髪は乾燥すると傷みやすくなる。いつものヘアケアに加えて艶を取り戻す方法

手鏡を見ながら髪ダメージを気にする女性

髪の毛は乾燥すると、表面のキューティクルがはがれてしまいます。
すると、そこから髪の水分が外に出てしまい乾燥してしまうのです。

髪が傷むとパサつきや枝毛や切れ毛、スタイリングするとき広がったりしてしまいます。

これらは髪の潤いがなくなり髪が乾燥してしまい起きてしまうトラブルが多くを占めています。

髪がパサついて広がる一番の原因は髪の乾燥やダメージによるもの。

パサパサの髪の毛

湿度が高くなると、キューティクルが剥がれた場所から水分が侵入し広がりやすくなります。

つまり、髪の乾燥やダメージが、うねりや広がりを招く原因になるので、毎日のケアで髪のダメージを最小限に抑えることが大事です。

また、乾燥対策には髪専用の化粧水でしっかり髪に水分を与えるのもおすすめです。

髪専用の美容液で水分を閉じ込め、髪の毛一本一本の水分と油分のバランスを整えておくと美しい髪を保つのに役立ちます。

そうすることで、外気の水分を吸収しにくくなり、髪を広がりにくくすることにも繋がります。

たまに広がりを水で押さえている人がいますが、それは逆効果。

お風呂あがりに化粧水代わりに水をつけている人はいませんよね。
ただの水では水分蒸発を促し、より乾燥させてしまいます。

静電気は髪にダメージを与え乾燥を促す。念入りに保湿することが大切。

冬になると髪に静電気が発生しやすくなります。

冬になると髪に静電気が発生しやすくなります。

髪が広がってスタイルが決まらないなど見た目以外の問題があります。

それは、静電気によるダメージで髪のキューティクルが剥がれやすくなり乾燥に拍車がかかります。
ですから、単なる静電気とは片付けず適切なケアが必須です。

まずは、
普段使っているブラシが静電気が発生しにくい素材なのかどうかをチェック。

プラスチックやポリエステルは帯電しやすく、静電気を発生させるためNG。

おすすめなのは、動物毛のブラシ。

丁寧にブラッシングして皮脂を髪全体に行き渡らせ、さらにトリートメントやアウトバストリートメントでしっかりケアすることで静電気は防げるはずです。

ロングヘアーの場合、毛先を内側に入れたシニョンにするなど、摩擦の起きにくいまとめ髪にするのもいいですよ。

ドライヤーによるオーバードライを繰り返していませんか?

ドライヤーを持つ少女

ただ単に髪を乾かせばいいやとドライヤーを安易に考えてバーッと乾かしていませんか?

ところがそれは絶対にNG。

それはなぜかというと、ドライヤーによるオーバードライを引き起こしてしまうから。
オーバードライとはその名の通り乾かしすぎです。

頭頂部分はなかなか乾きにくいのに比べ毛先はすぐに乾きます。

先に中間から毛先を乾かしてしまうと頭頂部を乾かしている間毛先も乾かしていることになり、すでに毛先が乾いているのにさらに乾かしている状態に。

これではまとまらないのも当然。
もちろんパサつきにも繋がります。

これを繰り返していたらいつまでもスタイリングが上手くいかないし、きれいな髪にはなりません。

ドライヤーは頭頂部分から先に乾かすようにしましょう。

毛髪のUV対策ってどういう方法がある?

髪は体の中でも最も太陽に近いところにあるため、紫外線から受けるダメージも大きく対策が必要です。

紫外線には、
波長の長いA波と波長の短いB波があります。

どちらも髪に与える影響は大きく、A波は髪の成分であるアミノ酸の結合部分を分解し、B波が髪を覆うキューティクルを剥がしてしまいます。

そうなれば髪の内部は乾燥し、そのままの状態で放っておくと艶がなくなり、手触りも悪く、毛先がパサついたダメージヘアに。

また、頭皮も肌と同様に焼ければ赤く炎症を起こします。

頭皮にトラブルがあると、今生えている髪はもちろん、これから生えてくる髪にとっても大きなダメージになってしまいますので、紫外線の強くなる季節は、外出時に紫外線防止効果のあるトリートメントをつけ、さらに帽子や日傘などを使うようにしましょう。

フケは、乾燥による頭皮の水分と皮脂バランスの乱れが原因。

フケの正体は、頭皮から剥がれ落ちた古い角質です。

通常フケが出るのは何日間も頭を洗っていない場合や、はがれた角質を十分に洗い流せていない場合。
また、それとは反対に洗いすぎによる頭皮の乾燥も原因になります。

どの場合も正しいシャンプーや頭皮専用のクレンジングを行えば、頭皮を清潔な状態に戻し、フケを妨げます。

これとは別に、体質的にフケがでやすい人もいると思います。

顔同様に、頭皮にも肌質があり、脂性に傾いた人や重度の乾燥肌の人はフケに要注意。

いずれの場合でも頭皮の水分と皮脂バランスを改善することが必要です。

また、体質以外にも脱脂力の強いシャンプー剤による洗いすぎや、睡眠不足やストレス、偏った食生活などによっても頭皮の水分と皮脂バランスが乱れ、一時的にフケが出る原因になることがあります。

特に乾燥肌や肌の弱い方は、シャンプーの洗浄力が強いと洗い方に気をつけても皮脂を奪い過ぎて乾燥の原因になります。
パサパサのフケが出たり、かゆみやヒリヒリ感を感じる方は要注意です。
シャンプーの洗浄力が頭皮に合ってない可能性を疑いましょう。

頭皮用化粧水(スカルプエッセンスなど)で頭皮の状態を整えたり、生活習慣を見直したりして、フケがでる原因を根本から絶つようにしましょう。

髪だけキレイにしようとしても改善されない理由

畑で育つ植物

健康な髪、キレイな髪にしたいのは誰しも同じで、ヘアケアも目的は同じですよね。

しかし、髪だけをいくら綺麗にしようと頑張っていても一時的にしか綺麗になりません。

それもそのはず。
髪は頭皮とつながっていますし、頭皮の毛穴から髪が生えてくるのですから、頭皮が健康でなければ髪はいつまでたっても元気な綺麗な髪は育ちません。

頭皮が健康であれば、栄養をしっかりと髪に行き渡らせてくれるので、おのずと元気な髪が育ちます。

ですから、髪をきれいにする前に頭皮環境が良好なのかを判断してからヘアケアを始めましょう。

ヘアケアの効果を高める!いつものケアに加えるプラスワン

人差し指を立てて1を示す笑顔の女性

ここまで髪や頭皮を乾燥させダメージを与える原因やその予防法についてご紹介してきましたが、ヘアケアといってもトリートメントやコンディショナーを使って毛髪のケアをしている方は多いと思いますが、頭皮のケアといえばシャンプー以外に何もしてない。

そのような方も多いでしょう。

頭皮も顔と同じで老化していきます。
頭皮のトラブルは毛髪の健康にも直結してきますので、ここからヘアケアの効果をさらに高めて、ツヤツヤの髪へと若返らせるために取り入れたい!いつものケアに加えるおすすめの方法をご紹介していきます。

あなたの悩みに合った方法や、取り入れやすい方法があれば続けてみて下さいね。

頭皮エッセンスで化粧水感覚の保湿でエイジングケア!

シャンプーのあとに頭皮の保湿をしていますか?

頭皮は肌の延長。
洗顔後に化粧水で肌を保湿するのと同じように、頭皮にも潤いが欠かせません。

髪の毛で覆われているため、乾燥を実感することがあまりないと思いますが、実は多くの女性の頭皮は乾燥ぎみです。

毛穴の中には皮脂が詰まり、頭皮表面は乾燥しているという最悪の状態では、美しい髪は絶対に育ちません。

頭皮が、かゆかったり、フケのようなものが気になるなら、乾燥が原因で頭皮が肌荒れを起こしている可能性大。

そこまでひどくなくても多くの女性の頭皮が乾燥の危険にさらされていることを認識したほうが良いと思います。

エッセンスなどの頭皮ケアアイテムで保湿して、水分代謝や血行を促進し、頭皮をふっくらさせていくことで、美髪の大前提となる健康な孟母細胞や毛穴を作れます。

頭皮エッセンスを使うメリットはこちら、

  1. 頭皮の化粧水。保湿して老化を加速させる頭皮乾燥を防ぐ。
  2. 分け目塗りしてマッサージ。薄毛・抜け毛を予防
  3. 頭皮をやわらかく整えると、顔までリフトアップ(シワ・たるみ予防)

上記のような効果が期待できます。

頭皮の保湿アイテムの使い方

頭皮の保湿アイテムは、スカルプエッセンス、育毛剤などと呼ばれています。

使い方はいたってシンプルです。

シャンプーの後に塗布する

タオルドライ後、頭皮が湿っている状態のときにつける。

指で髪の分け目を作るようにして、頭皮全体にわたって直接塗布していく。

全体に馴染ませて、優しくマッサージします。

これだけでオッケー。

頭皮用エッセンスは、頭皮が湿っている状態のほうが浸透力がアップします。

なので、洗顔後の化粧水のような感覚で、タオルドライしたあとの習慣にしましょう。

また、マッサージしながらなじませると成分が効率よく浸透して、頭皮の血行も良くなるのでおすすめ。

おでこのシワ・たるみ予防や顔のリフトアップにもおすすめです。

女性の目から上の顔

頭皮と顔の肌はひとつながりの皮膚なので、頭皮が硬くなると顔の皮膚はたるむといわれているので、老け顔防止のためにも頭皮ケアは必要なんです。

清涼感のあるものや、炭酸いりのもの、育毛、白髪に効果ありのものなど、それぞれに特徴があるので、気分や髪の状態に合わせて使い分けるといいですね。

とは言え、育毛剤や育毛エッセンスは高価なものなので、ご自分の悩みに適したものや口コミで評判なもので選ぶのも良いです。

また、必ずしも毎日一生懸命使う必要はありません。
1日おきや2日おきなど続けやすいように、予防の観点から使い続けることをおすすめします。

血行をよくする炭酸系の頭皮ケア

炭酸のイラストイメージ

栄養分を運ぶ血液がスムーズに頭皮の毛根に届かないと健康な髪は生まれません。

血行を促すために注目するのが炭酸アイテム。

炭酸は水に二酸化炭素が溶け込んだもので、分子が小さく肌に浸透しやすいのが特徴。

炭酸により血管の二酸化炭素濃度が高まると、身体は酸素を取り入れようと血管を広げ、そのため毛細血管も広がり肌の血行が促されるのです。

炭酸系の頭皮ケアは下記の点で効果が期待できます。

  • 血管を広げ、血液循環をよくする
  • 血行がよくなることで肌の新陳代謝が活発になる
  • 頭皮の酸化した皮脂を落としやすくする

などがあげられます。

メリットは、

  1. ストレスなどで縮まった頭皮の血管を広げ、血行促進
  2. 頭皮や髪の根元の汚れや化学物質の除去
  3. 炭酸にはスッキリさせる効果も。頭がクリアになり気持ちも落ち着く。

1~2週間に1度のスペシャルケアとしてもおすすめの方法です。

水をこまめに飲むだけで髪に変化

美しい髪を目指すために、水にこだわるのもひとつの策です。

飲むことで、水分補給することも重要です。

日常的にたっぷり水を飲むこと。
それだけで、肌や髪の潤いが違ってきます。

渇きを感じるときには、すでにかなり水分が足りない状態になっているようです。

のどの渇きを感じる前に、補給してあげることが大切。

実際、水をこまめにたくさん飲むように心がけているひとの髪はとてもコンディションが良いです。

一見簡単ですが、効果テキメンです。
うるおった健康な髪や頭皮をキープするために意識して水分補給することはとても重要です。

ポイントは、

  1. 水質は髪の手触りを大きく左右する要素のひとつ
  2. 体内からうるおわせることが、美しい肌や髪につながる

寝る前にシャンプーで頭皮をリセット

ベッドで熟睡する女性

朝シャンプーと夜シャンプーどちらが良いかというと、もちろん夜をおすすめします。

シャンプーは頭皮や髪の汚れをオフするためのもの。

メイクを落として眠るのと同じように、髪にとっても一日の汚れは夜のうちに洗い流して就寝するのがベスト。

睡眠中はホルモンの作用で髪の成長時間。
この髪が伸びる時間帯に頭皮を健康な状態にしておくことが大切です。

ポイントは、

  1. 一日の、汚れを落とすことで、頭皮を健康状態にリセット
  2. 清潔で血行の良い頭皮が寝ている間の美髪作りを、促す

週1、頭皮のオイルクレンジング

頭皮は顔に比べて皮脂の多いです。

そのため、頭皮から分泌される皮脂の量は、顔の2倍以上といわれます。

しかも、頭皮は髪で覆われているため、顔などに比べるとムレやすい環境にあります。
それが匂いやべたつきになって表れます。

外からは、紫外線や汚れた空気にさらされ、精神的なストレスも皮膚の代謝や老化に悪影響を及ぼすといわれる中、皮脂分泌や老廃物代謝のリズムやバランスが乱れがち。 

日々のシャンプーだけで毛穴のなかの皮脂汚れや老廃物が完全に落とせているとは言い難い状況です。 

そこで、取り入れてみてほしいのが、シャンプー前のクレンジング。
いろいろなタイプがありますが、おすすめはオイルタイプの頭皮用クレンジング。

なぜなら皮脂は油性です。
油性の汚れには油性のアイテムを取り入れてなじませるのが効果的。

ポイントは、

  1. 普段のシャンプーでは落としきれない毛穴の奥の汚れをデトックス
  2. 精油入りクレンジング剤ならいい香りでおうちスパ効果

ヘッドスパで頭皮や心をリフレッシュ

日々のシャンプーが適切にできていれば、次第に頭皮のターンオーバーが正常になり、水分と油分のバランスが改善し、やわらかい健康な頭皮に整ってくるはずです。

ですが、きちんとケアしてるつもりでも、毛穴の奥に、とりきれなかった皮脂や老廃物が少しずつ溜まってきてしまうのも事実。

頭皮の健康はストレスとも密接に関係しているので、様々な要因でターンオーバーのリズムが狂うことも。

そこでおすすめなのがヘアサロンや専門店でのヘッドスパ。

ヘッドスパは、頭皮のディープクレンジングと血行促進、髪のケア、リラクゼーション効果が一度にできる場です。

ポイントは、

  1. サロンでのヘッドスパで、頭皮の毛穴づまりや代謝の滞りを一気に解消
  2. 頭をマッサージしてもらうと、疲労回復や安眠効果が
  3. ホームケア+サロンケアで健康な髪作りが。

自宅で簡単!自分でできるヘッドスパ。3つの方法をご紹介。

2015.10.15

まとめ

いかがでしたか?

簡単に取り入れられる方法から、少し面倒かなと感じる方法まで。苦笑

色々な方法をご紹介しましたが、
もちろん全て取り入れる必要はないと思います。

スペシャルケアとして時々やってみたり、取り入れやすいものは試してみて下さいね。

頭皮環境を整えると髪の成長サイクルも良い方向へ向き、徐々に髪にハリやコシが出たと実感できると思いますよ。

また、育毛剤や育毛エッセンスは「薄毛や抜け毛の人が使うもの」と思っている方もいらっしゃると思いますが、頭皮や毛根に栄養を与え髪の成長を促進する働きがあります。

「薄毛や抜け毛を予防する」という目的で使うのもおすすめです。

少しでも髪の元気に不安を感じたら使用してみることをおすすめします。

頭皮が乾燥してしまう原因と頭皮を保湿する方法まとめ

2018.01.25
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)