女性の薄毛に前兆ってある?ヘアケアを見直すならどんなポイント?

体育座りで考え込む女性

薄毛といっても急に抜けてしまうのか。それとも徐々に抜けて薄毛になるのか?

薄毛や抜け毛に不安や心配を抱えると気になりますよね。

特に女性の場合、男性ホルモンが影響して薄毛に発展する可能性は低いと考えられているので、頭皮のトラブルや精神面や食生活などでホルモンバランスが乱れた事によって薄くなるケースがあります。

ではそのようなときに、前兆は見られるのか?
ポイントをご紹介します。

必ずしもすべての人に当てはまるものではありませんが、早め早めの対策をするうえで薄毛が心配な方はもちろん、現在薄くなってきて抜け毛もあるという方も、元気な髪が育つ頭皮環境を手に入れるためには大切な事なので参考にどうぞ。

薄毛になる女性の前兆って例えばどんな状態?

何かしらの前兆がありますが、可能性が高い前兆になりえる症状を紹介したいと思います。

フケやかゆみが増えた

髪の毛の量が多くても、フケやかゆみが出やすいという場合や、シャンプーしたら頭皮が赤く炎症を起こしている場合は、脂漏性皮膚炎を起こしている場合があります。 頭皮にトラブルを抱えていると元気な髪が生えにくくなりますから、ボリュームが減って薄毛の前兆の可能性があります。 この場合、生え際や分け目というより頭全体が薄くなるびまん性脱毛症に発展するかもしれません。

抜けた毛根が丸みではなく細く尖っている場合

毛根が細くなっているということは髪の毛に栄養が行き渡っていなかったり、ヘアサイクルが乱れてしまっていると言うことが考えられます。

頭皮が硬い

頭皮が硬いと血行が悪くなっている状態です。 血行不良ほ薄毛になってしまう原因になっていきます。

不規則な生活を送っている

睡眠不足や偏った食生活は、ホルモンバランスが乱れる原因になります。 また過度なストレスも同様に女性ホルモンに悪影響を及ぼしますので、抜け毛が増え薄毛になってしまう可能性があります。

薄毛のトラブルを予防するために気をつけたいこと

まずは、日頃から続けて行きたいこと。 生活習慣として取り入れたいことをご紹介します。

頭皮を柔らかくすること・血行を良くする

方法としては、頭皮マッサージを毎日続けていき頭皮を柔らかくしていくことが大切です。 頭皮が固くなると血流が低下して毛根に元気がなくなります。 1日3分程度でも毎日頭皮を動かしてマッサージしてあげる事で柔らかく血行を良くしてあげましょう。

規則正しい生活

睡眠不足にならないようにきちんと睡眠を取るように心がけましょう! また食生活もバランス良く偏りがないように気をつけましょう。

たまに髪の毛の分け目を変えてみる

同じ分け目だと薄くなっていきやすくなるので、たまに分け目を変えてあげることで、改善されていきます。

薄毛に悩まされない為に見直したいヘアケア

続いて薄毛や抜け毛を予防するために見直したいこと、続けたいヘアケアについてご紹介します。

すでに、つむじや分け目の頭皮が目立つとか、敏感肌や乾燥肌、アトピーなど頭皮がデリケートでトラブルを引き起こしやすい方や、頭皮が固くなっている方は悩む前に、深刻になる前に見直しや改善をおすすめするポイントです。

正しいシャンプー方法

シャンプーが適当だと毛穴が詰まりやすくなったり、かゆみの原因をつくってしまい抜け毛の原因になってしまうので、シャンプーは優しく丁寧に行いましょう。

ヘアケアアイテムを優しいものに変える

シャンプーやトリートメントなど、毎日のお手入れで髪と頭皮に直接触れるものを無添加の優しいものに変えるのもおすすめです。 特にシャンプーは安価なものほど洗浄力が高く刺激が強い傾向にあります。 頭皮の健康を守るためにも、乾燥しやすい方や頭皮の弱い人ほど違いを実感しやすいでしょう。

頭皮の血行促進

頭皮の血行が悪いのは一番良くありません! マッサージをしたり頭皮のツボを刺激してあげ健康な頭皮を手に入れましょう! 特に頭頂部は筋肉がないので、年齢や乾燥で固くなりやすいので、自ら動かしてあげましょう。

食生活の見直し・改善が難しいなら

髪の毛にも栄養が必要なので、バランスの取れた食事はとても大切です。 なかなか補いきれない場合にはサプリメントを活用して1日に必要な摂取量を取れるように調節しながら摂っていきましょう。

適度な運動

軽く運動することで、基礎代謝が上がって身体の血流も良くなるので、頭皮にも血流が上手く流れやすくなります。
運動不足の方はウォーキングや軽いジョギングなど、30分以上は続けるような有酸素運動を取り入れましょう。

年齢サインが表れる髪のエイジングケアに取り組みたいポイント

早めの対策は予防に繋がりますし、エイジングケアは早い方が効果が出やすいので、老化を感じてる方だけでなく、そろそろエイジングケアを始めるべきかなとお考えの方に、ここからエイジングケアに取り組むポイントをご紹介します。

髪に老化が見られてきた。と感じている全ての女性に参考にしてほしい内容です。

髪(と頭皮)に表れる老化のサインとは

髪がうねってまとまらない、ツヤがなくなったなどなど、誰でも起こりうることですよね。

実は、年齢を重ねたことによって現れる髪のエイジングサインの可能性があります。

年齢による老化と思われる髪の症状には、いくつかあり、

  • 白髪が増えてくる
  • 髪が細く弱くなってきた
  • ボリュームがない

など若い頃の髪質とは明らかに違いが出てくると、若い頃と同じヘアケアをしていても美しいヘアスタイルを保つのは難しくなってきます。

毛髪に元気がないと見た目年齢に大きく左右する

左「BAD」、右「GOOD」

毛髪に元気がなくなるとパサツキやごわつき枝毛などが出てきてしまいます。

顔にくすみやシワがあると老けて見えてしまいますよね。
髪も同じでパサツキやごわつきがあると老けてみえてしまいがちに。

なんだかだらしないのかな?など見た目の年齢だけでなく印象までもが変わってきてしまい大きく左右してしまいます。

見た目年齢を若く見せるためには毛髪を元気にしてあげるヘアケアが大切になってきます。

年齢サインが表れる40代辺りから取り組みたいヘアケアとは

1番年齢サインが現れやすいのが40歳前後くらいではないでしょうか。。

40代くらいから取り組みたいヘアケアは、やはり外側からのケアはもちろん大切ですが内側からのヘアケアもとても大切になってきます。

内側と外側からのケアを両方することで健やかな頭皮、潤いのある髪になり見た目を若々しく保つことができます。

ではどういったヘアケアをしていくのがいいのかを下記にまとめます。

海藻ばかり食べても意味がない?!積極的に摂りたい栄養素とは

海藻サラダ

海藻類には髪が作られるときに必要な、鉄や銅、亜鉛などミネラルが豊富に含まれています。

しかし海藻だけをモリモリ食べていれば髪が増えると思っているなら、それは間違い。

そもそも、髪の主成分はタンパク質。
良質なタンパク質や、タンパク質の代謝に必要なミネラル類、活性酸素を減らす抗酸化成分(酵素など)も必要不可欠。

バランスのよい食事が1番です。

閉経と更年期の対策は女性ホルモンを促して!

40代になると閉経と更年期による女性ホルモンのエストロゲンが大きく関わっています。

エストロゲンには髪を発達させる働きがありますが、更年期に入るとそれが一気に低下します。

更年期は女性にとって避けては通れないものなので、それを受け入れながら対策をしていくことが大切になります。

エストロゲン減少が引き起こす症状として

  • 髪の毛のツヤがなくなる。
  • 自律神経が乱れイライラしやすくなったり精神的に不安定になりやすい。
  • 肌の調子が悪くなる。
  • 不眠症
  • 身体がむくみやすくなる。
  • 骨粗鬆症にないやすい。

などカラダだけでなく精神的にも様々な体調の変化を引き起こす原因になることが分かっています。

エストロゲンだけでなく女性ホルモン自体、加齢によって減少していきますが、女性の身体はとてもデリケートなのでちょっとした環境の変化であったり、ストレスや食生活、睡眠など様々な理由でホルモンバランスが崩れやすくなります。

バランスの良い食生活や無理なダイエットをしないこと。
ストレスを上手に発散したり身体を冷やさないようにしましょう。

また、エストロゲンは脳からの刺激で分泌されると言われています。

睡眠が不足のままだと脳が十分に休まることがなくなってしまい、ホルモンのコントロールが正常に働きにくくなります。
ホルモンが上手く働かなくなってしまい頭皮にも肌にも良くないので、十分な睡眠とることが大切です。

エストロゲンに効果の高いものはイソフラボンが豊富な大豆製品がおすすめです。

一度に大量に摂取する必要はありませんが
大豆食品は、納豆や豆腐、おから、みそ汁など手軽に摂れますし、毎日摂取することが大事です。

なかなか続けれないという方はサプリメントで補うのもおすすめです。
また、薄毛や抜け毛が気になるなら育毛サプリがおすすめです。

髪や頭皮の健康に加えて、カラダにも良い成分が一緒にとれるもの活用してみて下さい。

40代くらいからサプリメントは必須?!

色とりどりの緑黄色野菜

40代くらいから様々な髪や頭皮の変化を感じやすくなる年代です。

食生活から髪に必要な栄養を摂るのはなかなか難しいものですよね。

30代までは食生活をそれほど気にしなくてもなんとか髪や頭皮の健康を保てていたものの、40代になることそうもいかなくなってきます。

そこで助けてくれるのがサプリメント。

サプリメントは手軽に摂取出来るので忙しい人でも簡単に栄養を補うことができます。
いろいろと不足しがちになる40代ではサプリメントは必須といってもいいくらいです。

ただし、サプリメントあくまで栄養補助食品。 サプリメントを摂っているから安心。ではなくサプリを摂りながらバランスの良い食事を心がけて総合的に栄養を摂っていきましょう。

シャンプーを一度見直してみましょう

紙袋に詰まってるヘアケアアイテム

40代になってくると急激に皮脂の分泌が低下します。

皮脂は頭皮の健康を守るために必要不可欠なものです。

シャンプーで余計な皮脂を落とすのはいいのですが、そのとき必要な皮脂まで落としてはいけません。

いくら保湿をして潤いをアップさせようと頑張っていてもこれでは意味がありませんし、頭皮は乾燥したままで何も改善されません。

皮脂の分泌が低下してくる40代からは、20代30代と今までの洗い方を見直しを慎重に行う必要があります。

特に現在フケやかゆみなどのトラブルを感じているなら、若い頃から使っているシャンプーをすぐに止めて自分に合ったものを見つけてください。

シャンプーを見直してしっかりケアすることで先を見据えたいくつになっても若々しいツヤのある髪になるはずです!

ヘアケアアイテムも基礎化粧品と同じように選ぼう

基礎化粧品はほとんどの人が慎重に選んでるでしょう。
しかしシャンプーはどうでしょう。

『洗うだけ』だからと案外適当に選んでる人が多いのではないでしょうか。

シャンプーで誤解してはならないのは、
シャンプーはあくまでも頭皮のケアであって、髪の毛のケアではありません。

顔同様、頭皮にも人それぞれ体質がありますので、本来であればシャンプーも化粧品と同じくらい真剣に考えてケアしなければならない物なのです。

デイリーケアにエイジングケアを取り入れるには

皮脂の分泌が減っていく40代からは、シャンプーも洗顔石鹸と同じように地肌に優しいものに変えて、皮脂の奪い過ぎを防ぎましょう。

優しくてマイルドな洗浄力といえばアミノ酸系洗浄成分ですが、育毛シャンプーは髪と頭皮の健康と老化予防の面からもおすすめです。

近年は薄毛や抜け毛に悩む女性が増えていると言われています。

内面からのケア。外部からのケアを見直すことは
薄毛や抜け毛を予防するだけでなく、いつまでも若々しいツヤのある黒髪で過ごすには毎日のお手入れをエイジングケアに変えるのがおすすめです。

ストレスで抜け毛が増える!薄毛になる!?溜め込む女性は気をつけて!

ここまで毎日のヘアケアや食生活や睡眠について薄毛・抜け毛を予防するポイントをご紹介してきましたが、
近年、女性の社会進出が進んでいるのと比例するように薄毛に悩む女性が増えています。

現代の社会をストレス社会と表現される事もあります。

女性は男性に比べ、ストレスを溜め込んでしまう方も多いと思いますが、あなたは大丈夫ですか?

ここ数年、女性のヘアケア商品の市場も拡大を続けていますが、女性の薄毛とストレスは関係あるのでしょうか。

ストレスを上手に発散する事は、その人の性格的な面が大きく影響されると思いますので、溜め込んでしまう方にとっては難しい問題ですが、ストレスが女性のカラダにどう影響して薄毛や抜け毛の原因になるのか。

ストレスを抱えがちな方は参考にしてみて下さい。

ストレスが原因で抜け毛が増えるってホント?

生活習慣の乱れによって抜け毛が増えてしまう要因になることありますが、ストレスが原因で髪の毛が抜けてしまうということもあります。

仕事であったり、プライベートであったり人それぞれ強く感じるストレスは違うと思いますが、溜め込み過ぎないためにも上手くストレスと付き合っていかなければなりません。

ストレスは髪や頭皮にどういう影響を及ぼすか

まず、ストレスを溜め込み過ぎると自律神経の働きが悪くなり、血流が悪くなるといった影響が考えられます。

毛根に栄養を運ぶのは頭皮の毛細血管ですから、血流が悪くなると頭皮にも上手く栄養が行き渡らなくなる恐れがあります。

髪の毛の成長サイクルが乱れ、弱く細い髪が生えやすくなったり、毛穴が塞がってしまうなどのトラブルが起きてしまいます。

ストレスを全くないという人は、ほとんどいないと思いますが、同じ物事に対してもストレスの感じ方は人それぞれでしょう。

「ストレス溜まってるかも」
「なんかイライラする事多い」
と感じている方は注意が必要です。

円形脱毛症だけではない!女性に多い脱毛症「びまん性脱毛症」や「女性男性型脱毛症」もストレスが一因?!

ストレスによる脱毛といえば、代表的なのは円形脱毛症だと思います。

しかし、その他にもいろんな脱毛症がありますのでここで確認しましょう。

それぞれの脱毛症状

円形脱毛症

頭に10円玉大の円形状・楕円状脱毛してしまうのが特徴です。

単発型

円形脱毛症の中で最も多い症状で小さな脱毛が1~数ヶ所にできる。

多発型

脱毛部分が2ヶ所以上あり何度も繰り返す症状

びまん性脱毛症

頭髪全体に平均的多数に髪の毛が抜けてしまうのが特徴で、早期に発見しずらい。

女性男性型脱毛症

女性ホルモンが減少して男性ホルモンが大きく影響している脱毛症。

フケやかゆみがひどかったり、炎症を起こしていたり皮膚疾患まで発展していると自己流のヘアケアではなかなか出来ず改善されない場合もあります。

その場合、発毛サロンより、まずは皮膚科を受診して皮膚疾患を診療してもらうことをおすすめします。

育毛しても改善しないのはストレスも一因かも

育毛剤や育毛シャンプーなどの製品を使っていても、なかなか思うような効果が見られないというなら、もしかすると生活習慣の乱れであったり、ストレスが溜まり過ぎて自律神経の働きが悪くなっているのかもしれません。

もし効果がみられない場合は、生活習慣の見直しそして、ストレスを軽減していくことをやってみましょう。

生活の見直し、生活習慣の見直しは地道にコツコツ続けていってもすぐにカラダの変化を実感できるものではありませんが、5年後10年後も自分の髪でいるためにはとても大切な事です。

薄毛の気にし過ぎもストレスになる

抜け毛が増えてきていたり薄毛が気になってくると、その事ばかり気になって薄毛に対してのストレスがかかってしまいますよね。

薄毛に対してのストレスを抱えてしまうと、それが原因でさらに薄毛の進行を早めてしまう可能性も少なくありません。

ストレスを溜めない事に加えて、抜け毛や薄毛のことも気にしないようにする必要があります。

しかし、気にするなというのは難しいと思うので、時間が経てばまた健康な髪が生えるようになると信じれるように、正しいヘアケアを続ける事が大切です。

きっかけを作って、プラシーボ効果を利用しよう!

プラシーボ効果ってご存知ですか?

これは偽薬効果とも言われるもので、偽の薬を処方しても薬だと信じ込む事によって何らかの改善が見られるという効果です。

【ウィキペディア】
https://ja.wikipedia.org/wiki/偽薬

今までどおりのヘアケアで、気持ちだけ変えるというのは根拠もなく難しいと思います。

育毛剤を見直したり、育毛シャンプーと育毛剤でしっかりケアするなどヘアケアを見直して、それと同時に「絶対改善できる!」という自信を持ち「プラシーボ効果」を利用して続ける方法をおすすめします。

スキンケアと同じ!ヘアケアもトラブル予防が目的だから悩む前に!

多くの女性はスキンケアを大切にしていると思いますが、頭皮も同じ皮膚ですからヘアケアも大切にしていかなければなりません。

顔もデリケートですが、同じように頭皮もデリケートなのです。
特に敏感肌や乾燥肌、アトピーで肌の弱い方はスキンケアと一緒に頭皮のケアもシッカリとしていきましょう。

頭皮のトラブル予防、乾燥予防には育毛シャンプーやスカルプシャンプーがおすすめです。
ドラッグストアなどで売られている安価なシャンプーと比べると手に取りにくいかもしれませんが、クレンジングや洗顔石鹸、化粧水などと同じ発想で使うことをおすすめします。

育毛シャンプーやスカルプシャンプーは、天然由来の髪と頭皮に優しい洗浄成分とうるおいを与える美容成分が入っていますから、頭皮を健やかに保ち元気な髪が育つ発毛環境を整えてくれます。

頭皮マッサージや・ヘッドスパなども取り入れていき頭皮を健康にしていきましょう。

また、ストレスの発散方法は自分が一番リラックスできる環境を少しでも作ることが大事です。

スポーツで汗をかくと気分もリフレッシュできます。
また、映画を見て現実逃避するのも良いでしょう。

何をするのがリフレッシュになるかは人それぞれですから、運動やマッサージなどいろいろ試して自分に合った発散方法を見つけてみて下さいね。

育毛剤を使った40代女性の3ヵ月。効果と変化

2018.01.21

薄毛・抜け毛を予防する髪の洗い方・乾かし方と注意点

2015.12.29
The following two tabs change content below.
Mai(美容師)
ヘアメイクとしてのキャリアもあり、 私自身、敏感肌で悩んできた経験もあるので、子育てに頑張りながら敏感肌目線で髪だけでなくデリケートな肌のお手入れについても参考になる情報を発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)