ドライヤーで変わる!美髪になるにはドライも大切な工程

ドライヤーで髪を乾かす女性

お風呂上がりのヘアケア、しっかり出来てますか?

ヘアケアはシャンプーとトリートメントやコンディショナーだけではありません。

タオルドライからドライヤーで乾かすまでも大切な工程です。

毎日の積み重ねだからこそ差がつきやすい。
お風呂上がりのドライ工程のヘアケアと、ドライヤーの選び方・買い替え時の見極め方まで美髪へ導く方法をご紹介します。

とっても大切なので、チェックして余計なダメージから髪を守ってくださいね。

こすらずたたいてタオルドライ

籠に入っている折りたたんだバスタオル

髪のなめらかさやまとまり感のカギであるキューティクルは、濡れている時が1番デリケートな状態です。

つまり、シャンプーのあとの髪が1番無防備で傷つきやすいということ。

せっかく頭皮を意識してシャンプーをし、髪をこすらないように洗っても、乾かすときに摩擦を起こしてしまっては台無しです。

そこで意識を向けてほしいのが、タオルドライ。

ここでしっかりと水分をオフして、ドライヤーによる熱刺激を与える時間をできるだけ短縮していくことが重要です。

ポイントは

  1. 濡れ髪は傷みやすい。バスルームで手櫛などで水気をオフ
  2. タオルドライは、頭部をポンポンたたくように水分を取り除く。
  3. そのあと、毛髪部分は、タオルで軽く握るように

タオルドライの手順

手順についてお話していきます。

バスルームを出る前に手櫛で髪の余分な水分をオフ

両手のひらではさむようにするか、握るようにして、ギュっと水気を絞っても◎。
ねじって絞るのは髪が痛むのでNG。

頭部全体を乾いたタオルで包み込む

完全に乾いたタオルで頭を包み込んで頭部全体を押さえるようにして水分を吸い取る。その後ポンポンとパッティングのように。

髪をゴシゴシこすりあわせるのはNG。乾いたタオルでパッティングするのが効率よく水分がとれ、乾きやすくなります。

頭皮の水気もパッティングするようにオフ

頭皮の水気も乾いたタオルの部分でパッティングするようにオフ。毛先にたまった水分はタオルではさんで両手で圧をかけてしぼる。

タオルドライがしっかりできていれば、表面の水分はオフできるので、濡れている間の髪のダメージを防げます。

よく、シャンプーのあとすぐにドライヤーで乾かさないとと思っている人もいるようですが、まずはタオルでしっかり水分オフをすることが大切。

水分がたくさん残っている髪をドライヤーで乾かし切るにはかなりの時間がかかり!髪が傷んでしまう可能性大です。

ドライヤーの強い風で、たっぷり濡れた状態の髪どうしがこすれるとキューティクルが傷ついてしまいますよ。

こだわりたい、アウトバストリートメント

最近はたくさんのアウトバスが出ていますよね。

アウトバストリートメントとはお風呂から出た後に使う洗い流さないトリートメント。

毛髪用のアウトバストリートメントは一般的に、タオルドライ後の髪に塗るもので、髪表面を補修し質感を作るという働きがあります。

ホホバやアルガンオイルなどを配合したオイル系、クリームタイプなどテクスチャも様々。
自分がなりたい髪の質感で選ぶといいですね。

リシリッチの洗い流さないトリートメントを馴染ませた髪

このように髪に馴染ませて。
ドライヤーで乾かすと

リシリッチの洗い流さないトリートメントを馴染ませた後ドライヤーで乾かした髪

このように、シットリまとまりある髪に仕上げてくれます。

アウトバストリートメントは、お風呂上がりやスタイリングのときなどドライヤーの前に使います。
朝の寝ぐせ直しにも便利です。

かっぱのお皿部分の毛は、常に外気にさらされているため、傷みやすい部分。
インバストリートメント時と同様にここでもしっかり表面を補修してあげましょう。

ポイントは

  1. 髪表面を補修し、髪質を整えてくれるアウトバストリートメント
  2. なりたい髪をかなえるタイプを選び、タオルドライ後の髪に薄く均一に
  3. 頭頂部のかっぱのお皿部分の髪には念入りに塗り伸ばし

アウトバスとインバスのトリートメントやコンディショナーについては後ほど詳しくご紹介します。

ドライヤーは根元から乾かし8割乾燥を意識

ドライヤーで髪にボリュームをつけている女性

濡れた髪は傷つきやすいもの。

夜、シャンプーのあと生乾きのまま寝てしまうと、キューティクルが摩擦により損傷します。
また、頭皮や髪の根元がずっと生乾きの状態だと、雑菌が繁殖しやすく、蒸れや臭いの原因に。

タオルドライである程度水分をとったらドライヤーでしっかり乾かしましょう。

ドライヤーを使う時も、1番乾きづらい髪の根元を意識するのが大切。
髪の根元を乾かす意識でドライヤーを当てると乾くスピードが早い毛先にも間接的にドライヤーの熱が伝わり自然に乾いていきます。

逆に根元ではなく髪の中間や毛先を乾かすことに意識がいくと根元はいつまでも乾きません。

重要なことは、
髪をかきあげ根元を露出させながらドライヤーの送風口を地肌から10~15センチくらいまで近づけて風を当てる、一箇所に当てずにドライヤーは常に動かし髪のほうをサワサワと振りながら乾かすのは傷みにつながる、根元が乾くまではHOTの強風で乾かす。

ポイントは

  1. 髪の根元を完全に乾かせば、髪全体は自然と乾く
  2. まずは乾きづらいえりあしや後頭部から。次にサイドを乾かし、最後に頭頂部
  3. 根元乾燥はHOT強風、そのあと弱、冷風仕上げ

あと1分、長めにドライヤーを

カーラーを巻いてドライヤーを当てる少女

寝る前にしっかり乾かしたのに朝寝癖がひどい、ツヤが長時間キープできない。

そんか悩みがある人もいるでしょう。

その原因の多くは、実はしっかり乾ききっていなかったか、ドライヤーの熱が冷めきっていなかったかのどちらかです。

中でも乾かしたつもりでも実はまだ完全に乾いていなかった場合が非常に多いです。

ドライヤーを切る前に少し注意深く髪を触ってみてください。
内側のほうや、毛先、根元の毛が少ししっとりと水分を含んでいるような感覚なら、それはまだ乾かしが足りないということ。

完全に乾いた髪は、髪の内部のタンパク質がしっかりとくっついている状態。

水素結合がしっかりとできた髪は、外的刺激に強く、しなやかさを持っています。

ドライヤーで乾かすのは、この水素結合をしっかり完了させることも目的です。

しかし、実際はその手前で終わる人がほとんど。
ですから乾いたかなと思ったらあと1分長めにドライヤーを当ててみてください。

指通りのなめらかさやツヤの違いがわかるようになるはずです。

ポイントは

  1. 完全に乾かしきれていない人がとても多い。まとまりにくさの原因に
  2. いつもより少し長めにドライしてみるとするんとした指通りに変わる
  3. 完全に乾いた髪は形状記憶された状態。美髪が長くキープできる

ドライの最後は冷風で引き締め

扇風機に吹かれる犬

ドライヤー=乾かすものというイメージが先行しがちで、冷風を使いこなせていない人がたくさんいます。

冷風を当てることでキューティクルが引き締まり、整えたスタイルのキープ力が増します。

とくに効果を発揮するのは雨の日や梅雨時期など、湿度が高いとき。

日中の髪の広がりやうねり、くせが気になる方は、ドライヤー乾燥やブローをしたあとに、髪に熱がなくなるまで冷風を当ててみてください。
毛流れに沿って根元から毛先に向かって当てる感じで。

ドライ&ブローをしたあとのまとまり感が、長時間持続する効果があります。

大気の汚れや紫外線などの外的刺激から髪を守るためにも、仕上げの冷風使いは習慣にしましょう。

ポイントは、

  1. ドライヤーの冷風機能を使うことで、開いたキューティクルが引き締まる
  2. 髪の形状が記憶され、スタイルが崩れにくくなる

ドライヤーを使う際やってはいけないポイントまとめ

乾かしてからブラッシングしよう

ドライヤーで乾かしてる最中に、早く乾くからといってブラッシングしながら乾かしてませんか?

これは髪の毛を痛める原因になりますので、必ず乾かしてからブラッシングするようにしましょう。

温風で乾かしましょう。

冷風だけで乾かさないこと。
冷風だけだと毛髪のキューティクルの部分に水分が残ってしまい、髪の毛の表面が開きっぱなしになります。

つまりお肌で言うと毛穴が開きっぱなしという事です。

頭皮から乾かしましょう。

必ず髪だけでなく頭皮も乾かしてあげること!
頭皮も乾かさないと濡れた状態で寝ることになり、半乾きの状態だと細菌が繁殖しフケやかゆみの原因になってしまいます。

ドライヤーは上から乾かしましょう。

ドライヤーは決して下から乾かさず上から乾かすこと。
下から乾かしてしまうと、キューティクルが逆立ってしまいますのでパサツキの原因にもなりますし髪が広がる原因にもなります。

ドライヤーは上から下へが基本です。
なお、ドライヤーのかけ過ぎもキューティクルを破壊してしまうので気をつけましょう。

意外と知られていないインバス、アウトバスの基礎知識。ヘアケアは少しの違いで大きな差がつく!

ドライヤーを使う際にやってはいけないことや、艶やかにスタイリングするためのテクニックをお伝えしましたが、髪のダメージを予防してしっとり仕上げるためにおすすめなのがアウトバストリートメントです。

お風呂でのインバスアイテムとして洗い流すタイプのコンディショナーやトリートメントを使っている方は多いと思いますが、実はアウトバストリートメントもおすすめのアイテムです。

ここからアウトバスを含めたトリートメントやコンディショナーについて詳しく活用法などもお伝えしていきますね。
上手に活用して美しくきれいな髪に仕上げて下さいね。

リンス、コンディショナーの違いや使い分け

トリートメントを髪に馴染ませている

髪の表面を油分でコーティングし、シャンプー後のきしみを防いで、手触りをよくするのがリンスとコンディショナーです。

リンスは
髪の水分の蒸発を押さえることができますが、あくまでコーティングの役割であって、毛髪の内部にまで成分は浸透しません。

コンディショナーは
油分でカバーするという点ではリンスと同じですが、より髪の表面のコンディションを整える効果が高いのが特徴です。

トリートメントにも同様の効果がありますが、リンスやコンディショナーと異なり、毛髪の内部にまで補修成分が浸透するので、トリートメントは髪のダメージを補修することができます。

パーマやカラーリングをしている大人の髪であれば、週に一回はトリートメントを使ってスペシャルケアをすることをおすすめします。

髪の状態はもちろん、自分のライフスタイルとあわせて楽しみながら使い分けるといいですね。

リンスやコンディショナーは頭皮に塗布するのはNG

ノートに書いたNG!

リンスやコンディショナーは髪のコンディションを整えるもの。

いずれも頭皮や髪の根元にはつけず、ダメージが気になる部分につけるようにしてください。

一般的には耳から下。
ショートカットの場合毛先のみで大丈夫です。

紫外線などのダメージを受けやすい髪の表面にも、手に残った分をなでつけましょう。

リンスやコンディショナーは馴染ませたあと、時間をおかずに洗い流しても構いません。

高いコーティング効果を期待するあまり、軽くすすぐだけで大丈夫という意見もありますが、ぬめりが残っていると髪が重くなり、スタイルも決まらず。
場合によっては頭皮が炎症を起こす原因にもなるので、すすぎ残しがないように注意。

育毛系のコンディショナーには、頭皮を保湿する効果もあるものがあります。
その場合は、頭皮にも馴染ませ洗い残しのないようにすすぎましょう。

トリートメントは髪のダメージ具合に適した量を守ることが大切。一定以上は浸透しない

シャンプーやリンス、コンディショナー同様、トリートメントも製品に記載されている使用方法を守ることが一番効果がある使い方です。

髪が吸収できる有効成分の量には限度があるため、たっぷりの量を使ったからといって効果が高まるわけではありません。

トリートメント剤の量ではなく、トリートメント時にシャワーキャップやホットタオルで髪を包んで、より浸透しやすい状態にし、時間をおくことが大切。

製品によって浸透の時間は違いますが、目安は髪がやわらかくなっていること。

そしてすすぎは十分に。

トリートメント剤は残さずきちんと洗い流すことを心がけてください。
ダメージが気になる髪でも、週に数回行うことで髪質に変化がでてきます。

シリコンは髪の手触りをなめらかに整えてくれる成分なのでそれ自体は悪い成分ではない。

一時のノンシリコンブームを受け様々な情報がありますが、シリコン自体は決して悪いものではなく、高い効果を実感できる成分です。

その目的は髪をコーティングし、質感をなめらかに整えてくれること。
パーマやカラーリングで傷んだ毛先などになじませると、一回でも効果の実感が得られます。

ただ残念なことに、髪の手触りを改善させるものであって、ダメージを補修することはできません。

シリコンの種類にもよりますが、撥水力が高いシリコンは付着力が強いので、毛髪を過剰にコーティングしてしまうと、パーマがかかりづらくなったり、カラーリングの際に髪が染まらなくなるといったことになります。

シリコンを使う目的は、あくまで今生えている髪の美しさのためであり、製品ごとの使用目安量を守れば髪のダメージの進行を防ぐ最良の成分です。

ヘアケアは同じメーカーの同じラインで揃えると相乗効果が期待できる。

スキンケア同様に、基本的にはシャンプー、コンディショナー、トリートメントは相性のいい組み合わせで作られている同ラインのものを使用すると間違いないことは確か。

さらに、カラーリング用や育毛用など、目的に合わせた効果を得たい場合、専用のラインを使うことをおすすめします。

ただし、髪質が十人十色であるように、好みの使用感や仕上がりの質感も人それぞれなので、思い通りの仕上がりが得られるなら、ラインにこだわる必要はありません。

たとえば、どれかをワンランク上のアイテムに変えるだけでも仕上がりが違ってくるので自分の好みを見つけるきっかけになるでしょう。

アウトバストリートメントの選び方は様々。

アウトバス用のトリートメント剤には、様々なテクスチャの製品があり、目的や使用感や仕上がりなどが異なります。

髪を守る、艶を与える、毛先をまとめるなど目的にあわせて選んでください。
特にスタイリングの仕上げに使うトリートメント剤はタイプにより仕上がりのイメージが変わります。

オイルタイプは油分が多く配合されているので、髪をコーティングする効果が高いのが特徴。
つけてすぐ艶髪になれるので、ひとつは持っていると重宝するアイテム

ミルクタイプはサラッとしたテクスチャで髪になじみ、しっとりとした仕上がりに。
毛先に自然なまとまりが。

ミストタイプは保湿効果が高く、寝癖直しやスタイリング剤代わりに使えて便利です。

いずれも頭皮につけないようダメージ部分に。

コンディショナーが1本3役。内容もコスパも嬉しいハーブガーデンがおすすめの理由

2018.01.08

洗髪時のトリートメント効果を持続させ、ドライヤーや紫外線から守るためにおすすめ。

どんなにダメージのない髪であっても、ドライヤーの熱から髪を守り美髪のためにアウトバストリートメントはおすすめのアイテムです。

インバスとアウトバスのトリートメントの両方をした場合のほうが、髪の水分、油分バランスが整い、より理想的な状態に導きやすいと実感します。

加えて取り入れると良いのが頭皮用化粧水による頭皮への水分補給。
ドライヤーの熱で水分が奪われるのは頭皮も同じ。

毛根から髪に送られる栄養は、一般的に頭皮から15~20センチしか行き渡らないといわれます。

カラーリングやパーマを施した大人の髪は過保護なくらいケアをするのがちょうどいいです。

お風呂あがりに顔に化粧水などを塗るようなイメージで、髪のアウトバストリートメントと頭皮の保湿も習慣化するようにしてみてください。

美容師が教える!ドライヤーの選び方、買い替え時

ドライヤーっていつ頃買い替えたらいいのか。
分かりにくいと感じている方はとっても多いんじゃないでしょうか?

温風が出なくなったり壊れたら買い替える必要がありますが、それでいいのでしょうか?

ドライヤーの選び方や買い替え時についてご紹介します。

買い時はいつ?ドライヤーを買い換えるタイミングについて

ドライヤーを使う頻度に寄っても変わってきてしまいますが、

一般的に140時間と言われていますので、3、4年というところでモーターがダメになってきます。

途中で冷風に変わった場合は故障になります。
(美容室で長年使っていると冷風しか出ないドライヤーもあり変えたりします。)

そろそろダメかな?と思うキッカケはやっぱり焦げ臭い匂いじゃないでしょうか?

これは髪の毛やホコリがドライヤーの中に入り込み、電熱線と触れてしまうのが原因のひとつです。

定期的に掃除をしてあげることで寿命を伸ばすことにも繋がります。
湿度の高い所だと劣化してしまうので、湿度が低い所で保管してあげることも寿命を伸ばすことが出来ます。

どういうドライヤーを選ぶべき?

購入したドライヤーに満足していない女性

ドライヤーの選び方も大事なポイントです!

ドライヤーを正しく使う事も大切ですが、豊富な種類の中から適切なアイテムを選択することも重要です。

ダメージを最小限に押さえたい場合、風量があるパワフルなものを選択するのがいいでしょう。
吹き出し口も大きい方が、髪を素早く乾かせます。

痛みがひどい方の場合は、マイナスイオンやトルマリンなど、ダメージに配慮された商品を選択するのもおすすめです。

イオン機能付きドライヤーってどう!?

よく目にするマイナスイオンイオン付きドライヤーですが、「効果はどうなの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

髪に潤いを与えツヤが出そうなんて思いがちになってしまいますよね。

本来ドライヤーは髪を乾かすもの。

イオンの効果効能について実証する試験方法の明確な基準はないため、果たして本当に潤いやツヤが出るのかと言ったらYESとは言えないことのが多いようです。

ドライヤーで水分を飛ばしているのに水分が増すのは『乾かして潤う』とゆうことですので理論上は反比例しているように思います。

じゃぁ、マイナスイオンはなにがいいの?って思いますよね?

髪の潤いというよりも『静電気』に効果的なんです。

乾燥から起きる静電気。これを抑える効果がマイナスイオンにあり、キューティクルが整い見た目もまとまりを感じ潤って見える。

つまり、
マイナスイオン=潤いではなく

マイナスイオン=静電気を防止する
ということです。

美容師が教えるドライヤーの選び方。値段や機能で選ぶときの目安ってある?

ピンクのヘアドライヤー

あなたはドライヤーを選ぶ際にデザインが好き、新発売、安い、持ちやすい、大風量、などに惑わされていませんか?

いざ買ってみて『失敗した!』と後悔したことありませんか?

選ぶ時の目安として、以下のことに注目してみて下さい。

ワット数に注目!

ドライヤーは基本的にワット数が上がれば風量、温度は上がります。

一般的に家庭用は600~1200ワットですが、1000~1200ワットをオススメします。

それ以上は美容室向けのためブレーカーが落ちやすくなってしまいます。
1000ワット以下は風量が弱く乾くのに時間がかかります。

折りたたみ式より耐久性!

一見折りたたみ式はコンパクトにできるし持ち運びにも便利に思えますが、実は折りたたみ式は耐久性にかけてしまいます。

マイナスイオンより風速!

マイナスイオンも良い事ではありますが、
ドライヤーに関しては何より早く乾かすことが最優先。一番髪を傷めません。

特にロングヘアやエクステをつけてる人は大風速でスピードを大切に。

一度手に取ってみて重さやサイズ感など疲れないかどうかなど見てみるのもいいですね!

余談。高機能ドライヤーは投資の価値あり

ドライヤーは毎日使うもの。
しかもドライの工程は、美髪作りのためにとても重要です。

 
日中のヘアスタイルを美しく決める大切なことはドライヤーで、どれだけしっかり乾かせたか、根元の立ち上がりをつけられたかという点が大きいです。

ただし熱風を長時間当てることは当然、髪を傷める原因にもなります。

強弱を切り替えながら、常にドライヤーは動かして一箇所に当て続けないことが重要です。
風量調節や温度調節がきちんとできて、パワフルな風で一気に乾かすことができるドライヤーなら、髪を傷めるリスクを減らすことができます。

また、近年、ドライヤーの風自体でヘアケア効果が上がる高機能のものもたくさんでています。

ブローやドライヤー使いが苦手な人こそ、投資してみてもいいかもしれませんよ。

ポイントは

  1. ドライヤー使いは美髪の要。風量、温度調節機能は重視
  2. パワフルな風が送れるかどうかで、髪の仕上がりに差がでる
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)