40代からでもツヤツヤな髪は取り戻せる?-10歳の艶髪を取り戻す方法

髪を気にする40代女性

髪にツヤがない。パサついてる。
とお悩みではありませんか?

私も40になり、髪の老化が気になります。
髪は相手に印象を与える際に最も目につきやすいパーツですから、髪にツヤ感があるのとないのとでは、見た目年齢に大きく差がついてしまいますよ。
そうですよね。本音を言えば、少しでも若く見られたいです!笑
髪は毎日のお手入れで効果が目に見えて表れやすいパーツです。
ここでは、ツヤツヤな髪を取り戻す方法をご紹介していきますね。

ほんの少しの気づかいや考え方で変わるので、実年齢より若々しく見られるために参考にしてみて下さいね。

髪にツヤが出ない主な原因とは

腕組して考える女性

ツヤが出ない髪というのは、 主に下記の2種類

  • 健康だけど野放しで手入れしてない(または手入れが足りない)
  • ダメージヘア

の主に2種類に分けられます。

髪にツヤが出ない理由は、主に2つに分けられますが、
まず、誤解しないでほしいのが、ツヤがないからひどいダメージがあるとは限らないということ。
髪の傷みとは別の問題なんですね。
そうなんです。なので目指してほしいのは髪のダメージを抑えながらツヤを出すということです。

髪の毛がもともと持っているツヤ成分は、シャンプーやトリートメントによって十分に補うことができるので、きちんとお手入れしていればツヤが出るはずです。

手入れ不足の方は、正しいシャンプーとトリートメントでケアを始めていきましょう。

年齢が髪に表れる「うねり」「ボサボサ」の原因て何?

年齢とともに、どうしてもツヤが失われていきますよね。
ツヤがないとボサボサしたりまとまりがなくなりませんか
30代半ばあたりから多くの女性が悩まされる髪の悩みですよね。
髪に変化があるとついダメージと考えがち。
ですが、その悩みはダメージではなくもしかしたら老化現象かもしれません。
  • 髪がうねる
  • 髪がボサボサ

特徴的な2つの原因についてご紹介します。

髪がうねる

頭皮がたるんだり毛穴詰まりなどが要因となり毛穴がゆがむとうねり毛になります。
うねり毛は光の反射が悪くツヤが出にくくなりますし、さらには老化した髪は傷みやすくなります。

髪がボサボサ

ボサボサ髪を老化と気づかず単にダメージだけを補っていてはいくらトリートメントをしても成果がでませんし、老化は進行していきます。

ツヤ髪を諦めず、ブローなど即効ケアと加齢によって変化した髪質を復活させるシャンプーや頭皮マッサージなどじっくりケアを組み合わせすぐ髪のアンチエイジングを始めましょう。

実は、ツヤ髪とボサ髪では相手に与える印象が大きく違います。
そうなんですね。あまり見つめたくない現実ですが…
では、一般的に言われる見た目の印象についてご紹介しますね。

ツヤ髪とボサ髪が与える印象の違いとは

あなたにもツヤ髪を目指してほしい理由。

それは、ツヤは単に美しいからということではなく、ツヤがあるのとないのでは他人に与える印象が大きく違うからです。

ではツヤ髪とボサボサでツヤのないボサ髪が与える印象をあげていきます。

ツヤ髪が周りに与える印象
  • 元気で健康的
  • 若々しい
  • 幸福感
  • 清潔感あふれる色気
  • 明るい
  • きちんと感
ボサ髪が周りに与える印象
  • 不健康
  • 老けている
  • 不潔感
  • お手入れしてない感じ
  • 不幸せそう
  • くすんでいる
  • 暗い

ボサボサ髪とツヤ髪が与える印象はこんなにも違います。

仕事の相手を選ぶときは、髪ツヤと小物のツヤを見る。

髪。財布、かばんなどがきちんと手入れされ、輝いている人は能力も高く信頼できる人物である、また運を引き寄せる力を持っているそうです。

反対にボサボサな髪、かばんや靴が汚れているひとは仕事の誠意はなく能力も低い人という印象を与えてしまうと言われています。

確かに、身なりに清潔感があると印象が良いですよね。
仕事も責任が重くなる世代ですし、特に、年齢を重ねるほどだらしなく見られると損をする場面が多くなりますよね。
とくに髪はパッと最初に目につく部分ですよね。
ボサ髪からツヤ髪への改善はちょっとした知識さえあればでき、肌を変えるよりずっと簡単だと思いますので、まずはそのポイントをご紹介しますね。

キレイなツヤ髪を手に入れる簡単な方法

芸能人やモデルの髪をみてあんな髪質になりたいと羨ましく思った経験が誰にでもあるはずです。

もちろん、ひどいダメージを受けている芸能人やモデルもたくさんいます。
とはいえ、メディアを通して目にする彼女たちの髪はツヤツヤ、うるうるを保っています。

あのツヤ髪の秘密は
  • テンションをかけたブローでキューティクルの向きをそろえる
  • 洗い流さないトリートメントやオイルを使う

など、実は誰にでもできる簡単なことだったりします。

肌は質感そのものを変えるのは至難の業かもしれませんが、髪の場合ヘアカラーやカット技術で髪質を変えたように見せたり、シャンプーやトリートメント、マッサージなどで髪質を変えてしまうことも可能。

つまり、身体の中で堂々と整形することができる唯一のパーツが髪です。
憧れて見ていたモデルや芸能人も、美容師さんから見たら全然違って見えてるのですね。
そうなんです。実は彼女たちはそれを理解しているからヘア、頭皮ケアに熱心なんです。
髪のちりつきや生まれ持った硬い髪質のせいで、ため息をついている人もほんの少しの努力でツヤツヤな髪になれるはずです。
はい。ヘアケアに対して心を入れ替えたいと思います!
でも、もっと即効性のある方法ってありませんか?
そうですね。
カットでツヤを出す方法がもっとも手っ取り早いです。

カットでツヤを出す簡単な方法とは

ミディアムヘアの女性

ツヤとは光か輝きか。
どちらも正解ではありますが、ツヤは反射光が作り出しています。

髪の表面がフラットに整っているほど、反射する面積が広くなり光が均一になってツヤツヤに見えやすく、反対に毛の断面が見えるシャギーや段をつけるレイヤーは断面が表面に出て凹凸ができツヤがでにくくなります。

つまりすぐにツヤ髪になりたいなら毛先を見せないスタイルにすること。

カットの方法で変わるんですね。
ツヤ髪=トリートメントと連想しがちですがまずはカットです。
実は、高価なトリートメントを使うより即効性がありますよ。
ちなみに
もっともツヤが出やすいスタイルはボブです。

美しさを保つために今日から始めたい!毎日のヘアケア!

ここまで年齢とともに髪にどのような老化が表れるのかご紹介してきましたが、いかがでしたか?
ツヤを出しやすいヘアスタイルも教えてもらいましたけど、やはり毎日のケアでツヤを保たないと、一時的なものに終わってしまいますよね。
そうですね。髪もスキンケアと同じように毎日のお手入れで差がつきやすいです。
髪には神経がないので、髪自らダメージを修復する力はありませんし。
一度できてしまった枝毛や切れ毛など傷んだ髪はカットするしかないんですよね。
そうです!だからこそツヤ髪キープのためには、日々のお手入れを地道に続ける必要があるのですが、スキンケアよりも努力が目に見えて表れやすいのが髪です。

ここからツヤのある美しい髪を取り戻し、キープしていく為に取り入れたいヘアケアをご紹介していきますので、参考にしてみて下さいね。

40代で美人髪を取り戻す第一歩とは

美髪への第一歩は、まずは自分の髪や頭皮を知ることから。
そして、どうしてそうなってしまったのか原因を見つめなおします。

原因を知らずにケアをしていても気づかずにまた同じことを繰り返してしまうことも。
また、それだけでなく年齢とともに頭皮も乾燥しやすくなり髪も傷みやすくなってくると、逆効果になりトラブルを悪化させてしまう可能性がないわけではありません。

せっかくのヘアケアを無駄にしないためにも、まずは自分の髪質や頭皮の状態を把握することから始めましょう。
そして自分の肌や髪質、年齢に合っているヘアケアをすることでより効果的により美髪に近づくことができます。

髪の悩みで見直したいヘアケア5つの方法。
では、ここから髪と頭皮の悩みを5つに分けてヘアケアの見直しポイントをご紹介していきますね
自分が取り組むべきヘアケアのポイントがわかるんですね!
もっとも気になる部分をしっかりケアすることで、全体的な髪の状態も良くなると思います。
まずは、一番問題に感じてる点をしっかりケアしていきましょう。

くせ毛や、うねり、モワッと広がる髪をキレイにまとめる方法

この原因は、毛根の形などの遺伝的なものと、加齢や毛穴トラブルのような後天的なもの。

年代問わず多くの女性が抱えている悩みがこれではないかと思いますが、このタイプの髪はキューティクルが乱れていたり、傷つきやすいことが多く、そのため光をきれいに反射することができずにツヤがなく見えるのも悩みの一つ。

もちろん、完全な直毛になるというわけではありませんが、クセ毛やうねりの悩みはヘアケアである程度解消していくことが可能です。

ヘアケア商品の選び方のポイントは
  1. 落ち着き
  2. ツヤを出す
  3. 栄養を与える頭皮ケア

この3つのポイントに力を入れることです。

デイリーケアで大切なポイントは
    ヘアケアアイテムは、キューティクルケアを意識したツヤの出るタイプを選ぶ。
  • 洗髪後のドライヤーはしっかり行い、最後は冷風仕上げを忘れない。
  • 毛穴の状態を良くしていくため頭皮ケアを毎日行う。

ツヤさえあればある程度のくせやうねりは、ナチュラルな雰囲気をだせる武器になります。
完全なストレートヘアより扱いやすいので、ヘアケアで美しい毛の流れを演出してみましょう。

くせ毛やうねりやすい髪について、こちらの記事ではくせ毛を活かしたスタイリングについてもご紹介していますので参考にしてみて下さい。

髪がうねりやすい。くせ毛の原因と治す方法。まとまり良くスタイリングする方法

2018.01.15

毛が太い、硬い、ゴワゴワ、滑らかな髪に仕上げるためのヘアケア。

  • ボリュームが出過ぎてなかなかまとまらない
  • 硬くてごわついて形が決まらない

という悩みは、朝の支度でモチベーションを落としてしまいますよね。

そのような悩みのケアにおいて解決策は3つです。

ヘアケア剤は髪の内部を保湿してくれる、しっとりタイプを

硬さや広がりの原因は毛髪内部の水分不足なので保湿するヘアケアを心がけます。

ドライヤーは、髪の根元の立ち上がりを抑えるように風を当てる

ドライヤーやブロー時に髪の根元に上から下に向けて、毛流れに沿うように風を当てる。

ドライヤーの使用前にオイル系のアウトバストリートメントを使う

オイル系のケア剤やヘアサロンでのトリートメントで髪をやわらかく、なめらかに。

このタイプはもともとキューティクルが丈夫な人が多く、
毛髪内部の水分量をキープすればまとまり感が出てきます。

また、時々ヘアサロンのトリートメントを受けてみるのも効果的。
なめらかな手触りで扱いやすい髪に整います。

お風呂上りドライヤーで乾かす際は頭皮や根元から乾かします。
毛先は最後です。
オーバードライにならないようにするには、毛先が最後なんですね。
そうです。あとドライヤーのあて過ぎはオーバードライでパサパサになって、ツヤを失う原因になります。8割がた乾いたら、冷風でキューティクルを締めてあげましょう。

アウトバスで使う洗い流さないトリートメント特集

2018.02.06

ぱさつく、枝毛、切れ毛の原因と美しい髪を保つために気をつけるべきポイント

続いて、枝毛や切れ毛でパサつきが目立つ方のためのヘアケアのポイントをご紹介します。
伸びてくると気になるのが枝毛や切れ毛ですよね。
毎日のヘアケアをおざなりにしていると、髪や頭皮のダメージが解消せずどんどん積み重なっていきますので、参考にしてみて下さいね。
毛先の枝毛

ぱさつく、枝毛、切れ毛の主な原因
  • 間違ったシャンプーの仕方
  • 手を抜いたトリートメント
  • 十分でないすすぎ
  • ドライヤーのかけ過ぎによる乾燥
  • ヘアケア剤選びの間違い

などなど。
このようなNGヘアケアを続けていると、いつか必ずヒドいダメージヘアになってしまいます。

毎日の積み重ねでトラブルを招いてしまうのはモッタイナイですし、頭皮の場合は皮膚炎になることもあるので注意です。
また、年齢を重ねた悩みには大気汚染や紫外線の影響などだんだん深刻になっている要素も。

もちろん、生まれつきの髪の傷みやすさもあると思いますが、ヘアケアの方法をすぐに見なおしてみることをおすすめします。

実はトラブルの要素は複数ありますので、何が理由で髪ダメージが進行しているのか、振り返ってみることが重要です。 

この髪悩みには特にシャンプーやトリートメントは

  1. 優しく
  2. 正しく
  3. 丁寧に

世代問わず頭皮ケアをベーシックケアとして取り入れ
洗髪後、生乾きのままの外出や就寝は禁止。

シャンプーしたらドライヤーで乾かすまでがセットです。

また、ヘアケア剤は、補修力のあるタイプなどトラブルに対応できるもので根本的な解決ケアを。

毛髪補修力のある濃厚なトリートメントがおすすめです。

シャンプー&ドライ時にダメージが加速している可能性もありますので、頭皮ケアで傷み難い髪質に自己改革を。

美容師も納得!髪と頭皮に優しいコスパも嬉しいシャンプー特集。

2018.02.18

頭皮がカサつく、ふけ、かゆみが出やすい方が気をつけるポイント

30代40代を迎えて、頭皮がカサつくようになった。ふけやかゆみが出るようになったという方もいらっしゃるでしょう。

顔と同じで年齢とともに頭皮も老化が進み乾燥しやすくなります。

ふけやかゆみが出たりカサカサする原因として考えられるのが

  • 間違ったシャンプーの仕方
  • シャンプー剤の洗浄力が頭皮に合ってない
  • 洗い過ぎ (ゴシゴシ洗いや回数)
  • すすぎが不十分
  • シャンプー後の自然乾燥

などなど。
シャンプーするときゴシゴシ洗っていたり、シャンプー剤の洗浄力が強過ぎると頭皮を守る皮脂を奪い過ぎて乾燥の原因になります。

皮膚は乾燥するとかゆみが出たり、カサカサして皮膚が剥がれ落ちるようにフケが出たりします。

10代や20代の頃は大丈夫だったとしても合わなくなっているならシャンプー剤を見直すのが効果的です。

高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強いので、髪にも頭皮にも優しいアミノ酸シャンプーに変えると乾燥を予防できます。

私は長年フケやかゆみに悩まされてきましたが、シャンプーをアミノ酸に変えたことでほぼ解決できました。
高級アルコール系のシャンプーは洗浄力が強いので、髪にも頭皮にも優しいアミノ酸シャンプーに変えると乾燥を予防できます。
頭皮の状態が良くなると、毛髪の健康にも良いですよね。
頭皮の毛細血管を通って毛根に栄養が運ばれていますし、頭皮の状態を整えるのはヘアケアにとって大切なことです。

フケを防ぐシャンプー。女性のフケのタイプで選ぶおすすめシャンプーをご紹介します。

2018.02.03

スカルプエッセンスもフケ予防におすすめです。

他にスカルプエッセンスで保湿してあげるのもおすすめです。
洗顔後に化粧水で肌を保湿するのと同じように、頭皮にも潤いが欠かせません。

エッセンスなどの頭皮ケアアイテムで保湿して、水分代謝や血行を促進し、頭皮をふっくらさせていくことで、美髪の大前提となる健康な孟母細胞や毛穴を作れます。

また、頭皮をやわらかく整えると、顔のリフトアップにも繋がりシワ・たるみを予防できます。

毛量が減ってきた、細い、ボリュームがなくなってきた…、頭皮ケアで髪の元気を取り戻す

生まれつきこの悩みを持っている人もいますが、30歳以降、女性が年を重ねるごとに増加していくのがこの髪悩みの特徴。
私も悩んでいます!
髪よりも頭皮環境が影響していると思われますので、頭皮ケアにチカラを入れたいですね。
地肌が目立つ頭頂部の分け目

肌と同じように頭皮も老化し、だんだん毛髪が痩せていったり、休止する孟母細胞が増えたりするからです。

とくに、トップの毛の立ち上がりがでないと、せっかくのヘアスタイルが決まりにくくなり老けて見えたりします。

パーマでボリュームを出す人がいますが、健康で豊かな髪を生むためのヘアケアも欠かせません。

大切なことはヘアケアアイテム選びは

  • ボリューム
  • ふんわり
  • エイジング

を基準に。
顔と同じで、年齢を重ねてくると頭皮も乾燥しがちになります。

おすすめしたい頭皮ケアのポイントは、

  1. 育毛効果、活性効果の高い頭皮ケア剤を利用
  2. 毎日頭皮マッサージを
  3. トリートメントのすすぎは十分に。オイル系のヘアケア剤を使うときは少量に

頭皮を乾燥から守るうえでも、育毛効果が見込める育毛シャンプーやスカルプエッセンスを使うのがおすすめのケアです。

育毛シャンプーがおすすめの理由

育毛シャンプーは、頭皮にうるおいを与え良好な状態へ導く美容成分が入っているだけでなく、頭皮に優しいアミノ酸洗浄成分のものは、乾燥も予防してくれますから頭皮がカサついたり硬くなっている方におすすめです。

スカルプエッセンスはエイジングケアにおすすめ

スカルプエッセンスや育毛剤は、毛根に栄養を与えると同時に、頭皮にうるおいを与えてくれますから、頭皮の保湿化粧品としてエイジングケアにおすすめです。

トリートメントやコンディショナーの注意点

頭皮トラブルを避けるためにもトリートメントやコンディショナーは頭皮や髪の根元は避け、毛先を中心に馴染ませ、すすぎは十分に。余分な洗い残しのないように

ドライヤーは頭皮から

自然乾燥せず、ドライヤーは髪の根元部分、頭皮から乾かし毛先は最後に。
(毛先から乾かし始めると、全体が乾くまでに毛先が乾きすぎてパサつきの原因に)

育毛剤いま使うならどれ?女性用育毛剤ランキングと口コミを調査してみました。

2018.03.12

育毛剤で薄毛治る?生える?育毛剤を使った3か月の発毛。

2018.01.21

頭皮にうるおいを与えるスカルプエッセンスを塗布する最適なタイミング

頭皮の保湿アイテムは、スカルプエッセンス、育毛剤などと呼ばれています。

使い方はいたってシンプルです。

シャンプーの後に塗布する

タオルドライ後、頭皮が湿っている状態のときにつける。

塗布したら優しくマッサージ

指で髪の分け目を作るようにして、頭皮全体にわたって直接塗布していく。
全体に馴染ませて、優しくマッサージします。

ドライヤーで髪と頭皮を乾かす

自然乾燥は髪にも頭皮にも良くありません。
お風呂上りにスカルプエッセンスを馴染ませた後はドライヤーで乾かします。

頭皮用エッセンスは、頭皮が湿っている状態のほうが浸透力がアップします。
なので、洗顔後の化粧水のような感覚で、タオルドライしたあとの習慣にしましょう。

まとめ。毛髪ケアをもっと重要視した方が良い理由

女性の美しさを左右する要素は、肌や髪、スタイル、メイク、ファッションなどたくさんあります。

しかし、その中でも印象に残りやすいパーツは髪ではないでしょうか。
どの角度からでも、もっとも目に入り女性の清潔感や容姿を決定づけるもの、それが髪です。

それに髪ほど本人の頑張りがすぐに反映されるパーツはありません。
ヘアケアに力を入れ始めるとドンドン髪質が改善していくのを実感できるはずです。

老けて見えるのは、肌のせいと思っている女性が多いですが、実はツヤを失ったボサボサ髪、白髪、薄毛といった年齢や日々の不摂生からくる髪トラブルほど女性から若々しさを奪っているものはありません。

美髪は決してカットやパーマの力だけでなく、その人のヘアケアが正しい方法で丁寧にされていてはじめてできるもの。
ドライ法の改善や頭皮ケアやトリートメントなど、ケアをひと工夫するだけで髪は本当に正直にしかもすぐに美しくなります。

いくら流行のヘアスタイルを作っても毎日のヘアケアがなおざりだと再現されません。
髪は、毛髪や頭皮が健康でいてはじめて美しい印象になるので、自分の悩みに合ったヘアケアとスカルプケア始めてみて下さいね。

美容師も納得!髪と頭皮に優しいコスパも嬉しいシャンプー特集。

2018.02.18

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)