赤ちゃんや小学生など、頭皮が弱いお子さんにおすすめのシャンプーとは

お子さんの肌が弱くてお悩みの親御さんも多いと思います。

シャンプーや石鹸は体を洗うために毎日皮膚に直接触れるものですから、肌が弱いと添加物はトラブルの原因になる事があります。

肌の弱い赤ちゃんから大人まで、髪と頭皮に優しいシャンプーの選び方をお伝えしますので参考にしてみて下さいね。

頭皮がベタついたり、フケやかゆみが出る主な原因とは

主な原因はシャンプー類があっていないことが考えられます。

水分が足りない乾燥状態に陥ると頭皮自身が自力で油分を出し、それで水分を補おうとするのが主な原因となります。

シャンプーのうたい文句がどうであれ、シャンプーと頭皮が合わないとそういう状態になってしまうようです。

アトピーやアレルギー持ちのお子さんが増えているように、頭皮も添加物の刺激は避けてあげましょう。

大人と同じように、やはり添加物は刺激となるのでアトピーやアレルギー持ちの子は特にですが、もちろん子供も避けるべきだと思います。

赤ちゃんはまだ頭皮も柔らかいですし、たとえまだトラブルがない頭皮でも蓄積していきいずれは様々なトラブルを招きかねませんし、かゆみをうったえてきたりしたら要注意です。

アトピーやアレルギー持ちの子にいたっては、かゆみだけでなく刺激を痛みに感じることもあるので、大人同様気をつけることが大切です。

なぜアミノ酸?なぜ無添加?安価なものは避けるべき理由とは

やはり安価なものはコストを重視しているものが多く大量生産されています。

ですので、成分は刺激になるものが含まれているものも多くあるため、頭皮のことを考えるのならやっぱり刺激の少ないアミノ酸だったり添加物のない無添加と書いてあるもののほうが良いです。

ただし無添加の定義も曖昧なので注意です。

合成香料や合成着色料が不使用なだけでも無添加です。
鉱物油やパラベン不使用でも無添加です。

頭皮に優しいものを選ぶのであれば、シャンプーの良し悪しに関係のない合成の香料や着色料不使用なのはもちろん、アルコールや鉱物油、パラベンなどの刺激となる成分が不使用のものを選びましょう。

シャンプーは毎日使うものですよね。

食事も添加物だらけだと体に異常を感じてくるのと同じで、シャンプーだって毎日添加物や刺激を与えていれば頭皮に異常を感じて様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

それを防ぐためにもアミノ酸や無添加など刺激を抑えてあげることが必要です。

「シャンプーくらいで変わるの!?」疑いを持つ人ほど一度、試してみることをおすすめします。

不安げな表情の女性

シャンプーだけで変わるの?と疑う人も多いでしょう。

皮膚が丈夫な人には、この必要性は理解できないかもしれません。

化粧品にも言えますし、石鹸にも言える事です。

頭皮の弱い方、敏感肌や乾燥肌の方なら、何気なく使っているシャンプーを質の良いシャンプーをするだけでも随分変わるはずです。

べたついてた頭皮や髪がサラサラになったり髪が絡まなくなったり…、個人差はあるでしょうけれど、数カ月試してみると違いが判ると思いますよ。

関連特集

→今おすすめの髪と頭皮に優しいシャンプーを使い比べてみました。

シャンプーと〝洗い方”にも気をつけましょう。

バスルームでシャンプーする赤ちゃん

シャンプーの成分や刺激も大切でが、頭皮に優しいシャンプーを髪と頭皮に優しく使うためには、洗い方も正しい洗い方をしなくてはいけません。

せっかくシャンプーに気を使っていてもお湯が熱すぎてしまったり、爪をたててゴシゴシ洗ってしまったり流し足りなかったりしては頭皮に負担になります。

正しいシャンプーの方法については、こちらで詳しく手順を解説しています。
⇒髪と地肌をいたわるシャンプーの方法について

「肌は内臓の鏡」食生活に原因があるかも…という事も見つめなおしてみて下さい。

シャンプーも変えたし洗い方も気をつけているのに…、なんてこともありますよね。

その原因の1つに食生活にも問題があるのではないでしょうか。

外食やコンビニばかり、偏った食事など栄養バランスが乱れていてはそれも頭皮や髪に影響してきます。
子供となるとやはり食生活は大変です。私も実感します。

お菓子が欲しいとだだをこねたりあれは食べないと好き嫌いに悩まされますが、頭皮や髪を健康にするには栄養バランスがとても大切です。

【関連特集】
⇒小さなお子さんからお年寄りまで、髪と頭皮に優しいおすすめシャンプー特集はこちら

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。