白髪染めの種類と方法と選び方

毎月美容室に行くのが大変で自分で染めることもあると思います。

ですが、自分で染めてムラになったりキレイに色が入らなかったりはしませんか?

白髪染めにはいくつか種類があります。自分にはどのタイプが合うのか知るためにも、種類別に紹介したいと思います。

複数ある白髪染めの特徴やメリット、デメリット。そしてムラなく綺麗に染めるための手順を紹介しますので、美しい髪を保つための参考にしてみて下さいね。

自分に合う白髪染めのタイプは?

白髪染めの種類それぞれの特徴とメリットやデメリット、そしてムラなく染めるコツなど順にご紹介していきますね。

ヘアカラータイプ

メリット:

根元からしっかり染められる。

デメリット:

髪は傷みやすく、伸びてきた時に目立ちやすくなる。

手間:

自分で塗布する際、後頭部が塗りずらいが今は泡タイプのものも出ているのでクリームタイプや液体タイプのものよりは扱いやすい。

色持ち・頻度:

髪になるべく負担をかけないためにも1ヶ月に1度が理想。

コスパ:

髪の長さや髪の量にもよりますが、一番手頃に購入出来ます。

ムラなく染めるコツ
ブロッキング

白髪染めの場合はサイド2つ、後ろは4つに分けておくと塗布する際、時間もかからず、キレイに塗ることが出来るのでブロッキングはしておきましょう。
大きめのクリップやゴムをつかうといいとおもいます。

塗布

1剤と2剤をしっかり混ぜたら塗布開始です。この時どこから塗っていいのか迷ったりしませんか?
白髪は染まりずらいので、塗り始めを適当にしてしまうと上手く色が入らなかったりします。
ベストな順番は生え際から塗り始めてこめかみ、後頭部という順番で根元部分を塗っていきます。
だいたい白髪の多い部分は生え際だと思います。そして一番目につくところでもあります。
白髪の多い部分にはカラー剤を多く塗りましょう。多く塗ることで、薬が髪に浸透しやすくします。

ポイント:髪の量や長さを見て量が多い人や長い人は2つ用意しましょう。薬が足りないと色がキレイに入らずヒカリやすくなります。

塗り終えたら

根元部分を塗り終えたら、毛先に馴染ませていきます。この時目の粗いクシを使って、薬を伸ばしていくとムラにもなりずらくなります。

ポイント1:最後放置するのにオールバックにして生え際部分をコットンでおさえると髪と頭皮密着するので、しっかり染まります。

ポイント2:ラップで加温してあげるのも染まりやすくなります。

※放置時間は必ず説明書に書かれてる時間を守りましょう。
時間を置きすぎると髪の傷みの原因になるので、気をつけましょう。

ヘアマニキュア

メリット:

頭皮の弱い人でも白髪を染められ、色のバリエーションも豊富。

デメリット:

シャンプーすると色落ちし、色持ちが悪く白髪以外の部分は色が入らない。

手間:

肌につかないように塗布していかなければならないので、時間がかかるので、ヘアマニキュアの場合はなるべく美容室で染めることをすすめます。

色持ち・頻度:

色落ちにもよりますが、だいたい3~4週間に1度。

コスパ:

ヘアカラータイプとあまり変わらないくらいで、だいたい1000円前後で購入出来ます。

ムラなく染めるコツ

ヘアマニキュアの場合は肌に薬がつかないようにしましょう。
ついてしまった場合は、すぐに拭き取ってください。

薬を少しずつ出して白髪の多いところから髪をとかしながら、髪全体にムラなくつくまで繰り返します。
馴染んだら肌につかないようにクリップでとめ、説明書通りに放置時間を守りましょう。

ポイント1:薬をつける時はコーム型になっているので、歯先を頭皮に対して垂直に立てると頭皮につきにくくなります。

ポイント2:手につくとなかなか取れないので、シャンプーの時は手袋をして洗うと手に色がつかないので、オススメします。

白髪染めカラートリートメント

メリット:

天然染料なので頭皮が弱くても染めることができ、トリートメント効果も得られる。
トリートメントする感覚で染められるので簡単。
週に1~2回の頻度で色持ちをキープできる

デメリット:

色の入りが悪く最初は3~4日続けて使わないとキレイに染まらない

手間:

カラーのなかで一番手間がかからないのがカラートリートメントです。お風呂に入りながら染められ、放置時間も少ないので時間のない人や不器用な人でも簡単に染めることができる。

色持ち・頻度:

色持ちが1~2週間くらいですが、1週間に1~2回使用し続けることによって色持ちをキープできる

コスパ:

ちょっと高いですが、1000円~3000円程度で購入出来ます。

ムラなく染めるコツ

カラートリートメントつける時はシャンプー後に水分が多く残ってると染まりが悪くなるので、しっかり水気を取ってから塗布しましょう。

特に気になる部分にはたっぷりつけてあげましょう。
最後に目の粗いクシでとかしてあげるとムラなく染まります。

ヘナカラー

メリット:

頭皮の弱い人でも染められる。カラートリートメントよりキレイに色が入る。

デメリット:

準備時間や放置時間に時間がかかる。染めてから数日強い臭いが残る。

手間:

ヘナカラーは準備から染まるまで1~2時間くらいはかかるので、時間余裕がある人にはオススメ。

色持ち・頻度:

早ければ3週間で、平均で1ヶ月に1度。

コスパ:

ちょっと高めで安いものは1000円~2000円位で、高いものは3000円代です。

ムラなく染めるコツ

ヘナを混ぜる前にシャンプーをし、しっかり水気を取ります。
染める前はトリートメントやコンディショナーを使わないでください。

洗い終わったら説明書通りに染料を作り、白髪の多いところから塗っていきます。しっかり塗り終えたら髪を1つにまとめ、ラップで髪を包みます。ヘアキャップを使ってもいいです。

説明書に書かれてる放置時間を守り、しっかりシャンプーしてください。
ヘナは時間を置くと固まるので、きちんと洗わないと頭皮にヘナが残ってしまうので、洗いと流しはしっかりやりましょう。

ポイント:放置時間の時ラップを巻いたあとドライヤーで熱をあてると効果UP!

一時的に染めるヘアマスカラ

メリット:

急なお出かけのときにすぐ塗れる。

デメリット:

シャンプーをしたら落ちるので、染まることはない。

手間:

マスカラタイプなので、塗りやすい。

色持ち・頻度:

1000円前後で購入出来ます。

コスパ:

ちょっと高めで安いものは1000円~2000円位で、高いものは3000円代です。

色選びのポイント

指差す女性
ヘアカラータイプ

髪が硬い人や、白髪の多い人は色が入りずらく、染めても光ってしまうことがあります。そういう場合は、ブラウン系の色をオススメします。

暗すぎても白髪が伸びてくると目立ちやすくなるので、黒に近くない色を選ぶといいです。

光っても髪の色を明るくしたい場合は、イエロー系のカラー剤を使うと明るくなります。少しでもひかりを抑えるにはタップリ液をつけてください。

※1度暗めに染めると次染める時に明るくするのは難しいので、購入する際は1つ明るい色を選ぶことをすすめます。

白髪染め用カラートリートメント

白髪染め用カラートリートメントは黒髪には染まりにくく選ぶ際は注意が必要です。
※黒髪に染まらないわけではありませんが、他の白髪染めに比べ発色しにくい。

黒で染めれば目立ちませんが、真っ黒よりも一番オススメする色は地毛の部分と差がないダークブラウンが違和感がなく自然な仕上がりになります。

ヘナカラー

ヘナカラーの場合は白髪が多ければ多いほどオレンジっぽくなりやすいので、白髪が多くなってきたらヘアマニキュアやカラートリートメントをオススメします。

慣れるまで最初は失敗することもある思いますが、まず希望の色より少し明るい色を選んで染めてみましょう。

おすすめの白髪染めは?

しっかり染めたい人は、肌が弱くなければヘアカラータイプのものがいいと思います。

髪のダメージを考えると良くはありませんが、日頃ケアをしっかりしていればダメージを抑えることもできます。

ご紹介した中で一番簡単に染められ、カラーをキープしやすいのはヘアカラートリートメントです。
染料も優しく、シャンプーの後にトリートメントするだけで色持ちキープできます。
また、トリートメント効果もありますので同時に髪にツヤを与えてくれます。

染めながら髪のダメージ補修をしてくれてヘアケアにもなり1本2役の白髪染めです。

ヘアマニキュアとヘアカラートリートメントの違い。白髪を染めるならどっち?

2017.10.22

白髪染めトリートメント特集。ムラなく綺麗に優しく染めたい女性へ

2018.01.12

白髪染めるならどっち?ネットで人気の利尻とルプルプの口コミや評判、ランキングを調べて実際に染めてみた。

2018.02.01
The following two tabs change content below.
Chika(美容師)
小学6年生のとき親戚に美容師がいて憧れを持ったのが始まり。 美容師にも得意・不得意がありますが、私はカラーリングです。 塗布も得意ですが色の調合が好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)