お子さんのふけに悩まされているママへ

浴槽においてあるアヒルのおもちゃ

赤ちゃんは幼い子供のふけにお悩みのママさんへ

小さなお子さんの頭皮ケアについてご紹介します。

ふけもひどくなると皮膚炎になる恐れもありますし、髪の健康のためにも早めの予防と対策がおすすめです。

ママやパパが注すべき点と、小さなお子さんのヘアケアの方法をご紹介します。

一つじゃない?そもそもあかちゃんや小さな子供のふけが出る原因ってなに?

フケというと大人の頭皮だけと思われがちですが、実は子どもや乳児にもフケが出ることがあります。

その原因はというと、考えられるのは2つ。
それは乾燥と脂漏性皮膚炎の場合が多いです。

子どもや乳児のフケは何かの要因によって、頭皮に異常が起こっていると考えられます。

特に生後3カ月ぐらいまでの赤ちゃんに多い皮膚疾患ですが、赤ちゃんの場合は自然治癒することがほとんどと言われていますので神経質になりすぎなくても大丈夫です。

小さな子供の頭皮がなぜ乾燥する主な原因とは

主な理由は子供は大人よりも肌が繊細ということ。
そのためシャンプーがあっていなかったり、シャンプーのやり方が悪いと乾燥を引き起こしてしまいます。

小学生くらいまでの子供の肌はとてもデリケートです。
腺も成長しきっていない子供は、皮脂によるバリア機能も発達しきっておらず、さまざまな乾燥トラブルを抱えやすいのです。

脂漏性皮膚炎になる主な原因とは

遺伝的な要因で発症する場合もあるようですが、空気の乾燥や気温の変化や汗、またはしっかり洗って乾燥させてしまうことで皮脂の分泌が増え、皮膚の常駐菌の一つであるマラセチア菌が繁殖して炎症を引き起こしてしまうのが脂漏性皮膚炎の原因と言われています。

皮膚に分泌される皮脂によって肌の水分が保たれています。ゴシゴシ洗って皮脂を奪い過ぎると皮膚を乾燥から守るために皮脂の分泌が増えることがあります。初期症状としてポロポロとかさぶたのようなフケが出たりかゆみを伴うケースがあるようです。

またハウスダストに含まれるダ二やダ二の死骸、ダ二の糞も悪化原因と考えられています。
脂性の場合だけでなく、乾燥肌やアトピーの本来皮脂を分泌する力が弱い肌でも発症するケースがあります。

子供のシャンプーで間違えがちな、やってはいけないこと

お風呂上り頭を拭いてもらう赤ちゃん

子供のシャンプーで間違えがちなやってはいけないことはいくつかあります。

まず始めに大人同様に爪を使って頭をガシガシ洗わないこと。
これは頭皮を傷つけてしまい、更に悪化させてしまう可能性がでてきてしまうからです。

特にお子さん自身で洗うときにやりがちですのでご注意を。

次にシャンプーを泡立てずそのまま頭皮にべったりつけて洗ってしまっている。
これではお子さんといえど、安価なシャンプーを使っているなら刺激を与えていますし、毛穴詰まりを引き起こしかねません。

また、よくありがちなのがすすぎが短いこと。

子供だからとざっと洗い流している人が多いのでは?

これではしっかりシャンプー剤が流れきれてないためシャンプー剤が頭皮に残留してしまうことになり刺激を与えていることになるので、子供だからといって軽く流すのをやめて、大人と同じようにしっかりすすいであげましょう。

子供の髪の頭皮を健やかに育むために見直したいこと

子供のうちから髪や頭皮を清潔にしてあげることは将来大人になってからトラブルを招かないためにとても良いことです。

逆に子供だからと雑に洗っているといずれは頭皮のトラブルに見舞われてしまいます。
ですので子供の髪や頭皮を健やかに育むために是非とも見直してみてはいかがでしょうか。

洗い方

まずは洗いかたですが、前述した通り爪を使ってごしごしかくように洗わないこと。

洗いかたは大人同様に指の腹で優しく洗ってあげてください。
乳児なんかは特に爪をたてて洗ったりはしませんよね。

手のひらを使って優しく洗い上げているお母さんがほとんどですよね。

極端にゆうとそれくらい優しくとイメージするとわかりやすいかなと思います。
当然ながらすすぎも同じようにしっかりと洗い流してあげてください。

シャンプーの頻度

子供は汗かきだからと汗をかいたらシャンプーをしているお母さんも多いのではないでしょうか。

しかし、大人と同じように子供も洗いすぎには禁物。

確かに汗がべっちょりでまるでお風呂上がりのようになる子もいますよね。
ですが、毎回毎回シャンプーを使っていたら子供といえど皮脂が奪われ乾燥した頭皮になりかねません。

もし、それほどべっちょりして汗臭く感じるなら汗はお湯でも洗い流すことができるのでお湯洗いにしてあげて、夜にシャンプー剤を使い1日の汚れをきれいに落としてあげましょう。
つまり、大人同様にシャンプーは基本的に一回で十分です。

ドライヤーで乾かす

特に髪の少ない乳児や男の子、髪の短い女の子は自然とすぐに乾くから自然乾燥でいいやとドライヤーで乾かさないお母さんも多いのではないでしょうか。

もちろんのこと、子供も自然乾燥はもってのほか。
子供といえどドライヤーでしっかりと乾かしてあげることが大事。

熱によるダメージよりも自然乾燥の方が雑菌は増えるしキューティクルは開きっぱなしになるのでダメージは大きいですよ。
面倒でも子供のうちからしっかり乾かす習慣を!

食生活

子供は好き嫌いが激しい年齢でもありお母さんを悩ませるお子さんが多いのでは?

好きなものばかりを食べていて子供は大人よりも好き嫌いが激しいあまりに栄養が片寄ってしまいがちではないでしょうか。

確かに嫌いなお野菜などを無理に食べさせるとかえってストレスになってしまうため無理に食べさせる必要はありませんが固形物がだめならみじん切りにして細かくすると食べる子もいますし、それでもダメならペースト状にしてあげるとわからずに美味しいと食べる子もいます。

そういった工夫ひとつで栄養の偏りを防ぐことができるので、お母さんは面倒くさがらずに1日3食しっかりと栄養のあるものを食べさせてあげるとトラブルを防ぐことができますよ。

睡眠

最近よく聞くのは夜更かししているお子さんが多いこと。
大人にとっても睡眠が大事なように子供にとっても睡眠は髪や頭皮にとって大事なことです。

乳児の夜泣きする時期は仕方ありませんが、一歳をすぎ離乳食から大人と同じように食事をするようになったあたりからしっかりと睡眠をとるようにしてください。

睡眠をしっかりとらないと頭皮に影響があります。

それは免疫力の低下です。

ただでさえ子供は大人よりも免疫力が低いのですから、それを妨げるようなことは避けるべきです。
理想の睡眠時間は11~14時間が良いとされます。

肌の弱いお子さんはシャンプー剤そのものが刺激になってるかも

浴室に置いてあるシャンプーボトル

中には生まれつき肌が弱いお子さんもいるでしょう。
それゆえにベビーシャンプーを使っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、ベビーシャンプーは優しいを目的としているため、乳児から幼児になる時に洗浄力が足りない場合もあるため逆にトラブルになることもあるのですが、大人と同じようにシャンプーを使うと肌の弱いお子さんはそれが刺激になっているかもしれません。

とはいえ、それは安価なシャンプーによるもの。

安価なシャンプーは石油由来の界面活性剤を多く含み刺激になるものをコストを押さえるために販売されているものがほとんど。
それを肌が弱いお子さんが使用しているとトラブルに繋がります。

石鹸や石鹸シャンプーは皮脂を奪い過ぎる

石鹸シャンプーは、シャンプーとして考えると洗浄力が高いカテゴリーに分類されます。

ですから、石鹸シャンプーは、一般的に皮脂が多くギトギトした脂っぽい頭皮の人に効果的とされます。
しかし、必要な皮脂まで根こそぎ除去してう傾向があります。

人によっては、頭皮が乾燥してしまったり、逆に皮脂を分泌させて頭がギトギトになったり、個人差が大きく出てしまうことが石鹸シャンプーの現状です。

石鹸シャンプーそのもの自体は、環境にも良いし刺激が過剰に強いモノではないですが、石鹸の洗浄力は肌や頭皮にとってやや強いので人によって合う合わないがでてきます。
個人差があるため、扱いには注意を。

うるおい成分が入ったシャンプーが乾燥から守る

シャンプーには潤い成分が多く入っているものもありますし、そうではないものもあります。

シャンプーは流してしまうものだから潤い成分はいらないのではないかと思うかもしれませんが、ないよりかは潤い成分が入っていた方が肌を乾燥から守ることができるので、シャンプーを選ぶ際には潤い成分が入っているかどうかも確認して選ぶようにしましょう。

アミノ酸シャンプーがおすすめの理由

肌や髪を構成しているタンパク質はアミノ酸から作られています。
そのため、アミノ酸シャンプーは肌への親和性が高く低刺激です。

敏感な頭皮に優しく働きかけ、毛穴につまった余分な皮脂をしっかり落とします。
また、アミノ酸自体、保湿成分が高く髪への修復効果があるため肌の弱いお子さんにも特におすすめです。

自分でシャンプーする年齢になっても、ふけが出ているならお母さんが洗って教えてあげて

ある程度の年齢になると自分でシャンプーをするようになってきますよね。

もちろん、自分でシャンプーをするようになったらそれを否定せずにやらせてあげてください。

ただ、やはりまだ子供ですから、しっかり洗えていないのがほとんどだと思います。
なにもトラブルがないようなら良いのですが、もしふけがでるようでしたら、まずお母さんやお父さんがお手本となり洗ってあげるなどして教えながら洗ってあげるようにしてあげてください。

ふけが出ていなくても、よく頭をかいているなら見直すのがおすすめ

もし、ふけがでていないのに、最近よく頭をかくようになってるなと感じているならシャンプーなどを見直してみるのがおすすめです。

ふけがでていなくても頭をかいているなら頭皮がかゆいのだと思われます。

子供ですから、ガリガリと頭皮をかいてしまうのはわかりきっていますよね。
これでは頭皮を傷つけてしまいますので、頭皮をよくかいているようなら注意してくださいね。

髪と頭皮に優しいシャンプーの手順と方法

では、ここでシャンプーの手順をおさらいしておきましょう。
基本的に大人も子供も一緒です。

髪をぬらす

地肌からしっかり濡らすしていきましょう。
地肌がしっかり濡れていないとシャンプーを付けたとき泡立ちも悪くなります。

シャンプー

シャンプーを適量にとり軽く泡立て髪の毛ではなく、地肌に泡を付けて全体になじませていきましょう。
ついつい爪を立てて強く洗いがちですが、頭皮を傷つけてしまうので絶対にやめましょう。

洗う時は指の腹を使ってマッサージをするように地肌を洗います。
濡れた髪はキューティクルが立ち上がり髪の毛が膨らんだ状態になっているので、強くこすりすぎると摩擦が生じて髪のダメージに繋がります。

また、泡立てずにそのままシャンプーを付けると毛穴をふさぐ要因になり、頭皮のトラブルになることも。

すすぎは丁寧にじっくりと

地肌からしっかり指を使って流していきましょう。

この時すすぎ不足になると頭皮のかぶれや、毛穴のつまり原因にもなるので「これでもか!」と思うくらい強くすすがずに 丁寧にすすぎましょう!
特に後頭部は髪も厚いのでしつこいくらいに。

タオルドライ

タオルで拭くときに気をつけなければならないのが、こすってはいけないとです。
タオルドライするときは、地肌を包みこみながら優しく拭いてあげて下さい。
毛先は「ポンポン」と叩いて水気をとってあげましょう。

速やかにドライヤーで乾かす

最後に大事なのは髪を乾かす事です。
ドライヤーを使う時は、毛先よりも根元から乾かしていきましょう。

ふけやかゆみでも、ひどい場合は診てもらう

もし、ふけやかゆみがひどくなった場合は、決してそのままにしてはいけません。

自分でどうにもならなくなった場合にはすぐに皮膚科に受診するようにしてください。

どうにかしようとして逆に悪化してしまってはお子さん自身も可哀想なので、自分で判断せず医師の診断のもとヘアケアをするようにしてください。

まとめ

ヘアケアは念入りにやろうとすると、肌を弱めて刺激に対して敏感になりトラブルを引き起こす原因になることもあります。

あまり神経質になるのも良くありませんが、髪と頭皮に優しいお手入れの方法と洗い過ぎに気をつけて、お子さんの髪と頭皮の健康を育んでくださいね。

地肌がデリケートなお子さんには、髪と頭皮に優しいアミノ酸シャンプーがおすすめです。

  • アミノ酸シャンプーってどんなの?
  • 1度試してみようかな

という方へ、11の無添加で髪と頭皮に優しいシャンプーが500円のトライアルがこちらで試せます。

ママのヘアケアに嬉しいアウトバストリートメントも一緒に試せます。

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)