格

ストレスが溜まりすぎると、ホルモンバランスが崩れやすくなったり、自律神経の働きが正常に働かなくなってしまったりします。

無理なダイエットをしている

健康的に適度なダイエットであれば問題はありませんが、絶食や過度な運動をしてしまうと、ホルモンバランスも悪くなり、身体の不調も現れてしまい、血行不良になりやすくなります。

生活リズムが一定じゃない

睡眠不足など規則正しい生活が送れていないと血行不良になったりと頭皮だけではなく、身体の不調にも繋がります。
若者でも関係ない!そのトラブル、ヒドイなら病院に行った方が良い。

ふけやかゆみなどの頭皮トラブルがある

頭皮がカサカサしていたり、ふけやかゆみが出ていたりシャンプーするとヒリヒリしたりしているならシャンプーを見直してみましょう。
安価なシャンプーは洗浄力が強く、頭皮の弱い方にとっては刺激になってしまう場合があります。

乾燥肌や敏感肌、アトピー体質の方など、肌が弱い方は洗浄力が優しく保湿成分が頭皮の乾燥を守ってくれる育毛シャンプーに変えてみることをおすすめします。
毛根や髪だけを健康にしようとしても頭皮の状態が良くなければ育毛剤の効果も発揮されないでしょう。

一度診てもらった方が良いヒドイ頭皮トラブルとは

育毛剤を使う前に、皮膚科へ行ったほうが良いケースがあります。
頭皮のトラブルが健康な髪を生やす妨げになっていることがありますので、まずは頭皮を健康にする事が大切だからです。

  • 頭皮に出来物ができている。
  • 湿疹や炎症を起こしている。
  • 皮脂の分泌が多くベタつきが酷い。

といった症状がある場合は皮膚疾患の恐れがあります。

セルフケアでは改善を目指すにしても時間がかかるでしょうし、ケアが間違っていれば悪化する恐れもあります。

薄毛や抜け毛の改善を目指すなら、やはりシャンプーや育毛剤でのヘアケアが大切ですが、頭皮に皮膚疾患を抱えたまま育毛剤を使っても、思うような効果は得るのは難しくなりますから、放置せずに皮膚科に受診してみることをおすすめします。

シャンプーだけ!育毛剤だけ!ではなく自分自身のウイークポイントの見直しも必須!

偏った食生活を送っていたり、過度なストレスでホルモンバランスが乱れているのに、高価な育毛剤を使い続けていても、やっぱり思うような効果は期待できないでしょう。

上記でご紹介したセルフチェックの5つのポイントから、ご自身の頭皮の状態や生活習慣を照らし合わせて、ウイークポイント(弱点)も見つめなおしましょう。

フケやかゆみが出やすいなら育毛シャンプーで頭皮トラブルを予防しながら育毛剤を使うことをおすすめします。

食生活の改善が難しいなら、育毛サプリで髪の発育に不足しがちな栄養を補給しながら育毛剤を使うことをおすすめします。

過度なストレスを抱え込んで生活しているなら、そのストレスを上手に発散する方法を考えなければならないでしょう。

生活習慣や体質や肌質は個人個人それぞれ違いますので、抜け毛がヒドいから、薄毛がヒドいからと単純に育毛剤だけ使うのではなく、ご自分にとってのウイークポイントを見つめなおし、その弱点の克服や改善も同時に行っていくことが発毛を改善する近道になるでしょう。

スキンケアと同じ!カラダの内と外からケアしよう

結局は頭皮も顔やカラダと同じ皮膚なので、スキンケアと同じくケアしてあげましょう。

「肌は内臓を映し出す鏡」ともいいます。

私達のカラダは栄養からできていて、常に新陳代謝を繰り返して作られています。
その栄養のほとんどは食事から摂るものですから、髪の毛に十分な栄養が行き渡るようにバランスの取れた食事を摂ることが大事です。

しかし、仕事や家庭の事など何かと忙しいと、毎日バランス良く摂取し続けるというのはなかなか難しい場合もあると思います。
そんな時には、育毛サプリメントで不足しがちな栄養を補ってあげる方法も良いと思います。

健康な頭皮でいるために続けたいこと

外側からケアしていく上で、頭皮マッサージも続けて行きたいです。

毛根を元気にするためにも頭皮の血行を促進してあげる事は大切です。

頭皮が固いのは血行が良くない状態です。
固い頭皮を柔らかくするには頭皮マッサージを毎日テレビを見ながらでもいいので、続けていくことで、柔らかくなっていきます。

一度に全部を改善していくのは難しいと思いますが、頭皮の状態や食生活や睡眠、ストレスなど薄毛や抜け毛の原因は一つとは限りませんので、育毛剤だけで改善するのではなく、頭皮の弱い方や栄養バランスに不安のある方は特に、育毛シャンプーや育毛サプリを併用して頭皮と毛根を健康にしてあげましょう。

軽い運動が薄毛予防に繋がる!その訳とどういう運動が良いのか。

ウォーキングしている女性

「適度な運動できていますか?」
社会人になると自ら積極的に運動しようとしなければ運動する機会が減ってくると思います。

分かっていても、仕事や家庭の事で毎日何かと忙しいと、ついつい自分のカラダのことって疎かになりがちですよね。

だけど、薄毛や抜け毛に悩んでいて「もっと悪化したらどうしよう」と悩んでいるなら有酸素運動を取り入れることをおすすめします。
特に体力が必要なわけでないので、その理由と方法などご紹介します。

運動で薄毛予防になる理由とその目的

運動をすることで汗をかき体力がつくと、新陳代謝が良くなるので健康な身体を作り、それに伴って血行も良くなるということに繋がります。

髪の毛も身体の一部なので、運動することによって血流がよくなって健康な髪の毛を作る為に良い助けになります。

逆に運動不足だと血行も悪くなるといえます。
特に30代後半くらいから体力の衰えを感じている方も多いのではないでしょうか。

ただでさえ加齢で代謝も低下していきますから、頭皮も血行が悪くなって髪の毛も健康になれずキレイな髪が生えてきずらくなります。
身体の血行を良くすることによって頭皮にも十分な血行が流れ頭皮環境を整えてくれキレイでツヤのある髪の毛が生えてきます。

どのくらい運動するといいの?

何もハードな運動をする必要はありません。

髪の毛に効果的な運動は「有酸素運動」をすることです。

ウォーキング・自転車・ランニング・水泳などの軽い運動を1日30分程度続けることが健康の為にも良いと言われています。

疲れない程度が丁度良いでしょう。
量よりも長く続けていくことが大切です。
最初は無理をせずに少しずつ心臓に負担がかからない程度で続けていくのが長続きするコツだと思います。

因みに、
呼吸しながら酸素によって燃焼させるのが有酸素運動です。

短距離走やウエイトリフティングなど、瞬間的な力を生む運動は「無酸素運動」です。

血行促進とふくらはぎの関係

ふくらはぎをマッサージしている女性の脚

ふくらはぎには、下半身に流れた血液を心臓へ戻すポンプの働きをしていると言われており、 血液の流れを良くするには、その第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎがポイントになります。

特に長時間立っていることが多い人や座りっぱなしという人は、血液が下に下がりやすいので上げることも血行を促進するのに役立つでしょう。

なので、ふくらはぎマッサージもおすすめです。

タイミングとしては入浴後や寝る前にふくらはぎを優しくマッサージをしてリンパ刺激してあげ、下に溜まった血液を流すことが血行促進につながっていきます。
強さは自分で気持ちいいなと思うくらいの力加減で良いでしょう。

ふくらはぎマッサージは、狭心症、不整脈、動悸、息切れ、心筋梗塞など成人病予防にも良いといわれて注目される方法です。
ふくらはぎマッサージに関する書籍も沢山出ていますので、興味のある方はご覧になってみては如何でしょう。
⇒アマゾンのふくらはぎマッサージのに関する本を見る

薄毛対策だけではなく、健康的な身体作りが髪の健康にも繋がる

薄毛の原因として一つに、「頭皮の血行不良」が挙げられます。

育毛剤の多くは頭皮の血行を促進することを目的としていると言われています。

血行を良くすることは、身体の健康にも繋がり、代謝が良いということはアンチエイジングにも良い事ですので、良いこと尽くめです。

肌は新陳代謝で新しい細胞が生まれ、体調や体の変化を実感できるまでは時間の掛かることですが、有酸素運動でカラダの巡りを良くすることは薄毛の改善だけでなく、今より薄毛や抜け毛を悪化させない為にも取り入れたい事の一つと言えるでしょう。

育毛剤と一緒に使いたい育毛サプリメントってどうなの?

サプリメントを持った女性

すでに育毛剤を使っていて効果がいまいち実感できないとお悩みの方は、食生活にも目を向けてみて下さい。

髪の毛には外からケアしていくのも、もちろん大切ですが内側からケアしていくのも大切なことなのです。
発毛や育毛に効果的なヘアケアをしていく上で、内部からのケアをする育毛サプリメントはどのくらいの効果があるのか?

どんな人に向いているのか?を紹介をしていきたいと思います。

育毛サプリメントの目的と期待できる効果とは

育毛サプリメントは外側から髪の状態を整えていくのではなく、内側から髪の毛を健康状態に整えてあげるのが目的です。

育毛サプリメントには髪の毛の成長に必要なイソフラボンや亜鉛、必須アミノ酸の1つLーリジンなどが含まれています。

サプリメントの取り方はビタミンやミネラルなど多くのサプリメントと同様飲み方は同じです。
育毛サプリメントも商品それぞれ服用する量は違うので、表記されている量を守り服用してください。

育毛サプリメントに期待する効果とは

育毛サプリは髪の成長に欠かせない成分を補給するのに効果的ですが、サプリメントは栄養補助食品です。
食生活が偏ってしまいがちな方はできるだけバランスの良い食事を心がけながら、不足分を育毛サプリメントで補いましょう。

また、サプリメントの場合も育毛剤と同様続けていかなければ効果は期待できません。

育毛剤にプラスして育毛サプリメントを使い、外側と内側から攻めていくことで少しずつ効果が実感できると思いますので、まずは半年、1年くらい続けてみることをおすすめします。

育毛サプリメントはどんな人に向いているのか?

育毛サプリメントのメリットは普段の食生活、生活習慣の乱れを補ってくれるもので、仕事の関係上どうしても不規則になりがちな方には心強いものです。

なので、普段から食生活や生活習慣に気を付けている方には、特に服用する必要はないのかと思われます。

サプリメントは安いものではないので、自分で食生活や生活習慣を改善出来る方は育毛用シャンプーと育毛剤だけでも効果は得られると思います。

好き嫌いが多くて栄養バランスに不安のある方や食生活が乱れがちな方は、内部ケアとして育毛サプリメントを取り入れてみることをおすすめします。

育毛剤にしても育毛サプリメントにしても続ける事が大事で、薬ではないので即効性は期待できません。
なので、どちらにしても早めの対策を心がけることをおすすめします。

乾燥やふけ・かゆみ、頭皮にトラブルがあるならシャンプーで予防

育毛剤や育毛サプリに比べて、見落としがちなのがシャンプーではないでしょうか?

かゆみが出やすかったり、ふけが出たりカサついて頭皮が硬くなっていたりすると当然、髪の成長にも良くありません。

特に乾燥肌や頭皮の弱い方、頭皮が荒れている方にとっての薄毛・抜け毛の対策と予防に育毛シャンプーは必須と言えます。

なぜなら、シャンプーは毎日使うものだからです。

毎日の積み重ねで良くも悪くも影響を与えます。
毎日毎日シャンプーして清潔にしているはずなのに、フケやかゆみ、炎症を引き起こしたり頭皮が乾燥して硬化してきているならシャンプーに一因があるとみるべきでしょう。

シャンプーは安価なものほど刺激が強く、洗浄力も高くなる傾向にあります。

頭皮の場合、髪があるので症状を見つけにくいで髪がやせ細ったりパサつくようになっても頭皮に問題があると気づかない方もいます。

年齢とともに乾燥しやすくなるうえに、シャンプーの洗浄力が強ければ頭皮の乾燥を促進してしまう原因になります。
年齢とともに変化する頭皮環境に対応したシャンプーへの見直しは、薄毛や抜け毛から髪を守るうえでおすすめです。

まとめ。

スキンケアと同じ発想で頭皮を洗うシャンプーの洗浄成分がアミノ酸です。
マイルドな洗浄成分で優しく洗うことで乾燥の予防に繋がります。

育毛シャンプーで清潔にして優しく頭皮環境を整えたうえで、育毛剤を塗布して軽くマッサージしてあげましょう。

育毛剤を使うタイミングは

シャンプーの後に塗布する

タオルドライ後、頭皮が湿っている状態のときにつける。

指で髪の分け目を作るようにして、頭皮全体にわたって直接塗布していく。

全体に馴染ませて、優しくマッサージします。
頭皮用エッセンスは、頭皮が湿っている状態のほうが浸透力がアップします。
なので、洗顔後の化粧水のような感覚で、タオルドライしたあとの習慣にしましょう。

ご自身のウィークポイントを見つめなおして、内と外からケアしていきましょう。
コツコツ続けていくとあなたの髪もきっと応えてくれると思いますよ。

育毛剤を使った40代女性の3ヵ月。効果と変化

2018.01.21
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。