食べないダイエットは髪にどんな影響がある?

メジャーを巻いたペットボトルとリンゴ
私もときどき「ダイエットしよ!」と思い立って取り組みますけど、髪の健康とダイエットってどのように関係してくるのでしょうか?
頑張って痩せてみたけど、髪も肌もボロボロではがっかりしてしまいますよね。
もちろん健康的に痩せたいけど、食事を制限したり食べないダイエットってやっぱり手っ取り早いからついついやってしまうんですよね。
その気持ちはわかります。笑
ただ、食べないダイエットは栄養が不足したり偏ったりして、お肌だけでなく髪にも影響を及ぼすのでこちらの記事をご覧になってほしいです。

単品ダイエットは髪の毛も肌もボロボロに…

体重計を見て頭を抱えしゃがみ込む女性

髪にとって良くない食生活は、食べないダイエット。

もちろん、適正体重を保つことは、髪の毛の健康のために大切です。
余分な脂肪は蓄積されると血流が悪くなり、髪にとって重要な栄養素が行き渡りにくくなり、薄毛や抜け毛に繋がる恐れがあります。

肥満の人によくみられるのがダイエットの際に、食事を減らす極端なダイエット。
髪だけでなく体にとっても逆効果です。

なかでもバナナだけなどの単品ダイエットは、体を壊すほかに髪の健康を損ねます。
肌や髪は、生存に直接関わることがないため、栄養の供給は後回しになってしまい、十分に行き渡ることはありません。
その結果、肌は当然ぼろぼろになり、髪に関しては衰えていってしまい、トラブルが起きやすくなります。

髪を育む栄養素は一つや二つではない。

毛先を触る女性

髪の毛といえばワカメなどの海藻類がいいなんていわれていますよね。

もちろんミネラル豊富な海藻類は欠かせませんが、髪を育む栄養素はこれだけではありません。
その他にも髪の毛の主成分であるたんぱく質やビタミン、亜鉛などさまざまな栄養素が必要になります。

ひとつやふたつではなくさまざまな栄養素の摂取が髪の毛には大事。
単にひとつを摂取するのではなくバランスよく栄養素をとることが健やかな髪に繋がります。

髪の毛の敵ではないけど、糖質ゼロは避けたほうがいいかも

今流行している糖質制限ダイエットですが、これは5大栄養素のひとつである炭水化物を制限することで体重を落とす方法です。

しかし、髪はたんぱく質が主原料ですから、まったく糖質をなしにしてしまうのはあまりよくありません。
炭水化物には二種類あるのですが、そのうちの1つが髪にとってはとても重要で髪を作るためのエネルギー源になります。

糖質は髪だけではなく、体全体の健康を維持するためには必要不可欠な栄養素。
脳は糖質からのエネルギーで動いているため、糖質の摂取はゼロにしないこと。

栄養バランスを維持しながら1~2割程度食べる量を減らしてあげる

炊き込みご飯

生命を維持するのに必須の栄養素として、5大栄養素があります。 具体的にゆうと、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5つ。

最近では食物繊維や酵素・ファイトケミカルなども含まれています。

栄養バランスといったときに意識したいのが5大栄養素。
総量を減らすというのはこの5大栄養素のそれぞれの摂取量から五角形をつくり、バランスよく1~2割程度縮小するイメージで減らしていくこと。

とはいえ、摂取量をいちいち覚えていられません。
ただ、今までより心持ち少なくする感覚で大丈夫です。

そこで注意しなければならないのが、3割、4割と欲を出してしまうこと。
こうなると、いくら栄養バランスがとれていても食べないダイエット、単品ダイエットに近くなり十分に栄養を摂取できなくなる可能性があるので1割程度を維持することがとても大事。
体に優しく無理のない、継続できるものにしましょう。

1ヶ月で、だいたい現在体重のマイナス5%くらいを目安にダイエットを

鏡の前でウエストをチェックする女性

自分の体重が適正かどうか、ダイエットしなければならないかどうかはBMI指数で判断ができます。

肥満はもちろん、低体重もよくありません。

自分の数値が、肥満や高肥満の場合にはダイエットが必要になりますが、無理は禁物。

では、体にも髪にも負担をかけずにダイエットするためにはどうしたらよいのかというと、栄養のバランスを崩さずに、総量を減らしていくこと、それに加えて高望みせずに、1ヶ月でだいたい今の体重からマイナス5%くらいの減量にすることが不可をかけずに髪に栄養を行き渡らせることができます。

サプリメントはあくまでも食事の「補助」にしかならない

サプリメントと水

栄養は食事からが原則です。
サプリメントは、あくまでも食生活で不足しがちな栄養を補うためのもので、サプリメントが食べ物の代わりになるわけではありません。

また、偏った食生活を見直さずに不足な分はサプリメントで補えばいいという安易な考え方では健康や髪の維持は厳しいと思います。

では、髪の健康に関わるサプリメントですが、まず亜鉛と銅です。
亜鉛は健康な髪をつくるために必要なミネラルです。

銅もミネラルで、黒髪を作り出すメラニンの合成に欠かせない物質です白髪予防が期待できますし不足すると髪のうねりを引き起こします。

他にビタミンはB群やビオチンです。
とくにビオチンは髪の主成分であるたんぱく質のケラチンの合成を助けるビタミンで、髪の健康を維持するために重要な栄養素です。

サプリメントを摂取する際の注意点

サプリメントを摂取する際の注意点は、どのサプリメントを摂取する場合でも、記載された摂取量は必ず守ってください。

いくら髪によいとされるサプリメントでも、摂取しすぎれば健康を損ねる危険性があります。
サプリメントの場合、成分の品質や純度によって価格が変わってくることが多いです。

信頼できるメーカーのものをきちんと成分を確認して選ぶのがいいですね。
適量を守りながら根気よく続けることで、不調の改善を目指すのがサプリメントの上手なつきあい方といえるでしょう。

ちょっと意識したい美容と健康の栄養素

少し余談になりますが、
ここ数年私が意識している栄養素についてご紹介したいと思います。

ひとつは、大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることで知られています。
豆腐や納豆、味噌やおからなど手軽な食品が多く毎日摂りやすいのでおすすめです。

もう一つは酵素。

酵素は、「代謝酵素」「消化酵素」と健康的に生きていく上で欠かせない働きをしています。
消化も代謝も良くなれば、太りにくいカラダになれるんじゃないかと意識しています。

酵素と言えば、酵素ドリンクが有名になりましたが、
発酵食品にも酵素を豊富に含むものが多いです。

納豆や漬物、チーズやヨーグルトなども発酵食品です。

もちろんバランス良い食生活は大切ですが、毎日1品「酵素」「大豆イソフラボン」を意識してみると良いかもですよ。

まとめ。

ダイエットすることは決して悪いことではありません。
しかし、頑張って痩せてみたものの、髪もお肌もボロボロ…ではガッカリですよね。

若いころは案外何とかなっても、年齢を重ねて無理なダイエットをしてしまうと髪がパサパサになるだけでなくやせ細るとボリュームもなくなってしまいますもんね。
分かっていてもなかなか難しいですけど、やはりダイエットは健康を損ねないように気をつけたいですよね。

ダイエットの仕方によっては髪はもちろん、肌や健康にも悪影響となる場合もあるということを忘れずに、適度に無理のない仕方で、ダイエットによって髪の健康を損ねないようにしていくことが大切です。

The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)